趣味で歌と小説と詩を掲載させていただいてます。

四季の輝き 第25話 Shine of the Four Seasons Episode 25




第25話


瞑想は一つの区切りをつけた。
「自分探しの旅はいつでもやっていることなんだ。日常に祈りが織り込まれている。魂の会話もその一つだよ」と葵は言った。「君の世界では行動が道を開く時代は終わった。これからは思考が道を開くんだ。君は修行しに来たわけじゃない。あたしとの会話を楽しめばいい」
「そうする」と貴子は言った。

明るい星空の下で、ぼんやりと風になびく草原を見ながら、貴子は現実の世界のことを考えていた。「この星たちも私たちの世界では街の光にかき消されてほとんど見えない」と貴子は言った。
「そうだね、電気の光は闇を照らし出してその裏側を隠そうとしているんだ。見えない世界はないと思わせたいんだよ。
でも見えない世界は、見えている世界を動かしている原動力なんだ。無意識が意識に反映されるように」
「私たちの世界が危機的な状況にあるのも、その無意識が関係しているのね?」
「意識が現実を創造していくからね、君たち人間は身勝手にやりすぎたね。自分たちのことしか考えていない。君たちを支えてくれていた生き物を感謝もなく殺している。人間は神にも同じ扱いをしている。自然も神ももう助けられない。君たちは自分たちでなんとかするしかないんだ」
「気候の変動や災害は私達にはどうすることもできないわ、戦争も社会の仕組みも一人の力ではどうにもならない。種の絶滅も人間のやれる領域を超えている」
「種の絶滅が加速していることはわざわざ調べないとわからない。そしてあまりそんなことを誰もわざわざ調べない。絶滅している種は毎年数万種と言っているけど、その数もデタラメかもしれない。発見されていない種ももちろんある。人間はすべての種を完全には把握していない。未知の生物は地球にはまだ沢山いる」と葵は言った。
「わかっているだけで数万種類の種が絶滅しているってことね。わかっていない種も含めるともっと多いかもしれない」と貴子は言った。
「連鎖が始まると加速がついて規模も大きくなる。すべてを巻き込んでいく。すべては関連していて、すべてが変わる。変化に対応するには覚醒するしかない」と葵は言った。
「覚醒?」
「目覚めるんだ。本当の自分に」
「本当の自分?」
「本来の君に。君が生きている意味を見出すんだ」
「それは私が凛太朗に言った言葉だわ。なぜかあの時そんな言葉を口にしてしまった」
「人は迷う。生きる力は迷いのない心に宿る。でも迷いや苦しみは知恵になる。シフトのきっかけにもなる」
「シフト?」
「意識のシフトだよ。君たちやあたしたちの意識は何層にもなっている、階段を上るように次の段階にシフトしていくんだ。意識の進化だよ」
「あなたは私たちの世界は成長しているって言っていたわよね、意識的な成長、次の段階に世界がシフトしているってこと?」
「そういうこと。目覚めるってこと。でも目覚めは勝手にはやってこない、何かきっかけがいる、ハードな精神状態とか災害とかね、そしてガイドも要る、正しい方向へ進むために。あたしは君のガイドなんだ。でも最終的には、あたしは何もしてあげられない。君が自分で覚醒するしかない。君の人生だ、選択は自由だ」
「覚醒すればどうなるの?」
「覚醒すれば生きている意味が見出せる。本来の自分を知ることができる。迷わなくなる。願いが叶い始める。愛を発見する。君たちの願いが愛に溢れるなら、その願いはなんだって叶うんだ。君がまずそうなるんだ」
「できるんだろうか? 意識をシフトするのね」
「そうだよ」と葵は言った。

葵はしばらく目を閉じて何かと交信するように深い瞑想状態に入った。葵は草原と一体になったように、葵はその場所にただ存在していた。貴子はただ存在しているということ以外、何も意味は見出せなかった。葵はただの獣だった。この星に暮らす一匹の獣。霊性を宿した獣。
「人間」と自分たちは呼んでいる。

「少し初めに魂の概要を説明しておく」と葵は目を開けて言った。
「結局は『自分』に帰っていくんだ。人間はみんな『自分』を探して精神の旅をしてる。全員が主人公で他人は自分を確認するために存在している。他人がいなければ『自分』を確認できないんだ。
魂は大元で繋がっている。一つの『意識』の集合体なんだ。
一つの魂は二つに分かれて男性と女性になる、性別ができるんだ。男性も女性も一人では半分の魂しか持ち合わせていない、未完成で『愛』に迷う。
人間は『本当の愛』を探す旅をしているんだ。自分の魂の片割れを探す旅なんだ。そして『愛』を学び、孤独を受け入れる。
肉体の命には限りがある。誰もが『別れ』を経験する。そしてまた一人になる。
『愛』を学んだ魂は、その孤独に幸福を見出す。自分を知り、自分を愛している。孤独は孤高になる。
肉体はなくなっても魂は永遠に存在していることがわかるようになる、日々の生活の中で片割れの魂とはいつでも交信できると知る。
そして魂は『大元』に帰っていく。魂は『大元』から派生した一つの『波』のようなものなんだ。現れては消えていく。自分を見つめるとその『大元』と繋がれるようになる」と葵は言った。
「『大元』では魂はどうなっているの?」
「一つに溶け合っている。個人は波なんだ。そして海は宇宙そのものなんだ。そして魂は個人を彩る『色』なんだ。性格や特徴を設定されている。とても不完全で不安定な設定なんだ。失敗や間違いを経験して成長するように設定している。
そしてその設定は自分でしているんだ。 自ら課題を決めてそれを学んでいく。『本当の愛』を自分の中に見出すために」と葵は言った。






