趣味で歌と小説と詩を掲載させていただいてます。

四季の輝き 第22話 Shine of the Four Seasons Episode 22




第22話


真知子はアイスコーヒーをいれにカウンターに戻った。

「それで、地球が死ぬって、ジ・エンドってことよねえ?」とユウが聞いた。
「たぶんそうなんだと思う」と美和が言った。
「もしそれが本当だとしたらこれはまずいんじゃないですか?」とチッチが言った。
「たぶんそうなんでしょうね」と美和は言った。
「やっぱ俺、信じられない・・・。」とタナベが言った。
「見たくせに」と美和は言った。
「まあまあ」とチッチは言った。
「私はなんとなくだけど本当じゃないかって思うの、その地球の危機的状況みたいなことって今はネットでいくらでも情報が流れてる、エイリアンとかのことも陰謀論とかも。それが一概に全部デタラメだとも思わないし、状況は違うかもしれないけど当てはまるところもあるみたいだし」とユウが言った。
「ネットの情報は確かに今、本当と嘘が入り乱れていますね、同じキーワードでもあらゆる面からアプローチできますから、どこからアプローチするかによって得られる情報が違ってきますし、マイナーな面からアプローチするとそこはカオスだったりします」とチッチが言った。
「もっとわかりやすく言えよ」とタナベが言った。
「例えば『富士山』というキーワードがあって富士山の何が知りたいかによってアプローチの仕方が変わってきます。高さなのか、地理的なものなのか、樹海について知りたいのか。仮に心霊スポット的なアプローチをするとそこはもうカオスの世界になります。カオスの世界には企業や詐欺も混じっています」
「ね、チッチって大人でしょう?」と美和が言った。
「ユウさんが言ってるようなものは僕も全てが嘘だとは思いません。気候は確かに温暖化の現象が出ていますし、経済の仕組みも疑う余地はあると思います」とチッチは言った。
「私はそういうのあまり見ないんだけど、何系っていうの?」と美和が言った。
「何系なのか知らないけどミステリー系なのかな、スピリチュアル系?」とユウが言った。
「まあそんな感じなんじゃないですかね」とチッチは言った。「僕も深く入っていったことはないですけど世界としては嫌いじゃないです、バシャールやオショウの言葉も好きなものはたくさんあります」とチッチは言った。
「チッチは色々考えてるんだね」とユウは言った。
「何を言ってんだかさっぱりわからないんだけど」とタナベが少し元気ない感じで言った。
「うん、タナベは本当にそっち系は全然よね。本当に現実主義よね」と美和が言った。
「それは文句だろう?」とタナベは言った。
「まあまあ」とチッチは言った。

真知子がアイスコーヒーを持ってやってきた。「一杯だけだけどシェアして飲んでみてね、私も話に参加してもいい?」と真知子は聞いた。
「もうしてるじゃない」と美和は言った。
「それでどうなったの?」と真知子が聞いた。
「僕は、それが本当なら葵さんはやっぱりエイリアンだと思います」とチッチは言った。「信じるとしたらです」
「私はまあぼんやりとそうなのかーって感じかなぁー」とユウが言った。
「俺はたぶん信じたくないんだと思う」とタナベが言った。
「え、なんか素直になってる」と美和が言った。
「まあ、話を聞くだけではなんとも言えないけどね、私もそういうの嫌いじゃない」と真知子は言った。
「美味しい!」とユウが言った。
「本当?」と美和が聞いた。「ちょっと私も飲んでみる」美和は真知子がサービスしてくれたコーヒーを一口飲んだ。「うん、美味しい!」
4人は順番にいれたてのアイスコーヒーを一口づつ飲んだ。
「うん、本当だ美味しい。香りがすごくいい」とタナベが言った。
「僕はコーヒーってこんなにフルーティーだったなんて知りませんでした」とチッチが言った。
「でしょー!」と真知子は言った。「あんた達もたまにはコーヒーっていう選択もありなんじゃないの?」
「だってこの店のコーヒーがこんなに美味しいなんて知らなかったんだもん」と美和が言った。
「言わなかったしね〜。灯台下暗しってやつね〜」と真知子は言った。
「使い方あってるの?」とユウが聞いた。
「さあ?」とチッチは言った。
「葵の話はとりあえず一旦置いておかないか? いますぐどうこう言う問題でもないし、どうこう言っても始まらない。それよりもあの『音』をどうしよう?」とタナベが言った。
「音?」と真知子が聞いた。
「私たちの演奏に不思議な『音』が混じるの。初めは小さかったんだけど結構聞こえるくらいになってきて、録音でもはっきりわかるくらい聞こえるの」と美和が言った。
「でもそれが不協和音じゃないのよ、ちゃんと音があってるの」とユウが言った。
「電子ピアノみたいな音なんだ」とタナベが言った。
「不思議ですよね、5人目がいるように聞こえます」とチッチが言った。
真知子はその音源をパソコンにつないで店のスピーカーで再生してみた。ドラムス、ベース、ギター、ボーカル。それ以外に明らかに違う「音」が聞こえる。
「よく聞こえるね。キーボードが入ってるようにも聞こえるね」と真知子は言った。
「そうでしょう。しかも時々じゃなくて曲を始めたら聞こえるようになってきたの」と美和は言った。
「でもしっくりきてる」とユウが言った。
「そうなんですよね、音加減といい、余韻といいすごくあってる気がします」とチッチは言った。
「じゃあ問題ないんじゃないの?」と真知子は言った。
「問題は美和がどこかに行っちゃうってことなの」とユウが言った。
「どういうこと?」
「私、演奏が始まって『音』が聞こえ始めると意識をなくしてしまうようなの。体は、耳も脳も神経も機能しているから意識がなくても演奏を続けているみたいなの。でも演奏をしている間は私はそこにいないの。チッチがそれに気づいたの」と美和が言った。




< >

Episode 22


Makiko returned to the counter to have ice coffee.

