趣味で歌と小説と詩を掲載させていただいてます。

四季の輝き 第18話 Shine of the Four Seasons Episode 18




第18話


「この大山の北側を見に行かないか?」とアキが言った。「走りがいがある地形なんだ。山も谷も丘も大きな草原もある」
「私は走るのが気に入ったみたい。面白そう」と貴子は言った。
二人は大山の北側の斜面を飛ぶように駆け下りて東の山脈の方へと走った。そこかしこに大きな岩がゴロゴロと転がっていた。
「ここら辺の山は岩石でできているんだ、木は岩の中に根を下ろすんだ。岩の隙間を伝うように、岩を包むように森をつくる」と走りながらアキが言った。
「岩石人間はいるのかしら?」と貴子は言った。
「ああ、鉱物に由来する人種のことか。彼らは大陸に住んでいる。大陸の内陸部。岩と砂だらけの場所に」とアキは言った。
「本当にいい人たちなの?」と貴子は聞いた。
「もちろん。とてもいい人たちだよ」とアキは言った。
二人は幾つかの丘を越え大きな草原が見渡せる高台に着いた。草原には大きな岩がそこかしこに転がっていた。土に埋まっていて、その一部だけが地表に出ている岩もある。
風が草原全体を揺らしている。草原は大きな波となって風下の方へと走っていく。目に見えない龍が飛んでいるようだ。風のうねりに乗って大きな身体をふわりとなびかせる。
「龍は粒子になって風に乗るんだ」とアキが言った。「龍を構成しているのは『光』なんだ。純粋な光」
「不思議な世界なのね。でもなんとなくその感覚はわかるような気がする。以前の私では思いもよらなかったことだけど、今の私にはあなたの話が理解できるような気がする」と貴子は言った。
「頭では理解できないんだ。ここは心の世界だからね。直感だけが頼りなんだ」
「私達の世界は頭の世界ね、残念だけど。心のことは皆あまり喋らない。それよりも学歴や職歴や名誉や権力や・・・。言い出せばきりがないけど、競い合って生きることを学ばされるし、働かなければ生きていけないシステムになっている。そしてそれが常識って呼ばれている」
「完全に頭の世界だね、でも表層はそうでも裏側はどう? 君たちの心の中はどう? いつも心に感じている事柄があるはず。この世界はそれが表層になった世界なんだ」
「子供達の世界みたいね」と貴子は言った。
「そうかもしれない」とアキは言った。「草原を走ってみよう」
そう言ってアキは丘を駆け下りて草原に向かった。貴子は後を追いながらただ走ることに大きな快感を感じていた。犬みたいだな、と思った。彼らはいつもこんな快感に浸っているのだろうか。
「川があって丘を越えたらもっと大きな草原がある」とアキが言った。
「草原ばかりじゃなくても丘も山も楽しい」と貴子は言った。
「草原が一番早く走れるんだ。あたしは早く走るのが大好きなんだ」とアキは言った。
大きな川があった。「この川は一気に飛越せない、真ん中を狙って飛んで川底を蹴ってもう一回飛ぶんだ」とアキは走りながら言い、そのまま飛んだ。貴子は走るのをやめてアキの動きを観察した。
アキは川の中ほどに飛び込み、しばらくして勢いよく水しぶきを上げて川から飛び上がった。対岸で貴子に手招きをしている。
貴子は少し助走をつけて飛んだ。水面に飛び込む感覚は少し恐怖が混じっていた。川に飛び込むとその瞬間に圧倒的な水圧に流されそうになった。川底を感じると思い切り蹴った。体は何かに弾かれるように水面に飛び上がったが真上に飛び上がったようでもう一度川に落下した。
今度は水に落ちる前に確認しておいた対岸の方向に向かって川底を蹴った。飛び上がった体は対岸の草地に落下した。
「うまいじゃないか」と駆け寄ってきたアキが言った。
「難しい、流れがあることを考えてなかった」
「初めてなのに、二回のジャンプで渡れたのは大したもんだよ。脚力も大したもんだ」とアキが言った。
「この身体とても素敵ね」と貴子は言った。

