趣味で歌と小説と詩を掲載させていただいてます。

種 第13話 Seed Episode 13

iPhoneImage.png




第13話

ガレージに入ってくる風はどことなく草花の香りを運んでくる。いい香りがする。街には車が行き交うシュンシュンというタイヤの音がわずかに聞こえる。

「菊蔵さん、外へは出歩いてみてみたの?」

「もちろん、そこら辺を散歩してきたよ。俺の世界とは明らかに違う。空気が綺麗だし、ピリピリした感じもない。何か、とても穏やかな雰囲気を感じるんだ」

「私はここを探すことに頭がいっぱいになっていたから、あまり街をよく見ていないんだけど、雰囲気としては元の世界と同じ感じよ。空気は確かにいい気がするけど」

「車が走っているけど、あれは多分電気自動車か、何か別の動力で動いているんじゃないのかな? 貴子さんの世界ではもうエンジン式の車は走っていなかったんだろう?」

「私の世界では車はほとんどエンジン式よ。電気自動車はまだあまり普及していなかったわ」

菊蔵は少し考えてから「違う世界なのか?」と聞いた。

「わからない、とにかくもっとよく見てみましょう」と貴子は言った。

貴子と菊蔵はガレージを出て神社の方まで行ってみることにした。

意識して息をしてみると、とても美味しい空気だと気付いた。街の家の前に駐めてある車は見たこともないような車もあったが、見たことがある車も多くあった。

「あの車はエンジン式のはずよ」と貴子は言った。

「そうだな、あの車は俺も知っている。エンジン式だった」

各家庭に車は1台か2台はあった。その大半は見たことのある車だった。

神社に着くと狭い駐車場に何台かの車が駐めてあった。「この車もエンジン式だな」と菊蔵が駐めてある一台を指しながら言った。

そこに乗用車が一台駐車場に入ってきた。「エンジン式だ」と菊蔵が言った。

車はジャリジャリと敷地に敷かれた砂利の上を走ってきた。横を通り過ぎる時に「エンジン音がしないな」と菊蔵が言った。「ちょっとドライバーに聞いてくるよ」そう言って菊蔵は止まった車に駆け寄った。

ドライバーと菊蔵は何かを話し込んでいた。その光景は、お互いに初めてにして、驚きと興奮が混じっているような雰囲気だった。

戻ってきた菊蔵は「フリーエネルギーっていうもので動いているみたいだ」と言った。

「フリーエネルギーってなんなの?」と貴子は聞いた。

「聞いたところによると要するに、空気中から取り出せるエネルギーのことらしいよ。大気は電気を帯びている。だから空気中からはいくらでも電気を取り出せるみたいなんだ。それで動いている」

「私の世界にはないものだわ」

「そうだね、ここは貴子さんの世界ではないと思う。貴子さんの世界よりはもっとマシな世界だ」と菊蔵は言った。

「私の世界ではない?」貴子は聞きたくない言葉を聞いてしまって、少し戸惑っていた。でも考えるのは後だ。今は事実をそのまま受け入れる。そこに感情はいらない。「自動車がそのフリーエネルギーで動いているのなら、その他の電力とかはどうしているのかしら?」

「すべて自然エネルギーだよ。化石燃料を使うのをやめたみたいなんだ。電気は空気から取れる。その他のエネルギーも木材から取れる。化石燃料を使う意味はもうないらしい、世界はそこにシフトしたみたいだ」
「エンジン式の車もフリーエネルギーなの?」

「エンジンを積み替えたようだよ。車のフレームや車体はまだまだ使える。使い捨てもやめたみたいだ。エンジンを積み替えたら、細かい消耗部品を交換するだけで新車みたいになるようだね。世界に車は溢れるほどある。それを全部破棄することなんてしなかったようだね」

「フリーエネルギー。それはどうやって発電するの?」

「それは俺もよくはわからない。磁場とかそういうのも関係しているみたいなんだけど、要するに『大気は電気を帯びている』ということが基本にあるみたいなんだ。雷のようなものだね」

「『大気は電気を帯びている』電気っていうのは基本的に空気の中に存在しているのね?」
「そうみたいだね、磁石みたいにプラスとマイナスの世界だよ。地球は大きな磁石なんだ。地球それ自体が大きなエネルギーの塊なんだよ。だから当然電気も帯びている。単純にそれを取り出せばいい。そんなに難しいことではないみたいだね」

