趣味で歌と小説と詩を掲載させていただいてます。

四季の輝き 第12話 Shine of the Four Seasons Episode 12




第12話


貴子は午前中の仕事が片付くと近所にある喫茶店に行った。「喫茶まちこ」は時々ふと行くお気に入りの喫茶店だった。昭和の佇まいが昭和生まれの貴子にはとても懐かしい感じがした。
カウベルを鳴らしながら扉を開けると真知子が「いらっしゃい、久しぶりだね」と顔を明るくしながら言った。
「そうね、久しぶりね」と貴子も笑顔で言った。「アイスコーヒーちょうだい」とカウンター席に座って言った。
真知子はパチンと指を鳴らして「オッケー!」と言った。

少し自分を癒してあげなければ、と貴子は思っていた。凛太朗の問題は思わぬ事態になってしまった。
「意識」は二箇所同時に覚醒するかも知れない。凛太朗を支配していた意識は自分の中に取り入れたが、凛太朗の中にもまた湧いてくるかも知れない。「意識」は二つの身体に同時に存在するのだろうか。
凛太朗はあおい、と言っていた。アキの意識はその闇の本領を持ち合わせているようだ。支配されると何が起こるかわからない。

「お待たせー」と言って真知子がアイスコーヒーをカウンターに置いた。
いい香りがする。香ばしくてほんのり甘い香り。焙煎されている時の煙がそのまま漂ってきているようだ。
「いつもいい香り」と貴子が言った。
「そうでしょう、今回のブレンドはかなりいい感じだと思うよ。サカウエさん良い村見つけたって言ってたの。ベトナムのどこからしいんだけど詳しい場所は教えてくれないのよ『あまり人に教えない方が良いと思うんです』ってサカウエさんは言ってたわ」と真知子は言った。
「そうなのかも知れないわね。あの人が良い村っていうんなら良いところなんだろうね。」
「日本人は全然誰も知らない感じで、その村に来た日本人はサカウエさんが初めてなんだって。目星はつけていたらしいんだけど、ベトナム入りしてから人にいろいろ聞いてやっとたどり着いたらしいわ」
「あの人もタフなのね」と貴子は言った。
大きく割られた氷をストローで回して一口飲んだ。冷んやりとした感覚と共に香りがふわっと広がる。飲み込んだ後に酸味がほのかに残る。

美味しい。

「いつも癒される味だわ」と貴子は感心しながら言った。
「ありがとう。そう言ってもらえるのが一番嬉しい」と真知子は言った。
「本当に美味しい。頭休ませるのにはぴったりだわ」と貴子は言った。
「なんかあったの?」
「まあ、いろいろとね」と貴子は言った。「それにしてもこのコーヒー、毎回豆が違うのにストライクゾーンを確実にキープしてるのはなぜなの?」
「サカウエさんはどこでどんな豆を仕入れてくるかわからないでしょう、常に一番いいのを探してるし、環境だって変わる。去年は良かったのに何かが劇的に変わってしまって村がダメになってしまうことがあるらしいの。そうなったら豆の質も変わってしまうらしいし、味ばかりが主張して香りが無くなってしまったり、サカウエさんは香りにこだわる人だからね、どこの産地でもコーヒー豆本来の香りというのがあるらしくて、その香りが出る豆しか仕入れないっていういわば共通項みたいなものがあるのよ、それと繊細さよね。焙煎の仕方や挽き方、入れ方で香りも味もかなり変わってくるの、その変化の仕方を押さえておけばストライクゾーンはキープできるの」と真知子は言った。
「たいしたものね、あなたもサカウエさんも」と真知子は言った。
「好きでやってるだけなんだけどね」と真知子は言った。「私が飲みたいコーヒーを作っているだけなのよ」
「本当に癒される」と貴子は言った。




凛太朗は眠りに落ちる前にいつもあおいの声を聞いた。時には夢にも現れた。向こうからやってくるのだ。
しかし、その時のあおいは明るくて、よく笑った。眠る前のあおいの声は、自分の人生を話していた。もちろん会話もできるが、大抵はあおいが経験してきたことを話した。
鬼に噛まれて鬼になったこと。人を喰らったこと。おりょうと佐吉に会ったこと。焼かれて炭になり、土の中で百年眠っていたこと。百年桜の根に意識を置いてきたこと。

「ほらリンにもわかる? 土の湿った感じ、伝わる音や気配」
「うん感じる。どんどん神経の根が伸びていく。根っこがそれを伝えてくれる」 「伝わるの早い」と言ってあおいは笑った。
「助けてくれてありがとう」と凛太朗は言った。「命を譲ってくれたんでしょう?」
「いいの。あたしは自分の命を自由に使っていいって思えたの。たとえ約束があったとしても。リンの命はあたしにしか救えなかったから。それにサポにもトットにも会えた。あたしには何も後悔はない」とあおいは言った。
「あおいと一緒に居れて、もう寂しくない」と凛太朗が言った。
「あたしはいつもリンの側にいる。深いところに」
凛太朗は声を聞きながら、毎日眠りに落ちた。