「でもどうして私をこの世界に連れてきたの?」と貴子は聞いた。
「知ってほしいことがあったんだ」とアキは言った。
「なんだろう、私の闇のことかしら」
「それもある。それとも繋がってる。まず知ってほしいのは」とアキは言い、貴子の隣に座った。
「シキが声を失っているよね、君たちの地球が。それは輝きを失いかけているということでもあるんだ。変化の前には必ず試練が来る。激動の時が来るんだ。君たちはそれを生き抜かなくてはいけない、そうでないと本当にそのまま破滅することになるんだ」とアキは言った。
「穏やかではないわね、すべては上手くいくってことでもないってこと?」
「そうだね、その前にシキが大きく変化する。その振動が君たちに伝わる。劇的に何かが変わる時はいつも最悪の試練がやってくる。君も人生のいろいろな試練が君を強く賢くしただろう、それと同じことがシキにも起こるんだ」
「シキに最悪の試練がやってくるって具体的にはどういうことなの?」
「例えば、君たちのシキの生態系はもう既に回復できない一線を超えてしまっている。絶滅する種は君たちの世界では一年間に数万種だ。しかもその数はどんどん増えている。人間は超高次消費者だ、足元が壊れていっている」
「生態系破壊はそんなに危険なことなの?」
「生態系は命の循環システムなんだ。すべての種がなんらかの役割を担っている。無役の種なんてない。その循環の輪がどこかで切れてしまったら、もうバラバラになるしかない、元には戻せない」
「そんな情報は地球にはない。本当にどこにもそんな情報はない」
「君たちは誰かに教えてもらわないと何もわからないと思ってる。自分で思いついたり、そうなんじゃないかと思っても、何かどこかで同意見がないとそれが正しいのかわからなくなる、こうだ!ってひらめいたのに。直感を信じなくなってる」
「確かにそうかもしれない」
「誰かのいうことを聞くのに慣れすぎてしまっているんだ。誰かが下した決定に従うことに喜びさえ感じている。人生の決定権ですら他人に預けてしまっている」とアキが言った。
「私の世界では学校教育の中にその問題の根っこがあるんじゃないかと思っているの。競争意識と服従意識の植え付け、これが現在の教育の本質じゃないかって」
「善と悪はいつも共にいる。君たちの世界にもね。自分の人生の決定権を他人に渡してはいけない。魂はいつも輝いていなくては本当じゃないんだ。その輝きをなくすようなエネルギーがあるんだ。例えばこの世界には人工物がない。すべて自然が創造したものだ。物質は幻なんだ。人間が作り出した幻。そんなもので君たちの世界は成り立っている。君たちはただ幻を見ているだけなんだ」
「現実だと思っていることが幻だってこと?」
「そうさ、信じられないかい?」
「信じられない。物質は手にとって触れる」
「もちろん、リアルな幻だからね。でもこんなことが言いたいわけじゃないんだ。それよりも超大ピンチが来ているのにほとんどの人間がそれに気づいていない。人間はどんどん生きたい人生を生きられる力を失ってきている。夢を叶える力を失ってきている。本当の愛や幸せを手に入れることができていない。誰かの言う通りにルールに従って、夢なんて持つ前から諦めて、自分は無価値だと思わされている。無価値な人間なんていない。目を覚ます時なんだ。そして君たちがシキの声を取り戻すんだ」
「私たちがどうやってシキの声を取り戻せばいいの?」
「その質問がもうやばいんだよ。自分にはそんなことできる訳ないって思ってる。やろうと思えばなんだって出来るのに、それを信じない。君たちだからこそできるんだ。シキを救うことが」
「私たちにそんなことがで来るのかしら?」
「もちろんだよ」とアキは言った。




