趣味で歌と小説と詩を掲載させていただいてます。

四季の輝き 第24話 Shine of the Four Seasons Episode 24




第24話


葵は草原を飛ぶように走った。スピードを上げるにつれ、時々手も地面につけて四つ足になって走る時もあった。手の長さは、人間に比べて獣の身体の方がかなり長く、しなやかで強そうだった。
走っている葵の姿は中型のネコ科の動物のようだった。しかし走るために特化した進化はしていないようだ。その身体はどちらかというと木を登ったり、崖を登ったりするのに適していると思う。草原を早く走るのはやはり馬の方が得意だろう。葵が言ったように、馬は大地と交信する特別な器官も持ち合わせているのかも知れない。
「なぜ葵は草原を早く走ることに喜びを感じるのだろう。どちらかといえば不得意なことかも知れないのに」
「そうだね、不得意だね」と葵が言った。葵は大きな草原を猛スピードで走っている。貴子は小高い丘の上の大きな楠の枝の上でそれを見ている。はるか遠くにいる葵の声が、すぐ近くから聞こえる。「私は何も声にしていないのに」と貴子は思う。
「テレパシーで聞いて、テレパシーで答えてる。いつでも、どこにいても相手を思い浮かべればテレパシーで会話できるんだ。君は何もしなくてもこっちから繋げられる」と葵は言った。
「テレパシーで話していたの? あなたたちは何でもできるのね」と貴子は言った。
「何でもできるってわけではないけどね。肉体のまま空は飛べないし、水の中も限界がある。他の動物を見ると羨ましいと思うよ、自分達にない素晴らしい能力を持っている。姿もとても美しい。それに全ての生き物は宇宙と交信している。単純な生き物ほど、とてもシンプルに繋がっている。単純な生き物は全体が一つになっていろんなところに宇宙の図形を描くんだ。それはとても綺麗で機能的で愛に溢れた模様なんだ」
「それで、走るのは不得意だっていう話だったと思うんだけど」と貴子は言った。
「そうだった、また忘れていた。テレパシーが図形の話になると不得意の話は完全にどこかに行ってしまっていた」と葵は言った。「走るのは不得意なんだ。特に平地は二足で走ればいいのか四足で走った方がいいのか、この身体はそういう意味で平地を走るには中途半端な身体だと言える。でも草原は走り方を工夫すればスピードが一番出せるんだ」
「工夫することが楽しいのね?」
「うん単純に楽しい」
「私は、今はそんな風に何かを楽しんだりできないかも知れない。私は闇を抱えてとても不安になる。心が砕けそうになる」
葵は走って戻って来た。丘を駆け上がる時は四つ足になっていた。
「もうすぐ日が沈む。そしたら一緒に瞑想をしよう、ちょうどいい時間だ」と葵が言った。

小高い丘の上で二人は並んで座った。
「身体を三角にするんだ。あぐらをかくのが一番いい。目を閉じて、思考を止める。お臍の下にある丹田に意識を向けて呼吸するんだ。君は自分の闇が怖いんだろう、それがどこから来ているのか探しに行こう」と葵は言った。


「自分探しの旅は二つある。一つは内面への旅。何か恐れがある時、行き詰まった時、感情に流される時、それがどこから来るのか探すんだ。自分の奥深くに何かトラウマや傷があるはずなんだ、それを見つければ湧き上がる感情の種がわかる。そしてそれを見つけても、何もしなくていいんだ。ただそれを見つければいいんだ。そして二つ目は遠くから自分を見ること。俯瞰するように、傍観者のように。自分が何を思い、何を言い、どんな行動をしているのか、ただ見るんだ。何かを努力して変えなくていい、何も変えようとせず、そのままの自分をただ見ていればいい。まずは内なる旅に出よう」と葵は言った。「それと途中で何度もあたしは君とセッションする」

二人は並んであぐらを組み、それぞれの自我の中に入っていった。意識の深い部分には子供の頃の自分がいることを貴子は知っていた。「私は後からやってきたアキとうまくやっているのかしら」貴子はその幼い自分を探した。
幼い自分は施設の庭先にいた。今の貴子たちが暮らす施設だ。幼い自分はふと迷い込んだように、庭先で佇んでいた。
「どうしたの?」と貴子は聞いた。
「ここはあなたの家なのね。あなたはここであの子と融合したのね」と幼い自分は言った。「そうよ、あなたはあの子にあったのね? 仲良くしているの? いじめられたりしていない?」
「闇を抱えていても、アキはとてもいい子にしてる。仲良しなの。私の片割れだもの」
「それは良かった。私はアキがあなたを傷つけないか心配していたの」
「私はとても満たされているわ、やっと一つになれたのよ、あなたにもわかるはずよ」
「とてもよくわかるわ。私は根底では安心している。満たされていると感じてる。でもそれは自分の中での事、闇はいつもそこにある」
「もちろんアキは闇を抱えている。闇は光と共にあるの。融合して完成したのねよ、旅に出る支度が整ったのよ」と幼い自分は言った。


