趣味で歌と小説と詩を掲載させていただいてます。

四季の輝き 第28話 Shine of the Four Seasons Episode 28




第28話


「喉のチャクラに神様が降りてきて、それで『大いなるもの』とつながるんだ」とサリは言った。
「『大いなるもの』とは一体何なんだ?」とサカウエは聞いた。
「『大いなるもの』は我々が帰るところだ。人生という学びを終えて魂が帰る場所なんだ」とサリは言った。「そこと繋がるには喉のチャクラを震わせるんだ。
音声とリズム、まるで歌のようだ、不思議なリズムの歌」
「それを君は自分で発見したのか? その歌を?」とサカウエは聞いた。
「その歌は先祖代々受け継がれてきた歌なんだ。この村のものだけが知っている。この村には神と繋がって生きてきた暮らしがある」とサリは言った。「コーヒーを飲むかい?」
「ぜひ、ごちそうになる」とサカウエは言った。

サリは焚き火にナベをかけて炭を起こし、木の枝に火をつけた。乾燥した枝は勢いよく燃え上がりナベの水を温めた。
まったりとしたナベの水はこの辺りの湧き水だ。
サリたちの村はその湧き水をとても大切にしていた。
「この水はこの村の命をつなぐ源なんだ。この水は宇宙からのエネルギーなんだよ」とサリは言った。
「そういう暮らしをしている村はもう少ない、ほとんど残っていないと言ってもいいくらいだ。探すのに苦労した、何せ人に聞くしかないんだからな」とサカウエは言った。
「僕たちは自給自足だし電気もガスも要らない。必要なものは周りの山や川に行けば全て揃う。布や紙も自分たちで作っている。いろいろな仕事があるから皆は自分の得意なことをやる。畑をやりたかったら畑をやる。釣りに行きたかったら釣りに行く。僕はコーヒーをつくりたいからコーヒーをつくっている。それもとびきり美味いコーヒーだ」とサリは言った。
「楽しみだな、ようやくその幻のコーヒーが飲めるのか、たどり着くまでに2年半かかった。何せ人の記憶や情報なんて、どこでどうねじ曲がっているか分からないからな。本当に苦労したよ」とサカウエは言った。

二人は小さな焚き火を囲んで、小さな木の椅子に小さなクッションを敷いて座っていた。
そのクッションには独特の模様が刺繍されていた。
「この模様は言い伝えの言葉だ。この村は代々、言い伝えを模様にして、その技術を親から子へ伝えている」とサリは言った。「君みたいな人間には初めて会った。街にはもうまともな人間はいないと思っていた。世界にはもうまともな村は残っていないのか?」とサリは聞いた。
「残念ながらもうほとんど残っていない。開発が山奥まで進んでいる。インフラが網の目のように拡がっている。ピュアな湧き水も残り少ないと思う」とサカウエは言った。
「残念なことだ。村のレイに明日にでも聞いてみよう、このところ大気が変わっていると言っていた。レイは未来が見えるんだ、もし君の言うことが本当なら、大地が眠ってしまうかもしれない」とサリは言った。
「同じような言い伝えは他の村にはないのか?」とサカウエは聞いた。
「分からない。僕はこの村をほとんど出たことはない、街に何度か行ったことがあるだけだ。世界がどうなっているのか見たかったんだ、世界は僕が思っていたよりずっと罪深くなっている」とサリは言った。
「その通りだ、罪深い。そして全く自覚がない。地球が眠るという言い伝えはいつ、どんな風にということはわかるのか?」
「それは言い伝えには書かれていない。言い伝えには大きな変化には二つの道があると書かれている。そしてその道の歩み方や入り方が書かれている。『地球が眠るとき、その道は大きく開かれる』とある。いよいよその時が来たのかも知れない」とサリは言った。

ナベの中のお湯が沸き、布で包んだコーヒー豆を木の棒で荒く潰してそのままバラバラとナベに入れた。コーヒー豆はナベの中でゆっくりと味と香りをお湯に溶かしていった。
まったりとした新鮮な水は赤い焚き火の火で沸々と湯気を上げた。コーヒー色に黒く染まっていく。
「ちょうどいい頃合だ」とサリは言ってナベのコーヒーを布で濾して竹のカップに注いだ。
「とてもいい香りだ」とサカウエは言った。
「僕はこの豆を何年もかけて育てたんだ。どんな植物も飢餓状態には強い、甘やかさずに育てると、とても強い豆ができるんだ。生命力のぎゅっと詰まった豆がね」とサリは言った。「飲んでみるといいよ」

