趣味で歌と小説と詩を掲載させていただいてます。

四季の輝き 第27話 Shine of the Four Seasons Episode 27




第27話


「あなたの説明の中に設定っていう言葉が出てくるけど、それがよくわからないわ」と貴子は言った。
「君たちの世界は三次元の世界なんだ。そこには様々なルールや設定がある。
『決まりごと』は君の世界の特徴なんだ。生き物の体の仕組みや関連性、引力や時間という『決まりごと』があり物質という幻想を追う、という意識を持っている。設定とルールの世界とも言える。
でも君たちの文明より前の文明の人間たちはその次元を超えて暮らしていた。次元は場所じゃないんだ、人間の意識のことだよ」と葵は言った。
「ではこの世界はなに?」
「この世界は五次元の意識の世界なんだ。あたしや、君にとっての五次元。設定は自由なんだ。好きなように変えられるし全部なくすこともできる。設定をなくせば空も飛べるし水にもずっと潜っていられる」
「私の意識のレベルをその次元まで高めるということ?」
「そういうこと。君たちの世界はある意味崩壊しつつある。環境も意識もコントロールされている。でも人為的なコントロールでは持続不可能な世界しか創れない。生態系は人為的に創れない。行き着くところは破滅しかない。でも次元は場所じゃない。君たち人間の意識が覚醒していけば、君たちの世界は高次元の波動で満たされる、ルールも設定も時間もない世界になるんだ」
「それは具体的にどういうことなのかしら?」
「君たちの世界が救われるってことだよ。破滅的な未来から真逆の未来へ。でもそれは勝手にはやって来ない、それは君たちの選択にかかっているんだ。君たちに唯一残された自由だ」
「私は目覚めることを選択したい。それが自分の探していたことかも知れない。私の世界のために何かできるかも知れない」
「よかった。その言葉が聞けて嬉しいよ。君はもう本来の自分に目覚めつつあるみたいだね」と葵は言った。






「ちひろはもう学校へは行かないの?」と凛太朗は聞いた。
「学校に行くことはもう考えてない。私は、学校で教わることはもう何もないと感じるの。私は誰かみたいになるんじゃなくて、もっと私になるの。そんなことを学校では教えてくれない、学校は自分じゃない誰かみたいになれって教えてる。私はもっと自分のために生きたいの」
「僕もそう思う。僕も僕を生きたい」
「今日の空気は綺麗ね、いい香りがする。凛太朗くんは風や水や、木や草が輝いて見えることはないの?」
「そういう風に見えることはないよ。でもとても感じる、花はいつも僕を癒してくれる」
「お花が凛太朗くんを助けているのね。私もこうしてお庭を見ているのが好き。空や雲を見るのも好き。みんなが私を助けてくれている気がする」
「本当にそうかも知れないね、僕はほとんど部屋の中しか知らなかったけど、ここにきて庭を見ていたら不思議なつながりも感じる。説明できないけどなにか、つながってるって思うんだ」
「つながってるっていうことを感じている人は少ないと思う。切り離されてるって感じる人がほとんどなんじゃないかな、孤独を感じるのはそんな人なんじゃないかと思うの」
「ちひろは一人でも孤独を感じないんだね」
「そうだね全然寂しくはないよ、私は一人が好きだし、貴子さんみたいに自分を理解してくれる人がいてくれればそれでいい、お友達もとっても少なくていい」
「そうだね、僕もそう思う。学校はすごくごちゃごちゃしててちょっと疲れてしまう、みんなが作り出す雰囲気に馴染めない。自分は何なんだろうっていつも思う」
「その答えを私も探しているの、私はなんなんだろうって。絵を描いていたらそれがわかるかも知れないって思うの」
「僕はちひろの絵が大好きだよ、花を見ているみたいな気分になるんだ、とっても癒される」
「嬉しい、私は木や草の癒しを描きたいの、風や水の癒しを描きたい。その輝きを絵にしたいの」とちひろは言った。






Episode 27


"There is a setting or rule in your explanation, but I do not really understand it," Takako said.
"Your world is a three-dimensional world, where there are various rules and settings
"Every rule" is a characteristic of your world. It has the consciousness that "there is" every decision "such as the structure and relevance of living beings, attractiveness and time, chasing the illusion of matter. It can be said to be the world of setting and rules.
But the people of civilization before your civilization lived beyond that dimension. Dimension is not a place, it is human consciousness, "Aoi said.
"So what is this world?"
"This world is a world of five-dimensional consciousness.It is five dimensions for you.The setting is free.You can change it as you like and lose it all.If you lose setting you can fly the sky and water It can be dive all the way. "
"To raise my level of consciousness to that dimension?"
"That's what your world is collapsing in a sense, the environment and consciousness are controlled, but artificial controls can only create a world that is not sustainable, ecosystems can not be artificially created. There is only ruin but the dimension is not a place.When the human consciousness awakens, your world will be filled with high dimensional wave, no rules, no time, no time will be in the world. " /> "What exactly is that?"
"That your world will be saved, from a catastrophic future to a truth-to-future future, but it will not come on its own, it depends on your choice.The only one left for you ''
"I want to choose to wake up, it may be what I was looking for, something I could do for my world"
"Good, I'm glad to hear that word, you seem to be awake to the original self," Aoi said.






Rintaro asked, "Is not Chihiro going to school any longer?"
"I do not think about going to school anymore, I feel that there is nothing to teach at school anymore I will not be like someone, I will become more I teach such a thing at school I will teach you that I will become like someone who is not myself, I want to live for myself more.
"I think so, I want to live my life."
"Today's air is beautiful, it smells nice. Rintaro-kun does not have winds, water, or trees and grass shining brightly?"
"There is nothing that looks like that, but it feels so much, the flowers will always heal me."
"Ohana is helping Rin Tarou, I like to watch the garden like this, I also like to see the sky and clouds, I feel that everyone is helping me." /> "I guess that might be true, I know mostly in the room, but if I come here and watch the garden I also feel a strange connection, I can not explain, but I think that something is connected." /> "I think that there are few people who feel that they are connected, that there are few people who feel they are separated, that I feel such loneliness is such a person.
"Chihiro does not feel lonely alone"
"That's right, I'm not lonely at all, I like one person, if there is someone who understands me like Takako-san, that's OK, and my friends are very few."
"Yeah, I think so too, school is so cluttered with a bit of tiredness, I can not adapt to the atmosphere that everyone creates. I always think what I am"
"I am also looking for the answer, I wonder what I'm supposed to know if I draw a picture"
"I love Chihiro's painting, it feels like I'm looking at flowers, I feel so healed."
"I'm happy, I want to draw the healing of trees and grass, I want to paint the healing of the wind and water, I want to paint that shine," he said.

コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
kayagreen home
kayagreenについて
greenfingers自然素材でつくる家庭菜園つきエコアパートプロジェクト
kayagreen ブログ
ふうよう huuyou
つちとヒト
links
Facebook & Twitter

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode
みんなのブログポータル JUGEM