趣味で歌と小説と詩を掲載させていただいてます。

種 第17話 Seed Episode 17




第 17話


「現実の世界とうまく馴染めない時があるの」とちひろは言った。「ずっと絵を描いていると、どんどん心の世界に入って行って、現実とプツンと糸が切れるみたいに自分の世界に没頭してしまうのよ。そのあとはしばらくうまく現実と馴染めない時間が続くの。現実の世界は私の心の世界とは全然違うものなんだもん」
「絵を描くってそういうことなの? だとしたら、ちひろの心の世界を描いたものなんだね」と凛太朗は言った。
「私の世界は、生き物はみんな輝いているの。星のように。それを描いているの。とても綺麗な世界なの。描いているうちに、その美しさにどんどん引き込まれていくの」そう言ってちひろは、岩肌に先の尖った石で絵を刻んだ。

あたりの岩には、ちひろが刻んだ絵がいたるところに描かれていた。凛太朗はちひろが岩に絵を刻んでいるのを見るのが楽しかった。
ちひろの刻む壁画は、どこか古代の壁画に似ていた。ちひろがそんな絵を知っているのかどうかは知らないが、ちひろが岩に刻んだ太陽や星や動物の絵は、古代の壁画となんとなくどこか共通点があるような気がした。
「紙に色鉛筆で描いた絵もいいけど、岩に刻む壁画はとってもちひろらしいと思うよ」と凛太朗は言った。
「山には紙も色鉛筆もないからね。でも葉っぱや茎の汁とか石の粉とかから色がいろいろ取り出せるの。それを見つけるのもすごく楽しい」とちひろは言った。
「山に来てからもう随分たったね。街も随分とおとなしくなったね。もうみんな山の生活に慣れてしまっているから、街に降りる気はないみたいだけど」と凛太朗は言った。
「私もここが好き。生きていくのに何も困らない。みんな一緒だし、多分まだ何もかもが終わったわけではないと思うし」とちひろは言った。
「貴子さんは、いきなり居なくなってしまって、どこでどうしているんだろう」と凛太朗は言った。
「本当に、ふっと居なくなってしまったわね。警察にも随分探してもらったけど何もわからなかった。でも私は何だか、どこかでちゃんと生きているような気がするの。なぜかわからないけど、そんな気がするの」
「僕もそんな気がしてる。あれから何年も経つのに、そんな気がずっとしている」
「凛太朗も感じてるのね。私は、貴子さんが私たちのことを心配しているということが分かるの。貴子さんのそんな気配が感じられるの。ただ感じるの。凛太朗もそれを感じるのね?」
「そうだね、そういう感じなのかもしれない。何か貴子さんの存在を感じるんだ。本当に居なくなった訳じゃないって。その間にも街の明かりはどんどん少なくなっていって、何年か後には全部消えてしまった。僕たちが山に登って来てから本当にあっという間だったね。世界が変わってしまったようだった」
「世界は変わってしまったんだと思うよ。何かが終わったの。そしてたぶん新しい何かが始まったのよ」
「今はその始まりの時なのかな?」
「そうね、きっと今がその始まりの時なのよ。終わりと始まりの力が競い合っているのかも知れない。花が枯れて『種』をつけるみたいに、すべてを含んだ『種』からまた何かが始まるのかも知れない」
そう言ってちひろは、ガリガリと岩に絵を刻んでいった。






「不完全な時間軸」とクンネは言った。
「私の家族が一人足りない」とトカが言った。
「サポはここにいる。あたしの世界だ」とアキが言った。
「おやおや、またいたずら小僧の双子だね」とトカが言った。
「シキが大きく地割れして大きなエネルギーが爆発したんだ。時間が動き始めた。シキは眠っていない。僕たちも目が覚めた」とクンネは言った。
「どれくらいの時間が流れたの?」とアキは聞いた。
「ざっと10年くらいかな。それくらいのエネルギーの爆発だったよ」とクンネは言った。
「まいったな、その世界の時間軸だけ時間が流れたってことだね。サポの世界に歪みができてしまったな」とアキは呟いた。「不完全なままずっと時間を流すわけにもいかないね。サポはもう直ぐサポの世界に返すよ」とアキは言った。
「遊びもいいけど、世界は何が起こるかわからないのよ。それぞれの世界を飛び越えたりして遊んでいると、世界も時間も絡まってしまうわよ、そうなったらあなた達には戻せないでしょう」とトカが言った。
「そうだね、そうなったらあたしたちには戻せない。流れに任せるしかなくなってしまう」とアキは言った。
「自然の流れをあまりいじくらない方がいいってことだよ」とクンネが言った。
「わかってる。でもこれはどうしても必要だったんだ。あたしが生きた時間軸に、一つのきっかけをつくりたかったんだ。あとは自然に任せるよ」とアキは言った。
「サポはいきなり知らない世界に戻って大丈夫かな?」とクンネが言った。
「サポならきっと大丈夫だよ」とアキは言った。
「私も全力で守るわ」とトカが言った。
「じゃあちょっと寄り道しながら帰ってもらうしかないね」とアキは言った。






