趣味で歌と小説と詩を掲載させていただいてます。

種 第8話 Seed Episode 8




第8話


「例えばケニー・バレルのソロみたいなもんなんだよ」と菊蔵は言った。「ケニーは恐ろしく早弾きもできるけど、それよりも雰囲気を大切にするんだ。曲が品を保ったままであることを一番のこだわりにしている。あくまで癒しの雰囲気にこだわるんだ。あるいはWarren Wolfは鉄琴の音を使う。いくら激しさを増しても鉄琴の音は柔らかいままだ。jazzのミュージシャンは皆、激しさを内に秘めながら表面に出すのは柔らかさなんだ。それがjazzなんだと思うんだ」
貴子と菊蔵は i phone から流れる音楽を聴きながら味噌汁を食べた。菊蔵が言うように、会話をもっとリラックスして楽しんでもいいのかもしれない。今は何かを焦っても、そこにメリットは何もないのかもしれない。それに音楽はとても心地よい。
「スマートフォンがよく動いているわね、どこかに電源でもあるの?」
「太陽光発電だよ。都会には太陽光パネルがいたるところにあるんだ。蓄電池を備えている家なら電源はいつでも使える。ついでに電気自動車も使える。俺も何台か確保している。運転ができるなら一台使うといい」
「それは本当なの? それならすごく助かる。山まで歩いて登らなくてもいい。道がまだ通れたらの話だけど」
「山間部の道は当然荒れている。四輪駆動車なら通れるかもしれないが、普通車では少し手こずるだろう」
「でも徒歩のことを考えると、随分と時間も体力も節約できると思う。ありがとう」
「太陽光発電のシステムが生きている間は電気も使えるけれど、蓄電池の寿命が来たらそれも使えなくなる。電気工事とかの知識があればなんとかなるのかも知れないけど、そっちの方は全然わからないからな」と菊蔵は言った。
「電気を使わなくても、十分に人間は生きていけるわ。でも本当に電気って便利なものなのね。それと引き換えに多くのものを失ったとは思うけれど」
「道具も使いようだ。活かしてやれば道具も喜ぶ」
「でも不思議ね、物質は幻だとわかっていても、それに頼ってしまう自分がいる」
「人間は野生動物じゃない。道具があったほうが生きやすい。そういう方向に人間は進化したんだ」
「そう、そのことを話したいと思っていたの。進化について。人間は間違った方向に進化してしまったんじゃないかしら?」
「俺は思うんだけど、進化に正しいも間違いもないと思うんだ。進化はただの適応だよ。その時その時に適応しようとしているだけのことなんじゃないかな。道具を必要とする進化は、結果として科学を生み出した。それも必然なことだったんだと思うよ」
「皮肉なものね。進化って両刃の剣のようなものなのかもしれない。進化によって、自らを苦しめるようになることもある。学ぶのね。失敗をして。こんな世界になったことも必然なことなのかもしれない」と貴子は言った。
「結果論としてはそうかもしれないな。これを学びとして捉えるかどうかは、これも個体差によるかもしれない」と菊蔵は言った。
「もしかしたら脳の進化というのは、失敗から学ぶということを前提としているんじゃないかしら。まあ、個体差もあるかもしれないけれど、『学ぶ』ということ自体を人間は求めているんじゃないかと思うの。自分の不完全さを思い知るのは人間だけなんじゃないかしら」と貴子は言った。
「確かに、動物は自分の不完全さなんて考えもしないだろうね。人間よりも欲望に素直だし、本能的だしね。でもなぜ人間は『学ぶ』なんて面倒くさいことをしなければいけないんだろう?」
「『学ぶ』ことの目的よね。これも確定的なことではないけど、自己を知りたいということなのかもしれないわ。自分っていったい何なんだろう、とかね。生まれて死ぬことの意味とか。『思考』を発達させた理由は、起こっている事柄に意味を見出す必要があったからなんじゃないかしら? あるいは起こっている事柄の意味を考え始めたか」と貴子は言った。
「例えばそれは、世界が放射能に汚染されてしまった事柄について意味を見出すということなのかな?」と菊蔵は聞いた。 「そうね、それに意味を見出すことで人間は何かを納得をするのかもしれない」と貴子は言った。
「『何かを納得する』って表面的な事柄じゃなくって、もっと深いところの意味みたいなものの事かい?」
「深層心理というか、核の部分というか、そんなものの事よ」貴子はそう言って、味噌汁の野菜を食べながら自分の今言った言葉のことを考えていた。「たぶん、そんなことを考えようと思っている人は、そんなに多くはいないのかも知れない」と貴子は思った。

「人間はなんのために生きているんだろう? 思考して、何か答えを得るために生きているんだろうか?」と菊蔵は言った。
「それか、ただ生きているだけかもしれないわね。動物のように、本能と欲に支配されたまま。深い思考なんて脇に置いてね」と貴子は言った。
「『思考』していないっていうことなのか?」
「『深い思考』っていうことだけど。何か、かつてのシステムの中に『深い思考』をさせない罠が仕掛けられていたのかもそれない。意識を操られていたのかもしれない、長い年月をかけてね」と貴子は言った。
「街が自然に飲み込まれていくのを見ていると人間が大切にしていた『常識』が何の役にも立たないっていうことがよくわかるよ。『常識』は人間社会だけでのルールのことだ。『人間だけが快適に生きる世界』に基づいたルールだ。何て陳腐なルールなんだろう。人間だけが快適に生きられる世界が出来ると、本気で思っていたんだろうか? そんな世界はありえない」と菊蔵は言った。
「人間の脳は洗脳されやすい。科学や養育は人間の『洗脳』を先ずはじめに研究したんじゃないかしら。それは管理者にとっては最優先の事柄だったと思うの」と貴子は言った。
「それは言えるかもしれない。日本の文化も、戦後大きく変えられた。生活も食事も西洋風に移行していった。着物が洋服になった」と菊蔵が言った。
「不自然な事柄ね。強引で、強制的」と貴子は言った。
「以前のシステムは、自然のシステムとは大きくかけ離れたシステムのことだ。その結果がこれだ。世界は終わろうとしているのかも知れない。何もかもが持続不可能になった。当たり前だけどね」と菊蔵が言った。
「この放射能が蔓延した世界でどうやって生きていけばいいんだろう」と貴子は思った。