Episode 25


Meditation put on a single break.
"The trip I am looking for is always done, prayers are woven into my everyday life, so is the conversation of the soul," Aoi said. "In your world the age of action opens, from now on thinking opens the way, you have not come to practice, you can just enjoy the conversation with me"
"Trying to do" Takako said.

Takako was thinking about the real world while watching the grassy fields idly blurred under the bright starry sky. "These stars are almost impossible to see by the light of the city in our world," Takako said.
"Yeah, the electric light illuminates the darkness and is about to hide behind it, I want to make you think that there is no invisible world
But the invisible world is the driving force driving the visible world. As consciousness reflects unconsciousness "
"The fact that our world is in a crisis situation is related to that unconscious?"
"Since consciousness creates reality, you guys have done too much selfishly, I only think about them.My killing the creatures that have supported you guys.The human being is also God Nature and God can not help anymore.You only have to manage with themselves.
"We can not do anything about climate change and disasters, we can not do anything about war and society's structure with one's power, species extinction is beyond the human being's ability"
"I do not know that it is not going to bother to investigate that accelerating extinction of species is bothering to do so and nobody exploits such things so much that the extinct species are tens of thousands each year, There are, of course, species that have not been discovered, humans do not fully grasp all species, there are still plenty of unknown creatures on the planet, "Aoi said.
"There are tens of thousands of species extinct just by knowing it may be more if you include other seeds that you do not understand," Takako said.
"When the chain begins, it gains acceleration and the scale gets bigger, it involves everything, all involved, everything is related, everything changes," Aoi said, "to respond to changes.
"Awakening?"
"Wake up, to the real self"
"What is your true self?"
"To your original you find the meaning you are alive"
"That's the word I said to Rintaro, for some reason I said such a word,"
"People get lost, the power to live is in a heart without hesitation, but lost and suffering becomes wisdom, it will also trigger a shift."
"Shift?"
"It's a shift in consciousness, you and our consciousness are many layers, shifting to the next stage as if you are going up the stairs, it's the evolution of consciousness"
"You said that our world is growing, do you mean conscious growth, the world is shifting to the next stage?"
"That's what it is like to wake up, but waking up does not happen arbitrarily, there are some opportunities, a hard mental condition, a disaster, etc. Also in order to advance in the right direction, I need a guide. In the end, I can not do anything, you have to wake up by yourself, your life, your choice is free.

"What happens if I awake?"
"If you awaken, you can find the meaning that you are alive, you can know yourself, you will not hesitate, your wishes will start to realize Discover love If all of your wishes are overflowing in love, any wish will come true You will be the first of all.
"Can you do it? Shift consciousness"
"Yes," Aoi said.

Aoi kept his eyes closed for a while and entered a deep meditation state to communicate something. As Aoi was united with the grassland, Aoi only existed in that place. Takako did not find any meaning except that she just existed. Aoi was just a beast. A beast living in this star. A beast that has spirituality.
We call them "human".

"Let me explain the summary of the soul a little early," Aoi opened his eyes and said.
"Eventually I will return to" myself. "Everyone is traveling on a spirit looking for" myself. "Everyone is the hero and others are present to confirm themselves. I can not check yourself.
The soul is connected by Omara. It is a collection of one "consciousness".
One soul is divided into two, become men and women, you can have gender. Men and women alone have only a half soul, they are incomplete and get lost.
Humans are traveling to find "real love". It's a journey to find one's own soul. And learn "love", accept loneliness.
There is a limit to the life of the body. Everyone experiences "farewell". And I will be alone again.
The soul that learned "love" finds happiness in that loneliness. I know myself, I love myself. Loneliness will be aloof.
I know that the soul will exist forever even if the body disappears, I know that I can communicate with my one-off soul anytime in my daily life.
And the soul returns to "Ohimoto". The soul is like a "wave" derived from "Omoto". Appears and disappears. When you look at yourself, you will be connected with that "Omoto", Aoi said.
"How about the soul in" Omoto "?" "The individual is a wave, the ocean is the universe itself, and the soul is the" color "that colors individuals.The character and character are set.Very incomplete and unstable It's set up ... I set it to grow by experiencing mistakes and mistakes.
And that setting is myself. I decide on my own assignment and learn it. "In order to find" real love "in myself, Aoi said.

コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
kayagreen home
kayagreenについて
greenfingers自然素材でつくる家庭菜園つきエコアパートプロジェクト
kayagreen ブログ
ふうよう huuyou
つちとヒト
links
Facebook & Twitter

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode
みんなのブログポータル JUGEM