趣味で歌と小説と詩を掲載させていただいてます。

四季の輝き 第30話 Shine of the Four Seasons Episode 30




第30話


「つまり君自身がこの世界の君なんだ」と葵は言った。
「私がこの世界の私?」と貴子は言った。
「そう、だからこの世界ではもう一人の自分には会えないんだ、肉体を持ったままではね」
「それじゃあ元の世界の私はどうなっているの?」
「君は肉体を持ったまま次元を移動している。君の肉体はこちらの次元に移動してきた。その身体だよ、変化はしているけどね。意識は今、元の世界の意識とこの次元の意識が融合している。君の意識は今、高次の君の意識と同化しているんだ」
「じゃあ私は元の世界にはいないのね?」
「そうだね。だから今、君の世界の時間は止まっている。君がいないと時間は流れない。星も太陽も全部止まっている」
「時間はなぜ流れないの?」
「時間は君がそれを感じるために存在している。感じるべき君がいないと当然流れない。流れても仕方がない、食べる人がいないのに料理を作るようなものだよ」
「あなたもお料理とかを知っているのね。お料理はいいものよ、温かくて、美味しくて、私たちは子供も大人もみんなで食べるから余計に美味しいの」
「お料理の話になってしまってるよ。時間の話をしてもいいかな?」
「ごめんなさい、私もあなたたちの思考になってきたのかもしれないわ『今』に生きると『お料理』にフォーカスしてしまった」
「いいよ、あたし達なんかしょっちゅうだよ。美和と話をしていてもいつも最初の話がなんだったのかわからなくなってしまうんだ。まあ、いつもそんなに大した内容の話はしていないからいいんだけど、時々後で思い出したりする時があるから困る時があるんだ」
「テレパシーでピピッと聞けばいいじゃない」
「そういうのは簡単すぎて面白くないんだよ、会った時に話すようにしていると困ったりして楽しいし」
「そういう人を私たちの世界では『暇人』っていうのよ」
「『暇人』か、いい呼び名だね、君の世界ではあたしの肩書きは『暇人』だね。超リアルだ、いいかもしれない」
「『暇人』っていうのは私の世界では一応ちょっと蔑んだ呼び方なのよ、何もすることがない人って感じの」
「素晴らしい。何もすることがないなんて。君の世界では皆が時間に追われて機械のように動いてる。そんな世界で暇をつぶしているなんて、そういう人間こそ素晴らしいんだよ」
「そうなのね、あなたの世界の世界観は私の世界では馬鹿か何かのように思える。生きることが目的とか『暇人』が素晴らしいとか、何か高次な事柄を想像するんだけど、いつも肩をスカされた感じがする」
「君はまだ頭で考えてるんだよ。心で感じるんだ、すべての事柄を頭ではなくて心で感じるんだ。判断や選択を全部心でするんだ。頭は君の世界のルールや設定が作った価値基準で動いている。脳は教育やルールなんかでそう思考するように作られている。でも心は解放してやると喜びや楽しみを選択する。いつも喜びや楽しみを選択していると自然に意識は高次に移行していくんだ。心を解放した状態での心の選択は常に高次へとつながっているんだ」
「本当に馬鹿にでもなったような感じね」
「ある意味そうかもしれない。さっきも言ったけど思考は二極なんだ。良いか悪いか、幸か不幸か、苦か楽か。君が目指すのは真ん中だ、ニュートラルだ。頭の選択ではたどり着けない世界だ。解放された心や直感だけがたどり着けるんだ」
「何か嫌な感じがするわね。最初に何の話をしていたのかしら?」
「どこまで話したんだっけ?」
「ん〜、すっかり思い出せないわね「暇人』のもっと前だものね」
「そうだね、思い出せないね。気付くのが遅かったね。まあ、そのうち思い出すよ。今、君の世界の時間は止まってるんだ。君が帰るまでは動かない。だから時間は永遠にある。思い出すまで・・・。時間の話をしていたんだった。思い出したよ」
「そうね時間の話だったわね。えっと私がいないと時間が流れないっていう話よ」
「君たちは時間を逆行するのは得意なんだね、思い出すとか、いついつこうしていたとか、記憶か、記憶がいいんだね」
「そうよ、でもまた違う話になるわよ。時間の話をしましょう」
「そうだね。君のいない世界では時間は流れないんだ。休園日に観覧車が回っていないみたいに」
「あなた観覧車も知っているのね」
「知っているけど、今は時間の話の続きをする」と葵は言って、咳払いを一つした。「君がいないと君の世界は休園日になるんだ。全部止まっている。時間が止まると何もかもが止まる。銀河も惑星も止まる。瞬間の『完全なる宇宙』だ。善も悪もない、愛だけがその波動だ。『完全なる愛』だ。一瞬の宇宙はそれ故に完全なんだ」
「時間の話よ」
「そうだった、止まるんだよ。ピタッと」と葵は言った。「でも時間なら永遠にあるんだよ、そんなに焦らなくても大丈夫だよ」
「あなた達って本当に呑気なのね。そんなんじゃいくら経っても話が終わらないじゃないの。私は時間がなぜ止まるのか知りたいの。私がいないとなぜ時間は流れないの?」
「『君の世界』だからだよ。君の意識がつくりあげた世界だ。ゲームの駒がいなくなればゲームは一時中断だ」
「でもその他の人や生き物は存在しているし、なぜその人達の時間まで止まってしまうのかしら?」
「だから休園日なんだよ。主役が抜けたら演技は一時中断、主役がいないとその演技は再開されない。君のストーリーだ、君がいないと何もかもが始まらない」
「私たち人間の全員がそういうストーリーを生きているっていうことかしら?」
「そうだよ、君たちの世界の全員がそういうストーリーを生きている。完全なる宇宙で、自己というストーリーを生きる。無限の可能性を秘めた大いなる自己。この存在に気づくことだよ。この世界の君のことだよ。今の君だよ。君が『無限の可能性を秘めた大いなる君』なんだよ」と葵は言った。






