趣味で歌と小説と詩を掲載させていただいてます。

種 第18話 Seed Episode 18 桜童子シリーズ 最終回 種 最終話




第18話 桜童子シリーズ 最終回  種 最終話


タナベはユウのボーカルを聞きながらその単調な言葉を口ずさんだ。何度も聞いているとすぐに覚えてしまう。不思議な言葉だなと思った。
「しゐたらさやわ」から続くギターソロの入り口は、言葉の継ぎ目を音で埋めるように入るのが自然な移行の仕方なんだと気付いた。そういう入り方をすると、歌とギターソロとの継ぎ目が目立たなくなる。ユウの歌の続きのようなギターソロを継ぎ目に入れる。ギターと歌がつながる。ユウの声がそのままギターの歪みに変わったように、歌の世界が音の世界になる。

世界が変わる時の繋ぎ目は、とても静かで些細なものなんだとタナベは知っていた。

タナベは演奏をしながら、なぜか母親のことを思い出していた。母親が息をひきとる時の光景だった。
肺に転移した癌が母親の呼吸を苦しめていた。「なぜこんなに苦労した母親がこんな苦しみに合わなくてはならないんだろう」タナベは母親の肩をさすりながら思った。
数日、そんな苦しみが続いたが、死の間際には呼吸も小さくなり、ため息のような呼吸になった。目は涙で潤い、天井で輝く蛍光灯の光をキラキラと反射していた。
タナベは母親に感謝の言葉をかけ続けた。「ありがとう、ありがとう」何度も何度も耳元でつぶやいた。「母親は聞いてくれている」タナベの言葉に答えるように時々目がキラキラと輝くからだ。
小さいため息をひとつついた後、母親は眠るようにこの世界から旅立った。繋ぎ目は、とても静かでささやかだった。
「コトリ」と何かが転がるくらいの静かさだった。
「世界はこんな風にして変わるんだ。オレは一人になってしまったんだ」タナベは旅立った母親の肩を抱いたまま、もう元には戻れない時間を、ただ進むしかないことを思い知らされた。

なぜ演奏中にこんなことを思い出すんだろう。意味がわからない言葉の音階が、何か意味のある言葉を求めて現実の何かを思い出させているかのようだった。

「この世界がどんな世界であっても、母親のように生きることは自分の誇りだ」とタナベは思った。「誰が見ていなくても、お天道様はちゃんと見てるのよ」と母親はよく言っていた。何もかもを母親が教えてくれた気がする。決して器用ではなかったが、そのせいでずっと単純で簡単な言葉でいつも自分に諭してくれた。言葉の一つ一つが愛情に溢れていた。
「世界は変わってしまった」タナベは肉体を持った母親がいなくなった世界で、なぜか生前よりもっと母親の存在を感じていた。「母親を感じる。母親は消えてしまった訳ではない」
タナベは母親を感じながら、大きな安心感も同時に感じることができた。「生きていた世界も死んでしまった世界も、どっちもがこの世界なんだな。母親はいなくなった訳ではない、違う世界に行ったんだ。昼間の世界と夜の世界がこの星にいつもあるように、死んでしまった世界もこの世界の半分なのかもしれない」

歌の言葉が意味を探せと言っているようだ。この意味のわからない言葉の羅列が、何か意味のある言葉を探している。 「人様に愛情を持って接しなさい、あなたの向けた気持ちは全部あなたに帰ってくるのよ。『誰か』っていうのは、本当はあなたそのものなんだから」母親の言葉が音の間で歌のように響く。母親と会話するようにギターのソロを入れる。少し切ない、でも懐かしい。
優しい言葉で歌いたいと思う。「この音で誰かを癒せればいいのに」タナベは想いを音に込める。

「大丈夫よ。何も心配することはないのよ、あなたは望むように生きていけるわ」と母親は言った。
「そうだね、一緒に生きよう、お母さん」とタナベはつぶやいた。

母親の撒いた種が自分の中で芽吹き始めるのを感じた。









作者 風葉






Episode 18 Sakuragi child series last round species final story


While listening to Yu's vocal, Tanabe says that monotonous word. I remember as soon as I heard it. I thought it was a mysterious word.
The entrance to the guitar solo continued from "Shara Iwa Sawaya" realized that entering so as to fill the seams of words with sound is a natural way of transition. When you enter such a way, the seam between the song and the guitar solo becomes inconspicuous. Join a guitar solo like a continuation of Yu's song. A guitar and a song connect. As the voice of Yu changed to distortion of the guitar as it is, the world of the song becomes the world of sound.

Tanabe knew that the joints when the world is changing are very quiet and trivial.

While playing Tanabe, I remembered my mother somehow. It was a scene when my mother drew his breath.
Cancers that metastasized to the lungs were struggling to breathe mothers. "Why must such a hard-hit mother fit this suffering?" Tanabe thought while rubbing his mother's shoulder.
Such suffering continued for a couple of days, but breathing also became small just before the death, and it breathed like a sigh. The eyes moistened with tears, and the light of the fluorescent lamp shining on the ceiling was reflected as glittery.
Tanabe kept saying thanks to her mother. "Thank you, thank you" muttered over and over again and again. "My mother listens" Because the eyes shine sometimes as it answers Tanabe's words.
After having a small sigh, her mother left asleep from this world as if to sleep. The joints were very quiet and modest.
It was quiet enough to roll something "Kotori".
"The world changes like this, I have become one person." Tanabe has realized that there is only a mere step forward while holding the shoulder of his mother who left the country and can not return to its former position anymore It was.

Why do you remember such a thing while playing? The musical scale of words whose meaning is not understood seemed to be reminding something of reality in search of something meaningful.

Tanabe thought, "Whatever the world is like this, living like a mother is my pride." Mother said well, "Whatever is not watching, we are properly watching the kindergartens." I feel that my mother taught everything. He was never dexterous but he always admonished himself with a simpler and simpler language thanks to that. Each of the words was full of love.
"The world has changed" Tanabe was a world where a mother with a physical body ceased to exist, and somehow I felt the presence of a mother more than before life. "I feel a mother, my mother has not disappeared"
While feeling his mother, Tanabe was able to feel a sense of great security at the same time. "Both the living world and the dead world are both the world, both mothers have not gone now I went to a different world The day world and the night world are always in this star As it is, the dead world may be half of this world "

It seems that the words of the song says to search for meaning. The list of unknown words in this meaning is looking for something meaningful. "Love with people with affection, all the feelings toward you are coming back to you." Someone "is really yours." The mother's words are like songs among sounds Echoes. Put the solo of the guitar to talk with the mother. Somewhat painful, but nostalgic.
I want to sing with kind words. "I wish I could heal someone with this sound." Tanabe puts my feelings into the sound.

"Do not worry about anything, you can live as you wish," said the mother.
"Let's live together, mum," Murmur Tanabe said.

I felt the seeds my mother sprinkled started sprouting in me.




The end




Author huuyou

コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
kayagreen home
kayagreenについて
greenfingers自然素材でつくる家庭菜園つきエコアパートプロジェクト
kayagreen ブログ
ふうよう huuyou
つちとヒト
links
Facebook & Twitter

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode
みんなのブログポータル JUGEM