kayagreenの経営者ですが、仕事ばっかりはしていられませんね。
実は歌うたい、文章書きでもあります。
15歳で初めてアコースティックギターを手にし、作詞、作曲、弾き語りを始める。
その後、レゲエバンド400yearsを立ち上げ神戸を拠点に活動。
同時にベーシストとしてブルース、R&B、ハードロックなどの数々のバンドを経験。
21歳の時、神戸のジーベックホールで行われたアマチュアバンドコンクールでベストベーシスト賞を受賞。
ジャズの歌唱に興味を抱き、ジャズボーカリスト大森浩子に2年間師事。
2008年に「日本語の歌が歌いたい」という理由で、 ふうよう という名でソロ活動開始、小説も執筆。
関西を拠点に活動中。

小説 青い夢を見た時に12 母親の物語(距離感)

母親の物語(距離感)



 どの曲も、どんな曲も胸に響く前に消えて行った。 

 何も、胸に響くものは無かった。歌をやめた。

 

 出来ることなら、誰も自分のことを知らない所に居たかった。

 どうしても今までのように他人と上手く心を通わせることが出来なくなっていた。他人に対して距離を置かせた。それは、他人と自分とでは、住んでいる世界が違うような気がしたからだ。いくら何かをどうにかしても、もうもとには戻れない。

 その距離は、途方も無く、世界そのものが違っていた。

 

 そして、あたしは知らなかった。歌うことは自分を愛することができる者の証であることを。

 今の自分は、自分のことを愛しているのだろうか。

 今更ながら、そんなことを考える。

 自分を愛しているとしたら、まだ歌っていただろう。

 日常生活の様々な物や刺激の中で、溺れそうになっている自分に気づく。テレビやラジオや街の喧騒や、蛍光灯のちらちらする光や、その他雑多な物音や光、どれもが騒々しく、眩しすぎた。それらはじっとしていても波のように押し寄せ、空っぽの胸の中でぐるぐると渦を巻き、耳の中で増幅されて行った。

 休みの日、琳太郎が学校に行っている間、日常のいっさいの刺激を遮断し、ただひたすら、眠った。ただひたすらに、全ての感覚を遮断するのだ。

そうやって、溺れそうになっている自分を安息の小島へ運ぶのだ。

 眠りだけが避難場所だった。

コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
kayagreen home
kayagreenについて
greenfingers自然素材でつくる家庭菜園つきエコアパートプロジェクト
オープンガーデン&スタッフブログ
ふうよう huuyou
つちとヒト
links
Facebook & Twitter

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode
みんなのブログポータル JUGEM