サカウエは竹のカップに入ったコーヒーを手にとって、もう一度香りを確かめてから一口飲んだ。口に入れた瞬間から芳醇な香りが口いっぱいに広がり鼻に抜けていく。「とてもいい香りだ。この温度でこの香りがあるなら、冷めればもっと香りが立つだろう」とサカウエは言った。
「コーヒーは温度の変化と共に味や香りが変化する。僕は常温の時の味と香りが一番好きだけどね」とサリは言った。
二人はしばらく黙ってコーヒーを飲んだ。焚火の火はゆらゆらとゆっくりと燃えていた。
立ち上る煙を追って空を眺めると、そこには満天の星空が広がっていた。
「あれが宇宙だよ。そしてもう一つ、僕たちのハートの中にも宇宙がある。両方の宇宙はいつも繋がっている。心の宇宙は世界を創り出す。『地球が眠るとき、その歌を歌え』と言い伝えには書かれている。『地球と我々は共に世界を渡る』『人間の歌と地球の歌が共に歌われる』と、その時が近づいているのかも知れない」とサリは言った。






Episode 28


"God comes down to the throat chakra, so it connects to" the great one ", Sari said.
"What is it" big thing "?" Sakae asked.
"The great thing is where we return, a place where the soul returns after learning of life," Sari said. "To connect with it, I will shake my throat chakra.
Voice and rhythm, like a song, a song of magical rhythm
"Have you discovered it yourself?" Asked Sakae, "Do you think that song?"
"The song is a song that has been inherited from the ancestors, only the things in this village know, there is a life living in this village connected with God," Sari said. "Would you like some coffee?"
"By all means, it will be a feast," Sakae said.

Sari wielded charcoal on a bonfire and set fire on the branches of the tree. The dried branches burned vigorously and warmed the water of the pan.
The chilly water of the pan is spring water around here.
The villagers of Sari valued the spring water very much.
"This water is the source of the life of this village, this water is the energy from outer space," Sari said.
"There are few villages that are living like that, it's almost impossible to say that they are almost left out, because it's hard to find, there's no choice but to ask people anything," Sakae said.
"We are self-sufficient, we do not need electricity or gas, we need everything if we go to the surrounding mountains and rivers, we have all the cloth and paper we make.With various kinds of work everyone is good at ourselves If you want to do the field, I will go to the field and if you want to go fishing I will go fishing because I want to make coffee so I am making coffee, which is also a very good coffee, "Sari said.
"It's fun, it only took two and a half and a half to reach that phantom coffee at last ... I do not know where and how the screws are bent, no matter what, I really suffered," Sakae Said.

They surrounded a small fireworks and sat on a small wooden chair with a small cushion spread.
A unique pattern was embroidered on the cushion.
"This pattern is a phrase of saying: This village is communicating its skills from parent to child for a period of time in a pattern of lore," Sari said. "I saw you like a human for the first time, I thought that there are no better people in the town, there are no decent villages left in the world yet?" Sari asked.
"Unfortunately there is almost no more left.The development is progressing to the mountains.The infrastructure is spread like the eye of the net.I think that there is little pure spring water," Sakae said.
"Unfortunately, let's listen to the village Ray even tomorrow, he said that the atmosphere has changed a while, Ray can see the future, if you really are what the earth is asleep It may be, "Sari said.
Sakae asked, "Is there a similar legend in other villages?"
"I do not know, I have never gotten out of this village, I've only been to the city several times.I wanted to see what the world is like, the world is far more sinful than I thought "Sari said.
"It is true, it is sinful, and there is no consciousness at all. When and how do you know the legend that the earth sleeps?"
"It is not written in the legend, the legend states that there are two ways to make a big change, and the way of walking and entering that way is written:" When the earth sleeps, It will be wide open. "It may be that time has come," Sari said.

The hot water in the pan was boiled and the coffee beans wrapped with cloth were crushed roughly with wooden sticks and put in pieces as they were. Coffee beans slowly melted taste and scent into hot water in the pan.
The chilled and fresh water boiled steamily with a red bonfire fire. It dyes black with coffee color.
"It's just right time," Sari said, cloaked the coffee of the pan, and poured it into a bamboo cup.
"It's a very good scent," Sakae said.
"I bred this bean over many years, any plants are strong against starvation, when raised without spoiling, they can produce very strong beans, which is a tightly packed bean of life force," says Sari Said. "You should try drinking"

Sakae used a coffee in a cup of bamboo, checked the fragrance again and drank a bite. From the moment I put it in my mouth, a mellow aroma spreads through my mouth and passes through my nose. "It is a very good scent.If there is this scent at this temperature, it will smell more as it cools down," Sakae said.
"Coffee changes taste and scent with temperature change, I like the taste and smell at room temperature the most," Sari said.
They kept silent for a cup of coffee for a while. The fire of the fire was burning slowly and slowly.
Following the rising smoke and looking at the sky, there was a sky full of sky.
"That is the universe, and another, there is the universe in our heart.Both cosmos are always connected, the universe of the mind creates the world" When the earth sleeps, sing that song "It is written in the legend that" The earth and we cross the world "," It is likely that the human singing and the song of the earth are sung together ", Sari said," .

コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
kayagreen home
kayagreenについて
greenfingers自然素材でつくる家庭菜園つきエコアパートプロジェクト
kayagreen ブログ
ふうよう huuyou
つちとヒト
links
Facebook & Twitter

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode
みんなのブログポータル JUGEM