趣味で歌と小説と詩を掲載させていただいてます。

四季の輝き 第9話 Shine of the Four Seasons Episode 9







葵はずぶ濡れになった体を太陽にさらしていた。人間の体は不便だな、服を取り替えなくては気持ちが悪い。
服を着替えて、あの施設を出て行こう。あたしにはもう必要ない場所だ。
葵は山の斜面を駆け下りてビルの屋上伝いに飛び、街を縦断した。川を走る方が早いが、久しぶりに飛ぶことができるのが楽しかった。公園や神社や植物園の木々や街路樹も足がかりにしながら街を飛び、施設の庭に飛び降りた。

貴子は窓からそれを見ていた。戻ってきた。そして出て行く気だ。
急いで玄関まで行って凛太朗を呼び止めた。

玄関の靴箱の前で、二人は向き合った。
うつむいたままの凛太朗にそっと歩み寄り、両肩に手を添えて「あなたはアキね?」と聞いた。
「そうだ」とアキはうつむいたままで答えた。
「あなたは表に出るべきじゃないのよ」と貴子は言った。
「なぜ? 凛太朗もこれを望んでいる」とアキは顔を上げて言った。

アキの目だ。凛太朗の目と、とてもよく似ている。
「凛太朗の魂は自力で蘇生していくことが必要なの、一緒にそれをやりましょう」と貴子は言った。それは自分に言っているのと同じだった。「凛太朗の奥深くでもう一度眠りなさい」
凛太朗は貴子に見つめられたまま、しばらく身動きしなかった。目の瞳孔が開いている。そしてしばらく、一度も声を発しなかった。

二つの意識はその対話を続けた。
「君は無感覚になりたいんだろう? 現実から逃げ出したいんだろう?」
「そうだ、僕は何も感じないようになりたい。ずっとそれを願っている」
「表にいれば君はずっと傷つく。君は弱い。あたしが変わってやる」
「僕の魂をあげるよ。君が僕の代わりに好きに生きればいい」

「嫌だ」とアキは無表情のまま言った。

「凛太朗、君は君の人生を誰かに明け渡してはいけない」と貴子は肩を抱いたまま深く眠る凛太朗に言った。「苦しくても君を生きるのよ。私がそれを助けてあげる。一緒に生きましょう」
沈黙がしばらく続く。

「なぜだ?」とアキが言った。
「その魂はあなたのものじゃないの」と貴子は言った。「眠りなさい」

アキの意識はもう一度沈黙した。

「あなたの魂は私と融合したの。意識を持ちたいのなら私の中でやりなさい」と貴子は言った。「私の中に帰ってきなさい」

しばらくして、貴子は凛太朗の肩を抱いた両腕からアキの意識が戻ってくるのを感じた。自分の半分を占領している領域にそれが染み入るのを感じた。
凛太朗は意識を失ってその場に倒れそうになり、貴子はそれを支えてゆっくりと廊下に座らせた。
男性職員がやってきて「大丈夫ですか?」と声をかけた。
「大丈夫よ」と貴子は言った。「医務室に寝かせましょう、じきに気がつくと思うから」
職員は凛太朗をバスタオルで包み、抱きかかえてその体を医務室に運んだ。
「どうしたんですか?」
「気を失っているの。説明しにくいけど、具合が悪いとか発作とかじゃないから大丈夫よ」「ずぶ濡れだし、熱があるのかもしれないですね」
「そうね、着替えさせましょう」
職員は凛太朗に新しい乾いたパジャマを着せた。

「ねえ、後藤くん」と貴子はその男性職員に声をかけた。

「ちょっと変なこと聞くけど、後藤くん、前に霊が見えるとかどうとかそんな話していなかった?」と貴子は聞いた。
前置きくらいしても良かったが、時間がなさそうだったのと、伝わらなかった時のためにあまり深刻な感じにはしたくなかった。
「霊ですか?」と後藤は聞き返した。
「いきなりどうしたんですか?」
「前にあなた、旅行先で宿の部屋がどうとか、そんな話ししてたって聞いたことがあるんだけど」
「ああ、前に皆んなで話してた時した事はありますね。霊はたまに感じます。深刻なほどではないですが」と後藤は言った。
「そういう話を誰かによくするの?」と貴子は聞いた。
「当たり前に思っていた頃は話していました。でもいつからか、それは当たり前じゃないと気づいたんです。そういう話をしても誰も面白がりませんし、言うだけ無駄な気がします。なのでそんな話はよほど伝わりそうな時しかしません。あの時はたまたま皆んなで怪談話になったんです」と後藤は言った。

貴子はそれを聞いて、話してみようと思った。

「魂が二つに分かれるって話、聞いたことある?」と貴子は言った。
「ないですね、そんなことあるんですか?」
「説明がしにくいの。あなたはどんな風に何を感じるの」
「何かの気配のようなものです。ラップ音が聞こえたり、バサバサと風もないのにカーテンが揺れたりするんです。それは僕のご先祖さまだったり、守護霊的なものだったりします。それは全然怖いとは思いません。別のものの場合もあります、嫌な感じがする時は悪いものだと感じます。感覚でそれがわかるんです。何かメッセージを伝えたいんだろうな、と言うことはわかるんですが、何を伝えたいのかを受け取ることが僕にはできません。その程度です」
「私の魂や意識がどうなっているのかわかる?」
後藤はしばらく貴子を見つめた。
「わかりません。僕はただ感じやすいだけで誰かをそういう風に見ることはできません」
「もともと感じやすい体質だったの?」
「僕は子供の頃、よくいじめられてたんです。それで、防衛本能というか、自分に危害を加える気が相手にあるかどうかを探れるようになったんです。それでいじめられる前にそれを察知してスッと逃げるんです」
「わかるの? それが」
「わかってましたね。大人になってからはその感覚の延長線上に今の感覚があるんじゃないかと思っています。自分で勝手に分析しているだけですけど」
「きっかけがあってそうなったって事ね」
「そうですね、血筋とか家系とかではないです。必要に迫られてって感じだと思います」
「ハリネズミみたいなものね」
「どういう意味ですか?」
「必要に迫られてある部分が進化するの」
「そういう意味ならそうかもしれません。あの時は命の危険も感じていましたから。心が死んでしまいそうだったんです」
「ごめんなさいね、辛い事を聞いて」
「いいんです」と後藤は言った。「ここで働かせてもらうようになって、子供達と関わっていると、辛い思いをしているのは自分だけじゃないと実感するんです。それぞれに皆んな何かと戦っているんだなって」
「ここの子供達は特にそうね、まだ心が柔らかいうちから過酷な現実と向き合わなければいけないから」
「それで貴子さんはなぜ急にこんな話をするんですか?」
「私はなんていうか、いきなり別の魂が自分の中に入ったっていうか、そんな感じがするの。それが過去に二つに分かれたもう一人の自分の魂なの」
「何かすごく複雑な感じですね。僕の感覚とは少し違う気がしますね」
「そうなんでしょうね、少し違うわね。
これは何なんだろう? そういう事実だけをポンと突きつけられたような感じなの」
「今も感じるんですか?」
「とても強くね」と貴子は言った。「ありがとう、少し気が楽になった。話ができるだけでも助かる」
「いえ、僕でよければいつでも。役に立てるかどうかわかりませんが」と後藤は言った。

貴子は自分の感じている事柄を他人に話したのはこれが初めてだった。全てを解ってもらえなくてもいい、それは多分不可能だ。感覚だけでも共感してもらえた事で、気持ちの中に少しのゆとりが生まれた。

「ありがとう」と貴子はもう一度後藤に言った。
「どういたしまして」と後藤は言った。


「凛太朗、あなたの魂もまだ半分なのかも知れないわね」貴子は静かに寝息を立てている凛太朗に言った。今は降って湧いたようなこの事実を受け入れるしかない、と貴子は思った。今を懸命に生きるしかないことはわかっている。できることはそれしかないのだ。自分を確かなものにするために。
アキの意識は今は眠っている。でもそれは縁に触れて目覚めようとするだろう。


青空が戻ってきた。8月下旬の空だ。夏はもう直ぐ終わろうとしていた。次の季節がやってくる。
時が止まることはない。いつでも淡々と「今」を刻んでいる。その「今」は少し前の「今」とは違う。




< >




Aoi exposed the soaked body to the sun. The human body is inconvenient, I feel bad without having to change clothes.
Change clothes and leave that facility. It is a place I do not need anymore.
Aoi ran down the mountain slope, flew over the roof of the building, and traversed the city. It is faster to run in the river, but it was fun to be able to fly for the first time in a long time. While flying through the streets with the trees of the parks, shrines and botanical gardens and street trees as footholds, they jumped into the garden of the facility.

Takako was looking at it from the window. Came back. And I'm going to go out.
I hurried to the entrance and stopped Rintaro.

In front of the entrance shoe box, the two face each other.
I gently compassed Ritaro as he was staying, and with his hands on his shoulders, he asked, "Are you Akin?"
"Yes," Aki responded with his face down.
"You should not appear on the table," Takako said.
"Why? Rintaro also wants this," Aki raised his face and said.

It is the eyes of Aki. It looks very much like Rintaro's eyes.
"Rintaro's soul needs to revive on its own, let's do it together," Takako said. It was the same as saying to myself. "In the depths of Rintaro sleep one more time."
Rintaro kept staring at Takako and did not move for a while. The pupils of the eyes are open. And for a while, I did not say a loud voice.

The two consciousnies continued the dialogue.
"You want to become insensible, do you want to escape from reality?"
"Yes, I do not want to feel anything, I wish it forever."
"You will be hurt all the time if you are in the table.You are weak.I am going to change."
"I'll give you my soul, you can live like me instead of me."

"I do not want it," Aki said without expression.

"Rintaro, you must not give off your life to someone," Takako told Rintaro who sleeps deeply holding the shoulder. "Even if it's painful I will live with you, I will help it, Let's live together"
Silence continues for a while.

"Why?" Aki said.
"That soul is not yours," Takako said. "Sleep"

Aki's consciousness was silenced again.

"Your soul fused with me, if you want consciousness, do it inside of me," Takako said. "Come back inside me"

After a while, Takako felt consciousness of Aki coming back from both arms holding Rintaro 's shoulder. I felt that it would soak into the area that occupied half of me.
Rintaro lost consciousness and was about to collapse on the spot, and Takako sat slowly to sit on the corridor.
A male official came and said "Are you OK?"
"Trep it," Takako said. "Let's go to bed in the medical office, I think I will soon notice it"
The staff wrapped Rintaro with a bath towel and carried him to the medical office with embracing.
"What's the matter?"
"I am out of my mind, it's hard to explain, but it's not sick or seizure, so it's okay" "It's soaking wet and maybe there is a fever"
"Well, let's change it."
The official wore Rinitaro a new dry pajamas.

"Hey, Goto kun," Takako called out to the male official.

"I hear a bit strange things, Goto, I did not tell you whether I could see the spirit before, did you?" Takako asked.
Although I could have kept it for a while, I did not want to feel too serious for the time when I did not communicate that time did not seem to have come.
Goto asked, "Is it a spirit?"
"What happened suddenly?"
"Before I heard that you were talking about that room at the destination at the destination,"
"Oh, there are things I did when I was talking about everyone else, I feel the spirit occasionally - not seriously," Goto said.
Takako asked, "Would you like to talk such stories to someone?"
"I was talking about when I was wondering, but since when did I realize that it is not natural that no one will be funny even if we talk about that, and as much as I say it is useless I will only do such a story when it seems to be very transmitted, at that time happened to be a strange story for everyone, "Goto said.

Takako listened to it and thought about talking.

Takako said, "Have you ever heard that the soul is divided into two?
"Is not there such a thing?"
"It's hard to explain - what do you feel like?"
"It's kind of a sign of something ... I hear rap tones, the curtains shake without barships and winds, which is my ancestors and guardian spiritual things I do not think it is totally scary.It may be another thing, I feel that it is bad when I feel bad, I can understand it with a sense.I would like to tell you something I understand what you say but I can not accept you what I want to tell. "
"Do you know what is going on with my soul and consciousness?"
Goto stared at Takako for a while.
"I do not know, I just can feel it, I can not see someone like that."
"Have you always felt comfortable?"
"When I was a child, I was bullied enough, so I came to be able to explore whether the opponent has the feeling of harming myself as a defense instinct, so I will be aware of it before being bullied Then I will run away with it. "
"Do you understand?" That's
"Since I became an adult I think that there is a feeling now on the extension of that sense.Is analyzing on my own without permission"
"I got a chance to do that"
"Well, I am not like blood lines or family lines, I think that it is feeling necessary,"
"Hey things like things"
"What do you mean?"
"The part of necessity is evolving"
"That might be the case, because at that time I also felt the danger of life, my heart was about to die"
"I am sorry, listen to the painful things"
"Good," Goto said. "I realize that it is not only myself who are having a hard time thinking about being involved with children as they work here and they are fighting something with each other." < br> "Especially for children in this place, we have to face the harsh reality from a soft heart yet."
"So why does Takako want to talk like this suddenly?"
"I do not care what suddenly another soul has entered myself, it's like that is another soul that was divided into two in the past"
"Something really complicated, I feel a bit different from my feeling"
"It seems, is not it a little different.
What is this? I feel like I was stuck with just that fact. "
"Do you still feel it?"
"It is very strong," Takako said. "Thank you, I became a little relieved. Even if I can talk, I can save it."
"No, I do not know if I can help if I do not mind," said Goto.

This was the first time Takako talked about what he was feeling to others. You do not have to understand everything, it is probably impossible. By being able to sympathize with just a sense, a little room was born in the mind.

Takako told Goto again "Thank you".
"You are welcome," said Goto.


"Rintaro, your soul may still be half, is not it?" Takako told Rintaro quietly breathing. Takako thought that there is no choice but to accept this fact like it got down now. I know that there is no choice but to live hard now. That's all there is to it. To make yourself sure.
Aki's consciousness is now asleep. But it will touch the edge and awaken.


The blue sky is back. It is the sky in late August. The summer was about to end soon. The next season will come.
Time never stops. I always carve "Now" with a blessing. That "now" is different from "a while ago" a while ago.

四季の輝き 第8話 Shine of the Four Seasons Episode 8




第8話


貴子は食堂の窓辺に座って雨が通り過ぎるのを眺めていた。傍らではちひろが絵を描いている。窓の外をじっと見つめては、黙々とノートに向かっている。

雨は雷を伴って一時激しく降り、風も強まったが、やがてふと、雨も風も止んだ。庭には風でちぎられた木々の枝葉が散乱していた。雷が落ちなくてよかった。停電になるといろいろと困る。
貴子はやっとおさまった嵐にほっとしていた。
「雨の絵は描けたの?」と貴子はちひろに聞いた。
「まだ描けてない、雨の絵は難しい」とちひろは言った。「色がいっぱいあってこの色鉛筆じゃ足りないの」
「それは世界中の色鉛筆を集めても足りないかもしれないわね」
「見たままを絵にしたいって思うけど、それは無理なのかな」とちひろは言った。
「そうかも知れないわね」と貴子は言った。「でもそうしたいっていう気持ちは伝わってくる、ちひろの絵はよく描けているよ、私にはそんな思いがとてもよくわかるよ」
「私は誰かに何かを伝えたいって思ってなんかいないの」とちひろは言った。
「知っているわよ。ちひろは自分のために絵を描いている。そうしたいからそうしてる」と貴子は言った。
「私は他の子と同じように学校に行った方がいいのかな?」とちひろは聞いた。
「そうしたいの?」
「全然そうしたくない」
「あなたが思うことをやればいいと思うよ。他の子に無理して合わせることはないわ」
「でも時々不安になるの。私は他の子とは違うから」
「自分を信用してあげることね。それができるのは自分だけなのよ。他人は誰も本当のあなたを知らないのよ」と貴子は言った。「それに私はあなたを子供だとは思っていないわ、何もわかっていないのはむしろ大人達の方かも知れないしね」
「貴子先生は何でそんなことを言うの?」
「私はあなたと同じただの人間なの、あなたの痛みがほんの少しわかるだけよ。年の功ってやつよ」
「私は変じゃないよね?」とちひろは聞いた。
「変ってどういうこと?」
「わからない」
「ちひろは誰かを傷つけたいと思う?」
「思わない」
「だったら変じゃないよ。ただ自分に正直でいたいんでしょ?」
ちひろは小さくうなづいた。
「あなたは今のあなたを大切にしてあげればそれでいいのよ」と貴子は言った。
「あなたには世界が輝いて見えるんでしょう? それはとても素敵なことなのよ」と貴子は言った。
「それならよかった」とちひろは言った。「私はまだ何もわからないの」
ちひろは自分が描いた雨の絵を見つめた。下手くそだと思った。「全然見た雨と違う」もっと上手く描けるようになりたい。
「また雨は降ってくるかな?」
「雨は降るよ。いつか必ずまた雨は降るの」




< >

Episode 8


Takako sat at the cafeteria window and watched the rain passing by. Chihiro draws a picture by his side. Staring gazing outside the window, I am quietly heading for the notes.