「旅に出る支度が整ったみたいだね」と葵は言った。「君は君自身とセッションし、同時にあたしともセッションする。内側と外側はそうやってセッションしながら旅をする」
「私の闇は深くて恐ろしいものだと感じる。普通ではないと感じるの」と貴子は言った。
「皆そう感じているんだ。自分の闇が一番深いと。皆が主人公だ、皆自分のことしか知らないし、その自分のことも本当にはわからない。見失っているんだ。ただ恐れだけがそこにある。何を恐れているのか探ってごらん」と葵は言った。

貴子は自分が何を恐れているのかを探した。
闇がその本領を得て、自分の意識を乗っ取り、誰かを傷つけることが怖いのだ。

それはきっと自分も大きく傷つくことになると感じる。一番傷つけたく無いものなのだ。愛するものなのだ。

愛を失い、何もかもが壊れてしまうのが怖いのだ。私は今の私を失うのが怖いのだ。今の自分にしがみついていたいのだ。

貴子はうっすらと目を開けてみた。紫色に世界は包まれていた。草原や木々はぼんやりとしている。「今の自分とは何なのだろう。ここの世界ではそれらはすべて無意味なことのように思える。私は何にしがみついているのだろう」
貴子はまた目を閉じて、深く自分とセッションする。

「思考をやめて受け取る事に集中するんだ。願う事をやめてただ自分を見つめる。そうすると何かのメッセージを受け取る」と葵が言った。
どれくらい時間が経ったのかわからない。「貴子、目を開けてみて」と不意に葵が言った。
貴子は半分眠っていたのではないかと思うほど、夢にも近い旅をしていた。
葵の声が聞こえて不意に現実に引き戻される。
目を開けると辺りは青白い光に包まれていた。空が星で埋め尽くされていた。
「すごい星の数」と貴子は言った。「私たちの地球から見える星も本当はこれくらいあるってことなのかしら?」
「そうだね、銀河系の星々だよ、あれがみんな太陽かその向こうの銀河系なんだ。太陽にはそれぞれの惑星があって、銀河系にはそれぞれの太陽系がある。孤独な星もある。ブラックホールもある。空はとても賑やかなんだ」
「この世界もそんな宇宙の片隅にあるのね」
「そう思えばそうかもしれない。何か発見できた?」
「私のしがみついているエゴはこの世界では何の価値も無いものなのね」
「不要なエゴは手放せばいい」
「でもそれを手放せないでいる。怖いから」
「でももう恐れはない。それらはみんなしがみつく対象じゃない。手放せばいいんだ」と葵は言った。






Episode 24


Aoi ran as if flying over the meadow. As I increased the speed, I sometimes put my hands on the ground and ran for four legs. The length of the hand seems to be supple, strong, stronger than the human body of the beast.
The appearance of running Aoi was like a medium-sized cat family. But it seems that we have not specialized evolution to run. I think that body is suitable for climbing trees and climbing a cliff rather than. Horses are better at driving the prairie quickly. As Aoi said, horses may have special organs to communicate with the earth.
"Why does Aoi feel pleasure in running the prairie quickly, maybe it may be weak,"
"Yes, that is not good," Aoi said. Aoi runs great prairie at a tremendous speed. Takako is watching it on a large husband 's branch on a hill. The sound of Aoi that is far in the distance is heard from very close. "I do not say anything," Takako thinks.
"I hear it on telepathy and answer with telepathy.Whenever you can imagine a partner anywhere you can talk with telepathy, you can connect from here, even if you do not do anything," Aoi said.
"Did you talk on telepathy? You can do anything," Takako said.
"I can not do anything, but I can not fly the sky while I are in the body, there is a limit in the water.I think that I envy when I see other animals, I have a wonderful abilities not in them. Every living thing is communicating with the universe, the simpler creatures are so much more connected, the simple creatures are one and the whole one is drawn in the universe figure in many places. It's very beautiful, functional, it's a pattern full of love '
"So, I guess it was a story that we are not good at running," Takako said.
"That was, I also forgotten." Aoi said, "Telepathy has gone to somewhere completely if the telepathy becomes a story of figures." "It is not good to run, especially whether the flat land should run on two pairs or on a quadruped, it is said that this body is a half-hearted body to run on a flat ground in that sense, but the prairie If you devise a way of running you can get the best speed. "
"Is it fun to devise?"
"Yeah simple and fun"
"I may not be able to enjoy something like that in the meantime, I feel very uneasy with darkness, my heart is likely to shrink"
Aoi ran and ran back. When I ran up the hill, it was four legs.
"The sun will soon, let's meditate together, it's a good time," Aoi said.

