趣味で歌と小説と詩を掲載させていただいてます。

種 第15話 Seed Episode 15


第15話


「それで、貴子さんはどうするんだい?」と菊蔵は聞いた。
「わからない」と貴子は言った。ここからどこかにまた行くんだろうか? 自分の意思とは関係なく、目覚めるとまた違う世界にいるんだろうか? 「菊蔵さんはこの世界に残るの?」
「そうするつもりだよ。俺が元いた世界に比べればずっといい世界だ。この世界は終わらないと思うよ」
「そうね、そうなんでしょうね。この世界はうまく文明をシフトさせたんでしょうね」
「人間ていうのは、多分やればできるんだよ。『世界を終わらせない』ってみんながどこかで決めたんだと思うよ。みんなが『世界は終わらせない』って決めたら本当にその通りになるんだと思うよ。よく分からないけど心もエネルギーを持っていると思うんだ。『想い』の力ってとても強いものだからね。だからみんなが想いを集めればとても強い力になってそれは多分、宇宙にも影響していくんじゃないかな。エネルギーって絡み合って連動していると思うんだ。何か大きなエネルギーが動き出すと周囲のエネルギーに影響を与えて、それが大きなエネルギーの渦みたいなものを創っていく、それは一つの大きなエネルギーの渦とかうねりになって宇宙の流れが変わるんだ。だから世界はみんなが決めたようになる。何となく俺はそう思っている」
「『想いの力』か。 私はやっぱり元いた施設の子供達のことが心配だわ。この世界よりもっと危うい世界かも知れないけれど、それでもそんな世界で子供達は必死で生きている、心に不安や違和感を感じながらも前を向こうとして生きている。私は私の世界の子供達と生きたい。それがわたしの世界なの」




「それが君の答えだね」と葵が言った。
「そうよ、それが私の願い」と貴子は言った。「私はどうして違う世界に来てしまったの?」
「寄り道だよ。元いた世界の同じ場所と時間に戻してあげるとは言ったけど、直ぐにとは言っていないよ。いろんな世界が同時進行しているって見て欲しかったんだ。説明するのが難しいからね、体験するのが一番わかりやすい」
「頭では理解しにくいかもしれないわね、それは本当に感覚の世界かも知れないし」
「そうだね、感覚の世界だね。そう感じれば、そういう世界だという認識になる。自分の世界が変わる瞬間が分かるようになる。それは他の時間軸に移行したと認識される。別の未来へ行く時間軸だ。真逆の結果へ行くこともある」
「未来は決まってはいない、どこへでもいける」
「そういうことだね。君の世界がいい世界になるといいね」




「貴子さん、それは素晴らしいことだね。子供達を愛しているんだね。そう望めばきっとそうなるよ」と菊蔵が言った。
「そうね、きっとそうなるわね」と貴子は言った。
「俺は何だか、だんだんわかってきたんだ。妻と息子を亡くした後、世界が終わろうとしている時に、俺は生きることが嫌になっていたんだ。世界は大荒れだった。人々も皆荒れていた。そんな時代に生きる意味なんて見つからなかった。俺はほとんどぼんやりと毎日を過ごしていたんだ。でもそのうちいつからか、そんな生活の中にも楽しいことも見つけられるようになっていった。畑をやるのも楽しみだし、街がだんだんと森になっていくのも楽しかった。車が走らなくなって空気はどんどん綺麗になっていくし、工夫して生活するのも、それはそれで楽しかった。生きているんなら楽しまなくちゃ損だと思ったよ。それからはだんだん気持ちが前向きになれたんだ。楽しい気分でいて、自然に感謝して、もし誰かと会えたのなら、そのことが素晴らしいことになるように。そんな風に生きていれば、自分の望む未来に行けるんだと気付いたんだ。時代は激変していった。この街も激変した。嵐の中で小さな楽しみを見つけて、今そばにいる誰かと助け合い、乗り切っていけば未来は少しづづ望む方向に向かって行ってくれたんだ。その過程でも俺は何度か違う時間軸の世界に移動したと感じたんだ。世界が変わったって感じたんだ。望む未来にカチッと何かが切り替わったような感じだよ」
「菊蔵さんはこの時代に残るのね?」
「この世界でもそういう風に生きていれば、きっと望む未来に行けると思うんだ。また世界が変わったとしても、それは今よりももっと良い世界だ。多分ね。そして何よりも家族っていうのは自分自身なんだってわかったよ。家族がいて、やっと俺は一人前なんだ」
「人ってそういうものかも知れないわね。私の施設の子供達も家族と別れて心に傷を抱えている子供ばかりよ。子供達も皆、そんな風に自分の心を何かで勇気付けて毎日を生きているんだと思うの。私は子供達の未来が幸福なものであってほしい。私の望みはそれだけよ」と貴子は言った。




