趣味で歌と小説と詩を掲載させていただいてます。

種 第12話 Seed Episode 12

iPhoneImage.png




第12話




「11年前の世界に戻ってきたみたいね。私が別の世界に入って行った時間に」と貴子は言った。

二人はガレージに置かれたキャンプチェアーに座って、菊蔵がいれたお茶を飲んでいた。

「そうみたいだね。貴子さんがいた世界だ。でも俺が知っている世界じゃない、俺の世界の過去は、もうこの時代では大きく変化が始まっていた。見たところ、まだ世界は穏やかそうだ。ここは貴子さんの世界で俺の世界ではないよ」と菊蔵は言った。

「それはどういうことなのかしら? 私と菊蔵さんはそれぞれ別の世界で生きているってこと?」と貴子は聞いた。

「そういうことだね。別の時間軸の世界。パラレルワールドみたいなものかも知れない。俺は貴子さんに引きずられてここにきてしまったのかも知れない」と菊蔵は言った。

「何かこうやって話をしているとさっきの続きが始まっているような感覚になるわね。ついさっきまで、私はここで菊蔵さんと話をしていた」

「そうだな。貴子さんと話をしていて、気がつくとこの世界で目が覚めたんだ。このガレージのこの椅子の上でな。そして俺は世界が違っていることに気づいた」

「『別の時間軸の世界』ってどういうものなのかしら?」と貴子は聞いた。

「例えば『並行宇宙』とも言ったりするけど、同時進行している別の時間軸の宇宙のことだよ。俺はなぜか昔からこの並行宇宙を行ったり来たりしているような気がするんだ。名前や周りの状況に何も変わりはないんだけど、少しずつ何かが違っているんだ。さっきまでいた時間軸の宇宙ではありえない方向に時間が流れている、そんな感覚があって、これは別の並行宇宙に瞬間移動してしまったんだと感じるんだよ」

「時間軸を移動するっていうことね。それが私と菊蔵さんに起こっている。だったら私の世界は菊蔵さんの世界と違って、まだ終わりかけてはいないってことね」

「そうだな、まだ終わりかけてはいない。俺の世界ではもう災害が立て続けに起こっていたんだ。世界中で。人間は何もできずに自然に翻弄され始めていた」

「じゃあこの世界に移動したってことは、ご家族も助かるかも知れないっていうことね」

「そうだな。俺は違う未来に行けるのかも知れない。だったら家族は絶対に死なせない。どうして亡くなったか俺は知っているからな。やり直せるなら、俺は違う未来に行くよ」

「ご家族にその話はしたの?」

「いや、家族には話さないよ、変に思われるし、信じないと思うからね」

「そうね、でも本当にそれが可能ならいいわね。原因があって結果があるっていうのが本来だけど、その間で別の要因が加わってそれぞれ別の結果にたどり着くっていうことなのかも知れないわね。それが同時にそれぞれの時間軸の上に存在している」

「やった時とやらなかった時だよ。同じ『種』をまいても水や土をやった時と何もしなかった時では結果が違う。水をやったことが新たな因となる。やらなかったことも因となる。そしてそれぞれ別の結果にたどり着く」

「なぜ違う時間軸に移動するのかしら? 時間軸は一つということが常識のように思うけれど」

「そうだな、単純に考えると時間軸は一つなんだろうな。俺は昔からそんな感覚があったから、並行宇宙とかそんなことをいろいろと考えていたんだけど、それは『関連性』に関係してるんじゃないかと思うんだ。個人の結果の変化はその個人だけの結果の変化では終わらない。必ず周囲の環境まで変化することになる。人間や社会は『関連性』の中で変化しているからね。個人の変化は周囲にも影響する。だから違う時間軸の世界が同時にいくつも必要なんだよ。変化してしまった個人はもうその時間軸にいられない。変化に合わせた環境の時間軸に移動する。パッと世界が変わるように」

「確定的事実ではないにしても、面白い考え方だと思うわ。一瞬にして世界が変わるっていう歴史の事実も過去にはあるみたいだし。私の感覚だと別の時間軸の宇宙のつぎはぎが一本の時間軸になっているっていう感じもあるけど」

「いろいろな感覚があってもいいのかも知れないな、もちろん時間軸は一つだっていう感覚もありだと思うけど、それは感覚の問題で、事実にはあまり影響のないものだからね。ふと思うんだけど、人間は世界が持続不可能になる因を作り続けているけど、もう片方では世界が持続可能になるような因もつくっているのかもしれないな。両方の『種』を同時に蒔いているんだよ、何かの加減で世界がどうとでも変われるように。そしてそれは意識してやっていることではないことに含まれている。『善い種』っていうのはそんなものなんじゃないかって思うんだよ」

「意識せずにやっていることの中に『善い種』が含まれるってこと?」

「例えば意識では操れないものが本能だと思うんだよ。内臓も本能が動かしているものだし、人間の大部分を無意識や本能が動かしている。人間が自然由来の生き物だとするならば、本能や無意識の中に『自然に帰ろう』という感覚があるはずなんだ。その感覚が『善い種』を残しているんじゃないかって思うんだよ」

「それも面白い考え方ね。でも『並行宇宙』や『パラレルワールド』はいろんな仮説が出来てしまいそうね。とにかく世界は一つではないってことよね?」

「ここは俺の世界ではないからね。俺はもうこの時代を経験しているし、その世界ではこの時代はこんな風ではなかった」

「じゃあタイムスリップはなぜ起こるのかしら? 私が11年先の未来に行ったことや菊蔵さんがこの過去の世界に来たことは?」

「そうなってくるとすぐには答えは出ない、もちろん確定的なものではないけれど、ある程度の核心みたいなものまでたどり着くのに時間が要りそうだな。タイムスリップが起こる訳か・・・」

