趣味で歌と小説と詩を掲載させていただいてます。

種 第10話 Seed Episode 10




第10話


「貴子さん!」
コンコンとドアを叩く音がする。貴子はぼんやりとその音を聞く。夢の中でその音は鳴っているようだった。
「貴子さん! お昼ができてますよ。食堂に来てくださいね」

小南さんの声だ。
コンコン。 ノック。 ふと目覚める。貴子は鏡の前で眠っていた。

「貴子さん!」と小南さんが呼んだ。

「はあい。すぐ行きます。ちょっとお風呂に入っていたの!」と貴子は返事をした。
「よかった、昼寝でもしてるんじゃないかと思いましたよ。お昼ができてますよ、お味噌汁が冷めないうちに来てくださいね」とドアの向こうで小南さんが言って、バタバタと廊下を歩いて行ってしまう音がした。

ここはどこなんだろう? 元いた世界に戻ったんだろうか? 部屋はもと通りになっている。窓ガラスも割れていない。 私の世界だ。

じゃあさっきまで居た世界は何なんだろう? 未来の世界。 菊蔵と言う男がそこにいた。確か近所に住んでいるはずだ。この世界にもいるんだろうか。

携帯で日付を確認してみる。2018年9月6日。元の世界だ。季節はまだ夏だ。窓の外では蝉が鳴いている。
私は喫茶まちこでコーヒーを飲んでから、部屋に戻ってシャワーを浴びたんだ。
そして鏡の中の世界に行った。

それから未来に行き、また元の世界に戻ってきた。

貴子は部屋の暑さのせいで、自分が裸だということに気づくまで少し時間がかかった。洋服ダンスには元のまま自分の服が並んでいた。すぐに服を着て窓を開けた。

街は倒壊した家もなく、車の行き交う音も聞こえる。元どうりの世界だ。何も変わっていない。
何がどうなっているのかわからないが、とりあえず元に戻ったんだ。

貴子はスリッパを履いて部屋を出た。食堂の方からは数人の子供達と職員の話し声が聞こえる。
「9月6日の午後」と貴子は呟いた。未来の世界では小南さんの献立日記は今日で終わっていた。このお昼ご飯の献立を最後に。今日、これから、何かが起こるのだろうか。

食堂では食事が始まっていた。平日の昼食なので登校しない子供たちと数人の職員がいるだけだ。
貴子が来たのを見て「お味噌汁注いできますね」と小南さんが言ったが、「自分で注いできます」と言ってキッチンに行った。
キッチンから見える庭も元の通りだった。吹き溜まりもなく、草は適当に刈られていて、木も手入れされていた。

「もと通りだ」

貴子は食器棚からお椀を出して、鍋からお椀に味噌汁を注いだ。

食堂に行くと皆が食事をしていたが、チッチの姿が見えなかった。
「チッチは今日は学校に行っているの? 朝は行かなかったと思うんだけど」と貴子は小南さんに聞いた。
「チッチくんは昼前に、ご飯いらないって言って出かけて行きましたよ。ギター担いでいましたから、音楽の練習にでも行ったんだと思いますけど」と小南さんが言った。
「そうなのね」と貴子は自分に言うように言った。
「どうかしましたか?」と小南さんが言った。
「いえ、大丈夫です。なんでもありません」と貴子は言った。

「菊蔵という男が居るか確かめてみよう」。貴子は食事が終わると記憶をたどって菊蔵の住処へ行ってみた。「確か、神社の近くの掘り込みのガレージがある家」

景色はまともすぎて、それがまともなのかどうなのか、一瞬わからなくなった。ついさっきまで、自然に飲み込まれていこうとしている住宅街にいたのだ。アスファルトはひび割れて雑草が生えていた。神社や公園は森になっていた。
「私の世界は全てが手入れされている」 獣で過ごした時間と、荒れ果てた未来を経験した後では、今のこの世界はとても不自然な世界のように思う。
貴子は自分の感覚が、もう以前の感覚とは違ってしまっていることがわかった。 「私はとんでもない世界にいるのかもしれない」