Episode 15


"So what's Takako doing?" Asked Kikushi.
"I do not know," Takako said. Will it go somewhere from here? Whether you are awake or not in a different world regardless of your intentions? "Does Mr. Kikuzo remain in this world?"
"I am going to do so, it's a much better world than the world I was in. I think the world will not end.
"Well, I guess so, I guess this world has successfully shifted civilization."
"I think human beings can do it probably if you do it, I think that everyone decided somewhere that" I can not end the world. "If everyone decides that" the world can not end " I do not know well, I do not know well, I think that the mind also has energy, because the power of "feeling" is very strong, so it will be a very strong force if everyone gathers my feelings Perhaps it will also affect the universe, I think that energy is interlocking and interlocking.When something big energy moves, it affects the surrounding energy and it is a big energy Creating a whirlpool thing, it becomes a swirl or undulation of one big energy, the flow of the universe changes, so the world seems to be decided by everyone I somehow thought so And are "
"I'm worried about the children of the facility that I had originally been from. I guess it might be a more dangerous world than this world, but still children in such a world are desperately living, in my heart I feel anxiety and incongruity but I live ahead and I want to live with my children in the world, that is my world.




"That is your answer," Aoi said.
"Yes, that is my wish" Takako said. "Why did I come to a different world?"
"I told you to return to the same place and time in the original world, but I did not say it immediately, I wanted you to see that various worlds are progressing at the same time. It's difficult, it's the most obvious experience.
"In the head it may be hard to understand, it may be a really sensational world,"
"Yeah, it's a world of feeling.If it feels like that, it will be recognized that it is such a world.It will be able to understand the moment when my world changes, it will be recognized as shifting to other time axis.Other future It's a time axis to go to, which may go to the opposite result "
"The future is not decided, I can go anywhere"
"That's it, I hope your world will be a good world"




"Takako-san, that's a wonderful thing, I love children, it will surely be the case, if I hope so," Kikuzo said.
"Well, it surely will happen," Takako said.
"I got to know somewhat, after I lost my wife and son, I was disliked to live when the world was about to end.The world was rough and the people were all rough I could not find the meaning to live in such a time.I spent almost everything idly but from that time it has become possible to find fun things also in such a life.When I go to the field I am looking forward to it and I enjoyed having the city gradually becoming a forest.It's fun to keep the air running steadily as the car does not run and it is fun to do it living by ingenuity. I thought it would be a loss if I had to enjoy it, then I gradually became more positive feeling.I am in a pleasant mood, thank the nature and if I could meet someone I realized that if I lived in that way I realized that I could go to the future I wanted.The times have undergone a drastic change.This city has undergone a dramatic change.In a storm a small enjoyment I found it and helped with someone near me now, the future has gone a little further in the direction I wanted, I also felt that I moved to a different time-axis world several times in the process I felt the world changed, it seems like something clicks into the desired future "
"Does Mr. Kikuji remain in this era?"
"If you live in that kind of world like this, you think that you can definitely go to the future you want, and even if the world changes, perhaps it is a better world than it is probably - and most of all family members I knew I was myself, as I have a family, I finally am a single person. "
"People are such things, children in my institution are separated from their families and only have children with injuries in their hearts, children also have their courage in something like that I think that I am living everyday, I want the future of children to be happy, my hope is that much, "Takako said.

コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
kayagreen home
kayagreenについて
greenfingers自然素材でつくる家庭菜園つきエコアパートプロジェクト
kayagreen ブログ
ふうよう huuyou
つちとヒト
links
Facebook & Twitter

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode
みんなのブログポータル JUGEM