趣味で歌と小説と詩を掲載させていただいてます。

四季の輝き 第23話 Shine of the Four Seasons Episode 23




第23話


美和は小さく手を振って葵と貴子を見送った。二人は勢いよく丘へと駆け上がっていった。

「もう少ししたら、この丘を越えたら大きな草原に出る。とても良いところだよ」と葵は言った。
貴子はうなづいた。走りながら柔らかい地面を感じていた「土ってこんなに柔らかかったんだ」時々動物に踏みしめられて道のようになっているところもあったが、大抵の地面は柔らかかった。ふかふかしていると言っても良いくらいだった。
「早く走るのにはコツがいるんだ、丘や山は地形を見れば大体その先にどういう状態が待っているのかがわかるけど、草原は草に隠されて地形がわかりにくい、岩や穴が隠れていたりする。走り方は馬に教われば良い、馬は走るためにあんな身体をしている、耳も目も走るために最適に進化しているんだ。馬は草に隠された地形が読めるんだ、何か特別な器官があるのかもしれないけど、走り方を見ていると地面と何か交信しているような気もする」と葵が言った。
「あなたたちは馬を科学的に見たりはしないの? その、外科的にっていう意味だけど」
「そういうことはもちろんしない。動物は神聖なものだ、植物とともにシキを守ってる。シキも動物を守っている。動物も植物もシキの一部なんだ、それを解剖したり外科的に仕組みを調べたりしない。『馬には地形を読む能力がある』ただそれだけでいいんだ。そしてあたしたちはその能力を得たいと思う。肉体を得るとエゴが生まれるんだ、これがまた意識だけの時とは違うんだ。何かを得たいっていう気持ちはエゴなんだ、そしてそれは同時に進化の原動力だ。あたしたちはそのエゴがあるから今も進化している」と葵は言った。
「それで、馬の話はどうなったの?」
「ああ、そうだね馬の話だね。あたしたちの思考は常に「今」だから時々少し前のことを忘れてしまうんだ、エゴの話をし始めると馬の話を忘れてしまう。馬は大地と交信しているのかもしれない、そう思ってあたしも地面と交信してみようと思った、でもいつもつながるのはシキなんだ、『もしもし』ってシキが電話に出る」
「電話?」
「たとえ話。そういう風にした方がわかりやすいでしょう? たぶん馬は何かシキの別の部分につながっているのよ、シキの意識のどこかの部分に」
「じゃあ、あなたはまだ地面とは交信できないのね」
「そうだね、まだできない。馬の走り方を見てそれを推測するしかない。どういう地形で判断しているのか、どういう草の場所を避けるのか。早く走るにはただ走るだけじゃダメなんだ」
「そういう込み入った苦労みたいなことをあえてしているのね」
「単純に楽しいからやってる」と葵は言った。「ねえ、今夜はこの草原に泊まろう。夜になると星が降ってきそうなほど輝くんだ、空中が星に埋め尽くされて輝くんだ。星に照らされた草原はそれはそれは綺麗だよ」
「それはいい考えね。でもそれは時間が流れているってことじゃないの?」
「君たちの世界に合わせて時間を流している。君の体は肉体は獣だけどバイオリズムは地球のままだ、クンネの影響を受けなくなると命のリズムに支障が出るかもしれない、だからクンネとトカには昼と夜を創ってもらった。あたしも久しぶりに夜が見たい」と葵は言った。


