趣味で歌と小説と詩を掲載させていただいてます。

新連載 「種」  第1話 桜童子シリーズ 第4作 New series "seed" episode 1 story Sakuragi child series 4




新連載 「種」  第1話 桜童子シリーズ 第4作


種は全てを内包している。人間も植物も種から生まれる。
動物の種は卵だ。卵の中には種のように全てが内包されている。
ただ種と卵の違いは、卵は温めなければ育つことなく腐ってしまう。
種は乾燥していれば何年でも保存できる。環境が整えば地面から自然に発芽する。

あたしは植物になりたいとさえ思う。植物は静かに生きている。

秋に種が実る。木枯らしが吹き始めると、それが風に乗って方々へ散る。遠くまで飛ぶ種もあれば、すぐ近くに落ちる種もある。

紅葉の種が風に舞うのを見ると、とても健気に思う。紅葉の種は葉っぱの羽をつけてクルクルと風に乗る。ヘリコプターみたいに地面に落ちていく。

できるだけ地面に落ちる前に遠くまで飛ぼうとしているんだ。アキは紅葉の葉が散るのを見ながらそう感じていた。






ここは私の世界じゃない。

じゃあ、君の世界ってどんな世界なの?

私の世界はもっと暖かくて、子供達がいた。窓も割れてはいなかった。

それは過去の世界だよ。君の世界にはもう窓ガラスもないんだ。夜になれば冷たい風に身を晒すしかないね。

家具も何もない。これが今の私の世界なの?

そうだよ。これが君の世界だ。君は何もかもを失ったんだよ。




「今を生きるんだよ」
「今、できることをやるしかないんだ」
「今が全てに繋がっている」
「今、最高の行動をするんだ」




貴子は鏡の世界に戻ろうとしたが向こう側に指が入ることもなく、鏡にぶつけた。鈍い音がした。手の指を捻挫したようだ。
鏡はそのまま床に倒れて大きな音を立てて割れた。あたりに割れた鏡が散らばった。

「アキ、ここは私の世界じゃない!」


何も、誰も返事をしなかった。貴子の声は部屋に少し響いただけで、やがて消えてしまった。
背中に寒気が走った。もう獣の体ではない。元の人間の体だ。
身には何も纏っていない。全裸のままだった。貴子は考えた。

とにかく着るものを探そう、凍えそうだ。

部屋の中を見渡したが、机も椅子もタンスもベッドも、何もかもが持ち出されていた。床に割れたガラスと泥や土が散乱しているだけだった。

床には何もない。

窓を見上げると、ちぎれたカーテンがぶら下がっていた。
裸足のまま窓に近寄るのは危険だが、布らしきものはそれしかなかった。貴子は注意深く立ち上がり、窓までのルートを確認した。最短距離で3mほど。ガラスを避けながらゆっくり行けば何とかなる。

貴子は屈んで、ガラスらしき散乱物をちょっと大きめのガラスの破片で避けながら、足元の安全を確保した。
一歩一歩、そうやって進んだ。
服を手に入れるよりも、怪我をしない方が大事だ。

貴子は自然に『今』最も大切な事柄に優先順位をつける。

怪我をしないで、あのカーテンを手に入れる。

10分ほどかけて窓までたどり着く。カーテンを外して足元に敷いた。このままカーテンをスリッパ代わりにして、とりあえず部屋を出よう。何がどうなっているのか確認する必要がある。
貴子は床にカーテンを敷いて、それで足を包んだ。カーテンを足首のあたりで両手で押さえながら中腰で歩いて部屋の外に出た。
廊下の窓も、ところどころ割れていた。窓から離れた所を歩けば、怪我をしないで歩けそうだ。
貴子は部屋を出るとカーテンをバスタオルのようにして胸の上で縛った。少しほっとした。
あたりは静まりかえっていた。冬の轟々という風の音が聞こえるだけで、他には物音ひとつ聞こえなかった。

子供達の部屋のドアを順番に開けてみる。部屋には子供達も、家具も何もなかった。
「どうなってしまったんだろう」
外に出てみよう。

貴子はゆっくりと廊下を歩いて玄関の扉を開けた。

空はよく晴れていた。太陽が目の前の庭を明るく照らしていた。















冬毛が真っ白に染まってゆく。あたしは冬が好きだ。空気が澄んでいて、生き物は皆、眠っている。
全てが凍りついていて、透明な雪の結晶が枯れ木に氷の花を咲かせる。
それ以外は全て白の世界。
木々も大地も白くなる。
あたしも白い毛に身を包み、白の世界に同化する。
水が氷と雪になって、あたり一面に堆積していく。