The rain fell violently with lightning and the wind got stronger, but the wind stopped, eventually rain and wind stopped. In the garden branches and leaves of the trees that were torn by the wind were scattered. I'm glad that thunder did not fall. I am in trouble when I get out of power.
Takako was relieved by the storm at last finished.
"Takako asked Chihiro," Did you draw the picture of rain? "
"I can not draw it yet, the drawing of rain is difficult," he said. "There are plenty of colors and this colored pencil is not enough"
"It might not be enough to collect colored pencils from all over the world."
"I think I'd like to paint while I see it, is not it impossible," he said.
"You may not be right," Takako said. "But the feeling of doing so gets conveyed, Chihiro's picture is well drawn, I can understand such feelings very well."
"I do not think I want to tell anyone something," he said.
"I know, Chihiro is drawing a picture for myself, so I do because I want to do so," Takako said.
"Is it better for me to go to school just like any other child?" Hijiro asked.
"Do you want to do that?"
"I do not want to do it at all."
"I think that you can do what you think, do not forcibly match other children."
"But sometimes I feel uneasy because I am different from other children."
"It is only you who can do it, you can trust yourself, no one else knows you true," Takako said. "Besides, I do not think you are a child, it is rather adults that I do not know anything."
"Why are you saying that, Mr. Takako?
"I am just the same person as you, I can understand your pain only a little. "I am not weird, do you?" He asked.
"What does it mean to change?"
"I do not know"
"Does Chihi want to hurt someone?" "I do not think"
"It's not weird, just want to be honest with yourself"
Chihiro nodded small.
Takako said, "You can do with it if you care about you now."
"You seem to see the world shine, it's a very wonderful thing," Takako said.
"That's good," he said. "I still do not know anything"
Chihiro stared at the picture of rain that he painted. I thought it was bad. "I am different from rain at all" I would like to be able to draw better.
"Is it going to rain again?"
"It will rain ... It will rain again someday."

四季の輝き 第7話 Shine of the Four Seasons Episode 7




第7話


凛太朗は美和が電話をしている時、誰かが自分を迎えに来るようだと感じた。
「それは嫌だ」と思った。
「自分で帰れます」と凛太朗は電話を切った美和に言った。
「傘持ってないんでしょう?」
「帰る前にまだ行きたい所があるんです」と凛太朗は言った。
「そうか、じゃあ私の傘貸してあげる」 と言って美和はビニール傘を凛太朗に渡した。「チッチに預けといてくれたらいいから」
「チッチのこと知ってるんですか?」と凛太朗は聞いた。
「まあね」と美和は言った。

凛太朗が出て行った後、タナベに電話して「迎えに来なくていい」と言った。
「なんだよ、もう向かってんのに、勝手だなあ」とタナベは文句を言った。
「私は身勝手なわけじゃないのよ、事情を受け入れてその事実を愛想なく伝えているだけなの」
「もっと愛想よく言えよ」とタナベは言ったが、電話はもうすでに切れていた。

凛太朗は鉄階段を降りると、以前母親と一緒に住んでいたアパートに向かった。
少し山手に上がったところにある古い木造アパートだ。
ゆらゆらと立ち上る街の熱気は積乱雲を引き寄せる。

海上で太陽に熱せられた海が蒸発し、雲をつくる。
高く積みあがり巨大なエネルギーを保つようになる。水の重圧と電気を帯びた大気。
雲は空間に嵐を形成する。

海から追いかけてくる風に押されて、凛太朗は坂道を登った。バス道を登りきったところで路地に入り、傾斜地にへばりつくように建てられたそのアパートにたどり着いた。
駅から随分坂道を上がってきたので人の気配はあまりなかった。バス道を時々車が通るくらいで歩いている人もいない。
雑草がコンクリートの割れ目から緑の葉をたくましく広げていた。
階段を登り部屋のドアの前に立ってみた。辺りはしんとしていた。

誰もいない

自分を保護してくれていた存在はもういないのだ。
凛太朗はもう一度その事実を確かめておきたかった。「僕は楽園を出て、現実の世界に来たんだ」それを確かめる必要があった。

世界にたった一人、取り残されたような気がした。「楽園にいた方がましだった」と凛太朗は呟いた。
「もう一度、楽園をつくる?」と潜在意識が聞いた。
「たぶんもう作れない。作り方を知らない。あれは、気が付いたらあったんだ」と顕在意識が言った。
「変わってやろうか?」と鬼が聞いた。
「そんなことができるの?」と凛太朗は言った。
「まだあたしの命は輪郭がはっきりしている。君とはまだ混ざり合ってはいないんだ」と葵は言った。
「僕はどこに行くの?」と凛太朗は言った。
「潜在意識になるんだ。あたしが表面に出て行く」
「それでいい」と凛太朗は言った。「感情が無くなるならそれでいい。嫌なものや嫌いなものから逃げられるのならそれでいい」
「表向きはね。でも凛太朗の魂が何も感じなくなることはないよ」と葵は言った。

意識が反転した

葵は凛太朗の身体を借りて意識を取り戻した。

古い木造アパートの扉。胸の奥がキュンと痛みを感じる。「凛太朗、大丈夫だ。あたしは過去を振り返らずに先へ行ける」
葵は意識を飛ばして街を探る。サポがいる。山と海と星を探る。もののけや龍がいる。クンネやトットもいる。「あたしの知っている世界だ」

サポはアキの意識が目を覚ましたのを感じた。目を閉じてこめかみを押さえた。 「どうしたの、貴子先生」とちひろは言った。
「大丈夫、ちょっと眩暈がしただけよ」と貴子は言った。「今日描いた絵を見せてくれない?」
「まだ一個しか書いてない」と言ってちひろはノートを広げた。庭に転がっている石と草と花の絵だった。
「石も光ってるの?」と貴子は聞いた。
「うん、石も光ってるの」とちひろは言った。
以前ちひろに、なぜそんなに絵が描きたいのか聞いた時に、草や木がぼんやりと光って見えるから、それが綺麗で描きたいんだ、と言った。
「ちひろちゃんには地球や月は光って見える?」
「月は光ってる。地球の影に入ったらよく分かるよ」
ちひろの描いた絵には光る草花と光る石が描かれていた。
「この石は虹色なの」とちひろは言った。

葵はアパートの屋根に駆け上がり、そこから隣のビルの壁を伝い屋上に駆け上がった。人間の子供の身体なので少し苦労した。「獣の足なら壁をつかめるのに」
屋上に上がると海を見た。龍をうじゃうじゃと宿した積乱雲が巨大な塊になって街に近づいて来ていた。あちこちに放電している。巨大なエネルギーの塊だ。
土砂降りの雨が島を包んでいる。雨が島に染み入るのが見える。数多の龍が島に染み入る。龍神を祀る場所に気を運ぶ。
雨雲はやがてここにもやって来て、数多の龍が山に染み入るだろう。
それを感じるために、葵は山に向かうことにした。「凛太朗、あたしはすぐに決断する。自分がどこに行きたいか知ってる」
「そうだね」と凛太朗は言った。「僕とは真逆だ」

雨はそれから程なく降り始めた。街では滑るように流れる雨も、山ではそのほとんどが土に染み入る。龍が山の中を泳いでいく。六甲山は「宮」に取り囲まれた山だ。人間がそう名付けて祠を祀った。一の宮から八の宮、そして西宮。エネルギーが集まる場所。

葵は池の淵の赤松に登り、嵐に身を任せた。落雷があちこちで起こり木が裂けたり、鉄塔から煙が上がったりした。電流は空気中から突然発生し、爆音を轟かせて稲光りを形成し落雷する。雨を伝ってそこら中に拡散する。山全体が電気を帯びている。
葵は嵐の中で自らもその電流の中に合流する。

ひとしきり雨を降らせた後、やがて雨雲はゆっくりと遠ざかっていく。琵琶湖の方へ移動していく。
「自然界の充電装置みたいだ」と葵は思った。


貴子はちひろに「雨が降ってくるよ」と言った。
「もう光の粒が降っているの、貴子先生にも見えるはずよ」とちひろは言った。
「大人になると、いろんなものが見えなくなるのよ」と貴子は言った。
「大人ってかわいそう」とちひろは言った。
「そうね」と貴子は言った。
「凛太朗くんは大丈夫かな?」とちひろは言った。
「凛太朗は大丈夫よ、何も心配無い。あなたも心配せずに絵の続きを描いていて良いのよ」と貴子は言った。
「私、雨を描きたいの」とちひろが言った。「雨もキラキラと光ってるの」
「そうね、とても素敵ね」と貴子は言った。




< >

Episode 7


Ritaro felt that someone would come to meet me when Miwa was calling.
I thought "I do not want it."
"You can return home yourself," Rintaro said to Miwa who hung up.
"You do not have an umbrella?"
"There is a place I want to go yet before I go home," Rintaro said.
"Ok, then I will lend you my umbrella" Miwa handed out a vinyl umbrella to Rintaro. "I hope you can deposit it in Chitchi"
"Did you know about Titchi?" Rintaro asked.
"Well," Miwa said.

After Rintaro went out, I called Tanabe and said "I do not have to come pick me up."
"What is it, you are already on your way," Tanabe complained.
"I am not selfish, I am accepting circumstances and communicating that fact unfamiliarly"
"Please say more frankly," Tanabe said, but the phone has already expired.

Rintaro got off the iron staircase and headed to the apartment where he lived with his mother before.
It is an old wooden apartment which I got up to a little Yamate.
The merciless merciless sunshine is heating the city.
The heat of the city rising up and slowly attracts cumulonimbus.

The ocean heated by the sun evaporates and creates clouds.
It gets high and it keeps enormous energy. The heavy pressure of water and the atmosphere with electricity.
Clouds form storms in space.

Pushed by the wind chasing from the ocean, Rintaro climbed the slope. I entered the alley where I got to the top of the bus road and reached the apartment built to cling to the sloping ground.
There were not many signs of people since I got up a lot from the station. Nobody is walking on the bus road as often as a car passes.
Weeds spread the green leaves from the cracks of the concrete.
I climbed the stairs and stood in front of the room door. The area was busy.

There is no one

There are no longer existence who protected myself.
Rintaro wanted to confirm the fact again. "I went out of paradise and came to the real world" It was necessary to confirm that.

Only one person in the world seemed to be left behind. Rintaro muttered, "It was better for you to stay in paradise."
I asked, "Do you want to make a paradise again?" And subconscious.
"Perhaps I can not make it anymore ... I do not know how to make it, that was when I noticed," said consciousness consciousness.
Demon asked, "Would you like to change?"
"Is it possible to do such things," Rintaro said.
"My life is still outlined, I have not mixed with you yet," Aoi said.
"Where are you going?" Rintaro said.
"I will become subconscious, I will go out on the surface"
"That's fine" Rintaro said. "It is OK if emotions disappear, it is OK if you can escape from disgusting or disliking things."
"Okay, but Rintaro's soul never feels anything," Aoi said.

Consciousness was reversed

Aoi reclaimed consciousness by borrowing Rintaro 's body.

The door of an old wooden apartment. I feel pain with cum in the back of my chest. "Rintaro, it's fine, I can go ahead without looking back on the past"
Aoi skips consciousness and explores the city. I have a supporter. Explore the mountains, the sea and the stars. There is a monkey and a dragon. There are also Kumne and Totto. "It is the world I know"

Sapo felt Aki's consciousness awoke. I close my eyes and hold down my temple. "What's wrong, Mr. Takako," Tomihiro said.
"Okay, just a little dizzy," Takako said. "Can you show me the picture I drew today?"
Chihiro spread the notes saying "I have written only one." It was a painting of stones, grasses and flowers rolling in the garden.
Takako asked, "Are the stones shining as well?"
"Yeah, the stones are also shining," Hiromi said.
When I asked Chihiro why he wanted to draw such a picture so much, grass and trees looked vaguely shining, he said that he wanted to draw it beautifully.
"Does the earth and moon shine for Chihiro?"
"The moon is shining, I can understand well when I enter the shadow of the earth."
Chihiro 's paintings painted a glowing flower and a glowing stone.
"This stone is a rainbow color," Hiromu said.

Aoi rushed up to the roof of the apartment, and then ran up to the rooftop along the wall of the next building. Because it is the body of a human child, I had a bit of hardship. "Would you hold the wall if the feet of the beast"
I went up to the rooftop and saw the ocean. The cumulonimbus which inhabited the dragon was becoming a gigantic mass and approaching the town. It is discharging here and there. It is a mass of enormous energy.
The pouring rain encapsulates the island. I can see the rain will soak into the island. A lot of dragons infiltrate the island. I am distracted to places that worship the Ryujin.
Rain clouds will come over here soon, and many dragons will soak into the mountains.
In order to feel it, Aoi decided to head to the mountain. "Rintaro, I decide quickly, I know where I want to go"
"That's right," Rintaro said. "It's the opposite of me"

The rain then began to fall off soon. In the town, rain that slides so that it penetrates into the soil in most of the mountains. I swim in Yongga mountain. Rokko Mountain is a mountain surrounded by "Miya". Human named it and worshiped the shrine. From Ninomiya to the eighth temple, and Nishinomiya. A place where energy gathers.

Aoi climbed the red pine in the pool of the pond and entrusted himself to the storm. Thunderstorms occurred here and there and the trees were torn, and smoke rose from the tower. The electric current suddenly comes out from the air, it creates an explosive sound and forms a lightning strike. It spreads through the rain. The whole mountain is charged with electricity.
Aoi joins in the current himself in the storm.

Rain clouds will slowly move away after raining a lot of time. I will move towards Lake Biwa.
"It looks like a charging device in the natural world," Aoi thought.


Takako said to Chihiro "It will rain."
"It is already grain of light, it can be seen by Mr. Takako," he said.
"When you become an adult, things will not be visible," Takako said.
"Poor adults", Hiromi said.
"Well," Takako said.
"Rintaro-kun is OK," said Tohihiro.
"Rintaro is fine, there is nothing to worry about, you can draw the continuation of the picture without worrying about you," Takako said.
"I want to draw rain," Hirohi said. "The rain glows brightly"
"Well, it is very nice," Takako said.

