趣味で歌と小説と詩を掲載させていただいてます。

四季の輝き 第17話 Shine of the Four Seasons Episode 17




第17話


「それぞれの森にはこのブナの木のように癒しの波動を送るハブとなる木があるんだ。森のネットワークはその波動を全体に巡らせて森や草原全体に広がっていくんだ」とアキが言った。
「そうなのね、確かに植物の生えているところに人間は住んだり、生活したりするものね」と貴子は言った。
「岩石や砂も癒しの波動を出しているんだけど、それは別の種類の人間が主に使っている。あたしたちの波動は『水』に由来する波動なんだ、つまり『水』が肉体を創っている人種なんだ」
「別の種類の人間がいるの?」
「もちろんいるよ。鉱物に由来する波動の人種やぐっと数は少なくなるけど電気に由来する波動の人種もいる」
「その人たちとは交流みたいなものはあるの?」
「もちろんあるよ。遠い昔は鉱物に由来する人種が世界を支配していたんだ。もう気の遠くなるような昔のことだけど。 この地球がまだ幼い頃の話だよ、トカ(太陽)がシキやクンネを生み出して家族を創って間もない頃のことだからね。その頃の地球に住む人間の意識もまだ幼かったんだ。誰かに意識を支配されたり、簡単に物や快楽に意識を支配されていた。本当の自分自身に目覚めてなかったんだ。だから魂が嫌だと思っていてもそれを止める勇気もなかった。皆んなが本当の自分に目覚めてからは鉱物に由来する人種はその支配が終わることを感じて、自分たちもその自我を見つめ始めたんだ。支配する側も支配される側も魂の幼さゆえに成長するまでの間、様々な学びと覚醒のドラマを楽しんだんだ。そしてシキの成長と覚醒に呼応するように人間も自己に目覚めていった。支配もなくなり、時間もなくなり、すべての価値観が逆転したんだ。オセロがひっくり返るように」
「あなたオセロゲームを知っているの?」
「もちろん知っている、経験したからね、物質社会を。あれは夢のようだった。幼い頃に見る怖い夢のようなものだった。あたしはこの地球や人間が幼い魂の頃から生きている。幼い自分の魂が自我を見つけるのを体験したんだ。あれからもうどれくらいの年数が経ったのかわからない、ここには時間がないからね」
「百億年とか一千億年とかそんなレベルなのかしら?」
「たぶん人間の数字では表せないと思う。限りなく永遠に近い数字だろうね」
「その幼い魂の時の物質社会は、今の私たちの世界と似ているような気がするんだけど」
「たぶん似ているんだろうね。幼い星には幼い魂の人間がいる。人と地球が共鳴しあって波動を高めあうんだ。そうやって共に成長する。敵も味方もなくなって自分と他人もなくなるんだ。夢から覚めるんだ、そして自分を生き始める」
「そして野生に戻っていったのね」
「あたし達はね。水に由来する人種はそれが自然だった。鉱物に由来する人種はあたし達とは別なところに住んでいる、岩石や砂の波動が集まる場所に、そこであたし達とは別な進化を遂げている」
「争ったりはしないの?」
「お互いにもうそんな波動はないんだ、この世界は全てが愛の波動で満ちているんだ、争いが入り込む余地はないよ。たまに出会うと熱いハグをしてお互いの幸福を祝い合う、それぞれのエネルギーを交換し合うんだ、そのセッションはすごく刺激になる。あたし達の楽しみの一つなんだ、彼らはあたし達とは真逆の進化をしているんだと思う、だからその発想も世界観も独特なんだ」
「どんな風に進化しているのかしら?」
「そのうち会えるかも知れないよ、ここにしばらくいたらね」
「そういえば、いつまでいても元の時間に戻してくれるって、いったいどういうことなの?」
「君たちの世界でいうタイムスリップだよ。あたし達には時間がない、だからそれはいつでもできるんだ。本のページをめくるみたいにいつでも行きたいページに行けるんだ。君たちみたいに始めっから本を全部読まなくても良いんだよ。すべての時間は止まってるんだ、君たちはそれをつなげて時間と呼んでるんだ。そして時間は飛ばせるんだ、その気になれば君たちの世界でもね」
「よくわからない。私たちにもタイムスリップができるってこと?」
「もちろんできるよ、君たちはその可能性を自分で奪っているんだ、自分たちは無力な存在だと思い込んでいるんだ。でもそうじゃないってことに気づくために成長しているんだ」
「私たちが成長しているの? その、魂の成長ってこと?」
「もちろんそうだよ。君たちの地球は今大きく変化している。君たちの地球の意識と君たち人間の意識がシンクロして変化しているんだ。魂が成長しているんだ」
「全体の? つまり私たちの世界全体が魂のレベルで成長しているって事?」
「もちろんだよ」とアキは言った。







