趣味で歌と小説と詩を掲載させていただいてます。

四季の輝き 第21話 Shine of the Four Seasons Episode 21




第21話


凛太朗は施設の子供達が学校に行ってしまうと、いつものように玄関の階段に座ってぼんやりと庭を眺めていた。夏の盛りが過ぎて秋の気配がしていた。時々ひやりとした風が混じっている。その風は帯のように他の風の中に混じっている。
温度が違う帯をつくり風の中を吹き抜けていく。
ちひろがノートと色鉛筆を持って玄関から出てきた。現実のちひろだ。実態を持ったちひろは凛太朗の横に座って同じように庭を眺めた。
二人はほとんど毎日そうやって並んで座って庭を眺めた。自分たちが見るべきものはそれ以外に思いつかないと思っていた。何も言わないでもそれはお互いに分かっていた。
「あおいさんとの折り合いはついたの?」とちひろは聞いた。
「あおいは夜が明けるといなくなる、夜の間だけ夢で会えるんだ。僕は今のままでいい」と凛太朗は言った。「ちひろは時々僕に話しかけてくるね、そこにいないのに」
「私は誰にでも話しかけてるわけじゃないの、話しかけても聞こえない人もいるしね。凛太朗くんは聞こえるって知っているの、だから話しかけるの」
「どうしてそんなことを知っているの?」
「ただわかるの。物事って大抵そういうものよ、そこに理由なんてないの。あおいさんは凛太朗くんと同居したまま大人しくしているのね?」
「貴子さんが言ったように意識を乗っ取られそうになったりはしてない。この意識は僕の潜在意識だろう、僕はその意識に助けられている」
「その潜在意識はどこにつながっているのか考えたことある?」
「考えたことない。考えてみるよ、潜在意識はあおいなんだ。最終的に獣になったあおいだ。違う世界の人間だって言っていた、僕もその世界の人間なんだって」
「思い当たるところはあるの?」
「この世界にはずっと違和感がある。感覚が人と違う。皆になじめない。変わってるって言われる。一人でいるのが好きだ。人嫌いに思われる。話がかみ合わないことが多い。団体行動が苦手だし、常識やルールに馴染めない」
「私もほぼ同じよ。何かこの世界ってあまり懐かしいと思わないの。どこか別の世界に帰るべき所があるような気がする。私も凛太朗くんの仲間かもしれない」
「別の世界って何なんだろう、そんな世界に行ったりできるのかな?」
「向こうからは来れるんじゃないかしら、意識に乗ってビュンってやってくるのよ、私が凛太朗くんに話しかけるみたいに」
「こっちからは行けないんだろうか?」
「特殊な入り口があるんだと思うの。あっちの世界に行くための入り口。私は絵を描いている時にそんなことがふと頭をよぎるの」
「僕にはあおいが話しかけてくるんだ、夢の中で、でもそのあおいは今までのあおいとは別のあおいなのかもしれない。何か今までにない雰囲気がある」
「あおいさんは別の世界に溶け込んだのかしら?」
「わからない、でも元々のあおいは、今の別の世界のあおいなんじゃないかって思う。鬼のあおいは、あおいのほんの一部だったのかもしれない。あおいは元の状態に戻ったんだと思う」
「そう感じるのね」
「そうだね、そう感じる」
「よかった。貴子さんはとても心配してる、今では凛太朗くんと同じ闇を抱えているから」
「あおいは闇じゃないよ、ただあおいだっていう、それだけだよ」
「貴子さんの中のあおいさんも元に戻ったのかしら?」
「たぶん、あおいは統合されたんじゃないかな、元のあおいに」
「それならよかった。あおいさんの長い旅は終わったのね」
「そうだね、そして新たな旅が始まったんだと思う、僕はそう感じる」
「私もなんだかそんな感じがする。新しい旅が始まった感じ。世界が新しくなった気がする。吹く風も見える景色も意味が違って感じる」
「そうだね、僕もそれを感じる。景色が違って見える。受け取る感覚も日常も今までとは違っている。楽しくなってきたんだ、何も変わっていないのに。1日はただの1日なのに」
「よかった、気持ちが明るくなってきたのね。少し前はやりたいこともわからなかったのに」
「今は少し違うんだ、やりたいことはまだそんなにない、でも何もやらなくてもいいって思えるんだ。やりたいことはそれがやってきた時にやればいいし、それまでは何もやらなくていいんだって思う」
「自分の一部を見つけたのね。本心を」
「そうかもしれない。自分の本心ってすごく深いところにあるんだね、僕は表面の僕を自分なんだって思っていた、でもそこに僕の本心はなかった。僕の本心は僕の知らない領域に隠れていた、あるのかどうかさえわからなかった。僕は深く自分を見た、そして遠くからも自分を見た。僕はずっと自分を見ていたんだ。ただそれだけをやっていた。そしたらある時、僕の中の本心に気がついたんだ」
「旅の始まりね。私はこのことを誰かと話したいとずっと思っていたの。でもどこにも話し相手はいなかった。凛太朗くんは唯一の話相手よ」
「僕にとってもそうかもしれない、僕はもともと、人とそんなに話したことがない、分かり合えることが少なかったから」
「いいのよこれからが始まりなんだもの」とちひろは言った。




