趣味で歌と小説と詩を掲載させていただいてます。

四季の輝き 第16話 Shine of the Four Seasons Episode 16




第16話


音は振動しながら増幅されていく。混ざり合い、共鳴し合う。

かなりハードなサージェント・ペッパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンドが響いた。
「いい感じ!」と美和が言った。「私は好きだなこれくらいハードな感じ」
「ユウの声を聞いてたらこんな感じもありかなって思った」とタナベは言った。

「じゃあ今度は少しバラードっぽいのやりませんか?」とチッチが言った。
「どんなの歌えるの?」と美和がユウに聞いた。
「ヒューマン・ネイチャーはどう?」とユウが言った。




If they say -
Why, why, tell 'em that is human nature
Why, why, does he do me that way
もし誰かが「どうして?」と聞いたら 答えてくれよ、「彼だって人間なんだ」って
神様はどうしてぼくをこんなふうにしたのだろう
どうして



ユウはこの曲が大好きだった。とても優しい歌。そこに愛があるのを知っていて、それに憧れている。そして自分はそこには行けないと思っている。
そしてたぶん窓からそれを見ている。憧れを持って。

どこかの街角でふとこの歌に出会った時、ユウはいつも聴き入ってしまう。そして胸がきゅんとする。


セッションが再開される。




If they say -
Why, why, tell 'em that is human nature
Why, why, does he do me that way
If they say -
Why, why, tell 'em that is human nature
Why, why, does he do me that way
I like livin' this way
I like lovin' this way
こんなふうに生きるのが好きだから
こんなふうに愛したいから



憧れはいつも少し切ない感じがする。


そして音は増幅されたエネルギーとなり、それぞれのエネルギーとセッションする。音は癒し合い、共鳴し合う。そしてそれぞれはメッセージを受け取る。
音は振動するエネルギーとなって世界を癒す。
「私も歌で誰かを癒したい」とユウは思う。「私の歌で誰かが癒されていたらいいのに」






「もう少し山頂の方に大きなブナの木があるんだ。あたしは時々その木のところに行くんだ。この森全体に大きな癒しの波動を送っている木なんだ。行ってみないか?」とアキが言った。
「行ってみたい」と貴子は言った。
二人は樫の木から飛び降りて尾根筋を走った。青空が広がっている。空気が澄み切っている。「こんな世界があるのね」
「君たちの世界とそっくりなんだけどね」と走りながらアキは言った。

そのブナの木は深く大地に根を下ろしていた。ザラザラとした艶やかな幹は潤いに満ちていた。枝はその根の深さを物語るように高く大きくその枝葉を広げていた。深い、静かな波動をたたえていた。
「すごい木ね、こんなに大きなブナの木を見たのは初めてかも知れない」と貴子は言った。
「月の九頭龍にも負けないくらい大きな癒しの波動を放ってる」とアキは言った。
「そうね、とても癒される」と貴子は言った。「こっちの世界にもトットはいるの?」
「トットもクンネもトカ(太陽)もいる。ソナ(太陽の九頭龍)もいる。宇宙のエネルギーもあたしたちのエネルギーなんだ。共鳴しあって交換し合うんだ」
「じゃあこのブナの木の癒しのエネルギーはこの森全体を癒しているのね。この木は宇宙のエネルギーを伝えるアンテナみたいなものなの?」
「そういえるかも知れない。何かを癒すことはそんな巡るエネルギーを伝えることなんだ、想いと共に」とアキは言った。
「想いと共に」と貴子は言った。「このブナの木にも想いはあるのかしら?」
「もちろんあるよ。この森を癒したいって想ってる。だからあたしたちはこのブナの木が大好きなんだ」とアキは言った。「とても癒される」

貴子もその大きなブナの木の下で言いようのない心地よさを感じていた。過去も未来も忘れ去ってしまうような圧倒的な幸福感を感じる。
今現在の時の流れが全てであるように、今という瞬間をとても大きく感じる。