四季の輝き 第6話 Shine of the Four Seasons Episode 6



第6話



凛太朗は真夏の太陽に照らされた施設の庭を、玄関の階段に座ってぼんやりと眺めていた。
子供達の大抵は学校に行ってしまっていた。残っているのは就学前の子供と学校に行かないことを選択している児童だった。

貴子に「しばらく学校に行きたくない」と言ったら「それでいいよ」と言ってくれた。「やりたくない事を無理してやることはないよ」
行けと言われたらどうしよう、という思いもあったが、行きたくない、という思いが大きかった。それで正直に言ってみた。
「それでいいよ」と貴子は軽く言った。訳も聞かなかった。
凛太朗は少し拍子抜けした感じがした。行きたくない理由を、自分なりに考えてもいたし、後ろめたさもあった。行けと言われるだろうなと思っていた。
「行きたくなったら行けばいい」と貴子は言った。
凛太朗は、「学校に行かない間、勉強をしてもいいし、何もしないでもいい」と言われたので、近くを散歩したりしてみたが、大人の目が気になったりしたのであまり出歩かずに施設の庭先にいることが多かった。

玄関の階段は軒が深いこともあってちょうどいい日陰ができる。
南に開けた庭は門までの道に沿って木の枝が短いトンネルを作り、涼しげな木陰を作っている。門の近くのトンネルが途切れた辺りに菜園があるが、それまでの道中にも色々な花や野菜が育っている。
野生化していそうな感じのものもある。
取ってきて植えたのかもしれない野草もたくさん生えていた。
小さい花がいくつも咲いていた。春に咲いて、この夏また花をつけた草もあった。この間の久しぶりの雨で、草の緑が深まった気がした。

世界の色は以前より鮮やかになっていた。逃げ込んだ「楽園」は消えて、「青い夢」を包み込んだ現実がぽっかりと口を開けて凛太朗を捉えた。
嫌なものや見たくないものがそこには含まれていた。でももう「楽園」はない。
自分でそこを出てきたのだ。
自分は何でこんなところにいるのだろう。
それに答えてくれるものはいなかった。

施設の玄関からノートと色鉛筆を持ったちひろが出てきた。ちひろも学校に行かないことを選択していた。

ちひろはなぜか、学校生活に自分をうまくなじませることができなかった。決められた時間に登校したり、チャイムがなるごとに授業が始まったりすることや、興味のない科目を勉強することが苦痛だった。友達もあまりいなかった。一人でいることが好きだった。
そしてそれをある日貴子に言ってみた。
「学校に行くのが嫌だ」
貴子は少し思いつめたようにそう言ったちひろを見て、よくよく考えた末のことなんだなと感じた。
「わかった」と貴子は言った。「学校の勉強は、手の空いてる職員で交代で見てあげる。勉強したい科目はある? 聞かなくても大体わかるけど」
「絵を描いていたい」とちひろは言った。一日中でも絵を描いていたい。

ちひろは階段のところに座っている凛太朗のそばに来て自分もその隣に腰掛けた。
しばらく何も言わず、二人はじっと庭を見ていた。
凛太朗もちひろも、何も言わなくてもお互いの気持ちがわかるような気がした。 しばらくしてちひろが「昨日描いた絵を見せてあげる」と言った。
ノートを広げて「ここからこっちが昨日の分」と言って凛太朗に渡した。
凛太朗はノートを受け取るとすぐにそこに描かれた絵に見せられた。A4のノートにいろんな絵が描かれていた。鉛筆で石や花を正確に描きこんだものもあれば、色鉛筆で色を塗り重ねただけのものもある。でもそこに描かれたものには不思議な共通点があるように思う。
ちひろは花を描いても木々を描いても最初は何も色を塗らないでいた。しばらくしてから色を塗ったものを見せてもらうと写実的なものとは程遠い不思議な図形のようになっていることもあった。
「私は絵を描いてる時が一番楽しいの。凛太朗くんは?」凛太朗は聞かれたが、自分が何をしていたら楽しいのかわからなかった。「楽しくないことや嫌なことならわかる」と凛太朗は答えた。
「かわいそう」とちひろは言った。
「そう?」
「うん、楽しいことがわからないなんてかわいそう」とちひろは言った。「きっと凛太朗くんは迷子になってるのよ、ちゃんと考えたら何をしてたら楽しいかわかると思うよ」
「考えてみるよ」と凛太朗は答えた。
ちひろは凛太朗からノートを返してもらうと庭の方に降りて行った。
凛太朗はその小さな背中を見ていた。

ちひろに関しては学校に行かなくなってからもう半年が経っていた。学校からは何度も登校を促すよう頼まれていたが、貴子はそうする気になれなかった。
「子供は嫌なことをしていると心が萎縮してしまうんです」貴子は何度か学校側に説明してみたが、逆に責められることもあった。
「いじめとか、そういう事もないみたいですし、勉強についていけなくなりますから」と学校側は言った。
「勉強はしたい時にしたい事をやればいいと思ってます」と貴子は言った。それ以上は平行線だった。
社会に出て一人前に生活していくために学業に打ち込む子供達が施設には多いが、学校になじめない子供も同時にいた。
自分から学校に行かない、と決めた子供は少ないが、子供が自ら決めた事に、貴子は反対する気になれなかった。子供達は自分の事をよく理解している。大人にはない感のようなものなのだろう。
好きなことや楽しいことをしていると、子供はその能力をどんどん伸ばしていく。貴子は今までにそういう子を何人も見てきた。

最初に不登校になったのはチッチだった。彼は中学校に入ってから学校を休みがちになり、やがて全く登校しなくなった。部屋に閉じこもり気味だったし、貴子や職員たちも対応に戸惑った。
しかし学校に行かない、という選択を自らの命を削って、そこに抵抗を示しているチッチを見ていて、その苦しみを認めてあげたい、と思うようになっていった。
「本心をねじ曲げてでもしなければいけない事柄なんて無いような気がする」と貴子は職員に言った。「認めてあげてもいいような気がするの。今はチッチにとってはそれが救いになると思うの」
チッチは職員たちが誰も自分に「学校に行け」と言わなくなってから少しずつその心を解放して行った。そしてその心が満たされたと感じ始めると、少しずつ登校する日が増えていった。
それから貴子は不登校に関しては子供達の気持ちを最優先することにした。




凛太朗は、ここがどこなのか、まだよくわからなかった。養護施設だということはわかる。一人になったのだ。自分のいる場所はここにしかないんだ。
ここは一体どこなんだろう。なんでここにいるんだろう。
楽しいことってなんなんだろう。
あの朝、ドアを開けて部屋を出たいと思った。学校に行きたくないと思った。でもどこにも行きたいところはない。
凛太朗は空を見上げた。夏の入道雲が海の方角に積み重なっていた。ちょうど淡路島の上空のあたりだった。
あの雲はやがてやって来て雨を降らせるんだろうか。入道雲の下の方は黒い雨雲が広がっていた。雲の下はもう雨が降っているような、ぼんやりとした歪みが見えた。
時々暗雲の中に鋭く光る稲妻が見えた。
少し後にかすかな雷鳴が聞こえた。

あの下の海は発泡しているんだろうか。
あおいは今、どこにいるんだろう。
凛太朗はゆらゆらと歪んだ雨の軌跡を見ながらぼんやりと思った。夢で見たあおいの事を思った。
やりたい事はあおいを探す事かもしれない。凛太朗はぼんやりと思った。探してどうするのかはわからない。でもあの夢に出てきたあおいは僕に何かをくれたような気がする。大切なものを譲ってくれたような気がする。それは何かのメッセージなのかもしれない。会って確かめてみたい。
凛太朗は立ち上がって階段を降りた。この街から電車に乗ればあおいの居る街にいける。
凛太朗はポケットの中に小銭が入っているのを確かめた。そして施設の門を抜け駅の方に向かって歩き出した。
ちひろが門から追いかけてきて「どこに行くの?」と聞いた。「ちょっと元町まで行って来る」「電車に乗って?」とちひろが聞いた。「うん、会って確かめたい人がいるんだ」と凛太朗は言った。 「連絡したの?」
「電話番号を知らない」と凛太朗は答えた。「夕方までには帰る」そう言って駅に向かった。
券売機で切符を買い、改札を抜けて電車に乗るとガタンという音を立てて電車が動き始めた。凛太朗は海側の窓辺に立って、海上に浮かぶ積乱雲を見つめた。空高く積み上げられた雲はゆっくりと街に近づいているようだった。雲の下以外の海は夏の太陽に照らされてキラキラと眩しく輝いている。積乱雲の方向から吹いてくる風に煽られて波がしぶきを上げている。
街の間から途切れ途切れに見える雲や海を見ているうちに、電車は元町駅に着いた。
改札を出て、記憶を辿りながらあおいの住むアパートに向かう。

あの夜、初めてあおいにあった夜、ライブハウスの鉄扉を開けた夜に一緒にCDを聴いたのだ。
凛太朗は見覚えのある鉄階段のついた古い木造アパートを見つけた。階段を上ってドアを確かめてみる。記憶にあるドアを見つけ、そっとノックしてみた。
「はーい」と女の人の声が聞こえた。しばらくしてドアが開き、知らない女の人が出てきた。「どちら様?」と女の人は凛太朗を見て言った。
「僕は凛太朗と言います。この部屋にあおいさんはいますか?」と凛太朗は言った。
「キミ小学生?」と女の人は言った。
「はい、5年です」と凛太朗は答えた。
「葵の知り合いなの?」
「はい」と凛太朗は小さな声で言った。
「葵はいなくなったの」とその女の人は言った。「私は美和っていうの、葵のルームメイト、葵はここに一緒に住んでたけど、事情があって出て行ったの」
「どこに行ったかわかりますか?」と凛太朗は聞いた。
「わからないのよね、無事だとは思うんだけど」と美和は言った。「どういう知り合いなの?」と美和は聞いた。
「ライブを見たことがあります。それからこの部屋で一緒にCDを聞いたんです」と凛太朗は言った。
「ああ、あの蝶の指の男の子。そういえば覚えてる、あの夜のライブの時、キミはドアから入ってきて葵の持ってるマイクに触ったんだ。葵がよく言ってた。自分によく似た男の子。一緒に海に行ったって言ってた。私はあの時ドラムスを叩いていたのよ」と美和が言った。
ここにも自分を知っている人がいる、と凛太朗は思った。何も知らないのは自分だけなのかも知れない。

「キミは小学生なのになんでこんな時間にこんな所にいるの?」美和は不思議に思って聞いてみた。「なんで葵を訪ねてきたの?」

「僕は・・・」凛太朗は言いかけたがどう説明していいのかわからなくなった。
「どこから来たの?」と美和は聞いた。
「御影からです」と凛太朗は答えた。
「お家から?」
「いえ、施設です」
「何の?」
「養護施設です」
「家じゃないの?」
「はい」
「つまりキミは養護施設に住んでいてそこから電車に乗ってここにきたのね?」
「はい」と凛太朗は答えた。

空が暗くなってきた。午後からは急な雷雨があると天気予報は言っていたな、と美和は思った。
「葵はもうここにはいないの。キミは傘持ってるの?」と美和は聞いた。「持っていない」と凛太朗は答えた。
「しょうがないわね、雨降ってくるよ。雨宿りしてく?」と美和は言いながら凛太朗を部屋に入れた。「ちょっと待っててね、今私の友達に連絡してみるから」

タナベは休みを利用してチッチの住んでいる施設に遊びに来ていた。
ギターとベースで大体の音合わせをやっておくと次のスタジオ練習の時に美和のドラムスと合わせるのに感じがつかみ易いし時間も短くて済む。スタジオでの練習時間は2時間と決まっているので、できるだけ時間を有効に使いたいと思っていた。
チッチは学校に行ったり行かなかったりしていたので、施設に電話してみると居ることがあったので「行ってもいいか」と聞いてからギターを抱えてやって来ていた。

「どこにいるの?」と美和は電話越しに言った。
「チッチんとこ」とタナベは答えた。
「どこだっけ?」
「御影」とタナベは答えた。
「たぶんそこからお客さんが来てるの、凛太朗くんっていう子なんだけど」
「凛太朗って子、この施設に居るか?」とタナベはチッチに聞いた。
「居ますよ、ちょっと前に駅の方に歩いて行ったってちひろちゃんが言ってた」とチッチが言った。
「いるみたいだぜ」とタナベは美和に言った。
「迎えに来てよ、葵を探して来たみたいなんだけど、あの葵がよく言ってた男の子」
「ああ、あの子か」とタナベは言った。
あのライブの夜にドアから入ってきた男の子だ。
「雨が降ってくるのに傘を持ってないみたいなんだよね、私はもう少ししたらバイトに行かなくちゃいけないんだ」
「わかった、迎えに行く、30分くらいは大丈夫?」とタナベは聞いた。
「大丈夫だけど、なるべく早く来てよ、私今日だけは遅刻できないんだよね」と美和は言った。
「お前普段から遅刻しすぎなんだよ」とタナベは言った。電話はそれきり何も言わずに切れてしまった。
「仕方ないな、ちょっと迎えに行ってくる」タナベはチッチに言って軽トラの鍵をポケットに入れて部屋を出て行った。

チッチはブルースのフレーズを何度も色々なパターンで試していた。Aのメジャーコードだ。
しっとりした感じのフレーズからファンクな感じのフレーズを乗りに合わせて弾いてみるとタナベはそれに答えてギターのフレーズを合わせてくる。
ブルースのスリーコードは黒人の憂鬱を物語にしたような憂いもあれば、アフリカの大地の記憶のような躍動感もあった。
チッチはそんな黒人のリズムに心惹かれていた。
タナベとそんな風にリフを決めて感覚でセッションをするのが楽しい。タナベは火曜か水曜に会社の休みがある。そんな日は学校の勉強なんかよりタナベと音を合わせている方が楽しかった。
「ちょっと行ってくる」と言ってタナベは出て行った。「1時間くらいで戻ってくるよ」とタナベは言った。
「わかった、また後で」とチッチは言った。雨がやってくるんだなとチッチは思った。

夏の雨は今では優しく降ることはない。
チッチは窓を閉めてドアを開けた。廊下から冷んやりした冷房機の風が入ってくる。
ヘッドホンをつけ、ブルースのコード進行で右手の指で弦を弾いてみる。黒人のリズムは嵐の中でもそれを楽しむタフさを感じる。とても昔、強制的にアフリカから連れてこられて白人の奴隷にされた人たちのリズムだとは思えない。
踊っているのだ。どんな時でも。それが黒人のリズムなんだ。
チッチはエフェクターのつまみを調整しながら音にエッジを効かせたり歪みを足したりしながら自分らしい音の響き方を確認する。エフェクターはBOSSのマルチエフェクターを中古で買ったものだったが、十分すぎるほどの変化を音にもたらしていた。
オーバードライブを強めに効かせてその分音にエッジを効かせる。音は派手になるが、弦を弾く強さを変えると派手さは消えてギターの音を増幅させるような音色に変わる。
音色に対する感覚はタナベと自分はよく似ていると感じる。
タナベのギターの音色には、自分に似た色がある。
チッチはそれをもっと増幅したいと思っていた。
週末にスタジオにみんなで入るのだ。ユウというボーカルの子もその時くると美和が言っていた。
どんな声でどんな歌を歌うんだろう。それを支えるだけのベースを弾けるんだろうか。

チッチはしばらく学校を休んでベースギターを弾いていたいと思った。そしてそれをやっても周りの大人たちは誰も自分を咎めないと知っていた。

自分の魂は自分の喜ぶことを欲している。周りの大人もそれを理解してくれている。


貴子は雨がやってくることを知っていた。多分大きな嵐になるだろう。大きな積乱雲が近づいてきているのだ。
ちひろがやって来て「凛太朗くんが駅に行った」と言った。
「どこに行ったの?」
「元町に行くって言ってた」
「大丈夫よ、きっと帰ってくるから」と貴子は言った。大丈夫だきっと帰ってくる。

私の命を譲った子なのだ。私のところに戻ってこないはずはない。

貴子はちひろに「ありがとう」と言って「大丈夫だよ」と言った。





< >
Episode 6



Rintaro was sitting on the staircase of the entrance and looking out of the garden of the facility illuminated by the midsummer sun.
Most of the children had gone to school. What was left was a child who chose not to go to school with preschool children.

Takako told me that "I do not want to go to school for a while" and said "I do not mind that." "We never force you to do things you do not want to do"
Although there was a thought that what should I do if I were to go, I thought that I do not want to go. So I tried to be honest.
"That's fine," Takako said lightly. I did not hear a translation either.
Rintaro felt a bit skeptical. I thought about why I do not want to go on my own, and there were times when I started back. I thought that it would be said to go.
"If you want to go, you can go," Takako said.
Rintaro said, "I can study while I go to school and I do not need to do anything", so I tried taking a walk in the neighborhood, but I was concerned about the eyes of adults So I often stayed in the garden of the facility without much going out.

The staircase of the entrance can have a good shade just as the eaves are deep.
The garden opened to the south creates a short tunnel along the way to the gate and branches of trees make a cool shade of shade. There are vegetable gardens in the vicinity where the tunnel near the gate is cut off, but various flowers and vegetables are growing up to that point.
There are things that seem to be wild.
There were plenty of wildflowers that might have been planted and planted.
Several small flowers were blooming. There were grasses that bloomed in the spring and put flowers again this summer. I felt the green of the grass deepened after a long rain last time.

The color of the world was brighter than before. The "paradise" that ran away disappeared, the reality wrapped in the "blue dream" caught a mouth wide and caught Rintaro.
There was something unpleasant or something I did not want to see. But there is no "paradise" anymore.
He came out there by myself.
I wonder why I am in such a place.
There was nothing that answered it.

Chihiro with a note and a colored pencil came out from the entrance of the facility. Chihiro was also choosing not to go to school.

Chihiro could not adapt himself well to school life for some reason. It was painful to go to school at a fixed time, to start classes as each chime got and to study subjects not interested. There were not many friends. I liked being alone.
And I told it to Takako one day.
"I do not want to go to school."
Takako saw Chihiro as he thought a little and felt it was after thinking carefully.
"I understand," Takako said. "Study of the school is taken care of by the vacant staff of hand.When there are subjects you want to study, you can generally understand without asking"
"I want to draw a picture," Hiromi said. I would like to draw pictures all day.

