趣味で歌と小説と詩を掲載させていただいてます。

四季の輝き 第20話 Shine of the Four Seasons Episode 20




第20話


美和たちはスタジオを出ると「喫茶まちこ」で音の話の続きを再開した。カウンターから一番離れた4人掛けのテーブルに陣取っていた。
皆それぞれに注文をしたが、コーヒーを注文するものは誰もいなかった。

「それで葵さんのことって一体なんなんですか?」とチッチが聞いた。
美和とタナベは葵のことを他のメンバーにはまだ話していなかった。「話が非現実的すぎるし、話してもわからないかもしれない」とタナベは美和に言ったのだ。美和も「そうかもしれない」とタナベに同意した。
「私は葵のことがあってから何かこの世界に違和感を感じるようになったの。葵は全くこの世界の人間じゃなかったから」と美和は言った。
その話の続きをタナベが一通り説明した。タナベはこんな話を誰か他人に聞かれるのが嫌だったのでなるべく小さな声で喋った。店には他に客はいなかったが、真知子がカウンターにいたので聞かれてはヤバイと思っていた。3人はタナベの説明に聞き入った。
「それでそのメールの後、音信不通になったんだ。携帯の電源は切れているし、あの池にも現れない。生きているのかどうかもわからない」
「そうだったんですね。僕は葵さんは旅人みたいなものでふらっと気が向いたところに行ってしまったんだと思ってました」とチッチが言った。
「まあそんなようなものなんだろうけど、でももう一度会って色々と確かめたいことがあるの」と美和が言った。
「タナベはその獣の姿を見たの?」とユウが聞いた。
「手が毛だらけだった。堅そうな黒い毛が葵の手の甲に生えていた」
「見たのは手だけ?」
「ああ、まだ変化の途中だって言っていた」とタナベは言った。
「じゃあ完全に変化してしまったから居場所を変えたのかもしれないし、その獣とかになったんならもう二人の助けは要らなくなったんじゃないの?」とユウが言った。
「葵はサポっていう魂の双子を探していたの、それで眠っている親のでっかい龍を起こすって言っていたんだけど、この全地球から一人の人間を探し出すのなんてほとんど無理だと思う」と美和は言った。
「俺はまだ、本当のところまだ信じられないんだ。葵が人間じゃないって事とか、龍だとかが」とタナベは言った。
「確かにぶっ飛びまくった話よね」とユウが言った。
「そうですね、それが本当なら新種とか地球外生命体とかの話になってきますよね」とチッチが言った。
「葵は自分のこと鬼って言ってた。鬼は天人が地獄に落ちた姿なんだって、千年も生きていて、やっとその姿を受け入れたって言っていたわ」
「天人ってなんですか?」とチッチが聞いた。
「神様のことみたい。宇宙人かもしれない」と美和は言った。
「なんか思いっきり現実離れしてるよね」とユウが言った。
「そうね、でも私は葵と話してて、その話がとてもリアルに聞こえたの。獣の姿も詳しく聞いたから大体想像がつく。その姿はどんな動物にも似ていない、例えるなら人間が野生で生きられるように進化した姿っていう感じかな」と美和が言った。
4人はそれぞれにその姿について思い描いた。ユウとチッチはその話を受け入れるか受け入れないかまだ判断がつかなかった。
「タナベはその葵さんの手を見てどう思ったの?」とユウが聞いた。
「だから俺は見たけどまだ信じられないんだ。それが本当だったのかどうか、時々確信が持てなくなる」
「タナベは現実主義だからね。私はそのあたりに少しタナベとの意識の差を感じる」と美和が言った。
「現実主義っていうのは目に見えること以外は信じないってこと?」とユウが聞いた。
「まあそういうことかな。科学的にありえないことはすぐには信用できない」とタナベは言った。
「私は結構こういう話は好きだな。目に見えないものにも意味や力があるって思うし」とユウは言った。
「人の感覚や意識は人それぞれ違って当たり前ですよね、そこに違いがない方が怖いと思います。そこに違いがあるということを認めなければ争いになるだけだと思います」とチッチが言った。
「チッチって妙に大人なんだよね、まだ中学生なのに、いちばん大人な気がする」と美和は言った。
「僕は色々と考えるのが好きなんです。葵さんの事が事実だとしたら、思い切り現実的に考えるとやっぱりエイリアンなんじゃないでしょうか?」
「それが現実的考えかよ・・・。」とタナベは言った。
「それで、そのでっかい龍が目を覚まさなかったらどうなるの?」とユウが聞いた。
「地球は声を失ったまま死んじゃうんだって」と美和は言った。
「穏やかじゃないですね」とチッチが言った。
「この世界はどうなるの?」とユウが聞いた。
「わからない。何かが起こるということだけ、ぼんやりと感じるの」と美和が言った。
「もしも本当にそうだとして僕たちに何かできることはあるんでしょうか?」とチッチは聞いた。
「それもわからない。ただ龍を起こすのは葵のやるべきことで、地球の声を取り戻すのは人間の役目だって葵は言っていた」と美和は言った。
「何をどうやったらそんなことができるの?」とユウは聞いた。
「わからない。できれば会ってそれを確かめたいの」と美和は言った。
4人は美和の言葉を最後に、しばらくそれぞれがバラバラの思考の中に入っていった。