「この世界は『今』が全てなんだ。過去は過ぎ去ったもの。全ては空いゆく。未来は『今』が創りあげるもの。だからいちばん重要なのは『今』なんだ。『今』がとても癒されていて幸福を感じるならば、それがいちばんの幸福なんだよ」
「私はこの闇を抱えてとても不安になるの。未来への不安が取り払えない」
「未来は心配するものじゃないんだ、ただやってくるものなんだ。『今』創造した未来がただやってくるんだ。心配するとそれがやってくる、楽観してるとそれがやってくる。あたしたちのこの世界ではそれが真理なんだ」
「私たちの世界でも、もちろん未来は創造していくものだと思ってるわ。勉強したり働いたりして未来をよりよくしようとしている」
「それをやってる時本当に楽しいの? 未来に備えて何かをしている時、癒しを感じているの?」
「それは人それぞれかも知れないけれど、癒しを感じている人は少ないかも知れないわね」
「昔、君たちの国では薪で火を焚いて煮炊きをしていたよね。行燈の光で闇を照らし、沢や井戸から水を汲んでいた。そんな時代、人間は朝起きてから寝るまでの間、様々な仕事をしていた。衣服を作るための植物を育て、食べるために採集や畑仕事をし、暮らすために家を建てた。材料から全部自分たちで調達し、つくっていた。野生で生きられない人間はそうやって文化をつくったんだ。自然に寄り添って、共同生活を送るため集落をつくった。その頃の人間は未来のために仕事をするけれど、その仕事はいつもとても重要で、やりがいのある楽しいものだったと思う。その楽しさの中にははっきりとした神聖さがあって、水を汲む所作一つ、物を置く所作一つとっても、そこには神と共に生きているという気概があったはず。それが君たちの地球の人間の文化なんだ。君たちは野生から離れてそういう文化をつくったんだ」
「確かに、そういう時代もあったわね。私はアキの記憶があるから平安時代の人々の生活もよく分かる。時代を追うごとに『神と共に生きている』っていう感覚は薄れていったわ。神は普段から消え去って何かの時だけ頼ったり祭ったりしているだけになってしまっている」
「『神』も君たち人間がつくりだした幻想だよ。神がいないと思えば神なんていない。今の君たちの星の人間が神なんていないと思っていれば、本当に神はいなくなるんだ」
「この世界には神様はいるの?」と貴子は聞いた。
「特別な神はいない。全員が神なんだ」
「よく分からない。どういうことなの?」
「話をするより感じる方が腑に落ちるでしょう、しばらくこの世界にいるといいよ。いつまでいても、また来た時と同じ時間に鏡の前に戻してあげる」とアキは言った。

貴子はここがどういう世界なのかもっと知りたいと思った。毛に覆われた野生動物のような身体も、もっと体感したい。 「もしよければこの世界をもっと見てみたい」と貴子は言った。




< >

Episode 16


The sound is amplified while oscillating. Mix and resonate.

The pretty hard Sargent ? Peppers ? Lonely ? Hearts ? Club Band echoed.
"Good feeling!" Miwa said. "I like it, it feels like this hard"
"When I heard the voice of Yu, I thought that there was such a feeling," Tanabe said.

"Well then shall we do something like a ballad?" Said Tchcić.
"What singing can you sing?" Miwa asked Yu.
"How about Human Nature?" Yu said.




If they say -
Why, why, tell 'em that is human nature
Why, why, does he do me that way
If someone asks "Why?" Please answer, 'He's a human'
How did God like to have me like this
How come



Yu loved this song. A very kind song. I know that there is love there, I long for it. And I think that I can not go there.
And perhaps it is looking at it from the window. Have a yearning.

When I suddenly encountered this song at some street corner, Yu always listens. And my heart is full.


The session is restarted.




If they say -
Why, why, tell 'em that is human nature
Why, why, does he do me that way
If they say -
Why, why, tell 'em that is human nature
Why, why, does he do me that way
I like livin 'this way
I like lovin 'this way
Because I like to live like
I want to love like this



I always feel a bit truly adorable.


