趣味で歌と小説と詩を掲載させていただいてます。

四季の輝き 第15話 Shine of the Four Seasons Episode 15




第15話


「僕を生かしてくれていた愛」凛太朗は明けていく世界を見ながら思った。
お母さんは僕を愛してくれていたんだろう。僕はその時それがわからなかった。
その思いは自分に対する強い依存と執着のように感じていた。できればそれから逃げ出したかった。
でも、あれは愛だったんだろう。

母親は知り合いの家に凛太朗の荷物を預けていた。
僕が夢の中に置いてきた荷物だ。母親が持っていた僕の荷物。
凛太朗は部屋に戻ると服を着替えた。もう電車は動いているはずだ。玄関を出て、門を抜けた。駅に向かって歩いていく。
「どこに行くの?」とちひろが言った。でもその姿はない。
「お母さんの知り合いの家に僕の荷物を取りに行く」凛太朗はそう言って走り始めた。


凛太朗は母親に連れられて、この家に何度か遊びに来たことがある。母親が現役の歌手だった頃、親しくしていた家族だった。
家に着くとアルミ製の門柱に貼り付けられたインターホンを押した。
ドアが開くと「どうしたの? 凛太朗くん、こんなに朝早くに」と紀子は言った。
「僕の荷物、お母さんが預かってもらってたもの、取りに来たんです」
「ああ、あれか。でもすごく朝早いのね、何かあったの?」と言いながら紀子は凛太朗を玄関に招き入れた。家のリビングの方では子供たちと父親の笑い声が聞こえた。卵焼きのいい匂いがする。
「特に何もないんです。思い出したんです、荷物のこと」
「わかった、ちょっと待っててね」紀子は言って二階に上がっていった。階段を登りながらリビングに向かって「お湯の火止めてコーヒー入れておいて」と言った。

「これよ」といって紀子はデニム生地のトートバッグを凛太朗に渡した。「何かリュックみたいなものに入れてあげようか?」
凛太朗はバッグの重さを確かめながら「大丈夫そうです」と言った。

「朝ごはん食べてく?」と紀子は凛太朗に聞いた。
「施設に戻ればありますから」と凛太朗は言った。
礼を言って玄関を出た。ここにも生かしてくれていた愛があった。と凛太朗は思った。

部屋のベッドの上でバッグの中身を確かめてみる。小さい写真のアルバムがあった。どれも幼い自分が写っていた。母親の写真はあまりなかった。一緒に写った写真が何枚かあるだけだった。
母親は律儀に日付と場所を記していた。思ったことや感じた事が記されている時もあった。その言葉には愛がたくさん詰まっていた。泣き顔にさえ愛のある言葉が添えられていた。
「今の僕にはそれを感じる事ができる」凛太朗は涙が溢れてくるのを止められなかった。
「僕はわからなかった。自分が生きるのに必死だった。この世界は違和感がありすぎるんだ!」


「違和感?」とあおいが聞いた。
「そう、違和感」と凛太朗は言った。
「なぜ違和感を感じるの?」
「僕の感じている当たり前が他の人とは随分違うんだ。学校もあまり好きじゃない、勉強も楽しいと思わない。何かずっと無駄なことをしている気がする」
「そんな風に感じる子供は少ないわ」
「それを言ってもわかってもらえない。友達にもお母さんにも」
「仕方ないわよ、私たちがそう思っている事と、大多数の人が思っている事の差は、時には真逆なほど違うのよ」
「そうだね、僕もそれに気づいたんだ、ちひろと話している時に。何か世界が違うような気がするんだ」
「リンが望めば君はいつでも獣になれるのよ」とあおいは言った。
「どういう事?」
「リンはあたしと同じ世界の人間なの。だからきっかけさえ思い出したらいつでも獣になれるんだ。君の魂はこの世界の人間の魂じゃないからね」
「あの獣の姿は違う世界の人間の姿なの?」
「違う星、違う次元。ここではない世界。そんな世界の人間の姿なの」
「きっかけを思い出すってどうやればいいんだろう?」
「そのうちにきっとわかるよ、いろんなことが」とあおいは言った。「それまでゆっくりリンは自分を生きればいいのよ」
「あおいはどうしてそんなこと言うの?」
「あたしは思い出したんだ。思い出したらいろんなことがすごく楽になった」
「そうか、よかったね。僕も僕を生かしてくれていた愛を見つけた。嬉しい、暖かい思いがこみ上げてきた」
「その続きにきっと思い出す時が来るんだよ。嬉しい思いや暖かい思いを大切にして自分で自分を癒してあげるんだ。そうしたらきっと思い出すよ。お母さんのことは好きになれたでしょう?」
「うん」と凛太朗は言った。「お母さんのことは大好きだ」凛太朗はそう言った。