Chihiro came near Rintaro sitting on the stairs and I sat down next to him.
For a while not to say anything, the two were still watching the garden.
Neither Rintaro nor Chihiro felt like I could understand each other's feelings without saying anything. After a while Chihiro said, "I will show you the painting I painted yesterday."
I spread the notes and handed it to Rintaro after saying "From here on for yesterday".
Rintaro was shown to the painting depicted there as soon as he received the note. Many pictures were drawn on the note of A4. Some have drawn precise stones and flowers with pencils, others are colored pencils only. But I think there is something mysterious in the things drawn there.
Chihiro painted flowers and painted trees at first was not painting anything. There were times when it seemed like a mysterious figure far from a realistic thing when having you show things painted color after a few days.
"When I draw a picture the most fun, Rintaro-kun?" Rintaro was asked, but he did not know what he was doing was fun. Rintaro replied, "I know if it's not fun or disgusting."
"Poor thing", Hiromi said.
"Oh?"
"Yeah, I feel sorry I do not understand fun", Hiromu said. "I'm sure Rintaro is getting lost, I think I can figure out what I do if I think about it properly"
"I will think about it," Rintaro replied.
Chihiro got down from Rintaro to return the note and went down to the garden.
Rintaro was watching the small back.

For Chihiro it has been half a year since I ceased to go to school. I was asked to encourage school to go to school many times from school, but Takako did not feel like doing it.
"My child is atrophied when I do something unpleasant," Takako explains to the school several times, but sometimes he was accused.
"There seems to be no such thing as bullying, so I will not be able to keep up with studying," the school said.
"I think that I do what I want to do when I want to study," Takako said. It was a parallel line beyond that.
Children who go to society and devote themselves to studying in order to live in a single person are at the facility but children who do not go to school at the same time.
Although there are few children who decided not to go to school from myself, Takako was unwilling to oppose the child 's own decision. Children understand ourselves well. It seems like a feeling not found in adults.
When doing something you like or having fun, the child will gradually stretch its ability. Takako has seen so many of these children.

It was Titchi who first went to school. Since he entered junior high school he tended to be absent from school and eventually stopped going to school. Takako and the staff were puzzled by the correspondence because it was in the room that it was going to be detached in the room.
However, I decided to choose not to go to school, cut down my life, watching Titchi showing resistance there, I wanted to recognize that suffering.
Takako told the staff, "I feel like there is no thing I have to do even if my true heart is twisted." "I feel like I can accept it. I think that it will be a salvation for Chitch now."
Titchi released his mind little by little after all the staff did not say "go to school" to anyone. And as I began to feel that my heart fulfilled, the days I gradually went to school increased.
Then Takako decided to give priority to the children's feelings about school refusal.




Rintaro did not quite understand where he was here. I understand that it is a nursing home. It has become one person. There is only place where I am here.
Where the hell is he? Why are you here.
I wonder what fun things are.
I thought that I wanted to leave the room with the door open that morning. I thought that I do not want to go to school. But there is no place I want to go anywhere.
Rintaro looked up at the sky. Summer clouds were piling up in the direction of the sea. It was just around the sky above Awajishima.
I wonder if that cloud eventually comes to rain. There was a black rain cloud spreading under the cloud cover. Under the clouds I could see the absurd distortion that it is now raining.
Sometimes I saw a sharp flashing lightning in the dark clouds.
A little faint thunder was heard after a while.

I wonder if the sea under that is foaming.
I wonder where Aoi is now.
Rintaro was vaguely watching the trajectory of the distorted rain. I thought of the passengers I saw in my dream.
What you want to do may be looking for Aoi. Rintaro thought vaguely. I do not know what to look for. But the blues that came out in that dreams seems to have given me something. I feel like giving away important things. It might be a message of something. I would like to meet and check with you.
Rintaro stood up and got off the stairs. If you get on the train from this town you can go to the town where the aoi is.
Rintaro confirmed that small change was in the pocket. Then we walked through the facility gate towards the station.
Chihiro followed me from the gate and asked me "Where are you going?" "I'm going to Motomachi for a moment" "I got on the train?" Hiromi asked. "Yeah, there are people who want to see and make sure," Rintaro said. "Did you contact him?"
"I do not know the phone number," Rintaro replied. I said "I will come home by the evening" and headed for the station.
I bought a ticket at the ticket vending machine, passed the ticket gate and got on the train, the train began to make a noise. Rintaro stood at the window side of the sea side and stared at the cumulonimbus cloud floating on the sea. Clouds piled up high in the sky seemed to approach the city slowly. The seas other than under the clouds are shining brightly and shining with the summer sun. The waves are splashed by the wind blowing from the direction of the cumulonimbus.
The train arrived at Motomachi station while looking at the clouds and sea which seemed to be choppy from the streets.
I go out to the apartment where Ao lives while tracing my memory.

That night, I listened to the CD at night when I first caught the night, when I opened the iron door of the live house together.
Rintaro found an old wooden apartment with a familiar iron staircase. Go up the stairs and check the door. I found a door in memory and knocked softly.
I heard the voice of a woman saying "Hui". After a while the door opened, a woman of unknown came out. The woman saw Rintaro and said "Who?"

"I am Rintaro, is there a Aoi in this room," Rintaro said.
"Kimi elementary school student?" Said the woman.
"Yes, five years," Rintaro replied.
"Aoi's acquaintance?"
Rintaro said "Yes" with a small voice.
"Aoi has gone away," said the woman. "I am Miwa, Aoi's roommate, Aoi lived together here, but I got out because of circumstances"
Rintaro asked, "Do you know where you went?"
"I do not know, I think it's safe," Miwa said. "What kind of acquaintance are you?" Miwa asked.
"I've seen the live, then I listened to the CD together in this room," Rintaro said.
"Oh, that boy with that butterfly 's finger, when I remember that, when I was living that night, you came in through the door and touched the microphone that Aoi has. Aoi often said, He said that he went to the beach together, I was hitting the drums at that time, "Miwa said.
Rintaro thought that there is a person who also knows himself here. It may be only you that you do not know anything.

"Why are you in such a place at such a time though you are a primary school student?" Miwa wondered and asked. "Why did you visit Aoi?"

"I ..." Rintaro said, but I did not know how to explain it.
"Where are you from?" Miwa asked.
"It is from Mikage", Rintaro replied.
"From your house?"
"No, it's a facility"
"What?"
"It is a nursing home"
"Is not it a house?"
"Yes"
"You lived in a nursing home and you came here by train from there?"
"Yes," Rintaro replied.

The sky is getting dark. Miwa thought that the weather forecast said that there was a steep thunderstorm from the afternoon.
"Aoi is not here anymore, Miwa asked," Do you have an umbrella? " "I do not have it," Rintaro replied.
"It can not be helped, it will rain, will you rain from the rain?" Miwa said while entering Rintaro in the room. "Wait a moment, I will contact my friend right now."

Tanabe used to take a break and was coming to the facility where she lives.
When you do the approximate sound matching at the guitar and the base, it is easy to grasp the feeling to match with Miwa's drums at the time of the next studio practice and the time is short. Since practice time in the studio is fixed to 2 hours, I wanted to use the time as effectively as possible.
She was going to school or not going to school, so when I tried calling the facility there was something I was doing, so I asked him if I could go and he was holding a guitar after asking.

"Where are you?" Miwa said over the phone.
"Titchichinoko" answered Tanabe.
"Where are they?"
"Mikage" and Tanabe answered.
"Perhaps the customer is coming from there, Rinchester's kid is a child,"
"Rintaro, you child, are you at this facility?" Tanabe asked Zitch.
"I'm here, Chihiro said that she walked towards the station a while ago," Chitch said.
"It looks like there seems to be," Tanabe told Miwa.
"Come pick me up, it looks like I came looking for Aoi, but the boy whose Aoi often said"
"Oh, that girl," Tanabe said.
It is a boy who came in from that door on that live night.
"It looks like rain comes down but I do not have an umbrella, I guess I have to go to bytes some more."
"Okay, I will pick you up, is it OK for about 30 minutes," Tanabe asked.
"It's okay, but please come as soon as possible, I can not be late for today," Miwa said.
"You are too late from usual," Tanabe said. The telephone ran out of words without saying anything.
"I can not help it, I will pick you up for a moment" Tanabe said to Titchi and left the room with the key of a light tiger in his pocket.

Titch tried the blues phrase many times over various patterns. It is the major code of A.
Tanabe answers that phrase with a funky feeling from the phrase of moist feeling in accordance with the ride and it matches the phrase of the guitar.
Bruce 's Three Cord was somewhat saddened like the story of a black man' s melancholy, and there was also a feeling of dynamism like the memory of Africa 's Earth.
Zitch was attracted to such a rhythm of black.
It is pleasant to decide riffs with Tanabe and to do sessions with that feeling like that. Tanabe has company holidays on Tuesday or Wednesday. On that day, I enjoyed having a sound with Tanabe rather than studying at school.
Tanabe went out saying "I will come over a bit." "I will come back in about an hour," Tanabe said.
"I understand, later," said Titchi. I thought it was going to rain.

Summer rain never falls gently now.
She closed the window and opened the door. The wind of the air conditioner which cold from the corridor comes in.
Turn on the headphones and try playing the string with the fingers of the right hand in chord progression of the blues. The black rhythm feels tough enough to enjoy it even in the storm. A long time ago, I do not think that it is the rhythm of those who were white slaves.
It is dancing. anytime. That is the black rhythm.
Titchi adjusts the knob of the effecter and checks how to hear your own sound while applying edges to the sound and adding distortion. Effector bought BOSS 's multi - effector second - hand, but it brought about too much change to the sound.
Make the overdrive stronger and make the edge more effective accordingly. Sounds become flashy, but when you change the strength of playing a string, the flashy will disappear and change to a tone that will amplify the sound of the guitar.
I feel that Tanabe and myself are very similar in feeling to the sound.
The sound of the guitar of Tanabe has a color similar to me.
Tschitch wanted to amplify it further.
Everyone enters the studio on weekends. Miwa said that when the son of Yuu vocal also arrived.
What kind of songs will you sing in what kind of voice? I wonder if I can play the base just to support it.

She wanted to be absent from school for a while and play bass guitar. Even though doing it, adults around knew that no one would blame oneself.

My soul wants to please himself. Adults around me understand that as well.


Takako knew it was going to rain. Perhaps it will be a big storm. A big cumulonimbus is approaching.
Chihiro came and said, "Rintaro-kun went to the station."
"Where have you been?"
"I was going to Motomachi"
"Okay, I'm surely coming home," Takako said. I'm fine, I'm surely coming back.

It is a child who gave away my life. I can not be coming back to me.

Takako told Chihiro "Thank you" and said "I'm all right."

四季の輝き 第5話 Shine of the Four Seasons Episode 5




第5話


貴子は受話器を置いたあと、梨花の子どもの頃のことを思い出していた。神戸の震災でご両親が亡くなり、幼かった梨花はしばらく大阪の施設に預けられていたが、この「若葉こども園」が開設されるとすぐに大阪から移ってきた。
子供ながらに、梨花が神戸に戻りたいと強く希望したのだ。

梨花は芯が強く、負けず嫌いだが素直な子供だった。素直すぎてそれが仇となったりして、不器用なところもあった。
でも梨花は自分のことが好きだった。おおかたの子供がそうであるように、ありのままで自然にふるまっていた。そして、それは時には誰かと衝突したり、疎まれたりした。
そんな時、梨花は悔しそうに貴子のところに来て思いを語った。
「◯◯ちゃんと喧嘩した。嫌なことは嫌だって正直に言ってるだけなのに」
「そうね、それでいいと思うよ」と貴子は言った。「誰かと喧嘩して嫌いだって言われても、それはその人の問題であってあなたの問題ではないと思うよ。人はみんな自分の人生を生きてるんだもの、だから全員が主役で誰かにとってはあなたはただの脇役なのよ。だから他人にどう思われるかなんて、あなたが気にすることじゃないと思うわよ。嫌いって言われてもあなたがその子を嫌いにならなければそれでいいんじゃない?」
貴子は何度も梨花に言って聞かせた。


施設から学校に通うここの子供達は一般の社会に出て行くと、時には「普通とは違う子」という目で見られる時もある。
心ない言葉に出会うこともある。それは仕方ない事実であるし、そういう意識を向ける人間に対して、その意識は間違いであるとも言えない。全ては自然な感情なのだから。
しかし幼い子供はその感情や意識に押しつぶされてしまうこともある。
自分らしくいたいのに、皆に気に入られるために本来の自分を押し殺して自分には価値がないと思ってしまう子供もいる。
貴子は子供達にそういう風に思ってほしくなかった。誰になんと言われようと、あなたは素晴らしいんだよと伝えたかったし、そう理解して欲しかった。
本当にそうなんだから。

梨花は自分らしく生きる事と他人の評価の元で思春期の間かなり揺れ動いた。自暴自棄になったりした時期もあったが、本来持っている素直さと明るさは成長しても変わらずにいたので、他人と自分とをうまく分けて考えることをポジティブにとらえることもできた。高校生くらいの時に「人の人生と自分の人生は比べるものではないと思う」と梨花は言った。
その頃から自然な発露として、根本的に梨花は自分を大切にするように、他人も大切にできるようになった。
愛情とは溢れてくるものなのだな、と梨花を見ていて思った。梨花からは人への愛情が溢れているのだ。こんな子も珍しいなと思いながらいつも接していた。
一緒に話しをしていても、梨花からは自分に対する愛情が溢れているのを感じていた。「梨花に愛されている」貴子はいつもそう感じていた。
それは大人とか子供とかの問題ではなく、一人の人間としてのエネルギーみたいなものなのかも知れない。


「おりょうみたいだ」自分の中のもう一人の自分がつぶやいた。
そうだおりょうみたいだ、と貴子は思った。
茶碗にも神様が宿る、というような暮らし方。身の回りのあらゆる物事を大切にする。

ありのままの自分を生きる。

貴子は成長する梨花から色々なことを学んだ。葛藤や自己嫌悪、自己肯定、強さや弱さなど、人間の魂はこうやって成長していくんだ、ということが梨花の成長を見ていてよく理解できた。

自分も片割れと融合するまではある意味、成長した梨花と似ていたのかもしれない。
でも今は少し違う。
貴子は自分の中にあるもう一人の自分の存在に触れてみる。沈黙を守ったまま確固たる領域を占めている。
私の半分なのだ。

魂の片割れ、全く正反対の自分。

魂が二つに分かれる。
そんな事実も知らなかったし、いきなり施設に入ってきた獣のような生き物に「自分の半分だ」と言われるまでは考えもしないことだった。
考えてみると確かに自分も満たされない「癒し」のエネルギーを向かわせるものを探していた。貴子は「若葉こども園」を開設しても、もっと自分にできることはないか、いつも何かを探している感じがあった。事柄なのか人なのか、それはわからなかった。ずっと何かを探していた。

あの夜、会った瞬間にアキは私に気づいた。探していたもう一人の自分だと。そしてエネルギーの交流が起こり、私は「約束」を思い出した。トットを目覚めさせる。そして親子の再会を果たす。
そして、融合のエネルギーはトットを覚醒させ「月の九頭龍」が目を覚ました。
再会の約束は果たされたのだ。

トットは月と同じくらいの大きさで頭が9個もある特大の龍だった。

トットは特大の「癒し」のエネルギーを放つ。
エネルギーの流れが変わっている。今までにないエネルギーが星に降り注いでいる。変化が始まっていると感じる。とても大きな変化だろう。
トットのもたらすエネルギーは、それを受け取る様々なエネルギーと合流し、命の世界に巡っていく。
それぞれの生命もそのエネルギーと合流して変化していく。
自分だけではない、この星に生きる生命全体が何かを感じているように思う。

貴子はアキと融合して記憶がよみがえり、少し困惑していた。シキは声を失っている。
シキを癒したい。
「トットなら何か知っているかもしれない」と貴子は思った。


ある朝早く、南の空にクンネがいた。そして近くにトットもいた。
「トット!僕だよサポだよ」と貴子はトットに声をかけた。
「サポね、元の魂に戻った気分はどう?」とトットは言った。
「何か変な感じだね、今までの自分じゃないみたいだ」
「そりゃそうよ、真逆のものと融合するんだからね、違和感があって当たり前よ、魂の双子は、似てるけど中身は真逆なのよ」
「そうみたいだね。あの夜、僕は泣いたんだ。こんなに悲しい気分があるなんて知らなかった。出口のない真っ暗闇の中に居るみたいな気分だった。あんな気分に初めてなったよ」とサポは言った。
「人間は複雑で深い感情を持ってるのね。一喜一憂も成長するためよ、辛いことがらが魂を成長させるの、学ぶこともたくさんある」
「あんな感情も学びなんだろうか。絶望的な感情。思い出すだけで怖い」
「痛みを知ることよ、サポ。そしてその魂を磨くのよ、そのちょっとくすんだ魂を、もう一度輝き出すまで」
「そうだね」とサポは言った。確かに僕の魂はくすんでしまった。輝きは消えてしまっている。輝きを取り戻せなかったら、僕は何も癒せない。
「わかってるよ」とサポは言った。それが僕の試練だ。
「シキはあなたたち人間の波動と繋がってる。人間が癒されればシキも癒される」とトットは言った。
「シキは時々振動している」とサポは言った。
「シキもあなたたちもいつも振動している。星も太陽も宇宙も。世界は命で溢れているのよ」とトットは言った。
「シキは本当に弱っているんだろうか?」とサポは言った。
「弱っているとも言えるし、変わりつつある、とも言えるわね」
「どういうことだろう?」
「シキは常に変化してる。声を失っているのもその過程だね」
「声を取り戻せる?」
「あなたたち人間が癒されればね」とトットは言った。