< >

Episode 18


"Will not you go see the north side of this mountain?" Aki said. "It's a running landscape with mountains, valleys, hills and big meadows."
"I seem to like running, it looks interesting," Takako said.
The two rushed down to the mountain ranges of the east running down like flying the slope on the north side of Oyama. There was a big rock roaring around there.
"Here the mountains around here are made of rocks, the trees lay down the roots into rocks, as Aki runs while running as running through the gaps between the rocks, creating a forest to wrap the rock."
"Is there a rock human being?" Takako said.
"Oh, you mean race derived from minerals, they live on the continent, in the interior of the continent, in rocky and sandy places," Aki said.
Takako asked, 'Are you really good people?'
"Of course, they are very nice people," Aki said.
The two arrived at a hill that overlooks several hills and overlooks a large meadow. A big rock was rolling over there in the meadow. There are rocks buried in the earth and only a part of which is on the ground.
The wind is shaking the entire meadow. The grass grows as a big wave and runs toward the leeward. It seems that an invisible dragon is flying. It rides on the swell of the wind and pretends to lick a big body.
"The dragon becomes a particle and gets on the wind," Aki said. "What constitutes a dragon is" light "... pure light"
"It's a mysterious world, but I feel like I can understand that feeling, which I had not thought of before, but I feel like I can understand your story," Takako Said.
"I can not understand it with my head, because it's a world of mind, only intuition is reliable."
"It is a pity that our world is a world of the head, I am sorry, I do not talk much about my mind, but I do not have much to say about educational background, work experience, honor, power, ... ... I can not say things like that, but to compete and live It is learned and it becomes a system that can not survive if it does not work, and it is called common sense "
"It's totally a head-of-the-world, but the surface layer is so, but how is the backside? How in your heart is there always there is something you feel in mind, this world is the world that it was a surface layer"
"It looks like the world of children," Takako said.
"A may be," Aki said. "Let's run on the meadow"
As I said so, Aki ran down the hill and headed to the meadow. Takako was feeling great pleasure in running just following him. I thought it was like a dog. I wonder if they are always soaked in such pleasure.
"There is a river and there is a bigger meadow if you cross the hill," Aki said.
"Even if it is not just grasslands, hills and mountains are fun," Takako said.
"Prairie can run the fastest, I love to run soon," Aki said.
There was a big river. "This river can not fly at a stretch, flight aiming at the middle, fly, kick the bottom of the river and fly once again," Aki said while running and flew. Takako stopped running and observed the movement of Aki.
Aki jumped in the middle of the river, and after a while it splashed splashfully and jumped out of the river. I beckoning Takako on the other side.
Takako flew with a bit of runaway. The sense of jumping into the water was a little mixed with fear. When I jumped into the river, I was about to be thrown by overwhelming water pressure at that moment. I felt the bottom of the river and kicked hard. The body jumped up to the surface of the water so that it could be flipped by something, but it seems that he jumped right above and fell into the river again.
Next time I kicked the bottom of the river toward the other side confirmed before falling into the water. The jumped body fell on the other side of the grass.
Aki, who came running around as "good, is not it" said.
"It was difficult, I did not think there was a flow"
"Although it was my first time, it was a great deal to have crossed over with two jumps, and leg strength was also a big deal," Aki said.
"This body is very nice," Takako said.

"But why did you bring me to this world?" Takako asked.
"There was something I wanted to know," Aki said.
"I wonder, I wonder about my darkness"
"There is that, or it's connected," Aki said, sitting next to Takako.
"Shiki is losing her voice, your planet is also that it is losing its radiance - a trial will always come before change - the time of turbulence will come, you guys You have to survive, otherwise you will really be ruined, "Aki said.
"It's not calm, does not it mean that everything goes well?"
"Well, before that, the shiki changes dramatically, the vibrations are conveyed to you.Whenever something changes dramatically, the worst trial will always come.You have made various trials of life make you stronger and smarter Deaf, the same thing happens to the shika.
"What is the specific thing that the worst trials come to shiki?"
"For example, your shiki's ecosystem has already crossed a line that can not be recovered already, and extinct species are in the world of tens of thousands in a year, and the number is increasing more and more. High-level consumer, my feet are broken. "
"Is ecosystem destruction so dangerous?"
"Ecosystem is a circulation system of life, all species play a role, there is no uninvolved seed, and if the circle circle is broken somewhere, there is no choice but to return I can not go back to it. "
"There is no such information on the earth ... There really is not any information anywhere."
"I guess you do not know anything unless someone else tells you, even if you think of it yourself, it seems that you do not know if it is something somewhere you do not know if it is right, this is it! Even though I was inspired, I do not believe my intuition.
"Maybe so"
"I am accustomed to listening to someone's things, I feel a pleasure even to obey someone's decisions, even the decision-making power of my life has been deposited with others," Aki says It was.
"In my world I think that there is a root of that problem in school education." Putting a sense of competition and obsession awareness, this is not the essence of current education "
"Good and evil are always with you.In the world of yourself as well.Don not give the decision right of my life to others.The soul is not true if it is not always shining.It seems like to eliminate that shine There is energy, for example, there are no artifacts in this world, everything created by nature, substance is an illusion, a vision created by human beings That's how your world is made up. I'm just watching the vision. "
"What do you think is reality is a vision?"
"Yes, can you believe it?"
"I can not believe it, the substance touches my hands"
"Of course, it's a realistic vision, but it's not something I want to say, but most people have not noticed it even though an extra-large pinch is coming in. Man can live a life I want to live more and more I am losing power.I have lost the ability to make my dreams come true I have not been able to get real love and happiness.If you like some rules, I give up from a dream before I have a dream, It is believed to be worthless - there are no worthless people, it is time to wake up and you guys regain the voice of the shiki "
"How can we get back the voice of the power wishes?"
"The question is no longer good, I think that I can not do such a thing, I can do whatever I want to do, I do not believe it because you guys can only save the shiki"
"Does such a thing come to us?"
"Of course I do," Aki said.

コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
kayagreen home
kayagreenについて
greenfingers自然素材でつくる家庭菜園つきエコアパートプロジェクト
kayagreen ブログ
ふうよう huuyou
つちとヒト
links
Facebook & Twitter

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode
みんなのブログポータル JUGEM