趣味で歌と小説と詩を掲載させていただいてます。

種 第7話 Seed Episode 7




第7話


ユウはできるだけ簡単なコード進行で曲をつけようと思った。アマの歌は日本語のようでも言葉にはなっていない。音遊びだ。
Gの循環コードを基本に創ってみる。

あかはなま
いきひにみうく
ふぬむえけ
へねめおこほの
もとろそよ
をてれせゑつる
すゆんちり
しゐたらさやわ

五七五の音階だ。
単純なメジャーの巡回コード。

部屋のベッドに座ってアコースティックギターを抱えながら色々と試してみる。
最後の七つの音を収めるのに苦労する。
少しだけ音階に変化があってもいいかもしれない。変化しすぎないように少しだけアクセントに違うコードを入れてみる。
大体の曲の構成ができると、とりあえず録音してみる。何度か聴き返しながら、曲の構成を変えてみる。
明日、皆んなとスタジオに入ることになっている。あとはセッションしながら仕上げていけばいい。
「楽しみだな」ユウは自分のつけた曲を皆んなが色付けしていくことを考えると嬉しくなる。音楽は一人でやるのもいいけれど、バンドは皆んなの個性が絡み合って独特のアレンジが出来上がる。自分一人だけでは想像もできなかったように進化していく。

コード進行と音階はただの種だ。発芽した曲はメンバーの個性で様々な葉や花を咲かせる。皆んなが育てた曲は苗木のように一つの命を宿していく。
苗木は演奏のたびに、その姿を変えていく。

音楽は植物に似ている。

根っこがあり、幹から枝葉が茂り、花が咲く。そして花はやがて種をつけていく。
その種から、また新たな曲が育っていくんだ。






真知子は久しぶりに街の音楽スタジオに来て少しテンションが上がっていた。
「懐かしい。学生時代によく利用していたわ。ここのスタジオはまだあったのね」
「真知子さんの学生時代って何年前なんですか?」とチッチがふざけて聞いた。
「そんなのずっと前よ」と真知子は言った。「でもわくわくする。アマの歌がどんな感じになったのか、聴くのが楽しみだわ」
「なんで来てるのかなー。バンドのメンバーでもないのに」と美和が言った。
「いいじゃない、見学くらい。聴いてみたいのよ、あんたたちのアマの歌」と真知子が言った。

四人はそれぞれの音を仕上げていった。
自分の音。
スネアの音の高さ、ギターの歪み具合、ベースのエッジ感、ボーカルのイコライジング。
自分の音が出来上がると、四人はそれぞれの色を調整していく。
タナベのギターの色にチッチが少し寄り添うようにエッジを調整する。タナベはユウの声に合わせて歪み具合を少しいじる。
美和はみんなの音が出来上がっていくのをタムを回しながら聴いている。
「ロックだねえ」と美和は独り言を言う。


四人はスタンバイができると美和を見た。曲は、ドラムスが根っこみたいなものだ。そこからベースが幹をつくり、ギターが枝葉を茂らせて、ボーカルが花を咲かせる。
美和は自分に皆んなの視線が集まったのを確認した。「どれぐらいのテンポで行く?」
「ゆっくりめ」と言いながらユウが指先でテンポを刻む。
美和はハイハットでそのテンポを確認しながらバスドラムとスネアドラムを重ねていく。

タナベがオープニングソロを弾き始めた。
チッチは慌ててそれにコードを合わせた。
「オープニングソロなんて、タナベさん粋だなあ」チッチはタナベのソロに合わせてベースのフレーズを乗せていく。
「歌うようなギターのソロには、歌うようなフレーズが合う」
タナベはチッチがメロディアスなベースラインを弾き始めたのでもうワンフレーズ、ソロを延長した。
ギターとベースのダブルソロがドラムスに支えられてスパイラルを描く。
それは延々と続くように思えたが、2フレーズが終わると、ユウが始めの七文字の音を歌い始めた。

あかはなま

音がユウに集中する。花が開花していく様子を皆が見守る。

音階は 言葉と重なり 歌になる。

木が成熟していく。

しゐたらさやわ

もう一度ギターのソロになる。優しいソロだ。歪んだいつものタナベの音だが、ピックではなく指で弾いている。音は柔らかなタッチで拡散していく。

たっぷり2フレーズギターのソロが終わると、もう一度ユウがソロをとる。

あかはなま
いきひにみうく
ふぬむえけ
へねめおこほの
もとろそよ
をてれせゑつる
すゆんちり
しゐたらさやわ

歌が終わると、ガンガンガンと美和がハイハットでアクセントを入れた。

「盛り上げていくよ!」
美和のサインだ。

チッチは跳ねたアクセントをフレーズに忍ばせる。
タナベがピックを弾かせる。

音は一気にロックし始める。
「私たちはこうでなくっちゃね!」
音がロールする。
渦が龍のように空に昇る。

あかはなま
いきひにみうく
ふぬむえけ
へねめおこほの
もとろそよ
をてれせゑつる
すゆんちり
しゐたらさやわ

もう一度ユウがソロをとった。
黒い感じが演奏には合う。


10分かそこらの演奏だった。
「あんたたちってなんでもそんなふうになるのね!」と真知子は大笑いしながら言った。「でも最高だった!」
四人も皆んな笑顔だった。顔を見合わせて「いいね!」と言った。
「いい感じ!」ユウは最高のアレンジが出来上がったと思った。






Episode 7


Yu thought about putting the song with as simple chord progression as possible. Even though the songs of Ama are like Japanese, it is not a word. It's a sound play.
Let's create based on the circulation code of G.

