趣味で歌と小説と詩を掲載させていただいてます。

種 第14話 Seed Episode 14


第14話


「アワの歌って元の字はもっと古い字なのね、象形文字みたいな」と美和が言った。
「そうなのよ、記号みたいな文字ね太陽とか月とか、その形を図形にしたような感じかな。古代文字っていう部類なんだと思うわ。縄文時代に使われていた文字ね」と真知子は言った。
「また縄文時代ですね。僕もなんか興味が湧いて来て、ちょっと調べてみたんですけど、正確なデータとか、実際にどんな生活をしていたのかとかは、はっきりとはわからなかったです。貝塚とか遺跡とかから想像するしかないですからね」とチッチは言った。
          「そうね、過去のことはその遺跡とかから想像するしかないわね。残っているものは風化しないで形を残しているものと、言い伝えとかで継承されているものくらいだものね。でもそこから想像できる事柄はとても多いと思うわ。その時代の人がどれだけ自然と向き合ってそれに寄り添うように生活していたかがわかるもの。当たり前だけど縄文時代は電気なんてなかったのよ、冬になれば竪穴式住居で焚き火をして暖を取っていたのね。木の枝を燃やしてそれで命を繋いでいた。日本は国土のほとんどが森だからちょっと歩き回れば枯れ枝なんてすぐに集められたんだと思うわ。住居も木で作るし、その時代の人間は植物をパートナーのようにして生活していたのね。だから植物を育てる土や水や太陽や自然そのものをとても大切にしていたんだと思うの」と真知子は言った。
「私は集団生活とか、ちょっと苦手なんだけど、昔の人は村とか集落とかで助け合って生活していたんでしょう、隣に誰が住んでいるのかわからないっていう街とは全然違うのね」とユウが言った。
「今もそれは残っているわよ、お祭りとか季節行事とか地域単位でやっているし、それは日本人が受け継いでいる文化なのよね。現代社会は個人主義とか多様性に大きく振り切っているのかもしれないわね、要するにバランスの問題なのかもしれない、何か形にはまって規則やルールで縛られすぎても不自由だし、個性を殺してしまうことになる。多様性も認めながら同時に全体性も尊重出来ればとてもバランスのとれた社会になると思うのよ」と真知子は言った。

「それでこの曲をどうすれば、何がどうなるんだ?」とタナベが言った。
「音楽は瞑想なんだって、同時に祈りでもあるのよ。その力が何か地球の回復の力になるんだって」と美和が言った。
「獣の美和がそう言ってたの?」とユウが聞いた。
「うん、だから、何回でもこの曲を演奏したほうがいいみたい。そしてできるだけ多くの人がこの歌を歌ってくれたら、それはすごく大きな力になるみたい」と美和が言った。
「いろんな所でいろんな曲をつけて歌っているみたいよ、そんなに大勢ではないみたいだけど、縄文時代の歌っていうことで、そういうのに興味がある人たちの間では大勢の人が知っている歌だからね」と真知子が言った。
「今ので一回だな。何回くらいやればいいんだろう?」とタナベが言った。
「それはわからないな。とにかく何かが変わるまでやるしかないよ。私たちにはそれくらいしかできないもんね。それが何かの力になるなら、やれるだけやればいいんじゃないかな」と美和が言った。
「じゃあテイク2、いきますか」とチッチが言った。




Episode 14


"Miwa sang and the original letter is more old, it looks like a hieroglyph," Miwa said.
"That's right, a letter like a sign like the sun or the moon, I feel like shaping the shape, I think it is a class of ancient characters.The character used in the Jomon period," Makiko Said.
"I am also in the Jomon Period, I also got interested somewhat, I tried a little research, but I did not know exactly what data I actually did and what life actually did. We can only imagine from shell mounds and ruins, "said Tschitch.
In case "Well, I can only imagine from the ruins of the past, the things that are left are those that are inherited by the fact that they leave shapes without weathering, but from legend. I think that there are so many things that I can imagine.It knows how much people in that age faced nature and lived to live close to it.Naturally there was no electricity in the Jomon period, in the winter a vertical hole formula I burned branches of trees and burned their lives with burning fires at my residence.The most of the country is forest, so I think that dead branches were gathered soon after walking for a while Housing was also made from wood, people in that age lived plants like partners, so we treasure the soils, water, sun and nature themselves which plant grows very much Machiko as "I think he said.
"I am not good at collective life or something, but old people lived in a village or a community to help each other, it is completely different from the city where you do not know who lives next door," Yu Said.
"Even now it remains, we are doing it in festivals, seasonal events, regional units, etc. It is a culture that Japanese people inherit, contemporary society may be tremendously overcome individualism and diversity In other words, it may be a matter of balance, it may be in some form, it is inconvenient even if it is tied up by rules and rules, and it will kill the personality.The whole thing also recognizes diversity at the same time I think that it will be a very well-balanced society if we can respect it, "Makiko said.

"So what do I do with this song and what will happen?" Tanabe said.
"Music is a meditation, it is a prayer at the same time, Miwa said that power is something power of the recovery of the earth."
Yu asked, "Miwa of the beast said so."
"Yeah, so it seems better to play this song for as many times, and as many people as possible sing this song, it seems to be a huge power," Miwa said.
"It seems to be singing with various songs in various places, it seems not so much, but as a song in the Jomon period, among those who are interested in it, it is a song that a lot of people know That's true, "Makicho said.
"It's one time so now, how many times should I do?" Tanabe said.
"I do not know, anyway, there is no choice but to do until something changes, we can only do that, if it becomes a power of something, it can be done as much as we can," Miwa said .
"Well, take 2, are you going to," said Chitchi.

コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
kayagreen home
kayagreenについて
greenfingers自然素材でつくる家庭菜園つきエコアパートプロジェクト
kayagreen ブログ
ふうよう huuyou
つちとヒト
links
Facebook & Twitter

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode
みんなのブログポータル JUGEM