トットは九つの長い首をうねうねとうねらせた。地球にとても近づいてきている。空の半分がトットの長い9本の首で埋め尽くされる。長い首は六甲山の方向からゆっくりと淡路島の方へ移動している。比較的近くに頭が3つ見える。すごく彼方に他の頭も見える。近くの2つの頭が海に出る頃3つめの頭が山の方からゆっくりと頭上に来た。

「魂の蘇生を楽しむのよ」とその頭は言った。「その先にあるのは新しい次元なのよ。シンプルな本来の一つの魂の次元」
「そこまでいくと難しい。今はよくわからない」とサポは言った。
「あなたの中にはもう無償の愛はないはずよ。それをもう一度自分で掘り起こすの」
確かにそうだなとサポは思った。
「やってみるしかなさそうだね」とサポは言った。

トットはゆっくりと空高く昇っていきぐんぐんと地球から離れていった。

二つの魂が融合すると試練が始まる。それは決められた事柄だと感じる。
ここは天国ではないし、魂の成長の場なんだとも感じる。
自分は今、スタート地点に立っただけなんだ。本来の自分に戻るためのスタート地点みたいなものだ。
「融合」がなければ生まれてきた意味もなかった。

貴子は自分の魂は男性だったのだということにも気づく。その事実は少し貴子を戸惑わせた。振り返ると納得できる事実はいくつもあるが、サポという魂が片端のまま生きてきたのが自分なのだ。女性の身体を持つことでバランスを保っていた。アキと融合することで本来の両性に戻ることができたのだろう。今は自分の中の男性性も女性性もはっきりと感じる。

視野が人間に戻ってからは千年の記憶と共に、今も根を貼る百年桜の感覚が地下の何かを伝わって入ってくる。それは地下で繋がるエネルギーのネットワークのように足の裏を伝い身体の経絡を伝い全身を巡る。
貴子は裸足で庭に出ることが多くなっていた。

桜は言う。「地球の植物と動物とは繋がっている。動物は植物によって生かされている。植物がない地球には動物は生きられない。動物は生きる糧その全てを植物に依存している」
桜の根はそのことを伝えてくる。
施設の庭や家庭菜園の見え方が大きく変化する。彼らは自分たちと同等の生物なんだ。いや同等ではない魂は彼らの方が進化している。無償の愛を持っている。

現在、世界では森林減少が進んでいる。
気候も大きく変動している。
日本は世界でも稀に見る恵まれた環境にあるということがわかる。世界のほとんどが砂漠なのだ。海流に助けられて日本列島には森が形成される。森の龍の住処だ。それをもたらすのが豊かな降雨量だ。雨が命を育む。

そうやって、この国の植物と動物は豊かな環境に守られて生き延びてきた。
桜のメッセージはそれを伝える。
貴子はそんなことを全身で受け止める。
二柱の海の龍が列島を温め、雨を降らせる。黒潮という海の大流。

そして世界はもう気付き始めている。

「このままが続くわけない」と。全てはうつろいゆく。

貴子は目を閉じ、そこまで思い描いてからそっとこめかみを押さえる。思考と感情が不安定だ。

人間とは不安定で不確かな存在なのだ。

愛に溢れる人間は他人をジャッジしない。梨花やおりょうのように。あるいは植物のように。
私は他人をジャッジするようになってしまった。魂が輝きを失ってしまった。でもここから本来の自分を掘り起こすのだ。

貴子は不完全な自分を抱きしめた。まずは自分を愛することだ。
「自分は無価値なんかではない」
今まで子供達に伝えてきたメッセージだ。全員が対等であり、価値ある存在だ。差異を認め、自分の価値と誰かの価値に優劣をつけないことだ。特別な人間などいない。全員が同等に価値ある存在なんだから。

そして少しづつ、自分を取り戻していく。融合の衝撃から蘇生していく。

トットが空から姿を消すとクンネがまだ明けきっていない空にキラキラと輝いていた。

「大丈夫なの? ちゃんとやれそう?」とクンネは言った。
「うん、やれると思う。それが僕の本来の目的なんだ。今はそれがわかる」とサポは言った。
「アキは感じる?」とクンネは聞いた。
「感じる、僕には今二つの魂が身体に入ってると感じてる。自分の中のもう一人の自分、その存在を感じる」
「その存在は君を苦しめているんだろうか?」とクンネは聞いた。
「アキの存在は苦しみそのものだし、愛そのものだと思うんだ」とサポは答えた。「どっちも自分なんだ」

クンネはキラリと輝いただけだった。太陽の光を受けながら沈黙した。

「クンネは夜の太陽だね」とサポは言った。




< >

Episode 5


Takako remembered the days when she was a child of Ewha after having placed the receiver. The parents died in the earthquake in Kobe, and the childhood Ewha had been deposited in facilities in Osaka for a while, but as soon as this "Wakaba Children's Garden" was established, it moved from Osaka.
While I was a child, Rika strongly hoped to return to Kobe.

Rika had a strong core, it was an obedient kid though he tends to lose. I was too obedient and it became an enemy, and there were some clumsy things.
But Ewha liked himself. As most children remained, they were behaving naturally as it was. And it sometimes clashed with someone and became disheartened.
At such time, Ewha came to Takako to feel regretful and told his thought.
"◯◯ properly fought, I just honestly do not want bad things"
"Well, I think that's fine," Takako said. "Even if it is told that I dislike fighting with someone, I think that it is a problem of that person and it is not your problem, everyone is living their life, so for everyone who is the protagonist with everyone You are just a supporting role, so it seems you do not care what you think of others.When you do not hate that child even if you say that you dislike it is OK with that Not?
Takako repeatedly asked Rika to tell.


When children go to school from the facility go out to the public society, sometimes it is sometimes seen as "a child different from ordinary".
Sometimes we meet words without heart. It is a useless fact, and it can not be said that the consciousness is wrong with the person who turns such consciousness. Because everything is a natural emotion.
But young children sometimes get crushed by their emotions and consciousness.
Some children want to be like themselves, pushing the original self to like it for everyone and thinking that they are not worth.
Takako did not want children to think like that. No matter who said what, I wanted to tell you that you are wonderful, I wanted you to understand so.
It really is.

Rika waved up considerably during adolescence under the circumstances of living like himself and the evaluation of others. There was also a period of desperation or despotism, but since the originality and honesty I had had remained unchanged even when I grew up, I was able to positively think about thinking well with others. When I was a high school student, Ewha said, "I think human life and my life are not comparable."
From that time onwards, as a natural development, fundamental Rika cherishes oneself so that others can take care of it.
I thought, looking at Ewha, that love is overflowing. The affection for people is overflowing from Ewha. I always touched it while thinking that such a child is also unusual.
Even though we are talking together, I felt that affection for myself is overflowing from Ewha. Takako who "is loved by Ewha" always felt that way.
It may not be a problem of adults or children, but may be like a person's energy.


"It looks like a grandfather" The other myself in myself muttered.
Takako thought she was like that.
A way of living in which God dwells in a cup. I cherish everything around me.

I live my own way.

Takako learned various things from growing ewha. I could understand well that the human soul growing like this, such as conflict, self-hatred, self-affirmation, strength and weakness, is seeing growth of Ewha.


In a sense, until I fused with one's part, it may have been like a growing rhubarb.
But now it is a bit different.
Takako tries to touch another existence in myself. It occupies a solid area while keeping silence.
It's half of me.

One piece of soul, one who is exactly opposite.

The soul is divided into two.
I did not even know such a fact and I was not thinking until I was told that a beast like a beast who entered the facility suddenly was "half of myself".
When I thought about it, I was definitely looking for something that could point to the energy of "healing" that I could not satisfy. Even if Takako opened "Wakaba Children's Garden", there was nothing I could do for myself, there was feeling that I always looked for something. I did not understand whether it was a matter or a person. I was looking for something forever.

At that moment, Aki noticed me that night. It is another person I was looking for. And exchange of energy occurred, I remembered "promise". Wake up Tot. And parents and children reunited.
And the fusion energy aroused Tot and "Nine-headed dragon of the moon" woke up.
The promise of reunion was fulfilled.

Tot was an oversized dragon that is about the same size as the moon and has 9 heads.

Tot releases oversized "healing" energy.
The flow of energy is changing. Unprecedented energy is falling on the stars. I feel change is beginning. It will be a very big change.
The energy that Tot brings merges with the various energies it receives, and it goes around the world of life.
Each life also converges with that energy and changes.
I think that the whole life that lives on this star is not just for myself, but for something.

Takako had fused with Aki and remembered his memory and was a bit confused. Shiki is losing her voice.
I want to heal the shiki.
Takako thought, "You may know something if Tot."


One morning early, there was Kunne in the south sky. And there was Tot near, too.
"Tott, I'm supposed to be Sapo," Takako called out to Tott.
"Sapo, how do you feel like having returned to the former soul," Tott said.
"Something strange, it looks like it is not yourself"
"Oh yeah, because it fuses true and reverse things, it's uncomfortable and natural, for the twins of the soul are similar, but the contents are indeed reverse"
"That seems like, that night, I cried, I did not know that I feel such a sad feeling, I felt like I was in a dark dark without an exit." It was my first time for that feeling, " Said.
"Humans have complex and deep emotions, because it grows happily, there are many things to learn, painful things to grow souls"
"I am learning such emotions, desperate feelings, I am afraid just to recall"
"Know your pain, support, and brush that soul, until you shine that slightly dull soul again"
"That's right," Sapo said. Certainly my soul faints. The glow has disappeared. If I can not regain the glow, I can not heal anything.
"I understand," Sapo said. That is my trial.
"Shiki is connected with the vibrations of the human beings, if the human being heals it will be healed," Tott said.
"Siki is occasionally oscillating," Sapo said.
"Shiki and you are always vibrating - the stars, the sun, the universe, the world is full of lives," Tott said.
"Siki is really weak?" Said Sapo.
"It can be said that it is weak, and it can be said that it is changing."
"What is it?"
"Shiki is changing all the time, it is the process that loses her voice"
"Can you get your voice back?"
"If you humans are healed," said Tott.

Tott swelled nine long necks. It is getting very close to the earth. Half of the sky is filled with nine long tots of neck. The long neck moves slowly to the direction of Awaji Island from the direction of Mt. Rokko. Three heads are seen relatively close. I can see other heads very much. The third head came slowly overhead from the mountain when two nearby heads got into the sea.

"Enjoy the resuscitation of the soul," said the head. "Beyond that is a new dimension, a simple original soul's dimension"
"It is difficult as it goes to there, I do not really understand now," Sapo said.
"There is no free love in you anymore, dig it up again by yourself."
Sapo sure thought so.
"That seems to be only a try," Sapo said.

Tott slowly went up in the sky and gradually moved away from the earth.

A trial begins when two souls merge. I feel that it is a determined matter.
I feel that it is not a heaven here and a place of soul growth.
I just stood at the starting point now. It is like a starting point for returning to the original self.
Without "fusion" there was no meaning to be born.

Takako also notices that his soul was a man. The fact confused Takako a little. There are several facts that can be convinced by looking back, but it is myself that the soul called Sapo has lived with one end. I kept the balance by having a woman 's body. It would have been possible to return to the original sex by fusing with Aki. Now I feel masculinity and femininity in myself clearly.

Since the vision has returned to humanks, the sense of 100 years cherry blossom that still puts the root together with the memory of a thousand years passed through something in the basement. It travels through the soles of the feet like a network of energies connected underground, travels through the whole body through the meridian of the body.
Takako had a lot of barefoot exits in the garden.

Cherry blossoms say. "Earth's plants and animals are connected, animals are alive by plants, animals can not live on plants without plants, animals depend on plants all their living supplies." > The roots of cherry blossoms convey that.
The appearance of the garden of the facility and the home garden changes greatly. They are creatures comparable to ours. No, the souls that are not equal are evolving towards them. I have free love.

Currently, worldwide deforestation is progressing.
The climate also fluctuates greatly.
It turns out that Japan is in a blessed environment rarely seen in the world. Most of the world is a desert. A forest is formed in the Japanese archipelago with the help of ocean current. It is the residence of the dragon in the forest. It is rich rainfall that brings about it. Rain fosters life.

In doing so, the plants and animals of this country have survived in a rich environment.
Cherry blossoms message it.
Takako takes such a thing with the whole body.
Two-pillar sea dragon warms the archipelago and causes rain. The Kuroshio Current of the Sea.

And the world is starting to notice anymore.

"It will not last as it is". Everything relaxes.

Takako closes her eyes and holds down temple until he imagines it. Thoughts and emotions are unstable.

It is an unstable and uncertain existence with humans.

A man full of love does not judge others. Like a rhubarb and a rice. Or like plants.
I got to judge others. The soul has lost its brilliance. But from here we dig the original self and regain "free love" in myself again.

Takako hugged himself incompletely. First of all, I love myself.
"I am not worthlessness"
It is a message that I have telled my children until now. Everyone is equal and valuable. Accept the difference and do not put merit on your value and someone's value. There are no special people. Everyone has equally valuable existence.

And gradually, I will regain myself. I reanimate from the impact of fusion.

When Tot disappeared from the sky, Kunne was shining brightly in the sky that had not finished yet.

"Are you okay? Are you sure you can do it properly," Kunne said.
"Yeah, I think I can do it, that is my primary purpose, now I know it," Sapo said.
"Kenne asked," Do you feel Aki? "
"Feeling, I feel that two souls are in my body now, I feel the other myself in myself, that existence"
"Is that existence tormenting you?" Asked Kunne.
"The existence of Aki is suffering itself, I think that it is love itself," Sapo replied. "Both are yourself"

Kunne just shined. I was silent while receiving the sunlight.

"Kunne is the sun of the night," Sapo said.

