趣味で歌と小説と詩を掲載させていただいてます。

種 第4話 Seed Episode 4




第4話


貴子は叫んだ拍子に足がもつれて、その場に尻もちをついた。それでもお尻の痛さよりも驚きの方が勝っていて、あまり痛さを感じなかった。
二人はそのまま、しばらく無言で見つめ合った。お互いを確認し会うように。

老人は、明らかに今のこの状況とは懸け離れた格好をしていた。大きな花柄がプリントされたズボンは滑稽にさえ見えた。頭に巻いた真っ赤なバンダナも微妙に間が抜けていた。
「あんた、どこから来た?」と老人は言った。
貴子はしばらく老人の顔を見たまま、声をかけられたことを認識できずにいた。しばらくしてから声をかけられたことにハッと気づいた。「近くの養護施設からです」と多少声をうわずらせながら言った。
「養護施設か。ここらにはもう人はいないと思っていたが、あんたは逃げなかったのか?」
貴子は老人が害のない人間かもしれないと思い始めた。「逃げるって何ですか? 何があったんですか?」
「何があったって、あんた何も知らないのかい?」
「はい、私はこの世界に少し前に来たばかりなんです」と貴子は言った。
老人は少しの間、貴子の顔を見たまま何も言わなかった。そして、しばらくして「あんた、気は確かかい?」と言った。
貴子はまずいと思った。言葉に気をつけたほうがいい、何もかも事実を話すと、逆にこっちが怪しまれる。
「あの、ここに来たばかりなんです」と貴子は言い直した。
老人は、またしばらく黙って貴子を見ていた。それから「嘘をつかなくていい、事実だけを話したほうがいい、そのほうがお互いシンプルでわかりやすい」と言った。「たいていのことには驚かない、何せ、世界がひっくり返ってしまったんだからな」老人はそう言ってニヤリと笑った。
貴子は黙ってうなづいた。そして少し安心した。貴子にとっても、そのほうがありがたい。
二人はなんとか、お互いの緊張を少しづつ解いていった。

「あの、失礼ですが、おじいさんは名前はなんと仰るんですか?」と貴子は聞いた。
「俺は菊蔵というもんだ。花の菊に「お蔵入り」の蔵だ。この近所に昔から住んでいる。あんたはどこから来たんだい?」と菊蔵は言った。
「たぶん過去から来たと思います。信じられないと思いますが、街も人も元どおりだった世界からです」
菊蔵はしばらく貴子の言ったことについて考えているようだった。
「それが本当だとすると、10年ほど前の世界だな」
「今は何年の何月なんですか?」
「今は2029年の年末だ。もうすぐ2030年になる。あんたの居た世界は2019年かい?」
「2018年です、11年前です」と貴子は答えた。そして11年も未来の世界に来てしまったのかと思った。そしてそこで思考を止めた。
事実だけをありのままに受け入れる。
「あまり驚かない。たいしたもんだな、あんたならこの世界を生き抜けるかもしれない。見た所、あり合わせの服しか着ていないようだけど、他に服は持っていないのか?」と菊蔵は聞いた。
「持っていません。家にはほとんど何もありませんでした」と貴子は答えた。
「俺の住処には服や道具もある。いるものがあれば持って行くといい。その身なりではこれからの季節は厳しい。俺の住処はすぐこの近くだ」と菊蔵は言った。
貴子は棒切れを強く握りしめながら、しばらく考えた。
「心配しなくてもいい、俺はあんたに危害を加えるつもりはない。そんな場面は何度も嫌という程見せられた。こんな世界では正気を失うと生きてはいけない。一番大切なことは気を確かに保つことなんだ」と菊蔵は言った。
貴子は老人が本音を言っていることを目の色で確かめた。本当にそうなんだろう、こんな世界では狂気に飲み込まれると、あっという間に命を落とすことになるかもしれない。一反、この老人を信じてみよう、情報源は今の所、この老人しかいない。
「わかりました、お言葉に甘えて必要なものを分けてもらいます。それともっと詳しく、何がどうなっているのか教えて欲しいんです」と貴子は言った。
うんうんと老人はうなづいた。「水は俺の住処にもある。ここの井戸水だ。お湯も沸かせるからお茶でも入れよう」と菊蔵は言った。
「わかりました。菊蔵さん、よろしくお願いします」と貴子は言った。