Episode 17


"There are times when you can not get along well with the real world," Hiromi said. "As I draw a picture all the time, I will steadily go into the world of my heart and immerse myself in my world as if reality and petunes and threads are broken, after that time I can not get along well with reality Continue ... The real world is completely different from the world of my heart "
"If it were such a thing to draw a picture, it depicts the world of Chihiro's mind," Rintaro said.
"In my world, all living beings are shining.Drawing it like a star.That is a very beautiful world.While drawing, it will be drawn more and more into its beauty" Saying, Chihiro carved a picture with a pointed stone on the rock face.

On the rocks around, Chihiro carved pictures were drawn everywhere. Rintaro enjoyed seeing Chihiro carved a picture on the rock.
Chihiro's mural painting resembled an ancient mural somewhere. I do not know whether Chihiro knows such a painting, but I felt that Chihiro carved the sun, stars and animals carved in the rock somewhat with some ancient mural paintings.
"I also like paintings on paper with colored pencils, but I think the mural paintings on the rock are very chihiro," Rintaro said.
"Because there are neither paper nor colored pencils in the mountains, I can pick out colors from leaves, stalk juice, stone powder, etc. It is a lot of fun to find that," he says.
"It's been quite a while since I came to the mountain. The city has become quite quiet and it seems that everyone has gotten used to the mountain life, so I do not feel like getting down to the city," Rintaro said.
"I also like this place, I do not have any trouble to live, everyone is together, I think probably that everything is not over yet," he said.
"Takako is suddenly gone, and where are you doing?" Rintaro said.
"I was truly suffering from losing my mind.Your police searched quite a lot but I did not know anything but I feel that I am living properly somewhat ... I do not know why I feel like that. "
"I also feel that way, though many years have passed since that, I have been feeling that way"
"I also feel Rintaro, I know that Takako is worried about us.Tako's feeling like that is felt, I just feel it.Rintaro also feels it You? '
"Yeah, it may be that kind of feeling, I feel something Takako's existence It's not because I really do not want to live.In the meantime the city's lights are steadily getting smaller and a few years later It disappeared entirely, it was really quick since we climbed the mountain. The world seemed to have changed. "
"I think the world has changed, something has ended, and probably something new has begun."
"Is it the beginning of the beginning?"
"Yeah, surely now is the beginning of the beginning, it may be that the power of the beginning and the beginning compete with each other, like something like a flower withering and" seeds ", something May start ... "
Talking about that, Chihiro carved a picture on the rock and crackling.






"Incomplete time axis" and Kunne said.
"My family is not enough," Toka said.
"Sapo is here, it's my world," Aki said.
"Oya, it is a twin of a mischievous kid," Toka said.
"The shiki got big broken and the big energy exploded, the time began to move, the shinobi is not sleeping, we also woke up," Kunne said.
"How long have you flowed," Aki asked.
"It was roughly 10 years or so, it was such an explosion of energy," Kunne said.
"It's been said that time has passed only in the time axis of the world, I heard that the distortion has been created in the supporter's world," Aki muttered. "We can not sacrifice the time to remain incomplete, the supporter will immediately return to the supporter's world," Aki said.
"Although I like playing well, I do not know what will happen in the world. If you are jumping over the worlds of the world, the world will also get tangled with time, so you will not be able to go back to you if that happens "Toka said.
"Yes, it will not be possible to return to us, if that happens," Aki said, "I will have to leave it to the flow."
"It's better not to tinker with the flow of nature," Kunne said.
"I know, but I absolutely needed it, I wanted to create a chance on the time axis that I was living, and I will leave it to nature," Aki said.
"Sapo is safe to go back to a world you do not know suddenly," Kunne said.
"If it is a supplement it's okay," Aki said.
"I will protect with all my power," Toka said.
"Well then you have to go home a bit while going home," Aki said.

コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
kayagreen home
kayagreenについて
greenfingers自然素材でつくる家庭菜園つきエコアパートプロジェクト
kayagreen ブログ
ふうよう huuyou
つちとヒト
links
Facebook & Twitter

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode
みんなのブログポータル JUGEM