「美和さんは演奏中に意識をなくしていたんです。それはリフを変えた時にわかりました。感情が働かないとリフを変えても反応できません、機械的な耳の反応だけではリフの変更はただの音階とリズムの変更です、そこに感情が伴わないと人間らしい反応ができないんです。美和さんは意識を失ってると確信しました」とチッチは言った。
「私は何も気づかなかった。演奏が終わると美和は普通だったし、体は動いていたからね」とユウが言った。
「美和はどうなの?」と真知子は聞いた。
「私は演奏中の記憶がないことに気づいたの。演奏とともに意識がどこかに飛んでいくような感覚があって、それが『音』がなっている間中続くの、あの電子ピアノみたいな『音』。そしてその音が消えると私の意識も体に帰るっていう感じ」と美和が言った。
「それは今日の話?」と真知子は聞いた。
「さっきのことよ、さっきまで皆んなでスタジオにいたの」とユウが言った。
「もしかしたら『音』が鳴ってる間、意識がどこか別のところにアクセスしているのかもしれないわね」と真知子は言った。
「どういうこと?」と美和は聞いた。
「宇宙とつながるっていうか、よく聞くやつだけど以外とそういうのあるのかもしれないわよ」と真知子は言った。
「真知子さんもそっち系ですか?」とチッチは聞いた。
「別にそっち系ってわけでもないけど、自然派ってスピリチュアルとつなげて考えられるよね、ただ自分流なんだけどね。でも『人間は宇宙からの影響を多大に受けている』とは思ってるわ、ある意味それは当たり前の事実だし」と真知子は言った。
「それって太陽とか月以外の星の影響ってことですよね?」とユウが聞いた。
「そうよ、私星占いも結構好きなの。詳しくはないけど月と星の位置で影響力がわかったり、星が逆向すると受ける影響も違ってくるとか、そんなことを読むのも好きだな」と真知子は言った。
「それで『音』はどうしたらいいんだろう?」とタナベは言った。
「美和がどうなるかわからないからしばらく演奏しない方がいいんじゃないかな」とユウが言った。
「そうですね、こういうことは普通じゃないし慎重になってもいいと思います」とチッチは言った。
「活動休止って感じだな」とタナベが言った。
「ん〜。私はもう少し試してみてもいいと思うの」と美和が言った。「そのあと気分が悪くなるわけでもないし、ある意味眠ってるみたいな感覚なの。不思議な気持ちよさもあるの。真知子さんが言うように宇宙と繋がってるならそれを確認してみたい気がする。もしかしたらシキの事や葵のこともわかるかもしれない。私は真実が知りたいの、ずっとそれを願ってきた」
「僕はいいですよ、そこまで美和さんが言うなら」とチッチは言った。「音合わせられないなんて寂しいですし」
「本当に大丈夫なの?」とユウが聞いた。
「だから眠ってるような感じなの、とても気持ちのいい感じ」と美和が言った。
「美和がいいならいいけど、変な感じになったら止めるからね」とユウが言った。
「俺もちょっと心配だな。戻れなくなったり、何か後遺症みたいなものが出るかもしれないし」とタナベが言った。
「ありがとうタナベ。タナベって優しいんだね、私はやっと気づいたよ、とっても優しい心を持ってるんだね」と美和が言った。
「どうしたんだよ? 気持ち悪いな。お前からそんな言葉初めて聞いた」とタナベは言った。
「だって気づいたんだもん」と美和は言った。
「はいはい」とチッチは言った。
「ふふっ」とユウが笑った。




< >

Episode 23


Miwa shook her hands to see Aoi and Takako. They rushed up to the hill with vigor.

"A little more, if you cross the hill, you will come out on a big meadow, it's a nice place," Aoi said.
Takako nodded. While running I felt the soft ground "Earth was so soft" There were times when I was being stepped on by animals and it looked like a road, but most of the ground was soft. It was enough to say that it was fluffy.
"There are knacks to run fast, the hills and mountains can see what kind of state is waiting ahead by looking at the topography, but the grasslands are hidden in the grass and the topography is hard to understand, rocks and holes Horses are evolving to optimize for running, such as ears and eyes, that horses are hiding in the grass I can read the topography, there may be something special, but when you are looking at how to run, I feel like communicating with the ground, "Aoi said.
"Do not you scientifically look at horses, that means they are surgical?"
"The animal is sacred, the animal is sacred, she keeps the shiny with the plant, and she also protects the animal, both animals and plants are part of the shiki, they can be dissected and surgically organized "Horses have the ability to read the topography." That is all you need, and we want to gain that ability.When you get the body you will have an ego, this is also the time when consciousness only The feeling of getting something is the ego, and at the same time it is the driving force of evolution, because we have that ego, we are still evolving, "Aoi said.
"So, what happened to the story of the horse?"
"Oh, yeah, that's right, it's a story about a horse, our thoughts are" now "So sometimes I forget a little while ago, when I start talking about egos I forget the story of a horse. I thought that a horse communicates with the earth, so I thought about trying to communicate with the ground, but it is shiny that I always connect, "Shoshi calls out" Hello "on the phone." /> "Telephone?"
"Parable stories, it would be easier to understand why you did that? Maybe the horse is connected to another part of the shiki, somewhere in the consciousness of the shiki"
"Well, you still can not communicate with the ground."
"Yes, I can not do that yet, I can not do it yet, I can only guess by watching the way the horse runs.What kind of topography do you decide and what kind of grassy place do you want to avoid? You can not run just to run fast."
"Do you dare to do something that is complicated like that?"
"It's simple because it's fun," Aoi said. "Hey, let's stay over this prairie tonight, at night it will shine so hard that the stars are coming down, the stars are filled with stars filled with stars, that is beautiful it is the starlighted meadow."
"That's a good idea, but is that not a time going on?"
"Your body is shedding time according to your world.Your body is a beast but biorhythm is still the earth, it will be hindered by the rhythm of life when you are not affected by Kunne, so Kunne and Toka I had a day and a night created, and I want to see the evening for the first time in a while, "Aoi said.