四季の輝き 第3話 Shine of the Four Seasons Episode 3

iPhoneImage.png

第3話

チッチはフェンダージャパンのジャズベースの弦高を調整しながら右手の親指と人差し指の感覚を確かめていた。弦高が低ければ左手の運指が楽になるが、チョッパーがしにくくなる。逆に弦高をあげるとチョッパーがやりやすくなり音もいい感じになるが、左手の運指が辛くなる。 微妙な調整が必要なのだ。

スライ&ザ・ファミリーストーンやジャコパストリアスのベースに憧れてチョッパーの練習を始めたばかりなのだ。美和たちのパンクバンドではチョッパーなんて必要ないかもしれないが、ベーシストとしては自分の技術を磨きたい。

ピック弾きにはとうに飽きていたし指弾きになってからは様々な技術がベースギターにはあるとわかった。

特に虜になったのはYouTubeで見たベンハーパーのライブだ。ベースのソロがあるのだが、とにかく信じられないくらいカッコイイ。和音を多用してリズムに色をつけていくそのソロ演奏は、始まりから終わりまでがストーリーのように展開していき、まるで物語を見ているようだった。

ドラムスとパーカッションとベースギター。リズムのうねりに呼応してたった4本の弦で音を色付けしていく。弦楽器だが打楽器のようでもある。

民族的な音階を奏でながらファンクに会場を踊らせる。

施設の自分の部屋でエフェクターに直接ヘッドホンをつなぎ音が出ないようにして、何度も何度もフレーズを真似てみる。一つのフレーズさえもまだ上手く弾けないが指や肩が痛くなるまで夢中になってしまう。

同室の良太が夕食ができたと呼びに来てくれて、ヘッドホンを外した。

「結構音漏れてんぞ」と良太は言った。

生音でもチョッパーの練習を始めてからは結構大きな音を立ててしまうのだ。

「ごめん、もう終わりにする」チッチはエフェクターのスイッチを切りコード類を抜いてダンボール箱に入れた。

「熱心だな、先に食堂に行ってるぞ」良太は言ってドアを閉めた。

工夫しても楽器の練習は音を立ててしまう。練習できる時間は限られている。特に皆んなで暮らしている施設では気を使う。

ベースギターを布で拭いてからハードケースに仕舞いエフェクターと一緒にベッドの下に入れた。

肩と右手くびと左指先が痛んだ。どこかに変に力が入ってるんだろうなと思う。

廊下に出ると食堂の方からガヤガヤと皆んなの話し声や笑い声が聞こえてきた。夕飯のいい匂いがしている。急にお腹が減ってきた。

食堂に行くと「遅いよ!」と貴子さんが言った「時間厳守! みんなで揃って頂くんだからね。はい、みんな座ってよ」

貴子の声で食事当番の子ども達も席に着いた。

「今日も晩御飯をみんなで揃って頂けることに感謝して、いただきます」と当番の子が言った。「いただきます!」皆が声を揃えて言った後、賑やかな食事が始まった。

「若葉こども園」で毎日毎日繰り返されるこの夕飯風景に、貴子はいつもほっとしていた。今日も何事もなく皆そろって夕飯を頂ける。明日もこの風景が当たり前であるように。皆の笑顔が当たり前であるように。何に祈るわけでもないが、いつも空に向かって「いただきます」の祈りを捧げた。

しっかり食べて、しっかり勉強して、夢を見つけてそれを叶えて欲しい。

子供達が健やかであるように。どんなに辛いことにもめげないで前を向いて歩み続けられるように。毎日の「いただきます」に貴子はそんな願いをかけた。

凛太朗は食堂の小学生のテーブルに座って「いただきます」と手を合わせた。

ある日を境にベッドから起き上がり、スリッパを履いて部屋のドアを開けた。

ある朝、目が覚めるとそうしたいという衝動にかられ部屋のドアを開けたのだ。

その日の朝、ドアを開けると少し空いていた窓からふわりと風が入ってきて凛太朗の背中を押した。風に背中を押されて廊下に出るとバタバタとした朝の支度の気配があちこちから聞こえてきた。

洗面所から出て来たちひろが凛太朗に気づき「おはよう」と声をかけた。「おはよう」と凛太朗はかすかな声で答えた。「もう直ぐ朝ごはんだよ」とちひろは言った。

ご飯の炊ける匂いと味噌汁の匂いが廊下に漂っていた。凛太朗は自分がひどくお腹が空いていることに気づいた。お腹が痛いくらいだ。

何人かの子ども達も凛太朗に気づいて「おはよう」と声をかけてきた。知らない子ばかりだったが、子ども達の方はなぜか自分のことを知っているようだった。

女性の職員も凛太朗に気づき、歩み寄ってきて「おはよう」と言いそっと凛太朗の肩を抱いた。「もう直ぐ朝ごはんだからね、お腹減ってるでしょ?」職員は言って凛太朗の肩を抱いたままゆっくりと歩き、食堂へと連れて行った。

「ここが小学生の席よ」職員は凛太朗を席に座らせて自分も隣に座った。

食堂には14〜5人くらいの子供たちと3人の職員がいて賑やかしく話をしたりふざけ合ったりしていた。食事を運んでいる子供が4人いた。

貴子はテーブルを布巾で拭きながら凛太朗が食堂にやってくるのを小さく微笑みながら迎えた。

今朝、席につくことを知っていた、というような微笑みだった。

朝の光が食堂の窓から床やテーブルに差し込み、空気はキラキラと輝いていた。

ふざけ合っていた子供たちは凛太朗が席につくと一人ずつ側に来て「おはよう」と声をかけてきた。順番に一人ずつ。

凛太朗は不思議な気持ちがした。みんなが今朝、自分がここに来ることを知っていたみたいな感じがする。

やがて朝食の準備が整い、食堂に居なかった子供達もやってきて皆が席に着いた。乳幼児や離乳食が必要な子供も職員と一緒に傍のスペースにいた。泣いている赤ん坊もいる。小学生が一番多くて、中学生と高校生が4人ずつ、子供だけで30人くらいの人数がいた。

「いただきます!」と当番の子が言って味噌汁と焼き魚と出汁巻卵とお漬物と梅干しの朝食を皆が一斉に食べ始めた。

「しっかり食べて、しっかり勉強するのよ、未来は自分で創っていくもんなんだから、体力勝負よ!」と貴子は言った。

「貴子さん今朝は気合入ってますね」と職員が言ってみんながどっと笑った。

貴子はちょっと照れくさくなって黙って顔がほつれたまま席に着いた。嬉しいのだ、凛太朗のことが。

食事はいつも専門の職員が4人で朝と夕方の2食を作ってくれる。それと中学生と高校生の昼の弁当を8食。配膳や食器洗いは当番制で子供たちも手伝う。

冷凍食品などはなるべく使わず、西区や三木市などの農家と契約をして有機野菜やお米を仕入れている。

梅干しには特にこだわっていて庭の梅の木の実はもちろん、足りない分は和歌山の梅農家から仕入れて、子供達にも手伝ってもらいながら天日干しから手仕事でやっている。

「梅にはものすごく解毒作用があるし万能薬なんですよ」と料理担当の小南さんが提案してからその案を取り入れ、梅干しを手作りするようになった。

黒焼きも定期的に作って常備薬にしている。去年から3年物の梅干しを皆で食べられるようになった。それもこれも小南さんのおかげだ。

貴子は西洋医だが、東洋医学にも関心を抱き始めていた。小南さんの野草学は大いに勉強になる。昔の日本人は野草から様々な薬効を見出し、それを利用していたのだ。

「子供たちの健康を思えばねえ、ひ弱な体じゃ厳しい世間は渡れないだろう、病院や薬に頼らなくても日頃の食事でたいがいの病気は予防できるし、いざという時にも野草は役に立つんだよ」小南さんは60歳を超えていたがとてもそんな年には見えず、職員の中ではいちばん元気なんじゃないかと思うくらいだった。

そんな感じで施設の食事は他とは少し違うこだわりの中、日々のご飯を頂いていた。

「毎日のご飯が人を創っていくんだよ、身体も心も精神も一緒にね」と小南さんは言った。

小南さんが食事を作ってくれるようになってからは本当に子供たちの体力は上がったし、風邪もひかなくなった。「病気」というのが施設からは無くなってきた感じだ。

元気な人が作る食事には元気そのものが入っている。食事は命そのものだ。だから皆んなで「いただきます」という。

「命をいただきます」と正式には言うんですよ。と小南さんは言った。「私たちのこの命は別の命に生かされているんです、感謝しなければバチが当たります」

貴子は何も言えなかった。生きているだけで感謝しなければ。いや、生きているのではない、生かされているのだ。命はいつも儚くて脆いものなのだ。

その日の午後に施設の卒業生から連絡があった。高校を卒業すると子供達は皆、施設を出て自立していく。大学に進学する者もいれば、就職する者もいる。

進学する子供達は奨学金を借りて本気で社会に出て行く決意をしている。学歴を積み、専門知識を身につけ、就職して生活をしながら奨学金を返していかなくてはならない。自立して生活をしていくだけでも大変な時代なのだ。親のいる子共とは違い、相当の覚悟がいる。

施設ではそんな進学者に僅かながらの入学金を用意する。寄付や義援金がほとんどだが、社会に支えられて学べるという意識も身につけられる。

進学者はそのほとんどが夜間大学か通信教育だ。働きながら大学を卒業する。だから根性も我慢強さもそこらの遊び半分の大学生とは雲泥の差がある。

連絡をくれた子も施設を出て大学で英語を学び、卒業して貿易会社に就職した子だった。

就職先で婚約者と出会い、結婚前だが子供を授かったと連絡があった。

「せっかく就職したのに結婚することになちゃった」と梨花は言った。

「それでいいんじゃない? 女にとってはそれが自然なことなのよ。仕事なんて男がやってればいいのよ」と貴子は答えた。

「そうでしょうか、なんか皆さんに申し訳なくて」

「入学金とかそんなことは気にすることはない」と貴子は言った。「それよりも授かった命がいちばん大切なのよ、あなたには両親がいないけれど、その子には両親がいる。あなたがもらいそびれた愛情を旦那さんと二人で思い切り与えてあげなさいよ」

梨花は電話口で少し息が詰まっているようだった「私の親は貴子さんや職員の皆さんです。皆さんがいなければ、私はきっと道を外れていたと思います。本当に感謝しています」

「今度はあなたがその子にそう言ってもらうのよ。人生はまだまだ長いんだから、きっといろんなことがあるでしょうけど、愛情を知っている子は道を外れたりしないわよ。私が保証する。私もそうだったもの。今は何も気のせずにお腹の子を大切にしてね」貴子は自分の子供のように思っていた子が、そうやって幸せな未来に向かっていることが何よりも嬉しかった。

自分が手に入れられなかったものを手に入れて、幸せになってもらいたい。

それがこの施設をやっていて一番嬉しい事柄なのだ。

電話を切った後、貴子は電話機を丹念に拭き、綺麗にしてからそっと受話器を置いた。

iPhoneImage.png

Episode 3


Titchi was checking the feeling of the thumb and index finger of the right hand while adjusting the height of Fender Japan's jazz base. If the string height is low, the fingering of the left hand will be easier, but the chopper will not be easy. Conversely, if you raise the string height, the chopper will be easier to play and the sound will be nice, but the fingering fingers on your left will be hard. It requires delicate adjustment.
I've just started practicing Chopper as longing for the base of Sly & the Family Stone and Jaco Pastorius. Chopper may not be necessary in Miwa's punk band, but as a bassist I want to refine my skills.
I was tired of playing picks and after finger playing I found that there were various techniques in the bass guitar.
Especially I was captivated by Ben Harper 's live show on YouTube. There is a base solo, but I can not believe it anyhow Cool. The solo performance that uses a lot of chords to add color to the rhythm started to develop like a story from the beginning to the end, and it seemed as if he was looking at the story.
Drums, percussion and bass guitar. In response to the swell of rhythm, we will color the sound with only 4 strings. It is a string instrument but also a percussion instrument.
Let the funk dance the venue playing ethnic scale.

Try to imitate the phrase many times over again by connecting the headphones to the effecter directly in the own room of the facility so that there is no sound. Even a single phrase can not be played well yet, but it gets crazy until it hurts your fingers and shoulders.
Ryota of the same room came to call me that we had dinner and removed headphones.
"Sounds leaked pretty well," Ryota said.
Even raw plants will start making practicing choppers quite loud.
"I'm sorry, I will finish it" Titch turned off the effect switch, pulled out the cords and put it in a cardboard box.
"I am keen, I'm going to the dining room first" Ryota said and closed the door.
Even though ingenuous, musical instrument practice makes sound. Practice time is limited. Especially at facilities that everyone lives on.
I wiped the bass guitar with a cloth and put it in the hard case and put it under the bed with the effector.
My shoulder and right hand neck and left fingers hurt. I think that the power is strange somewhere.

When I got out in the corridor, I heard the talking voice and laughter of everyone from the cafeteria. There is a nice smell of supper. I suddenly got hungry.
Takako said "When you go to the dining room," Takako said "Punctuality! Because everyone gets it together Yes, everyone sit down"
Takako's voice arrived at the children's daily desks.

"I appreciate being able to have dinner together by all today," said the daughter child. "We will have you!" After everyone said with a loud voice, a lively meal began.

Takako was always relieved to this dinner scenery which is repeated every day at "Wakaba Children's Garden". Today as well, everything goes well and we have dinner together. Just like this landscape is commonplace tomorrow. Just like everyone's smile is commonplace. I do not pray to anything, but always dedicated to the sky "I will" receive a prayer.
I want you to eat well, study hard, find dreams and make it come true.
Just like children are healthy. No matter how hard it is to be able to continue walking without looking forward. Takako put such a wish on "We will receive" everyday.


Rintaro sat on a table at a cafeteria elementary school student and joined hands saying "I will."
I got up from the bed on a certain day and opened the door of the room with slippers on.
One morning, when I awoke, I opened the door of the room by the impulse that I wanted to do so.

In the morning of that day, when I opened the door, winds came in from windows that had been available for a while and pushed Rintaro 's back. When I was pushed back by the wind and got out into the corridor, I could hear indications of the morning preparations that made me clattering.
Chihiro, who came out of the bathroom, noticed Rin Taro and said "Good Morning." "Good morning" Rintaro answered with a faint voice. "I already have breakfast right now," Tomihiro said.
The smell of cooking rice and the smell of miso soup were drifting in the hallway. Rintaro noticed himself being hungry terribly. It's about my stomach hurts.
Several children also noticed Rintaro and said "Good Morning". It was only children I did not know, but the children seemed to know somehow somehow.
A woman's official also noticed Rintaro, came up comprehendingly, saying "good morning" and gently holding the Rinutaro 's shoulder. "Because I am having breakfast soon, are not you hungry?" The officials told him to slowly walk while holding Rintaro's shoulder and took it to the dining room.
"This is the seat of elementary school student" The official sitting next to him, sitting Rinutaro in the seat.
There were 14 to 5 children and 3 staff members in the cafeteria talking and playfully talking about lively. There were four children carrying meals.
Takako greeted me while rubbing the table with a cloth and greeted me a little smile while Rintaro came to the dining room.
It was a smile like I knew that she would be seated this morning.

The morning light was inserted into the floor and the table from the cafeteria window, and the air was shining brightly.
Children who were playing together came to the side one by one when Rintaro took a seat and called out "Good Morning." One by one in order.
Rintaro felt strange. It feels like everyone knew that myself would come here this morning.
Soon the breakfast was ready and the children who were not in the dining room also came and everyone got a seat. Children who need infants and baby foods were also in the side by side with the staff. Some babies are crying. Elementary school children were the most frequented, with four junior high school students and four high school students, and there were about 30 people alone in children.

Everyone started to eat breakfast of miso soup, grilled fish, soup-raised eggs, pickles and Umeboshi all together at the same time as the child of the duty said.
"Eat well and study hard, I will create myself for the future, so I am going to have physical fitness!" Takako said.
"Takako-san is going through this morning," said the staff and everyone laughed.
Takako got a little shy and got silent and the face fell flat and arrived. It is nice, Rintaro's thing.

For meals, four professional staff always make two meals in the morning and evening. And 8 meals of junior high school students and high school students' lunch boxes at noon. Children also help with serving dishes and dishwashing on the regular basis.
We do not use frozen foods as much as possible, and we are contracting farmers such as West District and Miki City to purchase organic vegetables and rice.
As for Umeboshi, we are particular about plum tree plants in the garden as well as purchase from the plum farmers in Wakayama, and we do it by handwork from the sun drying while helping the children.

"Plum has a tremendous detoxification effect and it is a panacea drug", Konami, who is in charge of cooking, proposed that after adopting the proposal, he began to handmade Umeboshi.
I also make black burn regularly as medicine. I have been able to eat plums of 3 years from last year. This is also thanks to Mr. Konan.

Takako is a Western doctor, but he was beginning to be interested in Oriental medicine as well. Mr. Konan's study of wild grass is a great deal of study. The old Japanese found various medicinal effects from wild grass and used it.
"You can think of the health of children, in a weak body, you will not be able to pass a tough world, even if you do not rely on hospitals and medicine, you can prevent most of the illness with daily diet, and wild plants are useful when it is in need Mr. Konan exceeded 60 years old, but I could not see it in such a year, and I thought that he was the most energetic among the staff.
With such a feeling, the meal of the facility was getting daily rice in the commitment which is a little different from the others.
"Everyday rice creates people, body, mind and spirit together," Konan said.
Since Konami came to make meals, the physical strength of the children really increased, and the cold no longer caught. It is a feeling that "sickness" ceased from the facility.
The meal made by a healthy person contains vitality itself. Diet is life itself. That's why everyone says "I will get it".

I officially say "I will have a life." Said Mr. Konan. "This life of ours is kept alive in another life, if it does not appreciate it will beat us."

Takako could not say anything. I just have to thank you for being alive. No, he is alive, not alive. Life is always fleeting and fragile.


A faculty graduate got in the afternoon of the day. When graduating from high school, all the children leave the facility and become independent. Some go on to university, others get employed.
Children going to school are determined to borrow a scholarship and seriously go out to society. I have to earn my educational background, acquire expertise, return my scholarship while getting employed and living. It is a tough era even if you live independently and live. Unlike children with parents, there is considerable preparation.
The facility prepares a small enrollment fee to such a student. Although most of donations and donations are made, you can also acquire the awareness of being supported by society and learning.
Most of them go to college or correspondence education mostly. I graduate from college while working. So there is a difference of cloudiness with college students who are half games of guts and patience as well.