They sat side by side on a hill.
"Make the body triangle, it is best to put the toilet in. Close your eyes and stop thinking.Please breathe with Taneda under the navel ___ ___ 0 ___ ___ 0 I'm scared, let's go looking for where it's coming from, "Aoi said.
"There are two journeys to find myself: a journey to the inside, a journey to the inside, a something to fear, a stalemate, when it is sent to feelings, to find out where it comes from, something deep in yourself There should be trauma and scratches, if you find it, you will know the seed of the emotion that springs up, and finding it, you do not have to do anything, just find it and the second from yourself Look like a birds-eye view, like a bystander, I just watch what I think, what I say and what kind of action I am doing, not trying to change something, what Do not try to change it, just watch yourself as it is, let's go on an inner trip first, "Aoi said. "I will session to you many times on the way"

They joined together and entered into each ego. Takako knew that he was a child when he was a child in a deep part of consciousness. "I wonder if I am doing well with Aki who came later" Takako looked for that little one.
Young myself was in the garden of the facility. It is a facility where the current Takako lives. My young man stood at the front of the garden as if he got lost.
"What's wrong?" Takako asked.
"This is your house, you have fused with that girl here," said a young man. "Yes, you were with that girl, are you making friends or have not been bullied?"
"Even with the darkness, Aki makes a very nice girl, he is a good friend, my one's part"
"That was good, I was worried whether Aki would hurt you."
"I am very satisfied, I finally got a piece, you can understand"
"I understand very well, I am relieved at the root, I feel satisfied."
"It was completed by fusing, I was ready to go on a journey," said a young man.

"It seems that preparation for getting on a trip is in place," Aoi said. "You will session with you and at the same time session at the same time. Inside and outside will do a journey while doing that"
"I feel that my darkness is deep and terrible, I feel it is not normal," Takako said.
"Everyone feels that your darkness is deepest.Everyone is the hero, everyone knows only about myself, I do not even know about myself But only fear is there. What are you afraid of See if you see, "Aoi said.

Takako looked for what he was afraid of. It is scary that darkness takes over his consciousness and hurts someone.

It surely feels that I will be hurt big. It is something I do not want to hurt most. It is what you love.

I am afraid of losing love and breaking everything. I am afraid of losing me now. I want to cling to myself now.

Takako tried opening his eyes. The world was wrapped in purple. The grasslands and trees are absent. "What is myself now, in the world here it seems like they are all meaningless. I wonder what I am clinging to"
Takako closes her eyes and closes herself deeply.

I do not know how long it took. "Takako, please open your eyes," suddenly Aoi said.
Takako had traveled a dream closer than I thought she was half asleep.
Aoi 's voice is heard and it is suddenly pulled back to reality.
When I opened my eyes the area was covered with pale light. The sky was filled with stars.
"The number of wonderful stars," Takako said. "Is it really that there are such stars that can be seen from our earth?"
"Yes, they are stars of the galaxy, everyone is the sun or the other galaxy, the sun has its own planet, the galaxy has its own solar system, there are lone stars, black hole also There is a sky very lively. "
"This world is also in a corner of a tiny universe"
"Maybe so, could you find something?"
"The ego I am clinging is of no value in this world"
"You can let go of unnecessary ego"
"But I can not give it up, because I'm scared."
"But there is no fear anymore, they are not objects to cling to. You can just release it," Aoi said.

コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
kayagreen home
kayagreenについて
greenfingers自然素材でつくる家庭菜園つきエコアパートプロジェクト
kayagreen ブログ
ふうよう huuyou
つちとヒト
links
Facebook & Twitter

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode
みんなのブログポータル JUGEM