「あんたたち随分面白そうな話しているのね」と真知子は我慢できなくなってニヤニヤしながら言った。真知子はいつの間にか4人の真後ろの席に座っていた。
「そんなとこにいたんですか?びっくりしたなーもう!」と美和が言った。
「ごめんごめん、つい面白そうな話してるから聞いちゃった」と真知子は言った。
「そんなに聞こえてましたか?」とチッチが聞いた。
「バッチリ全部聞こえたわよ。そんな普通じゃない話、聞かないようにしていても聞こえるのよ」と真知子は言った。
「真知子さんはどう思います?」とユウが言った。
「この世界はねえ、集合意識が創ってるの、社会も経済もね。その集合意識が変わらないと社会も環境も変わらない。地球のことって環境問題のことよねえ?」と真知子は言った。
「たぶんそういうことも含まれてると思う。自然破壊とか気候変動とか。その集合意識ってなんなの?」と美和は聞いた。
「人間の全体の意識のことよ。個人個人はそれぞれ違う意識を持って暮らしているけど、それぞれの地域や国にはそれぞれの集合意識があるように地球全体の人間の意識っていうのがあるのよ、それが実際の現実を創っていくの」と真知子は言った。
「つまり便利なものや快適なものを追求していく人間の心理が、環境に配慮せずにそれをやることに関しては、それが全体意識の中にあるということですか?」とチッチは聞いた。
「もちろんそうじゃない人もたくさんいると思う。でも圧倒的に無関心な人間の方が多い、情報が少なすぎるし、テレビに洗脳されてる。町の喫茶店でこんな話していたら頭がおかしいと思われるわよ」と真知子は言った。
「だから小声で話してたんだよ」とタナベは言った。
「タナベくんの声って小声でもでかいのよね」と真知子は言った。「それとアイスコーヒーを一杯ごちそうするわ、甘いものだけが美味しいものとは限らないのよ」




< >

Episode 20


When Miwa left the studio, he resumed the talk of the sound with "Tea ceremony". I was caught in the table of four people away from the counter.
Everyone ordered each, but no one ordered coffee.