< >

Episode 15


"The love that made me alive" Rintaro thought while watching the world that is coming.
Mother would have loved me. At that time I did not understand it.
I felt that thought was strong dependence and attachment to myself. I wanted to escape from it, if possible.
But, that was love.

My mother left Rintaro's luggage in his acquaintance's house.
It's a bag I put in my dream. My baggage my mother had.
Rintaro changed his clothes when he returned to the room. The train should already be moving. I left the entrance and passed through the gate. I will walk toward the station.
"Where are you going?" Told Hirohiro. But that is not the case.
"Go to my mom's acquaintance house to pick up my bags," Rintaro said so and started running.


Rintaro has been brought to his mother and has visited this house several times. When my mother was an active singer, he was a familiar friend.
When I reached home I pushed the interphone stuck on the aluminum pillar.
Noriko said, "What happened? Rintaro-kun, so early in the morning," when the door opens.
"My baggage, what my mother kept, I came to pick it up."
"Oh, that one ?. But Noriko invited Rintaro to the front door saying something happened so early in the morning? In the living room of the house I heard the laughter of my father and my children. I smell a good egg.
"I do not have anything in particular, I remembered, about luggage"
"I understand, please wait for a moment" Noriko said to the second floor after saying. As I climbed the stairs and said to the living room, "Please stop the hot water and put coffee."

Noriko handed over this "toyo" to Rintaro for a denim fabric tote bag. "Should I put it in something like a backpack?"
Rintaro said "I'm okay" while checking the weight of the bag.

Noriko asked Rintaro, "Will you eat breakfast?"
"Because there is a case to return to the facility," Rintaro said.
I thanked him and left the front door. There was love that made it alive also here. Rintaro thought.

I will check the contents of the bag on the bed in the room. There was a small photo album. Every one of them was a little young. There were not many pictures of her mother. There were only a few photos taken together.
Mothers wrote the date and place wisely. There were times when what I thought or felt was written. The word was full of love. Even crying face was accompanied by loveful words.
"I can feel it for me now." Rintaro could not stop tears from overflowing.
"I did not understand, I was desperate to live, this world is too strange!


"Odd impression?" Yui asked.
"Yes, something wrong," Rintaro said.
"Why do you feel strangeness?"
"The reason I feel is quite different from other people, I do not like school so much, I do not think studying is fun. I feel like I'm doing something useless all the time."
"There are few children feeling like that"
"Even if I say that, I can not understand." For both friends and mothers
"There is no choice, the difference between what we think and the things most people think is sometimes quite different,"
"Yeah, I also noticed that, when I'm talking to Chihiro, I feel somewhere in the world is different."
"If Rin hopes, you can always become a beast," he says.
"What do you mean?"
"Lin is a human in the same world as me, so whenever I recall even a chance I can become a beast any time, because your soul is not the human soul of this world."
"Is the appearance of that beast a human figure in a different world?"
"A different star, a different dimension ... A world that is not here ... It is the figure of a human being in such a world"
"How can I remember the chance?"
"Surely you will understand, various things," said the Aisa. "Let's live myself slowly until then"
"Why are you saying that Aoi like that?"
"I remembered that when I remembered, things became very easy"
"Ok, that's good, I also found the love that made me alive. A happy, warm feeling came up"
"The time will come to remind me of that, I will cure myself for myself by treating my happy thoughts and warm thoughts, I will surely remember then, did I like the mother?"
"Yes," Rintaro said. "I love my mom," Rintaro said so.

コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
kayagreen home
kayagreenについて
greenfingers自然素材でつくる家庭菜園つきエコアパートプロジェクト
kayagreen ブログ
ふうよう huuyou
つちとヒト
links
Facebook & Twitter

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode
みんなのブログポータル JUGEM