The child who got in touch also leaves the facility, studied English at the university, was a child who graduated and worked at a trading company.
I met a fiancé at a job place and I was informed that I got children before marriage.
"Even though I got a job, I got married," Ewha said.
"That's not all it is for a woman, it's a natural thing, a man needs to do a job," Takako replied.
"Is not it, sorry for everyone?"
"I do not care about enrollment fees or such things," Takako said. "Life bestowed than that is the most important, you do not have parents, but that child has parents There are parents in that child, give your love affair with the husband and with the two of you."

Rika seemed to be breathing a little bit at the phone mouth "My parents are Takako-san and all of the staff, I think that I would definitely be out of the way without you, I really appreciate it."
"This time you will say that child so, life will still be long, so there are certainly many things, but the child who knows love will not go out of the way, I guarantee. I also did that, please cherish your stomach child without worrying about anything now. "Takako thinks that the child who thought like her child is headed towards a happy future More than anything I was happy.
I want you to be happy by getting something I did not get.
That is the most pleasing thing when doing this facility.

Takako carefully wiped the telephone after disconnecting the phone and gently set the receiver after making it clean.


四季の輝き 第2話 Shine of the Four Seasons Episode 2



第2話


美和は看護師の学校に通いながら自分の都会暮らしに少し疑問を抱き始めていた。
生きるためにお金は必要だが、田舎に行けば畑も作れるし田んぼも借りられる。 うまくやれば多分食べる事には事欠かない。
田んぼが借りられればお米も作れるし、麦も作れる。
パンも焼けるし、ピザも焼ける。

都会で無理に生活しなくても田舎に移住すればお金なんてそんなに要らないんじゃないだろうか。最近はそういう若い人たちも増えているみたいだ。「農業」というのが今、見直されているみたいだし、農業人口が激減したり過疎化が進行していく事実に国が焦っているのかもしれないが地方への移住者支援にも手厚い自治体もある。

「手作り」や「DIY」が流行りだし、消費すること自体が罪な雰囲気さえある。 親たちの世代は当たり前のように就職して企業に勤めたし、自分もそういうのが普通だと思っていたが、葵に会ってからはそういうのが一気に吹き飛んでしまった。

「服も着ないんだよ、私もそんな風に生きてみたい」
「裸族かよ、葵に影響されすぎ」とタナベは言った。
「でもアフリカとか南アメリカやアジアの部族的な暮らしや物の考え方が見直されてるのも事実みたいだよ。おかしいのは先進国の人間なんじゃないのかな。自然破壊を平気でやってグローバル経済って言ってそこらじゅう大企業ばかりになちゃって個人商店は生き残れないし、自由競争って言っても物の値段や相場は大手企業が基準でしょ? そんなの何かおかしい気がする」
「極端だな、一気に部族になちゃって。水道ひねれば安全な水が出てくるしスイッチ入れれば電気もつくしガスも使える、便利でいいじゃん。途上国の地域によれば 水を汲みに行くのに何時間もかかったり電気も無かったりするし、医療も行き届いていなかったりするんだぜ」
「それが何なのよ、だいたいねえ、江戸時代には水は湧き水や井戸があったし電気なんてなくても生きていけたのよ。民間医療もしっかりあったし現代医療なんて石油会社が薬を売りたいだけなんじゃないの? 私は登山で膝とか痛めたら鍼灸院に行くわよ、すごく早く治るんだから」

じゃあなんで看護師を目指してんだ、と言いそうになったが言わないことにした。タナベはやばいと思っていた。だいたい今まで美和と論争して勝った試しがないのだ。それを言ってもさらに何かが待っている。ここらで話題を変えたほうが良さそうだ。
「それは良かったな、その鍼灸師、今度オレにも教えてくれよ」
ドスンという衝撃が走り美和の回し蹴りがタナベの臀部を捉えた。美和の太ももは山岳部で鍛えてあるだけあってかなり太くて丈夫だ。タナベは痛さで文句を言う気にもなれなかった。
「私はその時々を誠意杯生きることにしてるの。看護師の勉強や知識も色んなことに役立つのよ、特に現代社会を生きる女子としてはね」
「お前オレの心が読めるのかよ」
「時々ね。顔に書いてあるから」
「違ってたらどうするんだよ」
「違ってなかったじゃん。それより一人であの池に行ったんだって?」
「ああ、あれっきり居なくなちゃったからな葵は」ひどい話だ、とりあえず暴力はやめてほしい、とタナベは思った。
「心配ないと思うよ。サポを探すことを諦めたんじゃなくて、きっと何かを決めたんだよ。そして行動した。何もかもを手に入れることができないのは葵が一番わかってると思うし、今の自分にとって一番大事なことに気づいたんじゃないかな。自分の納得いく事柄があったんだと思うんだ」
「感みたいなもの?」痛むお尻をさすりながらタナベは聞いた。
「もちろん感みたいなものだけど」

美和とタナベはベース奏者のチッチとの待ち合わせ場所に着いた。葵が抜けたので今は三人編成になってしまったが、パンクバンドのボーカルなんて適当に叫んでいればいいようなところもあるので前のように三人で持ち回りでボーカルを担当していた。
バンドの練習はいい息抜きにもなったし、音楽をやるのは単純に楽しい。
チッチは少し時間に遅れてやってきた。
「ごめん遅れた?」チッチは言いながらもあまり悪びれた様子もなかった。いつものことだ。
美和もタナベも特に文句もなかった。チッチは時間に関してはだいたいこのくらいという不思議な感覚を持っていて時計もしていないし携帯も持っていない。
住んでいる施設に電話があってそれでいつも連絡を取っているのだが、施設を出てしまえばあとは信じて待つしかないのだ。
しかし不思議なことにいつも約束の時間の五分前後にはきちんとやって来た。時にはぴったりと時間通りに現れることもあった。
「ちょっとね」と美和が言って三人は曲の打ち合わせのために近くの喫茶店に向かった。
できるだけレトロな昭和の雰囲気漂う喫茶店を三人は見つけていていつもそこで打ち合わせをしていた。たいがいいつも空いているのだが皆がバラバラに行って長時間席を占領するのもお店の人に悪いと思って、いつも待ち合わせてから行くようにしていた。
「いらっしゃい」と真知子さんはにっこりといつもの笑顔で言った。
「あ、オレ今日はミックスジュースにする」とタナベが言った。「氷はシェイクしてね」
「私も」と美和は言いながら窓際のゴムの木の鉢植えの側の席に着いた。
「じゃあ僕はコーラで、アイスは一個でいいですから」とチッチが言った。
「若いんだからアイスくらい二、三個は食べられるでしょ?」と真知子さんは言った。
「いや、いつもサービスしてくれるのは嬉しいんですけど、そんなにアイスばかり食べられないしメインはコーラですから」
「コーラなんて栄養も何もないんだから・・・」と真知子さんは言ったがやっぱりアイスは三つ付いてきた。 三人は一つづつそれを食べながら打ち合わせに入った。

「メインのボーカルをやっぱり募集しよう、葵のボーカルは良かったし受けてた。女の子のボーカルはバンドにとっても良いと思うんだ」と美和が言った。
「いいんじゃないかなぁ、パンクボーカルが女子っていうのも良いよね」とタナベが言った。
「僕もいいと思います。葵さんカッコ良かったし、迫力ありましたから」チッチは少し葵に憧れていたので葵が抜けたことをすごく残念に思っていた。

「じゃあさぁ、チッチの友達とかタナベの知り合いとかで歌えるやつ探してみてよ。私も当たってみるし、練習スタジオにも張り紙しておくから」美和は新たな音への期待感もかなりあった。
バンドも音も常に進化していくのだ。新しい風はいつも吹いている。葵には葵の道があり、私には私の道がある。


夏はもう始まっているのだ。輝く季節がやって来た。




< >
Episode 2


Miwa started taking doubts to her urban life while attending the nurse's school.
Money is necessary to live, but you can also make fields and rice paddies if you go to the country. Probably it will not be enough to eat if you do it well.
If a rice paddy can be borrowed, you can make rice and make wheat.
I can bake bread and also bake pizza.

I do not need money so much if I move to the country without forcibly living in the city. It seems that such young people are increasing recently. "Agriculture" seems to be being reviewed now, and although the country may be impatient for the fact that the agricultural population drastically decreases and depopulation progresses, the government may be impatient to support migrants to rural areas There is also.

"Handmade" and "DIY" are in fashion, consuming itself has a sinful atmosphere. My parents' generations used to work as a matter of course, and I worked for companies, and I thought that was normal for themselves, but since I met Aoi, that kind of thing blew away at a stretch.

"I do not wear clothes, I want to try living like that"
"Naked, it is too much influenced by Aoi," Tanabe said.
"But it seems to be true that tribal living and things in Africa, South America and Asia are being revised, and it is funny that they are human beings in developed countries. When it says to say that it is only a large company all over the place, every single shop can not survive and even if it says free competition, the price of goods and the market are the standards for the big companies, so it seems something funny is like that " > "It's extreme, it's a tribe at a stretch. If you twist the water, safe water will come out and if you switch it you can use electricity and gas as well, it's convenient and it's good, according to the region of the developing country It takes hours to go out to draw water, there is no electricity, and the medical care is not enough.
"What is it, roughly, in the Edo era there was water and wells and there were wells and wells I could survive even if there was no electricity, private medical care was firmly and oil companies sold medicine in modern medicine I just want to go climbing, if I hurt my knees or something, I will go to the acupuncture hospital, it will cure soon "

Then I decided not to tell you why I was about to aim for a nurse. I thought Tanabe was dangerous. I have not tried to win by disputing Miwa until now. Something more waits even if I say it. It seems better to change the topic here.
"That was good, that acupuncturist, please tell me next time."
The impact of Dawson ran and Miwa 's turning kick caught the buttocks of Tanabe. Miwa 's thigh is quite thick and durable as it is trained in mountainous areas. Tanabe did not feel like complaining by pain.
"I am deciding to live sincerity from time to time, and my nurse's study and knowledge will serve a lot of things, especially as girls living in contemporary society."
"Can you read my heart?"
"Sometimes, because it's written on your face"
"What if you do not do it"
"You did not have a difference, did you go to that pond alone?"
"Oh, because Aki just ceased to exist" A terrible story, Tanabe thought that I want you to stop violence for the time being.
"I do not have to worry, I did not give up on searching for a seat, I definitely decided something, and acted, I think Aoi is the best thing I can not get everything , I guess I noticed the most important thing for me now, I think that there was something that I was convinced of "
"What do you feel?" While he rubbed the painful butt, Tanabe heard.
"Of course it feels like a feeling"

Miwa and Tanabe arrived at the meeting place with the bass player's Titchi. Now that Aoi has gone out, now it has become a three person formation, but there are places where it would be nice to scream vocals of punk bands properly so there were three people who took charge of vocals as before .
The practice of the band was also a good relaxation, and it is simply fun to play music.
She came late ahead of time.
"I'm sorry I was sorry?" Although Titch says it did not seem too bad. It is usual.
Both Miwa and Tanabe had no complaints. As for Titch, he has a mysterious feeling that it is roughly about this time, he has neither a clock nor a cell phone.
There is a telephone at the facility where I live, so I always keep in touch, but after leaving the facility I only have to believe and wait.
But strangely it always came around five minutes of the promised time. Sometimes it sometimes appeared exactly on time.
"A little bit," Miwa said, three people headed for a nearby coffee shop to discuss the song.
Three people were finding a cafe where the atmosphere of the Showa 's atmosphere is as retroactive as possible, and we were always meeting up there. Most of us are always available but we thought that it was bad for the people of the shop to go to pieces and occupy a seat for a long time, so we always had to wait until we met.
Ms. Machiko said with a smile with a smile with "Welcome home".
"Oh, I will make a mix juice today," Tanabe said. "Shake the ice."
While saying "Me too," Miwa arrived at the seat on the side of the pot of the rubber tree at the window.
"Well then I'm a coke, Ice is just fine," said Titchi.
"Because I am young, I can eat two or three about ice cream," Ms. Machiko said.
"No, I'm glad that I always serve you, but I can not eat so much ice cream and the main is a coke."
"Because there is no nutrition like a coke ..." Makicho said, but after all three ice came. The three entered into a meeting while eating it one by one.

"Let's recruit the main vocals after all, Aoi's vocals were good and I received it, I think girls' vocals are good for the band," Miwa said.
"I guess it's okay, Tanabe said punk vocals are also good girls," he said.
"I think that I am also good, Aoi san was cool and I had a lot of power." Chitchi was longing for Aoi so I was sorry that Aoi had gone out.

"Well then, please try looking for a man that can sing with friends of Chitch or a acquaintance of Tanabe, I will try it and I will post it to the practice studio as well" Miwa had quite a sense of expectation for new sounds .
Bands and sounds are constantly evolving. A new wind is always blowing. Aoi has Aoi 's way, I have my way.


Summer has already begun. A shining season has come.

四季の輝き 第1話 流星のうた 第2章 Shine of the Four Seasons First episode Meteor Songs Chapter 2



四季の輝き 第1話 「流星のうた 第2章」



第1話


貴子は事務的な仕事を終えるとコーヒーをいれるために食堂のキッチンへ向かった。
雲が形を変えながら早いスピードで空を駆け抜けていく。
季節はまた一つ進んでいた。七月の空だ。輝く季節がやってきていた。

あれから少し不安定な精神と肉体の状態になっていた。
アキと融合して元の一つの魂になったのだ。
馴染むまで自分の中で二つの魂が混在していた。自分の中のもう一人の自分。アキという魂やその中に同居する龍等との内なる対話がひとしきり続いた。

自分の中のアキが言った。

「獣の完全体になると、物の見え方が変わる。
人間の目には実体としての映像が見えるが、獣の目はエネルギーの発光体のようなものが流れるように見える。
例えば動物を見たときに動物自体がエネルギーの発光体として見える。そしてそれが通った奇跡や意識が向かう向きやそのエネルギー体を取り巻く様々な生き物の発光や奇跡、流れそのもの、それらが一体となってエネルギーの流れとして見える。発光体には様々な色があり光の強い弱いもある。

それらの発光体を見ると、それがイノシシで子連れで川から上がってきて、尾根筋の方へ向かっているということが見える。足元の草むらや、そこに住む生き物も小さな粒の発光体として見える。
風の流れや水の流れも発光体として見える。エネルギーやエネルギーを持ったものが発光して見えるのだ。
人間のように複雑な感情を持った生き物はその色も光も様々だ。流れ方も人間独特の流れ方をしている。
人間の流れが自然の流れに影響しているのも見える。生き物の中では稀な存在だ。
自然の流れに逆流を起こしたりする。それも自然の流れの一部なのか、それが不自然なことなのか、人間のエネルギーの流れは独特だ。

確かなこともある。美和やタナベから感じる温かなエネルギーだ。
穏やかに流れてゆくそのエネルギーは人間らしいとも言える。


発光体は温度を保ちそれを感じるが、逆に冷ややかさも感じる。人間の発する感情の温度は凄まじいエネルギーを発することがある。凄まじく凍りつくこともある。
光と温度はその色と強弱で複雑なエネルギーとなって世界を満たしている」

貴子はアキと一体になってからしばらくはそうした会話をアキとしていたし、そういう見え方もしていた。
人がどこにエネルギーを向かわせているかが光として見えたし、その人のエネルギーの向かう方向に人の感情も身体も動いた。
人の感情がぶつかる時には初めにその人たちが発する光がぶつかっていた。車の事故もぶつかる前に光が衝突しているのがわかり、そのすぐ後に実体を持った車が事故を起こした。
しかしやがてアキの存在は自分の中で徐々に薄れていった。アキの声は聞こえなくなり、生き物が発するエネルギーの発光も見えなくなっていった。
今まで通り実体としての映像だけが貴子の目には映るようになった。
そして今までにない感覚が自分の中に湧き上がってきた。

自分の心の有り様が変わったのを感じた。
この感覚はなんなのだろう、子供達や職員に対しても今までとは違う感情が湧き上がってくる。
今までは子供達が喧嘩をしていたり職員の中で小さな諍いがあったとしてもそれらを客観視する余裕があった。しかし今はそれらに腹を立てている自分がいる。
彼らの感情に引きずられてしまうのだ。
「怒り」は自分の中にも確かにあったが、それは人としてニュートラルな状態での「怒り」であったり、あるいは思いやりの中から発せられる類の「怒り」であったような気がする。感情が怒りそのものに支配されることなどなかった。

そして今までにはない深い悲しみや絶望感もまた心の中に見いだすことができた。
それらは深い暗闇の中に開いた暗い底なし沼のように気づかない内に不意に気力や体力を奪っていく。
今まで以上にしっかりと自分を保っていないと他人の感情や言動に影響されて負のエネルギーに巻き込まれてしまうのだ。感じやすい部分はあったがそれ以上に感情に支配されてしまうほどに引きずられることになってしまう。

アキは今までこんな感覚のみで生きてきたのだろうか。苦しみと怒り、貪りと愚かさ。本当に鬼のように生きていたのだなと思う。
そしてそれを持ち合わせた今の自分は、やっとまともに人間らしくなったと感じる。人の感情は不安定で脆い。自分を失うと、いとも簡単に壊れてしまう。
アキという鬼が精神的に壊れなかったのは、それが不完全だったからなのかも知れない。闇の中では闇が道理なのだろう。アキは自分を生きたのだ。



貴子は食堂のキッチンでお湯を沸かしてコーヒーをいれた。それを持ってがらんとした昼間の食堂の片隅に座り、庭の草花を見つめた。姫女菀が背を伸ばしてゆらゆらと咲いていた。雑草だが抜かずにおいていたものだ。

夏がやってきていた。夏には夏の花が咲く。空にはまだ小さいが入道雲が積み上がっていた。梅雨が明けると本格的な夏が待っている。
日常が目の前にある以上、歩みを止めるわけにはいかない。自分には守るべき子供達がいるのだ。

貴子はコーヒーを飲みながら自分の中にいる鬼につぶやいた、これからだ、ここから新たに始めるんだ。
輝くべき季節がやってきたのだ。




< >
Shine of the Four Seasons episode 1 " Song of the meteor “ Chapter 2"



First episode


Takako headed for the kitchen in the dining room to put in coffee when finishing office work.
Clouds change shape and run through the sky with a high speed.
The season was one step ahead. It is the sky of July. The shining season is coming.

