趣味で歌と小説と詩を掲載させていただいてます。

四季の輝き 第19話 Shine of the Four Seasons Episode 19




第19話


アキと貴子が話をしていると川上の方から一人の獣が近づいてきた。
「美和だよ」とアキは言った。
「美和? 私は元の世界で会ったことがあるのかしら?」
「まだないと思うよ、でもそのうち出会うことになる。あたしが呼んでおいたんだ」アキはそう言って立ち上がった。
美和はアキを見つけて手を振った。
「あなたが貴子さんね」美和は貴子を見るなりそう言った。
「ええ私は貴子、こことは違う世界からきているの」
「知ってる」と美和は言った。「大体のことは葵から聞いてる、あなたがアキって呼んでるこの彼女から」
「アキは魂の名前なんだ、そう呼ぶのは君とクンネたち星々だけなんだ、肉体の名前は葵っていうんだ。君の魂の名前はサポだけど今の肉体の名前は貴子って言うようにね」とアキは言った。
「じゃあ葵、肉体の名前で呼ぶようにする。その方がややこしくならない」と貴子は言った。
「この世界でも肉体はいずれ消えるんだ。肉体を得るのも得ないのも自由なんだけど、あたしは木々や草が大好きだからね、触れたり匂いを嗅いだりしているととても癒される。肉体を得ないとそれはわからないからね」と葵は言った。
「私も音を奏でるために肉体を得たの、私は星々のリズムを奏でることができるの」と美和が言った。「あなたに会いに来たのはいずれ会う、あなたの世界の私に伝えてほしいことがあったから」
「伝えてほしいこと?」
「そう、あなたの世界の美和に会ったら『もう一人の自分がここに来るように言っていた』って伝えてほしいの、そしたら何か思い出すと思う。私はいつでも美和にメッセージを送っているんだけど、まだうまく受信できていないようなの」
「美和さんをここへ連れてきてどうするの?」
「君たちの時間はどんどん未来へ流れていく、君たちが設定したようにそういうルールになっているんだ。シキは変化している。生態系の循環という機能を失ってもシキはまだ命を宿している。植物が絶え、不毛の大地になっても次の命の連鎖ができるまで深い眠りにつくんだ。でも君たちはその環境に耐えられない。そしてそれはもう始まっている。シキは深い眠りにつこうとしている。美和はそれに気付き始めている、気づかない人間の方がほとんどなのに美和は何かを感じている。その感覚を目覚めさせてやりたいんだ」と葵は言った。
「私は自分にいつも話しかけてる。私は時々その声を聞くことができる。私はふと気がつく。この世界が嘘の世界だと、思い込みの世界だと、真実は目に見えないところにあると。だからそれを見せてあげたい。次元は一つではないということを自分に見せてあげたいの」と美和が言った。
「じゃあ私が美和さんをここに案内すればいいのね? こういうことだからって説明して」と貴子は聞いた。 「説明は特にいらないと思う、もう薄々気づいているかもしれない」と美和が言った。






美和は音を感じながらそのエネルギーがどんどん増幅され、世界に響き渡っていく様子を連想した。4人の振動は一つの大きな振動となり世界に発信される。
「これが自分たちの音なのか・・・。」
美和はその音の振動をどこか客観的に感じている自分に気づく。
全ては振動している。星も物も自分たちも。音はとても大きなエネルギーだ。エネルギーそのものだ。エネルギーがセッションしている。そしてそのセッションは地球の振動とつながっていく。

曲が終わると美和は皆に聞いた「何か違う音が混じってない?」
「違う音って?」とタナベが聞いた。
「何か電子ピアノのような甲高い和音が鳴っていたような気がしたの」と美和が言った。
「そうだね、何かそんな音を聞いたような気がする」とユウが言った。
「録音してますか?」とチッチが聞いた。
「うん、してる」とユウが言った。
「ちょっと聴いてみよう」と美和が言った。
4人は楽器を置いて備え付けの折りたたみ椅子に座った。ユウがミキサーで今演奏したばかりの音を再生した。4人はタイムスリップしたように数分前の過去に戻り、傍観者のように自分たちの演奏を聴く。
曲の最後の方にユウの歌が終わった後、タナベのギターに調和するように何か電子的な音が混じっている。
「これだね」とユウが言った。
「こんな音鳴ってたっけ?」とタナベが言った。
「録音されてるってことは鳴ってたってことになりますね」とチッチが言った。
「ほらね」と美和が言った。「何だろうこの音」
「もう一回聞いてみよう」とユウは言ってもう一度、最後の部分だけ再生した。
「鳴ってる」と美和が言った。
「確かに」とユウが言った。
タナベは首をひねっていた、音は聞こえるが音の発生源がない、電子ピアノもない。「あんな音がするようなものは何もないな」と言った。
「発生源がなくても音は発生するんじゃないかな、なんかこう雷みたいに」と美和が言った。
「空中から突然にですか?」とチッチが聞いた。
「何かそういう感じ。自然が共鳴してくるっていうか」と美和が言った。
「こんな都会のビルの中で?」とタナベが聞いた。
「タナベは少し頭で考えすぎなんだよ、目に見える常識は目に見えない常識と繋がっている。もしかしたら、目に見えないものの方が圧倒的に大きいんじゃないかな」
「美和、なんかお前最近変だぞ、葵のことがあってからちょっと言うことがまともじゃない時がある」
「そうかもしれない。でもそれはタナベの世界で起きていることで私には関係ないの。私の言うことがまともじゃないっていうのは私には何の影響も与えないの。私はその世界に属してないの」と美和が言った。
「すごい深い話ですね」とチッチは言った。
「いいんだけどさー、時間もったいないよ」とユウが言った。「ここは現実の世界なのよ」