あたしはまた溺れそうになる。

世界は水に覆われるのだ。凍りついた水に。

あたしは雪をかき分けて土の地面を掘り当てる。そこに杉の枯葉を敷いて小枝を載せる。石をすり合わせて火花を落として火を起こす。
火は周りの雪を溶かして雪が地面に染み込む。
焚き火の火は冷え切った体を温める。







New series "seeds" episode 1 story Sakuragi child series 4 /


The seeds contain everything. Both humans and plants are born from seeds.
Animal species are eggs. Eggs are all encapsulated like seeds.
Just a difference between seed and eggs, if you do not warm the eggs will rot without growing up.
The seeds can be stored for many years as long as they are dry. It germinates spontaneously from the ground if the environment is set.

I even want to be a plant. Plants live quietly.

The seed fruits in autumn. When the withering tree begins to blow, it gets scattered to people by the wind. Some species fly far, others have fallen nearby.

When I see the autumn leaves seed dancing in the wind, I think it is very healthy. The autumn leaves seeds leave their feathers on their feet and ride in the wind and the wind. It fells to the ground like a helicopter.

I'm trying to fly as far as possible before falling to the ground. Aki felt so while watching leaves of fall foliage scattering.






This is not my world.

So, what kind of world is your world?

My world was warmer and children were there. The window was not broken.

That's a past world. There is no windowpane in your world anymore. There is no choice but to expose himself to the cold wind at night.

I have nothing furniture. Is this my world right now?

that's right. This is your world. You lost everything.




"Living now"
"Now I can do what I can do"
"Now is connected to everything"
"Now, do the best thing"




Takako tried to return to the mirror world, but his fingers did not enter the other side, hitting a mirror. There was a dull sound. It seems I had sprained my fingers.
The mirror fell on the floor as it was and broke with a loud noise. A mirror broke around was scattered.

"Aki, this is not my world!"


Nothing, nobody replied. Takako's voice sounded a bit in the room and eventually disappeared.
I ran cold on my back. It is no longer the body of the beast. It is the body of the original human being.
I have nothing to wear. It remained naked. Takako thought.

Anyway, I will search for something to wear, it will freeze.

I looked over the inside of the room, but everything was taken out desk, chair, dressing room and bed. Glass broken in the floor, mud and earth were just scattered.

There is nothing on the floor.

As I looked up at the window, the tearing curtain was hanging.
It is dangerous to approach the window with bare feet, but there was nothing like cloth. Takako stood up carefully and confirmed the route to the window. It is 3 m in the shortest distance. Go down slowly while avoiding the glass.

Takako bent and secured her feet while avoiding scattered objects like glass with slightly larger fragments of glass.
Going step by step.
Rather than getting clothes, people who do not hurt are more important.

Takako naturally prioritizes the most important things "now".

Do not hurt, get that curtain.

It takes about ten minutes to get to the window. I removed the curtain and lay it on my feet. Let's leave the room for now, instead of curtains as slippers. It is necessary to confirm what is going on.
Takako laid a curtain on the floor, and wrapped his legs. While holding down the curtain with both hands around the ankle, I walked out in the middle while walking out of the room.
The windows in the hallway were also broken in some places. If you walk away from the window, you will be able to walk without hurting.
Takako left the room and bound the curtain like a bath towel and bound it on her chest. I was a little relieved.
It was silent around here. I could only hear the sound of the wind called the roaring of the winter, I could not hear any other noise.

I try to open the doors of the children's rooms in order. There were no children, no furniture in the room.
"What happened?"
Let's go outside.

Takako slowly walked through the corridor and opened the door of the entrance.

The sky was sunny. The sun was lighting the garden in front of me.















Winter hair stains blank white. I like winter. The air is clear, all the creatures are sleeping.
Everything is frozen, clear snow crystal makes dead trees bloom ice blossoms.
Other than that it is all white world.
Both trees and the earth turn white.
I also wear themselves in white hair and assimilate in the white world.
Water becomes ice and snow, and it accumulates on the entire surface.

I will be drowning again.

The world is covered with water. To frozen water.

I squeeze the snow and dig into the ground. Put some twigs on the cedar leaves with spread leaves. Ground the stones, drop the sparks and cause a fire.
The fire melts the surrounding snow and snow penetrates the ground.
The fire of a bonfire warms a cold body.

コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
kayagreen home
kayagreenについて
greenfingers自然素材でつくる家庭菜園つきエコアパートプロジェクト
kayagreen ブログ
ふうよう huuyou
つちとヒト
links
Facebook & Twitter

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode
みんなのブログポータル JUGEM