Then the sound becomes amplified energy and sessions with each energy. Sounds heal and resonate. And each receives a message.
Sound heals the world by becoming vibrating energy.
"I want to heal someone with songs," Yu thinks. "I wish someone was healed by my song"






"There is a big beech tree a little bit more toward the summit, I sometimes go to that tree, a tree that sends a big healing wave throughout this forest. Said Aki.
Takako said, "I want to go."
The two jumped off the oak tree and ran along the ridge line. The blue sky is spreading. The air is clear. "There is such a world"
"Aoi said while running," It is exactly like your world. "

The beech tree was deeply rooted in the earth. The rough trunk which was gritty and full of moisture was full. The branches were widely expanding their branches and leaves so as to tell the depth of their roots. It was praising deep, quiet waves.
"It might be the first time that I saw such a big beech tree," said Takako.
"We are releasing as much healing wave as not to beat the nine-headed dragon of the month," he said. "Well, I will be healed very much," Takako said. "Is there a Tott in this world too?"
"There are Tott, Kunne, Toka (the sun), There is also Sona (the nine-headed dragon of the sun), the energy of the universe is also our energy.I resonate and exchange each other '
"Well, the healing energy of this beech tree heals the entire forest, is this tree like an antenna that conveys the energy of the universe?"
"It may seem like that, healing something is to convey that kind of energy, with thoughts," he says.
Takako said "With my thoughts". "Is there a feeling for this beech tree too?"
"Of course I have a desire to heal this forest, so we love this beech tree," he says. "Being very healed"

Takako also felt uncomfortable feeling under the big beech tree. I feel the overwhelming feeling of happiness that forget both the past and the future.
As the flow of the present time is all, I feel the moment is very big now.

"This world is everything" now "All the past has gone away All goes free The future is what" now "creates So the most important thing is" now "What is" now "very healed If you feel happy, it is the happiest thing.
"I am very uneasy with this darkness, I can not pick up my anxiety about the future"
"The future is not a thing to worry, it's just coming." The future created now is just coming up, it will only come when you worry, it will come when you are optimistic.In our world of this There is truth. "
"In our world, of course, I think that the future will be creative, I am trying to improve my future by studying and working."
"Is it really fun when you are doing it? Do you feel healing when doing something for the future?"
"It may be different for each person, but there may be few people who feel healing."
"Long ago, in your country you had cooked fire with firewood with firewood, lighting the darkness with the light of the row lamp, drawing water from a swamp and a well In such a period, humans wake up in the morning to sleep He was doing various work while doing various work.I raised plants to make clothes, gathers and works the field work to eat and builds a house to live.It raised and made all of themselves from the materials themselves. Human beings who can not live in the wild did so by doing so, we stood close to nature and made settlements to live a shared life.The people in those days work for the future, but their work is always very important I think that it was a worthwhile and fun thing, there is a distinct sacredness in that pleasure, one piece of work that draws water, and one work that puts things, there living with God You should have had a spirit of saying that. Chino'm Earth of human culture. You guys I made that kind of culture away from the wild "
"Sure, there were also such times. Since I have memories of Aki, I know the lives of the people of the Heian period.The sense of being" living with God "faded as I followed the times Wow, God has disappeared from my usual days and I am relying only on something and festivals.
"God" is also an illusion that you guys made with you.If you do not think there is no god, there is no god, if you think that there are no gods of your star's stars now, there really is no god. " /> Takako asked, "Is there God in this world?"
"There is no special god, all of them are gods." "I do not really understand, what is that?"
"If you feel better than talking, you will find it better to stay in this world for a while, let's go back to the mirror at the same time as you came, even when you can stay forever," he said.

Takako wanted to know more about what kind of world this is. I want to experience more body like wild animals covered with hair. "If you wish, I would like to see more of this world," Takako said.

コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
kayagreen home
kayagreenについて
greenfingers自然素材でつくる家庭菜園つきエコアパートプロジェクト
kayagreen ブログ
ふうよう huuyou
つちとヒト
links
Facebook & Twitter

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode
みんなのブログポータル JUGEM