"Miwa was losing consciousness while playing.I understood it when I changed riff.I can not react even if I change riff if my emotions do not work, change of riff is only by mechanical ear reaction It is a change in the scale and rhythm of the musical notation, it can not react humanely without feeling accompanied there, Miwa convinced me that he lost consciousness, "said Chitchi.
"I did not notice anything, Miwa was normal when the performance was over and the body was moving," Yu said.
Mikiko asked, "How about Miwa?"
"I noticed that I do not have memory during playing.I have a feeling that consciousness flies somewhere along with the performance and it will last as long as" sound "is going on, like that electronic piano "Sound." And when the sound disappears, my consciousness also comes back to my body, "Miwa said.
Makiko asked "Is that today's story?"
"A little while ago, everyone stayed in the studio until a while ago," Yu said.
"Maybe the" sound "is ringing, perhaps consciousness is accessing somewhere else," Makiko said.
"What do you mean?" Miwa asked.
"Maybe there is such a thing other than listening to the universe," Mashiko said.
"Is it Mr. Machoko's like that?" He asked.
"It is not a separate system, but I think naturalists can connect with spiritual thought, it is my own flow, but I think that" humans receive great influence from outer space " In a sense it is a natural fact, "Makiko said.
"Is that the influence of stars other than the sun and the moon, is not it?" Yu told.
"Yeah, I like quite a bit of horoscope, I do not have details, but I know that influence is determined by the position of the moon and star, the influence that stars get opposite will also change, I also like to read such things." Said Makiko.
"So what about" sound "to do," Tanabe said.
"You probably do not want to play for a while because you do not know what will become of Miwa," Yu said.
"Well, I guess this kind of thing is not normal and I think it can be cautious," said Titchi.
"It's a feeling of activity pauses," Tanabe said.
"I think ... I think I can try it a little more," Miwa said. "I do not feel bad after that, I feel like I'm sleeping in a way, there is also a mysterious feeling.I like Mashiko, if you are connected to the universe I guess I'd like to check it. You may also understand things and Aoi, I want to know the truth, I've always wanted it.
"I am fine, if Miwa says that," said Titchi. "I am lonely that I can not tune the sound."
"Is it really okay?" Yu asked.
"That's why I feel asleep, a very pleasant feeling," Miwa said.
"It would be nice if Miwa is good, but I will stop it if it makes you feel strange," Yu said.
"I am a bit worried, I will not be able to return or something like a sequela may come out," Tanabe said.
"Thank you Tanabe. Tanabe is gentle, I finally realized, I have a very kind heart," Miwa said.
"What's wrong? It feels bad, I heard such a word from you for the first time," Tanabe said.
"I also realized that," Miwa said.
"Yes," said Titchi.
"Huhu" and Yu laughed.

コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
kayagreen home
kayagreenについて
greenfingers自然素材でつくる家庭菜園つきエコアパートプロジェクト
kayagreen ブログ
ふうよう huuyou
つちとヒト
links
Facebook & Twitter

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode
みんなのブログポータル JUGEM