< >

Episode 19


When Aki and Takako were talking, a beast came up from the upstream side.
"Miwa," Aki said.
"Miwa? Have I ever met in the original world?"
"I do not think so yet, but I will encounter it. I called it." Aki stood up to say so.
Miwa found his aki and waved his hand.
"You are Takako," Miwa said that he would see Takako.
"Yeah I am Takako, from a different world from here"
"I know", Miwa said. "I heard from Aoi about the big things, from this girl you calling Aki"
"Aki is the name of the soul, it is only you and the kunnens and stars that call it so, the name of the body is Aoi.The name of your soul is supposed to be the supporters, but the name of your body today is Takako It is like that, "Aki said.
"Well, let's call it Aoi with the name of the body, that person is not complicated," Takako said.
"In the world, the body disappears either, it is not free to get the physical body or I do not like it, because I love the trees and the grass, I feel very healed when I touch it or sniff the smell. Because I do not know if I can not get it, "Aoi said.
"I got the body to play the sound, I can play the rhythms of the stars," Miwa said. "I came to see you, because I had something I wanted you to tell me in your world"
"What I want you to tell me?"
"Well, when you see Miwa of your world, I want you to tell me that I was telling others to come here, I think I will remember something and I will always send a message to Miwa I do not seem to have received it well yet.
"What are you going to do with Miwa san here?"
"Your time goes on and on and on and on in the future, as you set it, that's the rule that has changed ... Shiki is changing Even if you lose the function of circulation of the ecosystem Shiki is still living a life Even when plants die out and become barren land, they have made a deep sleep until the next life chain is formed, but you can not tolerate the environment, and it has already begun.Siki has a deep sleep Miwa is starting to notice it, Miwa is feeling something although he is the most unaware person, I want to awaken that feeling, "Aoi said.
"I always talk to myself, I can hear that from time to time, I suddenly notice that if this world is a lie world, the truth is invisible if it is a world of thought So I want to show it, I want to show myself that the dimension is not one, "Miwa said.
"Well then I should show Miwa here, I explain to you that it is like this," Takako asked. "I think that I do not particularly need explanation, it may be noticed a little more," Miwa said.






Miwa reminded me of how the energy was amplified and echoed throughout the world while feeling the sound. The vibration of the four people becomes one big vibration and is transmitted to the world.
"This is their sound ..."
Miwa notices himself who is feeling objective the vibration of the sound somewhere.
Everything is vibrating. Stars, things and ourselves. Sound is a very big energy. It is energy itself. Energy is sessions. And that session connects with the earth's vibration.

When the song finished, Miwa asked everyone "Is there something different mixed?"
Tanabe asked, "What is different sound?"
"I felt like a high-pitched chord like an electronic piano was ringing," Miwa said.
"Yeah, I feel like I heard something like that," Yu said.
"Did you record," asked Titch.
"Yeah, you're doing it," Yu said.
"Let's listen for a moment," Miwa said.
Four people placed instruments and sat on the equipped folding chair. Yu played the sound he just played in the mixer. As the four people slipped time back to the past few minutes ago and listen to their performances like a bystander.
After the song of Yu finished to the end of the song, there is something electronic sound like it harmonizes with the Tanabe guitar.
"This is it," Yu said.
Tanabe said, "Is this such a sound?"
"It means that being recorded is ringing," said Titchi.
"You see," Miwa said. "What will this sound"
"Let's listen once more," Yu said again and played only the last part.
"Miwa" said "It is ringing."
"Yes," Yu said.
Tanabe was twisting his neck, hearing sound but no source of sound, no electronic piano. "There is nothing like such sounds."
"Sounds will be generated even if there is no source, something like this thunder," Miwa said.
"Is it suddenly from the air?"
"Something like that, I mean that nature resonates," Miwa said.
"Tanabe asked" Is this in a city building like this? "
"Tanabe is over thinking a bit with his head, common sense that is visible is connected with invisible common sense, perhaps the invisible one is overwhelmingly big"
"Miwa, something is strange recently, there are times when it is not decent after a while about Aoi"
"It may be, but that is not what I am doing in the Tanabe's world.I do not say what I say is not right will have no effect on me. It does not belong to the world, "Miwa said.
"It's a great deep story," Titch said.
"I do not mind, it's a waste of time," Yu said. "This is a real world"

コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
kayagreen home
kayagreenについて
greenfingers自然素材でつくる家庭菜園つきエコアパートプロジェクト
kayagreen ブログ
ふうよう huuyou
つちとヒト
links
Facebook & Twitter

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode
みんなのブログポータル JUGEM