Episode 8


"It's like Kenny Barrel's solo," Kikuro said. "Although Kenny can fly awfully quickly, but also cherish the atmosphere more than that.The first thing that songs keep keeping goods is that they stick to the healing atmosphere to the last.Warren Wolf I use the sound of the iron harp, and the sound of the iron oyster remains soft even if I get more fierce.The musicians of all jazz are soft to put out the violence inside the surface while it is jazz I think that's what. "
Takako and Kikushi ate miso soup while listening to music from i phone. As Kikuzo says, it may be good to relax and enjoy the conversation. Even now I am in trouble, there may not be any merit there. Besides, music is very comfortable.
"Your smartphone is working well, is there a power supply somewhere?"
"Solar power generation, solar panels are everywhere in the city, you can use the power at any time if you have a storage battery, you can also use electric cars, I also have secured a couple of them. You can use one if you can do it. "
"Is that true? If that is the case, it will be a great help, you do not have to walk up to the mountains and climb up if the road can still pass."
"The road in the mountain area is obviously rough, although it may pass if it is a four wheel drive car, it will be a bit handy for ordinary cars."
"But thinking about walking, I think I can save time and physical strength. Thank you.
"While the photovoltaic system is alive, you can use electricity but it will not be usable if the life of the storage battery comes up. Kana said, "Kikuro said.
"Even without using electricity, humans can live adequately, but electricity is really useful, but I think that I lost a lot of things in exchange"
"The tools are useless too, please use the tools if you make good use"
"But it is strange, even if you know that the substance is a vision, there is yourself who relies on it."
"Human beings are not wild animals, it is easier for people to have instruments to live, people have evolved in that direction."
"Yes, I wanted to talk about that. About evolution ... Humans have evolved in the wrong direction?"
"I think, but I think that there is neither correct nor mistake in evolution, evolution is just an adaptation, it's just trying to adapt at that time. Evolution that requires tools requires a result I created science as a factor, I think it was inevitable. "
"It is ironic ... Evolution may be like a double-edged sword, sometimes it makes me to suffer himself through evolution, learning.Learn.Take a mistake.Not to have such a world It may be inevitable, "Takako said.
"As a result theory may be so, whether this is taken as learning or not may be due to individual differences," Kikuzo said.
"Maybe the evolution of the brain presupposes learning from failure." Oh well, there may be individual differences, but human beings are not asking themselves "to learn" I wonder if it is only human beings to know their imperfections, "Takako said.
"Indeed, animals will not think of their imperfections, they are more honest and deserved than humans, they are instinctive, but why do humans have to do bothering to" learn " ? "
"The purpose of doing" learning. "This is not definitive, but it may be that you want to know yourself, what exactly is yours, such as the meaning of being born and dying Takako said, "Why did you develop" thinking "because you needed to find meaning in what is happening, or did you start thinking about the meaning of what is happening?"
"For example, is that the meaning of the things that the world is contaminated with radiation?" Kikushi asked. "Well, it may be that humans convince something by finding meaning in it," Takako said.
"Does" convincing something "are not superficial things, are they things like the meanings of deeper things?"
Takako said so, thinking of the words he said now while eating vegetables in miso soup, saying, "Deep psychology, or part of the nuclear?" "Perhaps, there may not be so many people thinking about such a thing," Takako thought.

"Why are we living for human beings? Are they alive to think about and get something to answer," Kikuzo said.
"Or maybe it 's just alive, just like being an animal, left as ruled by instinct and greed, put aside deep thinking," Takako said.
"Is not it" thinking "?
"It is" deep thought. "It may be that there was a trap on something that did not allow" deep thinking "in the former system, perhaps it might have been manipulated consciously, for a long time Take over, "Takako said.
"When you are watching the city being swallowed naturally, you can easily understand that" common sense "that man cherishes is not useful for anything." Common sense "is a rule only for human society It is a rule based on "a world where only human beings live comfortably." What is obsolete rule What kind of world did you realize that only human beings can live comfortably? There can not be, "Kikuji said.
"The human brain is easy to be brainwashed, I think that science and childcare initially studied human" brainwashing "first, I think that was the top priority for administrators," Takako said.
"It could be said that Japanese culture has also been greatly changed after World War II, both life and meals have shifted to Western style, Kimono said," Kimono became clothes. "
"Something unnatural, forcible, compulsive," Takako said.
"The previous system is a system that is quite far from the natural system, the result is this, it may be that the world is about to end, everything has become unsustainable, but of course it is natural Kikushi said.
Takako thought, "How can we live in a world where this radioactivity has spread?"

コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
kayagreen home
kayagreenについて
greenfingers自然素材でつくる家庭菜園つきエコアパートプロジェクト
kayagreen ブログ
ふうよう huuyou
つちとヒト
links
Facebook & Twitter

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode
みんなのブログポータル JUGEM