菊蔵の住処にはシャッター付きのガレージがあり、そこに生活に必要な道具が一式揃えられていた。実際の生活もこのガレージでしているようだ。
「家の中は火が使いにくいからな、ここなら焚き火をして煮炊きができる。こんな状況では家の中はかえって住みにくいんだ」と菊蔵は言った。「物置にまだ鍋やら食器もある。服は一階の洋服ダンスに入っている。家族が着ていた女物もあるから適当に選ぶといい。押し入れにも何かあると思うから好きに持って行っていい。その間に俺はお茶を入れておく」

「ありがとう菊蔵さん」貴子はそう言って家の中に入った。
玄関のすぐ脇の和室に洋服ダンスがあり、中を開けると丁寧に洋服がたたまれて入っていた。ハンガーから綿の綿入りジャンパーと、引き出しの中からGパンを手に取った。Tシャツと下着と靴下も何足か取り出した。それだけを手早く手に取ると浴室に行って着替えた。そして部屋に戻ってカバンのようなものを探した。押し入れに登山用の綿のリュックサックがあった。貴子は思わずガッツポーズをしてしまった。山に行くにはおあつらえ向きだ。年季が入っているが、よく手入れされていて丈夫そうだ。
貴子は一通りの必要なものをそのリュックに入れた。1階には他にも部屋はあったが、道具や荷物は洋服ダンスと押し入れに集約されていた。
荷造りを終えると貴子はガレージに戻った。菊蔵は火を起こしながらヤカンに水を入れているところだった。「早いな、もう着替えているし、俺のお宝のリュックまで見つけたのか。あんた、たいしたもんだ」
「このリュックもいただいてもいいのかしら? そうさせてもらえるとすごく助かるんだけど。それと私は貴子っていうの。まだ名乗っていなかったけど」と貴子は言った。
「貴子さんか、よろしく。お互いに名前を名乗り合うと安心するね。相手を少し理解できたような気がする」
「そうね、私も少し安心した。まともな服を着ているとそれだけでほっとする」
「服は大事だよ、服の中には気分を上げてくれるものと、そうじゃないものがある。貴子さんが着ていた制服みたいな服は、俺には一番気分が下がる服装だね」
「失礼だけど、その派手な服装は菊蔵さんの気分を上げてくれるものなの?」
「もちろんだ。好きな服を着ていると気分が上がる。気分が上がるということはそれだけですごく物事がいい方向に動いていく。生き残る術だよ」
「そうかもしれないわね。私は特に服装にはこだわらないけど、マトモな服には気分をマトモに保つ効果はありそうね」
菊蔵はうんうんとうなづいて、焚き火にごとくを置きヤカンを火にかけた。「もう少し待ってくれ、じきにお湯が沸く。庭にハーブが生えているからハーブティーでも入れよう。腹が減っているなら、畑から何か取ってこよう。どうだい?」
「ありがとう。多分何か食べられると思う。もし面倒じゃなければ」と貴子は言った。
「そうしよう、俺も何か食べておきたい。誰かと飯を食うのも久しぶりだしな。野菜は畑にいくらでもあるんだ」と菊蔵は言って、収穫袋みたいなものを持ってガレージから出て行った。出て行く前に「ちょっとヤカンを見ててくれ、沸騰したら火からおろしてくれないか」と言った。






Episode 4


Takako caught my feet tangled and clapped at the spot. Still worse than the pain of the butt was surprising, and I felt less pain.
They kept their eyes on each other for a while silently. Make sure to see each other and see each other.

The old man was obviously in a shape far apart from this situation at the moment. Pants printed large floral prints even looked ridiculous. The crimson bandana wrapped around the head was delicately missing.
"You, where did you come from," said the old man.
Takako was looking at the face of the old man for a while and was unable to recognize what he was saying. I realized that I was able to speak after a while. Said, "I am from a nearby nursing home" while rumors somewhat.
"I thought that there are no more people here, but have you not escaped?"
Takako began to think that the old man might be a harmless person. "What is escaping? What happened?"
"What's wrong, you do not know anything?"
"Yes, I just came to this world a while ago," Takako said.
For a while the old man said nothing while watching Takako's face. And after a while, "you, is your mind sure?"
I thought Takako was bad. You'd better be careful about the words, if you tell the facts everything, you are doubtful about this.
"Oh, I just came here," Takako said.
The old man also kept silent for a while and was watching Takako. Then he said, "You do not have to lie, you should tell only the facts, that one is simple and easy to understand". "I will not be surprised at most things, for anything the world has been overturned," the old man said so and laughed.
Takako silently nodded. And I was relieved a little. For Takako, that is also appreciated.
They somehow solved each other's tension little by little.

