趣味で歌と小説と詩を掲載させていただいてます。

四季の輝き 第10話 Shine of the Four Seasons Episode 10




第10話


美和は着ていた雨合羽を脱いで自転車のカゴに入れた。バイト先はアパートから少し坂を下ったところにある。
「何であんな風に言ってしまうんだろう」
美和は最近タナベに優しくできないことを少し気にしていた。何か少しづつ、思いがすれ違っている。

伝えたいことと伝わることの間に幾重にも見えない層があって光を屈折させるように思いが屈折する。
タナベに伝わるのは思いとは真逆の思い。
本心を伝えるのは難しい。言葉なんてなければいいのに。ダイレクトに思いだけ伝わればいい。

凛太朗は雨に濡れずに無事に施設に戻っているのだろうか。今度、機会があればタナベと一緒に尋ねてみよう。
あの少年は葵を探して訪ねてきた。私も葵ともう一度会いたい、会って無事を確かめたい。どこにいるんだろう。確かめたいことがたくさんある。

本当に生きているんだろうか。トットやシキのことはどうするんだろう。
「でっかい龍を起こすんでしょう。そして約束を果たすんでしょう?」

できるなら私も「獣」になりたい。その硬い毛を全身に纏いたい。

世界は変な風に歪んでいる。世界は着色されている。
この思いを誰かと共有したいが、美和には葵しか思い浮かばなかった。






凛太朗はベッドの上で意識を取り戻した。母親と暮らしていたアパートの扉の前に立っていたはずだったのに。
どうして施設のベッドの上にいるんだろう。
「僕は眠っていたんだろうか、どこにも行ってはいないんだろうか?」夢でまたあおいに会ったような気がした。
全身がひどくだるかった。水泳の後のようなだるさだった。
頭が働かない。考えが、重しをつけられたようにゆっくりとしか動かない。
ドアがノックされた。
開け放されたドアを貴子がノックしていた。
「気がついた?」と貴子は言ってベッドの脇の椅子に腰掛けた。「気分はどう?」
「体がだるい。僕は眠っていたの?」
「そうね、よく眠っていたわ」
「僕は電車に乗って出かける夢を見ていたみたい」
「どうして電車に乗ったの?」
「違う街にあおいを探しに行ったんだ」
「あおい?」
「友達の女の人」
「それで、会えたの?」
「会えたような気がする」と凛太朗は言った。
「そう、それで? 会えてどうなったの?」
「それで、目が覚めたと思う。夢はそこまでしか覚えてない」
「そう、あなたが、あおいさんを探したのね?」
「うん、探しに行った。それが僕のやりたい事なんだ」
「会ってどうするの?」
「確かめたいんだ。前に夢で会った時、僕に何かメッセージを伝えなかったか、僕はそれを覚えてないんだ。何かを受け取ったんだ。とても大事なもの」
「まだ会いたいと思う?」
「会って、そのメッセージを確かめたい」と凛太朗は言った。
「また探しに行くの?」
「それが僕のやりたい事なんだ」

ふうーっと貴子は息を吐いてこめかみを押さえた。

凛太朗が探せば、アキはまた意識を取り戻すかもしれない。それは私の中かもしれないし、凛太朗の中で起こるかもしれない。
自分の中で目覚めるはずだが、呼んでいるのは凛太朗だ。凛太朗の中にもアキは確かにいる。

また魂を乗っ取られるかも知れない。

「あおいさんはあなたにどんなメッセージを送ったんだろう?」と貴子は言った。
凛太朗は夢の記憶をたどった。
「あの時あおいは、僕になにか大切なものをくれたんだ」

「あなたはその時、命が危なかったのよ。現実から逃げ出して、食事もとらないで、死にかけていたの」
「そうだったみたいだね・・・」
「助けに来たんじゃないかしら、あなたを」
「僕を助けに来た?」
「死んでしまわないように」と貴子は言った。
「それで僕はあおいに助けられたんだろうか?」
「間違いなく。そのためにわざわざあなたに会いに来たのよ」

『死にかけてたんだよ、リン。あたしが先に君を見つけた』
『僕はあの時、死にたかったんだ。こんな世界はもう嫌だったんだ』
『リンの世界ってどんな世界なの?』
『愛のない世界なんだ。どこにも、何にもない』
『そんな世界は嫌だね』
『嫌だ。もういたくない』
『あたしもそんな世界に生きたの。あたしは鬼。人間じゃないの。邪悪なもの。その命をリンに譲った』
『じゃあ僕も鬼になるんだろうか?』
『リンが探せばあたしはそれに答える。君の望みがあたしの望みなの。あたしは君を乗っ取って、意識を取り戻したいの』