"So what is she doing with Aoi-san?" Asked Titchi.
Miwa and Tanabe had not talked about Aoi to other members yet. "The story is too unrealistic, and maybe you do not understand it," Tanabe told Miwa. Miwa agreed with Tanabe that it might be "so."
"I started feeling something uncomfortable in this world since Aoi's thing, because Aoi was not human in this world at all," Miwa said.
Tanabe explained the continuation of the story altogether. Tanabe did not like being asked by someone else to talk about this story, so he talked as small as possible. There were no other guests in the shop, but since Mashiko was at the counter, I thought that it was bad if asked. The three people listened to Tanabe's explanation.
"That's why I got messed up after the mail, the phone's power is off, I can not see it in that pond, I do not know if it's alive or not."
"I was thinking that I thought that Mr. Aoi was like a traveler and went to where he casually tried," said Chitchi.
"Well it's like that, but I have something I want to meet again and see for a variety of reasons," Miwa said.
Yu asked, "Tanabe saw that beast?"
'My hands were full of hair.The hard black hair grew on Aoi's back of the hand'
"Have you seen only the hand?"
"Oh, I was told that it is still in the process of change," Tanabe said.
"Well then it may have changed whereabouts as it has changed completely, and if you became a beast, you do not need the help of the other two," Yu said.
"Aoi had been looking for twins of the soul that was supposed to be a supporter, so I said that it would raise a big dragon of a sleeping parent, but I think it almost impossible to find one person from this whole earth," Miwa said.
"I still can not believe it yet, as if Aoi is not a human being, or a dragon," Tanabe said.
"Yeah said it certainly made a flying jump.
"Well, if that is true, it's going to be about new species and extraterrestrials," said Chitchi.
"Aoi said that you were a demon, a demon said that Tianan fell in hell, I lived a thousand years and finally accepted that figure.
Titchi asked, "What is Tensui?"
"It looks like God, it might be an alien," Miwa said.
"Yu is saying something is quite realistic, is not it?"
"Well, but I talked with Aoi and I heard that story very real.It is almost imaginable to hear the appearance of the beast in detail and its appearance does not resemble any animal, I feel like I evolved to live in, "Miwa said.
Four of them envisioned their appearance in each. Whether Yu and Titchi will accept or not accept the story yet it was impossible to judge.
"What did Tanabe think about seeing that Aoi's hand?" Yu told.
"So I saw it but I still can not believe it, sometimes I can not be sure if it was true."
"Tanabe is realistic, I feel a slight difference in consciousness with Tanabe around that," Miwa said.
Yu asked, "Do you believe that realism is not visible except for what you can see?"
"Well it's such thing, Tanabe said that it can not be trusted immediately without science," he said.
"I like these stories quite a lot, I think that meaning and power are also invisible to the unseen," Yu said.
"People's sense and consciousness is different for every person, I think that it is scary if there is no difference there, I think that it is only a dispute if I do not admit that there is a difference there, Said.
"Titch is strangely an adult, is still a junior high school student, I feel like the most adult," Miwa said.
"I like to think a lot, if it is true that Aoi's thing is true, is not it alien right after all thinking realistically?"
"Is that a realistic idea ..." Tanabe said.
"So what if the big dragon did not wake up?" Yu asked.
"Earth will die with losing voice," Miwa said.
"It's not calm," said Zitch.
Yu asked, "What will happen to this world?
"I do not know - Miwa said," I feel vaguely only that something will happen. "
"What if there really is something we can do for us?" Asked Titchi.
"I do not know, but Mr. Aoi said that it is Aoi's task to wake a dragon, and it is human's responsibility to regain the voice of the earth," Miwa said.
Yu asked, "How can I do such a thing?"
"I do not know, I would like to meet and check if possible," Miwa said.
Four people finally came from Miwa 's words, and they went into the thought of each other for a while for a while.

"You talking so much interesting," Makiko said she could not stand it and grinned. Mashiko was sitting in the seat just behind the four of us.
Miwa said, "Where were you like? I was surprised!"
"I am sorry sorry, I heard it because it is interesting," Makiko said.
"Did you hear so much?" Asked Titchi.
"I heard everything, even if I try not to listen to it, it's not that normal," Makiko said.
"What do you think, Mr. Mashiko?" Yu said.
"In this world, he has collective consciousness, society and economy.When the collective consciousness changes, society and the environment will not change, society and the environment will not change.What about the earth is the problem of the environment?" Machiko said It was.
"I think that probably that kind of thing is included, nature destruction, climate change, etc. What is that collective consciousness?" Miwa asked.
"About the consciousness of the whole human being. Individuals live with different consciousness, but each region and country has their own collective consciousness There is something called human consciousness of the whole earth That's why it will create real reality, "Makiko said.
"Is that the psychology of human beings pursuing convenient and comfortable things is that it is in the whole consciousness about doing it without considering the environment?" It was.
"Of course I think that there are many people who are not so, but there are a lot of people indifferent overwhelmingly indifferent people, information is too little and it is brainwashed by television. If you are talking about this in a cafe in town, it seems to be crazy Mashiko said, "Okay.
"So I was talking in a loud voice," Tanabe said.
"Tanabe-kun's voice can be huge even in low voice," Makiko said. "It feels like a cup of ice coffee, not only sweet things are delicious,"

コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
kayagreen home
kayagreenについて
greenfingers自然素材でつくる家庭菜園つきエコアパートプロジェクト
kayagreen ブログ
ふうよう huuyou
つちとヒト
links
Facebook & Twitter

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode
みんなのブログポータル JUGEM