A kana
Ikihinami club
Bathington
Horn's okay's
Even solemnly
Let's make it happy
Retirement
If you do it SAISA

It is a scale of 575.
Cyclic code of a simple measure.

Sitting in the bed of the room and trying variously while holding an acoustic guitar.
I struggle to put the last seven notes.
It may be good for a slight change in the scale. I try to insert a slightly different code for accent so as not to change too much.
If you can structure almost the song, try recording for the time being. While listening several times, try changing the composition of the song.
I am planning to enter the studio with everyone tomorrow. Then finish as you go through session.
"I'm looking forward to it" Yu will be pleased if everyone tries to color the songs he attached. Although it is okay to do music alone, the band is intertwined with everyone's individuality and makes a unique arrangement. I will evolve as one can not imagine alone.

Chord progression and scale are just seeds. Germinated songs bloom various leaves and flowers with the personality of members. The songs that everyone raised have a life like a sapling.
Saplings change their appearance each time they play.

Music is like a plant.

There is a root, branches and leaves grow thick from the trunk, flowers bloom. And the flowers will continue to grow seed soon.
From that kind, another song will grow up again.






Machiko came to the music studio in the city after a long absence and a little tension was rising.
"I used to use it nostalgicily during my school days, the studio here is still there"
Titchi playfully asked, "How long ago was Michiko's student days?"
"Before such a long time ago," Makiko said. "But exciting, I'm looking forward to listening to what the songs of Ama have become."
"Why are you coming, I wish you were not a member of the band," Miwa said.
"It's not nice, it's about a tour, I'd love to listen, your songs of ama", Makicho said.

Four people finished each sound.
My own sound.
Sound height of the snare, distortion condition of the guitar, edge feeling of the base, equalizing of the vocal.
When their own sound is completed, the four people adjust their colors.
Adjust the edges so that the lattice gets closer to the color of the guitar of Tanabe. Tanabe changes his condition slightly according to Yu 's voice.
Miwa is hearing everyone's sound is turning while turning the tom.
"Rock neeze" and Miwa say soliloquy.


Four people saw Miwa if they could stand by. The song is like drums roots. From there the base makes the trunk, the guitar grows branches and leaves, the vocals bloom.
Miwa confirmed that everyone's eyes gathered to himself. "How long will you go with tempo?"
Yu will inscribe the tempo with his fingertip while saying "slowly".
Miwa will overlay the bass drum and snare drum while checking the tempo with the hi-hat.

Tanabe began playing the opening solo.
Titch hurriedly matched the code to it.
"Tanabe is strange like an opening solo." Chichi carries a phrase based on Tanabe's solo.
"The singing phrase is suitable for a singing solo guitar solo"
Tanabe extended the one phrase, solo as Titch began playing melodic baseline.
Guitar and base double solos are supported by drums and draw a spiral.
It seemed to be going on and on, but when two phrases were over, Yu started singing the beginning seventh letter.

A kana

The sound concentrates on Yu. Everyone watch the flower blossoming.

The scale overlaps words and becomes a song.

The tree matures.

If you do it SAISA

I become a guitar solo again. It is a gentle solo. It is the usual distorted sound of Tanabe, but it is playing with fingers instead of picks. The sound spreads with a soft touch.

Plenty of phrase When solo of guitar finishes, Yu takes solo once more.

A kana
Ikihinami club
Bathington
Horn's okay's
Even solemnly
Let's make it happy
Retirement
If you do it

When the song was over, Ganggangan and Miwa accented with Hihat.

"I will make it excitement!"
It is a sign of Miwa.

Titch folds the bounced accents into a phrase.
Tanabe makes the pick up.

The sound begins to lock at a stretch.
"We must not do this!"
The sound rolls.
The whirlpool rises to the sky like a dragon.

A kana
Ikihinami club
Bathington
Horn's okay's
Even solemnly
Let's make it happy
Retirement
If you do it

Yu took the solo again.
A black touch fits the performance.


It was about 10 minutes or so.
"All of you will be that way!" Makiko said with a big laugh. "But it was awesome!"
All four people smiled. She looked at her face and said "I like it!"
"Good feeling!" Yu thought that the best arrangements were made.

コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
kayagreen home
kayagreenについて
greenfingers自然素材でつくる家庭菜園つきエコアパートプロジェクト
kayagreen ブログ
ふうよう huuyou
つちとヒト
links
Facebook & Twitter

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode
みんなのブログポータル JUGEM