「そのエネルギーは排気ガスを出さないのね?」

「そうだね、もちろん出さない。何も燃やさない。ただ空気から取り出すだけみたいなんだ」

「ここはどこなんだろう」と貴子は思った。「元の世界に戻った訳ではなかったんだ。私はまた知らない世界に来てしまった。それは私が変わってしまったからなんだろうか? この世界が私の生きるべき世界なんだろうか?」




iPhoneImage.png




Episode 13


The wind coming into the garage carries fragrance of flowers somewhat. It smells nice. The sound of the tire called Shunshun where cars go and go is heard in the city.
"Mr. Kikuzo, did you try going out to the outside?"
"Of course, I've taken a walk around there, it's obviously different from my world, the air is clean and I do not feel as if I'm feeling sick, I feel something very calm."
"Because I am overwhelmed by looking for this place, I do not see much of the city much, but as an atmosphere it feels the same as the original world, although air feels good indeed."
"Although the car is running, that is probably an electric car, or is it moving with something different? In the world of Takako you have not run an engine-powered car anymore?"

"In my world cars are almost engine-driven, electric cars have not been popular yet"
After thinking a little about Kikuzo, I heard that "Is this a different world?"
"I do not know, let's take a closer look anyway," Takako said.

Takako and Kikushi left the garage and decided to go to the shrine.
When I consciously breathed, I noticed it was very tasty air. There were cars that I had never seen cars parked in front of the house in the city, but there were many cars I've seen.
"That car should be of engine type," Takako said.
"Yeah, I know that car, it was an engine formula."
Each house had one or two cars. Most of them were cars I've seen.
When arriving at the shrine there were several cars parked in a small parking lot. "This car is also engine type," said Kikushi while pointing at one of the cars.
A passenger car came into the parking lot there. "It's an engine formula," Kikushi said.
The car ran on Jarijari and the gravel laid on the premises. When passing by the side, "There is no engine noise," Kikushi said. "I will ask the driver for a moment." That said so, Kikushi ran to the stopped car.

The driver and Kikushi were talking about something. That scene was the first time for each other, the atmosphere seemed to be mixed with surprises and excitement.
Kikushi who came back said "It seems to be moving with free energy."
Takako asked, "What is free energy?
"In short, it's about the energy you can take out from the air, the atmosphere is charged with electricity, so you can take out any amount of electricity from the air, so it's moving."
"It is not in my world"
"Well, I think that this is not the world of Takako, it is a better world than Takako's world," Kikuro said.
"Is not it my world?" Takako had heard a word he did not want to hear and was a little confused. But I think about it later. Now accept the facts as they are. I do not need emotions there. "If the car is moving with its free energy, what about other electricity?"
"It's all natural energy, I ceased to use fossil fuels, electricity can be taken from the air, fire can be taken from wood, there is no point in using fossil fuels, the world seems to have shifted there." Is the car also free energy? "
"I switched the engine, I can still use the car frame and the car body, seems to have stopped throwing away.If you change the engine, seems to be like a new car just by replacing small consumable parts.The car overflows to the world There seems to have not been done to discard it all. "
"Free energy ... how do we generate electricity?"
"I do not know well about it, it seems that the magnetic field and that are also related, but in short it seems that there is basically" the atmosphere is charged with electricity. "It is like thunder."
"Is the atmosphere" with the electricity "basically exists in the air?" "Looks like it is, it's a plus and minus world like a magnet, the earth is big It's a magnet, the Earth itself is a lump of large energy, so of course it's also powered by electricity, simply taking it out seems to be not that difficult. "

"That energy does not emit exhaust gasses?"
"Yes, of course I will not put out anything, I will not burn anything, just like taking it out of the air"

Takako thought, "Where is this place?" "I did not return to the original world, I came to an unknown world again, because I changed, is this world the world I should live in?"


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
kayagreen home
kayagreenについて
greenfingers自然素材でつくる家庭菜園つきエコアパートプロジェクト
kayagreen ブログ
ふうよう huuyou
つちとヒト
links
Facebook & Twitter

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode
みんなのブログポータル JUGEM