夢に出てくるあおいは、いつも黒の革ジャンを着ていた。浜辺に並んで座って海を見ていた。
自分の心配事に付き合ってくれるように凛太朗の心に寄り添ってくれた。
夢に出てくるあおいはあまり多くを語らずに、いつも心に寄り添うだけだった。 凛太朗はその風景をただ見ていた。 傍観者のようだった。夢の中で、自分を傍観している。
自分は一人のはずなのに、いつもあおいが共にいる。安心する。このまま自分を生きていけそうな気がする。あおいがいてくれるなら、僕は僕を生きれるかもしれない。




< >

Episode 12


Takako went to a coffee shop nearby when the work in the morning came. "Tea cucumber" was a favorite coffee shop sometimes going suddenly. The appearance of Showa felt very nostalgic for Takako born in the Showa era.
When Mr. Machiko opened the door while ringing the cowbell, saying, "Welcome home, it's been a long time ago," saying brightening his face.
"Well, it's been a while," Takako said with a smile. I sat on the counter seat with "iced coffee, please" and said.
Machoko sounded snappy with a snap and said "Ok!

Takako thought that he had to heal himself a little. The problem of Rintaro was an unexpected situation.
"Consciousness" may awaken simultaneously at two places. Although I adopted consciousness that dominated Rintaro in myself, it may spring up also in Rintaro. Does "consciousness" exist in two bodies at the same time?
Rintaro said that it is blue. Aki's consciousness seems to have the dark skill. I do not know what will happen if dominated.

Mashiko placed ice coffee on the counter saying "Please wait".
It smells nice. Scent fragrant slightly sweet scent. It seems that the smoke when roasting is drifting as it is.
"Always smell good," Takako said.
"I think that this blend is quite nice.I was saying that I found a good village in Sakae, it is somewhere in Vietnam, but I will not tell you the detailed location" If you do not tell people so much "I think Sakae says," Makiko said.
"It may be that it is a good place if that person is a good village."
"Japanese people do not know anyone at all, I heard that Mr. Sakae is the first Japanese who came to the village.These people seemed to have been on the planet, but after entering Vietnam it seems they have reached someone by listening to various people "
"That person is also tough," Takako said.
I drank a big bite by turning the big broken ice with a straw. The fragrance grows fluffily with a feeling of coolness. After swallowing, sourness remains faintly.

delicious.

"Taste is always healed," Takako said with admiration.
"Thank you, the happiest thing to say so," Makiko said.
"It is really delicious, it's perfect for making a head rest," Takako said.
"Did something happen?"
"Well, there are many things," Takako said. "Anyway why is this coffee, every time beans are different but surely keeping the strike zone?"
"Mr. Sakae will not know what kind of beans to buy, I'm always looking for the best and changing the environment.Though it was good last year but something changed dramatically and the village got damaged It seems there is a thing that it is likely to become something.The quality of the bean will change if that happens, only the taste argues and the fragrance disappears, Mr. Sakae is a person who sticks to the fragrance, so coffee There seems to be a natural fragrance of beans, there is something like a common item so that only the beans that produce the fragrance come out, it is delicate and it is fragrant with how to roast, how to grind, how to put it The taste changes considerably, if you hold down the way of change, you can keep the strike zone, "Makiko said.
"A lot of things, you and Sakae too," Makiko said.
"I just do it as I like it," Makiko said. "I am making coffee that I want to drink"
"It really gets healed," Takako said.




Rintaro always heard the voice of Aoi before falling asleep. Sometimes I had a dream come true. Coming from over there.
However, the aoi at that time was bright and laughed a lot. The voice of the Aoi before sleeping was talking about his life. Of course we can talk, but mostly we talked about what Aoi has been experiencing.
Being bitten by demons and becoming demons. To eat people. Having met with Ryo and Sakichi. Being burned into charcoal, sleeping in the earth for a hundred years. What has been the consciousness in the roots of cherry blossoms for hundred years.

"Do you understand also Lin Rin? Feeling of dirty earth, sounds and signs that are transmitted"
"Yeah I feel more and more and the roots of my nerves will grow steadily, Roots will tell it" Laughing with a saying "Early to be transmitted," the Aoi laugh.
"Thank you for your help," Rintaro said. "You gave up your life?"
"I think it's okay for me to use my life freely, even if I had a promise, I could only save the life of Rin to me, I also met Sapo and Totto. There is nothing to regret on, "he said.
Rintaro said, "I am lonely with staying with Aoi."
"I am always on the side of Rin, in a deep place"
Rintaro fell asleep every day listening to her voice.

Aoi coming out in my dreams was always wearing black leather jacket. Sitting side by side on the beach and watching the sea.
It cuddled up with Rintaro 's heart so that I could go out with my own worries.
The aoi that comes out in my dreams did not talk much, I always snuggled in my mind. Rintaro just saw the scenery. It was like a bystander. I am standing by myself in my dream.
Even though I am supposed to be alone, the girls are always with me. feel relieved. I feel like I can live my life as it is. If it helps me, I may be able to live.

コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
kayagreen home
kayagreenについて
greenfingers自然素材でつくる家庭菜園つきエコアパートプロジェクト
kayagreen ブログ
ふうよう huuyou
つちとヒト
links
Facebook & Twitter

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode
みんなのブログポータル JUGEM