Episode 30


"In other words, you are yourself in this world," Aoi said.
Takako said, "Am I in this world?"
"Yes, that's why I can not meet another person in this world, do not hold the body"
"Well then, what about me in the original world?"
"You are moving in the dimension with your physical body, your body has moved to this dimension, its body, it is changing, but consciousness is now with the consciousness of the former world The consciousness of this dimension is fusing, your consciousness is now assimilating with your higher consciousness "
"Well then I am not in the original world?"
"Yes, now your time in the world has stopped, time will not run without you, both stars and the sun are all stopped."
"Why does time not flow?"
"Time is present for you to feel it.If you do not feel it does not flow naturally, it does not work, it is like it's a good idea to cook even though there is not anyone to eat." > "You know well the dishes, the dishes are nice, warm and delicious, because we all eat kids and adults, it's extra delicious"
"I am talking about dishes, can I talk about time?"
"I'm sorry, I may have been thinking of you, I lived in" Now "and focused on" cooking "
"Okay, sir, it is something we often do not know if we talked to Miwa always the first story ... Well, I always do not talk about such a big deal. However, sometimes I have time to remember later, so there are times when I'm in trouble. "
"You can just listen carefully on telepathy"
"That's too easy and not interesting, it's fun if you try to talk when you meet"
"Such people are called" leisure people "in our world"
"Is it a" spare time "or a good name, in my world my title is" a leisure man. "Ultra-realistic, maybe good"
"A person who is" a leisure man "is a way of calling me a bit for a while in my world, I feel like a person who has nothing to do"
"It's wonderful ... in your world everyone is driven by time and moving like a machine.It is such a human being that you are killing time in such a world." > "Yeah, your world view of the world seems like a fool or something in my world, I imagine something higher-order thing, such as living being a purpose or" a leisure man "is wonderful, but always I feel the shoulder sky "
"You are still thinking with your head, I feel with my heart, I feel all things in my heart, not my head, I make judgments and choices all through my mind.The head is the rule of your world And brains are made to think so with education and rules etc. But if you release your mind then you choose joy and pleasure.Select joy and pleasure always The nature of consciousness shifts to high order naturally, the choice of mind with the mind released is always connected to high order "
"It sounds like a real fool"
"It may be that it is in some sense, I told you earlier, but my thinking is bipolar, good or bad, happy or unhappy, bitter or pleasant, you are in the middle, it's neutral. It is a world that can not be reached, only the liberated heart and intuition can arrive. "
"I feel somewhat disgusting. What was I talking about at the beginning?"
"How far did you talk?"
"Well, I can not remember it all a while ago" Before the Lobby "
"Well, I can not remember ... Well, I will remember of it, now your time in the world is stopping, you will not move until you return, so the time is forever. ... I was talking about time, I remembered. "
"Well, it was a story of time, I mean that time will not flow if I do not have it"
"You are good at going backwards in time, remembering, when you were when you were doing this, when you remembered, and remembered, you have a good memory"
"Yes, but it will be another story. Let's talk about time."
"Yes, in the world without you you do not have time, like the Ferris wheel is not turning around on holidays"
"You also know the Ferris wheel"
"I know, but now I will keep on talking about time," Aoi said, and cleared his throat. "If you are not there your world will be a holiday. All are stopped, everything stops, everything stops, both the galaxy and the planet will stop, the" complete universe "at the moment, neither good nor evil, Only love is that wave, "complete love." The momentary universe is therefore perfect for that reason.
"Talk of time"
"That was the case, it will stop," said Aoi. "But if it is time it is forever, you do not have to be impatient so much."
"You guys are really drunk, you can not stop talking how much it's going through, I want to know why time will stop, why does time not flow when I am not there?" > "It's your world." It is the world that your consciousness has created.The game is temporarily suspended if there are no game pieces
"But there are other people and living things, why do they stop until the time of that person?"
"So it's a holiday day, if the protagonists go out, the performance will be temporarily interrupted, and if the protagonists are not there, that acting will not resume ... your story, everything will not start unless you are there."
"Is it all we human beings living that story?"
"Yes, everyone in your world is living that story, living the story of self in the full universe, the great self who has infinite possibilities, to notice this existence You in this world It's you, you are "a great kid with endless possibilities", Aoi said.

コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
kayagreen home
kayagreenについて
greenfingers自然素材でつくる家庭菜園つきエコアパートプロジェクト
kayagreen ブログ
ふうよう huuyou
つちとヒト
links
Facebook & Twitter

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode
みんなのブログポータル JUGEM