< >

Episode 21


Rintaro said the children of the institution went to school, and as usual he sat on the stairs of the entrance and looked at the garden vaguely. There was a sign of autumn since the summer was over. Sometimes the wind is mixed. The wind is mixed in other winds like a belt.
It creates bands with different temperatures and blows through the wind.
Chihiro got a note and a colored pencil and came out from the entrance. Reality Chihiro. Chihiro with realities sat beside Rintaro and looked at the garden in the same way.
They did so almost every day doing sitting and looking at the garden. I thought that we could not think of anything else we should see. Even if not saying anything, it knew each other.
"Did you come to terms with Aoi?" Heard.
"Aoi gets no more when the dawn dawns, we can meet in the dream only during the night, I can stay as it is now," Rintaro said. "Chihiro will sometimes speak to me, I will not be there."
"I am not talking to anyone, even some people can not hear it, Rintaro knows that I hear you, so talk to me."
"Why do you know such a thing?"
"Things are mostly like that, there is no reason there, Aoi is growing quietly with Rintaro-kun, are you grown-up?"
"As Takako said, he is not going to take over consciousness, this consciousness is my subconscious mind, I am helped by that consciousness."
"Have you ever thought about where the subconscious mind is connected?"
"I have never thought ... I think about it, the subconscious mind is blue, I finally became a beast, it was a human in a different world, I am a human in that world"
"Do you have something to think about?"
"There is a feeling of discomfort for a long time - a feeling is different from a person - a feeling is different from a person - it does not start with everyone - it is told that it is strange.I like being alone, it seems to be unpleasant.Talk often does not mesh. I am not good at group activities and I am not familiar with common sense or rules.
"I am almost the same, I do not think that this world is so much nostalgic.I feel that there is a place to return to another world somewhere, I may be a member of Rintaro-kun." /> "What is another world, can we go to such a world?"
"I wonder if you can come from over there, you get a buzz with consciousness, like I talk to Rintaro-kun."
"Can not I go from here?" "I think that there is a special entrance.The entrance to go to the world of the world. When I draw a picture, such a thing crosses my head suddenly"
"Aoi talks to me, in my dreams, that bouquet may be a separate ao a from the aoce that I have, there is something that has never existed"
"Aoi got into another world?"
"I do not know, but the original aoi is a different world in the other world, I guess the aisa's awning may have been a part of the Aoi, I think that the aza returned to its original condition "
"Do you feel that way?"
"Yes, I feel like that"
"Takako is very worried, now he has the same darkness as Rintaro-kun." "Aoi is not darkness, it's just breathing, that's it."
"Aoi in Takako also returned to the original?"
"Maybe the blues were integrated, in the original aoi"
"That's good, Aoi's long journey is over"
"Yes, I think that a new journey began, I feel that way."
"I feel somewhat like that, a feeling that a new journey began, I feel the world is new, the view that blowing wind can also be seen feel different meaning"
"Well, I feel it, the scenery looks different, the feeling to receive and everyday are different from what I have ever been. It has become fun, nothing has changed.One day is just a day Nevertheless "
"Good, my feelings are getting brighter, I did not know what I wanted to do a while ago"
"Now it's a bit different, I do not have much to do but I do not have to do anything. The things I want to do are just to do when it comes, you do not have to do anything until then I think "
"I found a part of myself. It's true"
"It may be, my true heart is in a very deep place, I thought that I was on my face me, but my heart was not there. I could not even see if it was hidden in the area I did not know, I saw myself deeply and I saw myself from a distance.I was always watching myself.It is only doing it Then when I was there, I noticed my true intention.
"The beginning of the journey, I had always wanted to talk about this to someone, but there was not anyone to talk to. Rintaro-kun is the only story partner."
"Maybe so, for me, I've never talked to people much, because there was not much to understand"
"What is good, what is going on is the future", Hiromu said.

コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
kayagreen home
kayagreenについて
greenfingers自然素材でつくる家庭菜園つきエコアパートプロジェクト
kayagreen ブログ
ふうよう huuyou
つちとヒト
links
Facebook & Twitter

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode
みんなのブログポータル JUGEM