Episode 17


"In each forest there is a tree that becomes a hub that sends a healing wave like this beech tree.The network of the forest spreads through the whole wave and spreads throughout the forest and the grassland," Aki Said.
"Well, it is true that humans live and live in plants," Takako said.
"Rocks and sand also give out healing waves, which are mainly used by other kinds of people.The wave of ours is the wave derived from" water ", that is," water " It is the race you are making "
"Do you have another kind of person?"
"Of course there are races of the wave derived from the minerals and the number is much less, but there are races of wave derived from electricity."
"Is there something like that that people interact with?"
"Of course there was a race from minerals that dominated the world a long time ago, as it was a long way ago. This earth is still a little old story, as Toka (sun) produced shorts and cunnies and created families shortly. The human consciousness who lived on Earth at that time was still young. Consciousness was dominated by someone, and consciousness was easily dominated by things and pleasures. I did not wake up to the real self. So even though I thought that I do not like the soul, I did not have the courage to stop it. Since everyone woke up to the real self, the race derived from minerals felt that control would end, and we started to look at that ego. I enjoyed a variety of learning and awakening dramas until both the dominant side and the dominant side grew because of the young soul. And humans woke up to themselves to respond to the growth and arousal of the shiki. There was no control, time was gone, all values ??were reversed. Othello tips over it. "
"Do you know the Othello game?"
"Of course I knew and experienced it, I had a material society, that was like a dream, it was like a scary dream I saw when I was young, I have lived on that earth and mankind since I was a young age. I experienced my young soul finding my ego, I do not know how long it has been since that, because I do not have time here. "
"Is there such a level as ten billion years or one hundred billion years?"
"Perhaps I can not express it with human figures, it will be forever close to forever."
"The material society at that young soul seems to resemble our current world"
"Perhaps they are alike, young stars have human beings with a young soul, people and the earth resonate and they are going to raise their waves, so they grow together so that neither the enemies nor the ally will be with themselves Others will also be gone, awake from a dream, and begin to live yourself. "
"And you went back to the wild"
"We are a water-derived race, it was natural, a mineral-derived race lives in a place different from us, where the rocks and sand waves gather, where I We have evolved differently from others "
"Do not you fight?"
"There is no such wave in the other, everything is full of wave of love, there is no room for conflict to enter, sometimes encounters a hot hug and celebrates happiness of each other The sessions are very stimulating, it is one of our pleasures, I think that they are evolving from the opposite of us in the opposite direction, so that idea is also The world view is also unique. "
"How does it evolve?"
"I may be able to see you soon, if I stay here for a while"
"Come to think of it, what on earth is it supposed to return to its original time even when forever?"
"It's a time slip in your world, because we do not have time, so we can do it anytime.You can go to the page you want to go anytime like turning over the book's page.You can start with a book like you guys You do not have to read everything, all the time has stopped, you guys connect it and call it time, and let the time fly, even in your world if you feel like that "
"I do not understand well, does it mean we can have time slips?"
"Of course I can, you guys take that possibility by myself, I assume they are helpless, but I am growing up to notice that it is not so "
"Are we growing up, that's the growth of the soul?"
"Of course yeah your planet is changing a lot now Your consciousness of the Earth and the consciousness of you guys are changing in sync and the soul is growing up.
"Is it the whole thing, that our whole world is growing at the level of the soul?"
"Of course I do," Aki said.

コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
kayagreen home
kayagreenについて
greenfingers自然素材でつくる家庭菜園つきエコアパートプロジェクト
kayagreen ブログ
ふうよう huuyou
つちとヒト
links
Facebook & Twitter

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode
みんなのブログポータル JUGEM