記憶の通りに道をたどって行くと、見覚えのあるガレージが見えてきた。ガレージの前にはアロハシャツを着た老人が立っていた。遠目から見てもそれが菊蔵だということがわかった。
貴子に気づいて菊蔵は手を振った。
「私のことを知っているのかしら? この世界では、まだ一度も会ったことがないのに」
貴子は声の届くところまで近づくと「菊蔵さん?」と声をかけた。
「貴子さん、来るのを待っていたよ。どうやら俺も時間を移動できるみたいなんだ。貴子さんみたいに未来をいろいろ見て、この時代に戻ってきた。まあガレージでお茶でも入れるよ、少しくらい時間はあるだろう?」菊蔵はそう言って、ガレージに並べられたキャンプチェアーを貴子にすすめた。






Episode 10


"Takako!"
I heard a knock on the conch and the door. Takako listens to the sound vaguely. The sound seemed to be ringing in my dream.
"Takako! Lunch is ready, please come to the cafeteria."

It is Mr. Konan's voice.
Concon. Knock. Suddenly awaken. Takako was asleep in front of the mirror.

"Takako!" Was called by Konan.

"Ai, I will go soon, I was taking a bath for a while!" Takako replied.
"I was glad, I thought that I was doing a nap, I am having lunch, please come before the miso soup does not cool," Konan says at the door and walks in the corridor There was a sound to go.

Where is this place? Did he return to the original world? The room is in its original condition. The windowpane is not broken. It is my world.

Well then what is the world in the middle? The future world. A man called Kikuzo was there. You surely live in the neighborhood. I wonder if there are also in this world.

I will check the date on the mobile. September 6, 2018. It is the original world. The season is still summer. Outside the window cicadas are singing.
I drank coffee at tea ceremony, I went back to the room and took a shower.
And went to the world inside the mirror.

Then I went to the future and came back to the original world.

It took a while before Takako realized that he was naked because of the heat of the room. My clothes were lined up in the original wallet dance. I immediately put on my clothes and opened the window.

The town has no collapsed house, and the sounds of cars are heard. It is the original world. Nothing has changed.
I do not know what is going on, but for the time being I went back.

Takako left the room with slippers in it. From the cafeteria you can hear the talk of several children and staff.
Takako muttered "September 6 afternoon". In the future world Konan's menu diary ended today. At the end of this lunch menu. I wonder if something will happen from now on.

Meals were beginning in the dining room. Since we have lunch on weekdays, there are only children and a few staff who do not go to school.
Konami said, "I can pour miso soup," when I saw Takako came, I went to the kitchen saying "I can pour it myself".
The garden seen from the kitchen was also the original street. There was no puffing, the grass was properly mowed and the trees were being groomed.

'It is in stark '

Takako put out the bowl from the cupboard and poured miso soup into the bowl from the pot.

Everyone was having a meal when I went to the dining room, but I could not see the appearance of Zitch.
"I think Titchi is going to school today, I think he did not go in the morning," Takiko asked Mr. Konan.
"I told him that Titchi told me that he did not need rice before noon, because I was playing guitar, I think he went even to practice music," Konan said.
"That's right," Takako told him to say to himself.
"What's the matter?" Konami said.
"No, it's all right, there is nothing," Takako said.

"Let's see if there is a man named Kikuchi." Takako traced his memories and went to Kikuchi 's residence when the meal ended. "Indeed, a house with a dug-up garage near the shrine"

The scenery was too decent, I could not understand for a moment whether it was decent. Until just a while ago, I was in a residential area where I was about to be swallowed naturally. The asphalt was cracked and weeds were growing. Shrines and parks were forest.
"My world is being groomed everything" After experiencing the time spent in beasts and the desolated future, I believe this world is like a very unnatural world.
Takako found out that his feelings were different from previous feelings. "I may be in a ridiculous world"

Following the way as I remembered, I saw a familiar garage. An old man wearing an aloha shirt was standing in front of the garage. Even from a distance perspective it turned out that it was Kikushi.
I noticed Takako and Kikuzo waved her hand.
"Do you know me? I have never met in this world yet."
As Takako approached the place where the voice could reach, he said "Kikushi-san?"
"Takako-san, I seem to be able to move time, apparently I have come back to this age as I watched the future like Takako-san, I will put in some tea in a garage well, a little about time Is there any? "Kikushi said so and Takako recommended a camping chair arranged in the garage.

コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
kayagreen home
kayagreenについて
greenfingers自然素材でつくる家庭菜園つきエコアパートプロジェクト
kayagreen ブログ
ふうよう huuyou
つちとヒト
links
Facebook & Twitter

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode
みんなのブログポータル JUGEM