It was a little unstable spirit and body condition from that.
It fused with Aki and became one of the original souls.
There were two souls in my body until familiar. Another myself in myself. An internal dialogue continued with the soul called Aki and the dragon who lives in it.

Aki in me said.

"When you become a complete body of a beast, how you see things changes.
The human eye can see the image as a substance, but the eyes of the beast seem to flow like a luminous body of energy.
For example, when looking at animals the animals themselves appear as luminescers of energy. And the direction that miracles and consciousness that it passed, the lighting and miracles of various living things surrounding that energy body, the flow itself, they look together as a flow of energy. There are various colors of light emitters, and there are strong weak lights.

Looking at these light emitters, I can see that it is a child with a wild boar going up from the river and heading toward the ridge line. Foot weeds and living things living there are also visible as small grain light emitters.
The flow of the wind and the flow of water also appear as luminous bodies. Those with energy and energy will appear to emit light.
Creatures with complicated feelings like humans have different colors and lights. The way of flow also has a way of flow peculiar to humans.
You can see that human flow influences natural flow. It is a rare existence among living things.
Or cause a backflow in the natural flow. Is it part of the flow of nature, or is it unnatural, the flow of human energy is unique.

There are certain things. It is a warm energy that you feel from Miwa and Tanabe.
It can also be said that the energy that flows calmly is human.


The light emitter keeps the temperature and feels it, but it also feels cold. Temperatures of human emotions can emit tremendous energy. Sometimes it froze terribly.
Light and temperature are their colors, weaknesses and complicated energies to fill the world.

Takako had such a conversation for a while for a while since he was united with Aki, and he was doing such a way of seeing.
I saw where people are directing energy, and the emotions and the body of people moved in the direction of that person's energy.
When the human emotions collided, the lights emitted by those people were in the beginning. I knew that the light collided before the car accident also hit, and immediately after that the car with the substance caused an accident.
But then the existence of Aki gradually faded within me. The voice of Aki can not be heard, and the emission of energy emitted by living things also disappears.
Takako's eyes only showed the image as the entity as before.
And a feeling that has never existed springed up in me.

I felt my own mindset changed.
What is this feeling, different feelings will rise up for children and staff as well.
Until now, even if the children were fighting or there was a little bit of staff among the staff, I could afford to objectively look at them. But now I have myself angry.
They are dragged by their emotions.
There was certainly "anger" among themselves, but it seems that it was "anger" in the neutral state as a person, or "kind of anger" originated from consideration . There was no domination of emotions by anger itself.

And it was also able to find in my heart a deep sadness and hopelessness that has never been before.
They unexpectedly take power and physical power while not noticing like a dark bottomless marsh which opened in deep darkness.
If you do not keep yourself firmly than ever, you will get caught up in negative energy by being affected by the emotions and behavior of others. Although there was a part that was easy to feel, it would be dragged to such extent that it would be dominated by emotion more than that.

I wonder if Aki lived solely with this feeling. Suffering and anger, greediness and stupidity. I think that he was really living like a demon.
And I feel that I am at once finally become a human being as I am now having it. Human emotions are unstable and brittle. When you lose yourself, it breaks easily easily.
It may be because the demon called Aki was not mentally broken because it was incomplete. Darkness is reasonable in the dark. Aki lived herself.



Takako boiled the hot water in the kitchen of the dining room and put coffee. Sitting in the corner of the daytime canteen with it and staring at the flower in the garden. Princess woman stretched out and was in full bloom. It was a weed but it kept leaving.

Summer has come. Summer flowers bloom in summer. There was still a small but trapped cloud stacked up in the sky. A real summer is waiting for the rainy season.
Since everyday life is in front of us, we can not stop walking. I have children to protect.

Takako murmured the demon in myself while drinking coffee, from now on, I will start a new one from here.
The season to shine has arrived.

流星のうた 第28話 最終話 Song of the meteor 28 Final story



第28話 最終話


タナベは母親が息をひきとる時、その想いを全身で受け止めた。
母親の人生は楽な人生ではなかった。苦しみと辛さを抱えながら、その命を自分に与えてくれた。
優しい言葉をいつもくれた。幼い自分に愛情を抱えきれないほど与えてくれた。
自分は母親に恩を返しきれないままでいた。何もしてあげられなかった。悔しくて泣いた。
「ありがとうね」と母親は最後に言った。

人は人に生かされる。愛情という力に。
「人に愛情を持って生きる限り、人間に不幸などない」と母親は教えてくれた。

タナベは母親を弔った後、一人であの池に行った。葵はもういない。美和にメールを残して居なくなってしまった。
池は変わらずに透明な水をたたえていた。
龍がこの池から地球に潜っていく。「たまり」なんだ、と葵は言っていた。

会えたんだろうか、サポに。

タナベは持ってきた小さな花束を池の淵の岩の上に置いた。







作者 風葉。




< >
Episode 28 Final story


Tanabe accepted his feelings throughout the body when his mother drew his breath.
Mother's life was not an easy life. While having suffering and spicyness, he gave me that life.
I always gave a kind word. He gave me little affection for her little boyfriend.
I remained indebted to my mother. I could not do anything. I regret and cried.
"Thank you," my mother said last.

People are made alive by people. To the power of love.
"As long as you live with affection for people, there is no misfortune for men," the mother taught.

After mourning her mother, Tanabe went to the pond alone. Aoi is no longer there. I have left Miwa without e-mail.
The pond kept clear water transparent.
A dragon dives from this pond into the earth. Aoi said, "Temari".

I wonder if she could meet, I'm in the supporter.

Tanabe put a small bouquet of brought on the rock of the pool of "Temari".




The end


Author huuyou

流星のうた 第27話 Song of the meteor 27



第27話


貴子はベッドから飛び起きると裸足のまま凛太朗の部屋へ走った。

ドアを開けると黒い獣が二本足で立ち、凛太朗を覗き込んでいた。獣は気配に気づき、ゆっくりとこっちに振り返った。


葵は人間がドアを開けて部屋に入ってくると大きく安堵した。

サポだった。   



貴子は振り返った生き物に攻撃の意思がないことを認めた。その目は獣の目ではあったが、凛太朗に対しても、自分に対しても害のない色をしていた。恐れも怯えもない。怒りも苛立ちもない。人間の表情に近いものがあった。


「サポ」と獣は言った。

その声は人間のような声だった。女の声だ。
「何?」貴子は呟いた。獣が何かいったような気がした。
「サポ」もう一度獣は言った。
貴子は獣のような生き物が自分に向かって「サポ」と呼びかけていることがわかった。自分に話しかけているのだ。

「サポってなに? あなたはなに?」貴子は邪悪さが消えてしまっている生き物に、その呼びかけの意味を聞いた。

「君の名前だよ」と葵は静かに言った。
「あたしの半分。魂の片割れ。あたしのもう一つの名前」
「あたしの半分」貴子はそう生き物に言われて、自分のいきなり出来た空白の意味を理解した。この欠落感は、自分が半分だからだ。何かを癒したい。何かを救いたい。抑えきれない衝動は、獣のその一言でその訳をだんだんと思い出してくる。

貴子はどんどんと欠落感が増していくのを感じた。思い出せば思い出すほど、その空白は領域を広げた。

「僕が魂を宿した時、僕は欠落感でいっぱいだった」と貴子は言った。「アキ、君が居て僕はその空白を埋めていた」
「サポ、あたしは君なんだ。そして君はあたしなんだ」と葵は言った。

僕の名前だ。サポ。陰陽の双子。トットとの再会の約束。


「リンを救いに来た。死なせたくない」と葵は言った。
「アキ、その姿は・・・」貴子は獣の姿をしたアキが生きてきた一千年を思った。
「でも思い出したし、サポも見つけた」葵はサポの気持ちを察してそう言った。

貴子はアキの姿を見て、さぞ過酷な生を生きてきたのだと思った。

「融合しよう」と貴子は言った。「もう一度一人になる」

「そんなことすればサポに邪悪が混じる。あたしは凛太朗に命を譲り、そのまま消える」と葵はいった。
「それはトットの想いとは違うと思う」と貴子は言った。「うん、きっと違う。トットは生きて再会しようと言った。約束したじゃないか、アキ」

「あたしは邪悪さをまとって多くの過ちを犯した。多くの命を傷つけた。そのことを償いたい」と葵は言った。

「償いたいと思うなら生きよう。僕と融合して僕の中で生きるんだ。君に凛太朗を癒せる力があるなら、それをやってから僕の中で生きるんだ」と貴子は言った。

葵は全身から涙がほとばしるのを感じた。鬼の灰汁が涙となってぼたぼたと床に落ちた。
「戻れるんだろうか、元の人間に」と葵は言った。
「僕も泉の龍を呼ぶことができるんだろ? アキの泉は僕が掘りあてる。命を失わずに」と貴子は言った。「僕たちならできる。元の人間の魂になって一緒に生きよう」

貴子は葵に歩み寄り、その肩をしっかりと抱きしめた。
「僕が癒したいのはアキ、君なんだ」貴子は獣になったアキを抱いてその泉を探した。
佐吉への想い。おりょうの料理。美和の言葉。山の「たまり」。龍の入り口。
貴子は山の「たまり」に漂っている龍の波動を衣にして、葵を包んだ。そしてその端で自分も包んだ。アキと自分の魂を包むように。

葵は「龍の衣」に包まれたまま、凛太朗の泉を見つけた。母親の子守唄。眠りと共に歌われる歌。「My funny Barenntainn」
そしてまだある、池に開く新芽の命、ちひろとの握手。貴子の飾った花。向けた言葉。

綺麗な想い。透明な泉。

葵は凛太朗の泉から龍を掘り起こした。

命の歌は歌われ、葵はその命を凛太朗に譲った。

薄れていく葵の魂は「龍の衣」に包まれて貴子の魂と融合し、一つに溶け合った。

貴子は少年が救われたことを見届けて獣を自分の中に取り込んだ。獣の姿は消え、部屋には少年と自分だけが残された。

「アキ、やっと一つになれた。私もやっと人間になれた。私もずっと片端だった。満たされない癒しの想い。ずっとアキを探していた。ずっとアキに会いたかった。アキを癒したい。その想いがやっと叶えられた」貴子は床に座り込んだ。全身から力が抜けた。
月の光が窓から入っている。ベッドに眠る凛太朗を照らしている。

「元に戻ったんだね」とクンネが言った。月が語りかけていた。
「クンネ、思い出した。アキは一緒にいる。トットを目覚めさせる」と貴子は言った。
「トットはもう目が覚めてるみたいだよ」とクンネは言った。「希望の泉が掘り返されたんだ、君たち二人の力で」

クンネはキラキラと輝きながら世界を照らした。




< >
Episode 27


Takako jumped out of bed and ran to Rintaro 's room with barefoot.

When I opened the door, a black beast stood with two legs, looking into Rintaro. The beast noticed signs and looked back at this slowly.


Aoi greatly relieved when man opened the door and entered the room.

It was a supporter.



Takako acknowledged that there was no intention of attack on the creatures that turned back. The eyes were the eyes of the beast, but they had a color that was not harmful to Rintaro and to himself. There is no fear nor frightening. There is no anger or irritation. There was something close to the human expression.


"Supo" said the beast.

That voice was a human-like voice. It is a woman's voice.
"What?" Takako muttered. I thought that the beast said something.
"Sapo" Once again the beast said.
Takako found out that a creature-like creature calls himself "supporters". It is talking to myself.

"What is suppo? What are you?" Takako heard the meaning of the call to the creature whose wickedness had vanished.

"It's your name" Aoi quietly said.
"Half of me, one piece of soul, Another name of me"
"Half of me" Takako so told the living thing, I understood the meaning of my sudden blank space. This feeling of missing is because I am half. I want to heal something. I want to save something. The impulse that can not be suppressed reminds me of that translation gradually with that single word of the beast.

Takako felt that the feeling of missing increased steadily. The more I remember, the more the space widened the area.

"When I bothered my soul, I was full of missing pieces," Takako said. "Aki, you were here and I was filling that blank"
"Sapo, I am you, you are me," Aoi said.

It is my name. Supporter. Yin and yang twins. Promises to restart with Tot.


"I came to save Lin, I do not want to let him die," Aoi said.
"Aki, that figure is ..." Takako thought of a thousand years when Aki who showed the appearance of a beast had survived.
"But I remembered and I found a supporter," Aoi said after observing the feelings of supporters.

Takako saw the appearance of Aki and thought that he was living a harsh life.

"Let's fuse," Takako said. "Become one again"

"In that way, evil is mixed in the supporters, and I give way to Rintaro and it will disappear as it is," Aoi said.
"I think it is different from Tot's feelings," Takako said. "Yeah, it's not exactly, Tott lived to say I wanted to meet again ... I promised you, Aki"

"I made a lot of mistakes in wickedness, I hurt many lives, I want to make up for it," Aoi said.

"Let's live if you want to make up for it.It fuses with me and lives in me.If you have the power to heal Rintaro, after you do it, you live in me," Takako said It was.

Aoi felt tears flew away from the whole body. Demon 's lye broke as tears and fell down to the floor.
Aoi said, "Will it be able to go back to the original human?"
"I can also call the fountain dragon, I will dig a fountain of Aki, do not lose my life," Takako said. "We can do, let's become the original human soul and live together"

Takako walked in to Aoi and hugged his shoulder tightly.
"I want to heal is Aki, you." Takako looked for the spring holding the Aki who became a beast.
My feelings toward Sakichi. Dishes of rice. Words of Miwa. "Stagnation" of the mountain. The entrance of the dragon.
Takako wrapped the Aoi with the waves of the dragon drifting in the mountain's "Temari" clothes. And at that end I also wrapped myself. Just like wrapping your soul with Aki.

Aoi kept wrapped in "Ryu no Ra" and found a fountain of Rintaro. Mother 's lullaby. A song that is sung with sleep. "My funny Barenntainn"
And there is still, the life of the sprout that opens in the pond, shaking hands with Chihiro. Takako 's decorated flowers. Words that I directed.

Beautiful thoughts. Transparent fountain.

Aoi dug a dragon from Rintaro 's fountain.

The song of life was sung, and Aoi yielded that life to Rintaro.

The fading Aoi 's soul fused with Takako' s soul wrapped in "Ryu no Ra" and blended into one.

Takako saw that the boy was saved and took the beast into himself. The appearance of the beast disappeared and only the boy and himself were left in the room.

"Aki, at last finally I became a man, I finally became a human.I was always one end.The feeling of healing that I could not fill.I was always looking for Aki.I want to see Ak for a long time.I want to heal Aki. That feeling finally fulfilled. "Takako sat down on the floor. The force came out of the whole body.
The moonlight is coming from the window. It is lighting Rinotaro sleeping in bed.

"You came back," Kunne said. The moon was talking.
"I remembered Kunne, Aki is with me, I will wake up Tot," Takako said.
"Tot seems to be awake now," Kunne said. "The fountain of hope was excavated, with the power of you two people"

Kunne shined the world shining brightly.

<< | 2/10PAGES | >>