趣味で歌と小説と詩を掲載させていただいてます。

四季の輝き 第13話 Shine of the Four Seasons Episode 13




第13話


「あたしとリンがなぜ似てるんだかわかる?」とあおいが言った。
「孤独だから?」と凛太朗が言った。
「リンもあたしも自分を愛していないのよ」
「どういうことなの?」
「自分を好きかってこと」
「好きじゃない」と凛太朗は言った。

「この世界は思いが創ってるんだ」とあおいは言った。「起こることや出会う人、全部。だからあたしはリンに命を譲れた」

「僕には難しい」
「そうだね、でもそのうちに気づくよ。ただ自分を好きになってあげてもいいってことを言いたかったんだ、ついでに自分にもね」とあおいは言った。

「自分を好きになれたら幸せだろうね。ちひろに好きなことは何かって聞かれたんだ、でも僕は好きなことがわからない。自分を好きな人は自分の好きなことを知ってる人なんでしょう?」
「かわいそう」
「あおいもそういう風に言うんだね」
「あたしはエゴの塊だからね、自分の欲することはすぐにわかる。自分の声を聞いてあげればいいんだよ、耳を澄ましてね」

声はだんだん遠くに遠のいて行き、それが夢なのか現実なのかが曖昧になる。 朝目覚めると、それが夢だったんだと気づく。

凛太朗は靴を履いて庭に出てみた。まだみんな眠っている。光が綺麗に見える。
朝と夜の境界線にいる時の光だ。




夜明けと共にあおいの感覚は薄れていく。夜の間一緒にいたのに、太陽が昇るとその存在は奥深くの手の届かないところに行ってしまう。
太陽が、僕とあおいを隔ててるんだ。 
闇の世界に自分も行きたいと思った。
「そしたらずっと一緒に居られるのに」

「行っちゃダメよ」とちひろが言った。「闇の世界なんかに行ったら、きっとまた一人ぼっちになっちゃうよ」
ちひろは凛太朗の隣に座ってその小さな手で凛太朗の手を握った。

「僕は自分のことが好きじゃない。そしてたぶん誰のことも好きじゃない」
「かわいそう。誰のことも好きじゃないなんて。私はみんなが好き、自分のことも好き、でも一人でいるのが好き。凛太朗くんとは正反対ね」
「そうだね、僕は誰かと一緒にいたい」
「でも誰のことも好きじゃない」とちひろが言った。
「ひどい奴だね」
「そして自分を嫌いになる」とちひろは言った。
「なぜそうなるんだろう?」と凛太朗が言った。
「迷子になってるのよ、あおいさんは凛太朗くんに命を譲ってくれたんでしょう。凛太朗くんを自分のように思っていたのよ。あおいさんにとって凛太朗くんはあおいさん自身だったんだと思うの」
「僕もそう思ってる」
「今いない人のことをそんな風に思っても仕方ないよ。現実にいる人のことを思わなくちゃ」とちひろが言った。「もっとたくさんいるはずよ。凛太朗くんを生かしてくれていた愛が」
「生かしてくれていた愛?」
「人は愛してくれる人がいなくなると死んでしまうと思うの。どんなにそれまで健康だったとしても」
「そうかもしれない。僕はお母さんが死んでからどんどん自分も死んでいくのがわかったんだ。生きているのに、もう死んでいるんだ」
「でも必ず誰かに出会うの。誰にも出会わずには生きていけないの。その人たちを愛すればいいのよ、自分だと思って」とちひろは言った。
「僕は誰かと出会ってその誰かを傷つけるのが怖いんだ」
「そうやって自分を傷つけるのをもうやめたらいいのよ、だってその誰かは自分なんだもん」
「そしたら僕は自分を好きになれるのかな」
「凛太朗くんなら、きっと大丈夫よ」とちひろは言った。

朝の太陽がだんだんと光を増してきた。横にいたはずのちひろの姿は色がだんだん薄くなりやがて消えてしまった。

この世界は夢のようだと凛太朗は思った。みんな現れては消えていく。




< >

Episode 13


"Do you know why Lynn and I are similar?" Said the Aoi.
"Is it because of loneliness?" Rintaro said.
"Lynn and I do not love myself"
"What do you mean?"
"Do you like yourself"
"I do not like it," Rintaro said.

"The world creates thoughts in this world," he said. "Everything that happens and meets people, everything, so I was able to give life to Rin."

"It is difficult for me"
"Yes, but I will notice it, but I wanted to say that I could give myself to going to like him, and also to myself," he said.

"I would be happy if I could like myself.I heard something whatever I like about Chihiro but I do not know what I like.The person I like is myself who knows what I like Shou? "
"Poor thing"
"Aoi says like that"
"Because I am a mass of ego, I can understand what I want at once, listen to my voice, listen carefully"

The voice gradually moves farther away, and it becomes ambiguous whether it is a dream or a reality. When I wake up in the morning, I notice that it was a dream.

Rintaro took a pair of shoes and went out into the garden. Everyone is still asleep. The light looks beautiful.
It's light when you are at the boundary between morning and night.




With the dawn, the feeling of the ail is getting faded. Even though we stayed together for the night, as the sun rises its presence goes to places where deep hand does not reach.
The sun separates the aoi with me.
I wanted to go to the world of darkness as well.
"Then I will stay forever."

"Do not go," told Hirohiro. "When I go to the world of darkness, I will definitely keep lonely again.
Chihiro sat next to Rintaro and grabbed Rintaro 's hand with its small hand.

"I do not like myself, and maybe I do not like anyone."
"I feel sorry, I do not like anyone, I love everyone, I also like myself, but I like to be alone. Rintaro-kun is the opposite way.
"Yes, I want to be with someone."
"But I do not like anyone," he said.
"A terrible person"
"And I hate myself," Hijiru said.
"Why does it happen," Rintaro said.
"I'm getting lost, Aoi gave my life to Rintaro-kun, I thought Rintaro-kun as myself, Rin Tarou-kun for Aoi was himself Aoi himself I think "
"I think so too."
"There is no point in thinking about people who are not at present, I have to think about the person who is in reality." Hirohi said. "There must be many more, the love that made use of Rintaro-kun is alive"
"Do you love me alive?"
"People think they will die when a person who loves me, no matter how much I was healthy"
"I may be, I found myself going dead more and more as my mother died, even though I live, I am already dead.
"But be sure to meet someone, I can not live without meeting anyone, I just hope you love those people, you think I am," Hirohi said.
"I am scared of meeting someone and hurting someone else."
"You ought to stop hurting yourself so because someone is yourself."
"Well I wonder if I can like myself."
"If Rintaro-kun, you surely will be fine," Hirohi said.

The morning sun has become more and more light. The color of Chihiro who was supposed to be lying gradually thinned and eventually disappeared.

Rintaro thought that this world seemed like a dream. Everyone appears and disappears.

コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
kayagreen home
kayagreenについて
greenfingers自然素材でつくる家庭菜園つきエコアパートプロジェクト
kayagreen ブログ
ふうよう huuyou
つちとヒト
links
Facebook & Twitter

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode
みんなのブログポータル JUGEM