「わかった? だからあおいさんを探してはいけない」と貴子は言った。「魂を乗っ取られる」


凛太朗は閉じていた目をゆっくり開いた。

凛太朗の中で意識が交差する。

「でも僕はそれを望んでいる。あおいもそれを望んでいる」

「私がそれを許さない。あなたはあなたを生きるべきよ」

「僕は僕を生きている。僕には意識が二つある。僕とあおい。二人ともよく似ている」

「あなた達はとてもよく似ている。でもあおいの意識はもともとあった意識じゃない。あなたのオリジナルじゃない」

「僕は今がとても気に入ってる。一人でいても一人じゃないんだ。僕はこれを望んでたんだ」

「意識をそんなに易々と明け渡してはいけない。オリジナルのあなたが消えてしまう」

「あおいは僕と違って楽しそうなんだ。僕も一緒に楽しい気分になれるんだ」

「そうやって人に頼って生きているから楽しくないのよ。生きるっていうのはもっと真剣なものなのよ。なんのために生きてるのか思い出しなさい」

「なんのために生きているのか。そんなこと考えたこともない」

「考えるのよ。そして思い出すの。あなたにしかできないことよ」

「そんなことできない」

「考えるのよ。これはとても大事なことなの」

凛太朗はしばらく黙っていた。

「そしてあなたを生きるの」と貴子は言った。




< >

Episode 10


Miwa took off the rain wear he was wearing and put it in the basket of the bicycle. My part-time job is a little down the hill from the apartment.
"Why would you say that way?"
Miwa was a little concerned that he could not be friendly to Tanabe lately. Something little by little, my mind is passing by.

There is a layer invisible between the things you want to convey and the things you pass down, and your thoughts are refracted to refract the light.
Transmission to Tanabe is a truth opposite to your mind.
It is difficult to convey true feelings. I wish I had no words. Just tell your thoughts directly.

I wonder if Rintaro has returned to the facility safely without getting wet by the rain. Next time, if you have the opportunity, let's ask Tanabe.
That boy came to look for Aoi. I would like to meet Aoi again, I want to meet you and see if it is ok. I wonder where they are. There are lots of things to check.

I wonder if she is really alive. I wonder what they do about Tott and Siki.
"I will make a big dragon, will I fulfill my promise?"

I want to become a "beast" if I can. I want to put that hard hair on my whole body.

The world is distorted by strange winds. The world is colored.
I wanted to share this feeling with someone, but Miwa only came up with Aoi.






Rintaro regained consciousness on the bed. You should have stood in front of the door of the apartment where you lived with your mother.
Why is he on the bed of the facility?
"Were I sleeping, did not she go anywhere?" I felt like I met her in a dream again.
My whole body was terribly terrible. It was as sick as after swimming.
My head does not work. The idea moves only slowly as heavy.
The door was knocked.
Takako was knocking on the door that was opened.
Takako said "You have noticed?" I sat on the chair next to the bed. "How is your mood?"
"My body was heavy, Were I asleep?"
"Well, I slept well."
"I seem to have dreamed of going out on a train"
"Why did you get on the train?"
"I went looking for a cow in a different city."
"Aoi?"
"A woman from a friend"
"So, did you meet?"
"I feel like I was able to meet," Rintaro said.
"Well, what happened to you?"
"So, I think I woke up, I can only remember dreams.
"Yes, you looked for Aoi?"
"Yeah, I went searching, that's what I wanted to do."
"How about meeting you?"
"I want to check, I did not remember something when I first saw it in my dreams, I did not remember it, I received something, very important"
"Do you still want to meet?"
"I want to meet and see the message," Rintaro said.
"Are you going searching again?"
"That's what I want to do"

Taketo breathed out and held down the temple.

If Rintaro searches, Aki may regain consciousness again. It may be inside of me, it may happen in Rintaro.
It is supposed to wake up in myself, but it is Rintaro who calls me. There are also Aki in Rintaro certainly.

It may also be taken over from the soul.

Takako said, "Aoi sent a message to you?"
Rintaro followed the memory of his dreams.
"At that time Aoi gave me something important"

"At that time your life was dangerous, you ran away from reality, you did not eat, you were dying"
"It sounds like it was ..."
'I wonder if you came to help'
"Did you come to rescue me?"
Takako said, "Do not be dead."
"So I was brought to my aid?"
"Definitely, I came all the way to see you."

"I was dying, Lin. I found you before. "
"I wanted to die at that time. I did not like this world anymore.
"What is the world of Lin? "
"It is a world without love. No matter where, nothing "
"I do not want such a world"
"I do not want it. I do not want it anymore "
"I also lived in such a world. I am a demon. It is not human. Evil one. I yielded the life to Rin '
"Well then will I be a demon? "
"If Rin finds it, I will reply to it. Your wish is my desire. I want to take over you and regain consciousness. "


"You understand? So please do not look for Aoi san," Takako said. "To be hijacked of the soul"


Rintaro slowly opened his closed eyes.

"But I want it, Aoi wants it."

"I will not allow it, you should live with you."

"I am living for me, I have two consciousness, me and the blue, they are very similar"

"You are very similar, but the consciousness of Aoi is not your original consciousness, it is not your original"

"I like it very much, even if I am alone, I am not alone, I wanted this."

"Do not give up your consciousty so easily, the original you disappear"

"Aoi seems to be fun different from me, I can feel fun together."

"Because I rely on people to live, I do not enjoy it because I do so, living is more serious, remember what I live for."

"For what purpose are you alive, I have never thought about that?"

"Think about it, remember, what you can only do"

"I can not do that"

"Think about it, this is a very important thing." Rintaro kept silent for a while.

"And you will live," Takako said.

コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
kayagreen home
kayagreenについて
greenfingers自然素材でつくる家庭菜園つきエコアパートプロジェクト
kayagreen ブログ
ふうよう huuyou
つちとヒト
links
Facebook & Twitter

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode
みんなのブログポータル JUGEM