"So, if the earth dies, you mean Ji End?" Yu asked.
"I think that's probably the case," Miwa said.
"If this is true, is not this bad, is not it," said Titchi.
"Maybe so," Miwa said.
"Yeah I can not believe it ..." Tanabe said.
"Take a look," Miwa said.
"Somewhat", Titch said.
"I think somehow but it is not true, the fact that the information like the crisis situation of the Earth is flowing as much as possible on the net, alien and things like conspiracy theory, etc. It is definitely all inclusive I do not think so, but the situation may be different, but it seems to be true, "Yu said.
"The information on the net is certainly now lying is confused, since the same keywords can be approached from all sides, the information obtained depends on where you approach from, and if you approach from a minor aspect It is chaos, "said Chitchi.
"Please say more easily," Tanabe said.
"For example, there is a keyword" Mt. Fuji "and the way of approach will change depending on what you want to know about Mt. Fuji. Do you want to know about height, whether it is geographical, about the trees, etc. Spiritual spot approach It will be the world of chaos anymore, and companies and fraud are also mixed in the world of chaos. "
"Is not she a grownup?" Miwa said.
"I do not think that everything that Yu says is all a lie.The climate surely has a phenomenon of global warming and I think there is room for doubt about the structure of the economy, Said.
"I do not see much of that kind of stuff, but what kind of line is it?" Miwa said.
"I do not know what it is but it is a mystery system, is it a spiritual one?" Yu said. "Well it's not like that," said Titchi. "I have not entered deep into the world, but I do not dislike the world, there are many things I like the words of Bashar and Osho," said Tschitch.
"You think a lot of Titchi," Yu said.
"I do not know exactly what I'm saying," Tanabe said with a little cheerful feeling.
"Yeah, Tanabe really is nothing like that system, it's really realistic," Miwa said.
"Is that a complaint," Tanabe said.
"Somewhat", Titch said.

Mashiko came bringing iced coffee. "I only have one cup but share it and drink it, can I join the story?" Makiko asked.
"You are already doing it," Miwa said.
"So what happened to it?" Makiko asked.
"I think that Mr. Aoi is alien after all if it is true," Titch said. "If you believe it"
Yu said, "I feel like it is vaguely wonderful".
"I think probably I do not want to believe it," Tanabe said.
"Well, something has become obedient," Miwa said.
"Well, nothing can be said by listening to talks, but I do not dislike it," Makiko said.
"You are delicious," Yu said.
"Is it true?" Miwa asked. "I will try drinking it for a moment" Miwa drank a cup of coffee served by Machiko. "Yeah, it is tasty!"
The four drank freshly brewed iced coffee in turn.
"Yeah, it is true, delicious, scent is really good," Tanabe said.
"I did not know that coffee was so fruity," said Titchi.
Mashiko said "Do it!" "Are you also having a choice of coffee occasionally?"
"Because I did not know that this coffee is so delicious," Miwa said.
"I did not say ~ Please do not hurt me under the lighthouse," Makiko said.
"Yuu asked," How are you using it? "
"What? Come on," said Titchi.
"Would you like to leave Aoi's story for the time being now? It is not a problem anytime soon, and it does not start even if I say anything." Tanabe said more than that, "What do you do with that" sound "?
"Sound?" Asked Makiko.
"There is a mysterious" sound "in our performance, it was small at the beginning but it gets pretty much heard, I can hear it clearly in recording," Miwa said.
"But that is not a dissonance, you have sound," Yu said.
"It sounds like an electronic piano," Tanabe said.
"It's strange, it sounds like there is a fifth person," said Titchi.
Machiko connected the sound source to the computer and tried playing it with the speaker of the store. Drums, bass, guitar, vocals. Other than that, I hear a distinctly different "sound".
"Sounds good, it sounds like a keyboard is on," Makiko said.
"It will be, and sometimes it's getting to be heard if you start songs," Miwa said.
"But I'm pretty sure," Yu said.
"Yeah, that's right, I'm fine with sound, I feel like I'm having a great reverberation," Titch said.
"Well, do not you have any problems?" Makiko said.
"The problem is that Miwa will go somewhere," Yu said.
"What do you mean?"
"I will lose consciousness when the performance begins and the sound begins to be heard.The body seems to continue playing even if there is no consciousness because the ears, the brain, and the nerves are functioning. Miwa said, "I did not find it while I was playing.This did notice it," Miwa said.

コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
kayagreen home
kayagreenについて
greenfingers自然素材でつくる家庭菜園つきエコアパートプロジェクト
kayagreen ブログ
ふうよう huuyou
つちとヒト
links
Facebook & Twitter

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode
みんなのブログポータル JUGEM