"Oh, exaspitate, Takako asked," Does your grandfather say his name? "
"I am a kiko store, a warehouse of" storage "in the chrysanthemum of flowers. I live in this neighborhood from long ago. Where are you from? "Said Kikuji.
"Perhaps I think that I came from the past, I think that I can not believe it, but the city and people were exactly the same from the world."
Kikushi seemed to be thinking about what Takako said for a while.
"If that is true, it's about 10 years ago.
"What month is it now?"
"Now is the end of 2029. It will soon be in 2030. Is the world where you were in 2019?"
"2018 is 11 years ago," Takako replied. And I wondered if I came to the future world for 11 years. Then stopped thinking there.
Accept the fact only as it is.
"I do not surprise too much, it's a big deal, you may survive this world, as you saw, it seems you are wearing only matching clothes, but you do not have any other clothes," Kikushi asked It was.
"I do not have a house, there was hardly anything at home," Takako replied.
"There is also clothes and tools in my house, you should take it if you have something, the future season is severe in the future, my house is near here," Kikuji said.
Takako thought for a while while clapping the stick strongly.
"I do not have to worry, I'm not going to hurt you, I've had such a scene that I hate that many times .. In such a world I should not live if I lose my sanity.The most important thing is It is to keep it in mind, "Kikuji said.
Takako made sure that the old man is saying the true intention with the color of his eyes. It really seems that in such a world, being swallowed by madness may result in the loss of life in a blink of an eye. Contrary to this, let's believe this old man, as far as information sources are available, there is only this elderly person.
"I understand, let me spare the words and divide what I need, I would like you to tell me more about what and what's going on," Takako said.
The old man nodded. "Water is also in my home, well water here, I will put in tea as it boils hot water," Kikuzo said.
"I understand, Mr. Kikuji, thank you," Takako said.

There was a garage with a shutter in the residence of Kikuro, and there was a set of tools necessary for daily life. Actual life seems to be in this garage.
"Because the fire is difficult to use inside the house, if it is here, you can boil cook with a bonfire and in this situation it is hard to live inside the house," Kikuzo said. "There are still pots and dishes in the storeroom.The clothes are in the first floor wear dance.If there are some women who were wearing by the family, you can choose appropriately.Since you think there is something in the closet, You can go and I will put some tea in the meantime. "

"Thank you Mr. Kikuzo" Takako said so and entered the house.
There was a wardrobe dance in the Japanese-style room just beside the entrance, with clothes carefully dressed when opening inside. I took a cotton cotton jumper from the hanger and a G bread from the drawer. I took out some T - shirts, underwear and socks. I picked it up quickly and went to the bathroom and changed my clothes. Then I went back to the room and looked for something like a bag. There was a cotton rucksack for climbing in the closet. Takako unintentionally played a guts pose. For going to the mountain it is good for me to make customs. Although it has an age, it seems to be well maintained and durable.
Takako put all the necessary things in its backpack. There were other rooms on the first floor, but tools and luggage were concentrated in wardrobe dressing and closet.
Takako returned to the garage when packing was over. Kikushi was just putting water in the kettle while raising the fire. 'I'm quick, I have already changed clothes and have you found my treasure backpack, you're a big deal '
"Is it okay if I can get this backpack? It will be great if you let me do so, and I am Takako, I did not say it yet," Takako said.
"Takako, please give my name to each other and I am relieved, I feel like I understood a little bit."
"Well, I also feel relieved a bit. I am relieved only by wearing decent clothes."
"Clothes are important, in clothes there is something that raises our mood, there are things that are not so.The clothes like Takako's uniforms are the most dressed clothes to me "
"Excuse me, is that gorgeous clothes that raises Mr. Kikuro's mood?"
"Of course, of course, you feel better as you wear favorite clothes, that's how it goes up, it's just a matter of things going in the right direction, it's a way to survive.
"I do not care about clothing in particular, but it seems that Matmo's clothes have the effect of keeping Matmo feeling.
Kikuro nodded and put on a fire like a bonfire and put a kettle on the fire. "Wait a little more, as soon as hot water boils, let her put herbal tea in the garden so if you're hungry, let's get something from the field."
"Thank you. Maybe I can eat something, if it's not a hassle," Takako said.
"Let's do that, I want to eat something, it's been a long time since I've eaten with someone.I have plenty of vegetables in the fields," Kikushi said, with the things like harvesting bags out of the garage I went there. Before going out, "Watch a little jacan, if you boil, will you please drop me down from the fire?"

コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
kayagreen home
kayagreenについて
greenfingers自然素材でつくる家庭菜園つきエコアパートプロジェクト
kayagreen ブログ
ふうよう huuyou
つちとヒト
links
Facebook & Twitter

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode
みんなのブログポータル JUGEM