貴子は菊蔵が考え込んでいるのを見て、もう一度改めてガレージから外を眺めた。

何もかもが手入れされた景色が広がっていた。道路も公園も建物も全てのものに何かしらの手入れがされていた。

「私は違う時間軸に行って、それを経験したんだ。それは記憶として持っている。私は明らかに変化している。もしかしたら、この世界も元の私の世界ではないのかしら?」貴子は風になびく街路樹を見ながらそう思った。






iPhoneImage.png




Episode 12


"It seems they came back to the world 11 years ago, at the time I entered another world," Takako said.
They sat on a camp chair located in the garage, drinking tea that Kikushi was in.
"It seems like it is the world that Takako was in. But it is not the world I know, the past of my world has already started to change significantly in this era As I have seen the world is still calm This is not Takako 's world in my world, "Kikuro said.
Takako asked, "What does that mean? I and Kikuzo are living in different worlds, respectively"?
"That's what it is, another world time world, maybe it's like a parallel world, I might be dragged by Takako and come here," Kikuzo said.
"As I talk about something like this, it seems that the continuation of the story has just begun. Until just a while ago, I was talking to Mr. Kikushi here."
"Yeah, I was talking to Takako and I woke up in this world as I realized that it is on this chair in this garage, and I realized that the world is different"
"What is" another world time world "?" Takako asked.
"Saying, for example," parallel universe ", it is the universe on another time axis that is progressing at the same time.I feel like I'm coming back and forth from this parallel universe for some reason There is nothing wrong with the name and circumstances, but something is different little by little.Time is flowing in a direction that is impossible in the universe of the time axis that was up until a while, , I felt it was instantaneously moved to another parallel universe. "
"It's about moving around the time axis, that's happening to me and Kikuro-san, so my world is different from Kikuzo's world, so it's not over yet."
"Yeah, I have not finished yet, in the world there have been disasters all the time already.In the world, human beings are beginning to be at the mercy of nature without being able to do anything."
"Well, if you moved to this world, your family may be saved"
"Yes, I may be able to go to a different future, my family absolutely can not die.I know how I passed away.I know if I can redo, I will go to a different future"
"Did you tell that family to your family?"
"No, I will not talk to my family, because it seems weird and I do not believe it."
"Well, but if you really can do that, it is true that there is a cause and the result is there, but in the meantime it may be that another factor adds to another result It exists at the same time on each time axis "
"It is when I did it and when I did not do it.With the same" seed ", the result is different when I did water and soil and not doing anything.The result of doing water is a new factor. It will be a factor that did not do, and we will reach different results. "
"Why does it move on a different time axis? I think that it is common sense to have one time axis"
"Oh yeah, just thinking about it, there will be only one time axis. Since I used to have such a feeling, I was thinking about parallelism and such things in various ways, but that is related to" relevance " Changes in the results of individuals will not end with changes in the results of that individual alone and will surely change to the surrounding environment because humans and societies are changing in "relevance" Personal change also affects the surroundings, so we need a number of different world time horizons at the same time.The individual who has changed can not be on the time axis anymore, Move to the axis, so that the world will change "
"I think that it is an interesting way of thinking even though it is not definite fact.It seems that the fact of historical fact that the world changes instantly also seems to be in the past.When my feeling is different from the time axis of the universe There is also a feeling that it is one time axis "
"I do not mind having a variety of senses, of course I think that there is a sense that the time axis is one, but that is a problem of feeling, because it has little effect on facts. However, while human beings continue to make factors that make the world unsustainable, the other may be creating a factor that makes the world sustainable. Sowing both "seeds" at the same time It is in the fact that the world can be changed by any change of something, and that is included in what is not aware of.The "good seed" is not such a thing I think it's cool. "
"Does that mean that" good seed "is included in what you do without consciousness?"
"For example, I think that things that can not be manipulated by consciousness are instincts, the internal organs are also moving instincts, and most of human beings are unconscious and instincts are moving If we assume that humans are naturally derived creatures There should be a sense of "go home to nature" among instincts and unconscious, I think that sense is "leaving a" good seed "."
"That is also an interesting way of thinking, but it seems like there are various hypotheses in" parallel space "and" parallel world. "Anyway, is not that the world one?"
"This is not my world, I am experiencing this era anymore, and in this world this era was not like this"

"Why does time slip happen? What has I done in the future ahead 11 years and how did Mr. Kikuchi come to this past world?"
"As soon as I get it I do not get an answer, of course it is not definitive, but it seems that it will take time to reach somewhat core-like things, whether time slips happen ..."

Takako saw Kikushi thinking in, and once again looked outside from the garage.
The scenery where everything was groomed was spreading. Everything on the roads, parks and buildings was being kept in something.
"I went on a different time axis and experienced it, I have it as a memory, I am obviously changing, maybe this world is not my original world?" Takako thought so while watching the street tree trekking in the wind.


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
kayagreen home
kayagreenについて
greenfingers自然素材でつくる家庭菜園つきエコアパートプロジェクト
kayagreen ブログ
ふうよう huuyou
つちとヒト
links
Facebook & Twitter

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode
みんなのブログポータル JUGEM