趣味で歌と小説と詩を掲載させていただいてます。

四季の輝き 第9話 Shine of the Four Seasons Episode 9







葵はずぶ濡れになった体を太陽にさらしていた。人間の体は不便だな、服を取り替えなくては気持ちが悪い。
服を着替えて、あの施設を出て行こう。あたしにはもう必要ない場所だ。
葵は山の斜面を駆け下りてビルの屋上伝いに飛び、街を縦断した。川を走る方が早いが、久しぶりに飛ぶことができるのが楽しかった。公園や神社や植物園の木々や街路樹も足がかりにしながら街を飛び、施設の庭に飛び降りた。

貴子は窓からそれを見ていた。戻ってきた。そして出て行く気だ。
急いで玄関まで行って凛太朗を呼び止めた。

玄関の靴箱の前で、二人は向き合った。
うつむいたままの凛太朗にそっと歩み寄り、両肩に手を添えて「あなたはアキね?」と聞いた。
「そうだ」とアキはうつむいたままで答えた。
「あなたは表に出るべきじゃないのよ」と貴子は言った。
「なぜ? 凛太朗もこれを望んでいる」とアキは顔を上げて言った。

アキの目だ。凛太朗の目と、とてもよく似ている。
「凛太朗の魂は自力で蘇生していくことが必要なの、一緒にそれをやりましょう」と貴子は言った。それは自分に言っているのと同じだった。「凛太朗の奥深くでもう一度眠りなさい」
凛太朗は貴子に見つめられたまま、しばらく身動きしなかった。目の瞳孔が開いている。そしてしばらく、一度も声を発しなかった。

二つの意識はその対話を続けた。
「君は無感覚になりたいんだろう? 現実から逃げ出したいんだろう?」
「そうだ、僕は何も感じないようになりたい。ずっとそれを願っている」
「表にいれば君はずっと傷つく。君は弱い。あたしが変わってやる」
「僕の魂をあげるよ。君が僕の代わりに好きに生きればいい」

「嫌だ」とアキは無表情のまま言った。

「凛太朗、君は君の人生を誰かに明け渡してはいけない」と貴子は肩を抱いたまま深く眠る凛太朗に言った。「苦しくても君を生きるのよ。私がそれを助けてあげる。一緒に生きましょう」
沈黙がしばらく続く。

「なぜだ?」とアキが言った。
「その魂はあなたのものじゃないの」と貴子は言った。「眠りなさい」

アキの意識はもう一度沈黙した。

「あなたの魂は私と融合したの。意識を持ちたいのなら私の中でやりなさい」と貴子は言った。「私の中に帰ってきなさい」

しばらくして、貴子は凛太朗の肩を抱いた両腕からアキの意識が戻ってくるのを感じた。自分の半分を占領している領域にそれが染み入るのを感じた。
凛太朗は意識を失ってその場に倒れそうになり、貴子はそれを支えてゆっくりと廊下に座らせた。
男性職員がやってきて「大丈夫ですか?」と声をかけた。
「大丈夫よ」と貴子は言った。「医務室に寝かせましょう、じきに気がつくと思うから」
職員は凛太朗をバスタオルで包み、抱きかかえてその体を医務室に運んだ。
「どうしたんですか?」
「気を失っているの。説明しにくいけど、具合が悪いとか発作とかじゃないから大丈夫よ」「ずぶ濡れだし、熱があるのかもしれないですね」
「そうね、着替えさせましょう」
職員は凛太朗に新しい乾いたパジャマを着せた。

「ねえ、後藤くん」と貴子はその男性職員に声をかけた。

「ちょっと変なこと聞くけど、後藤くん、前に霊が見えるとかどうとかそんな話していなかった?」と貴子は聞いた。
前置きくらいしても良かったが、時間がなさそうだったのと、伝わらなかった時のためにあまり深刻な感じにはしたくなかった。
「霊ですか?」と後藤は聞き返した。
「いきなりどうしたんですか?」
「前にあなた、旅行先で宿の部屋がどうとか、そんな話ししてたって聞いたことがあるんだけど」
「ああ、前に皆んなで話してた時した事はありますね。霊はたまに感じます。深刻なほどではないですが」と後藤は言った。
「そういう話を誰かによくするの?」と貴子は聞いた。
「当たり前に思っていた頃は話していました。でもいつからか、それは当たり前じゃないと気づいたんです。そういう話をしても誰も面白がりませんし、言うだけ無駄な気がします。なのでそんな話はよほど伝わりそうな時しかしません。あの時はたまたま皆んなで怪談話になったんです」と後藤は言った。

貴子はそれを聞いて、話してみようと思った。

「魂が二つに分かれるって話、聞いたことある?」と貴子は言った。
「ないですね、そんなことあるんですか?」
「説明がしにくいの。あなたはどんな風に何を感じるの」
「何かの気配のようなものです。ラップ音が聞こえたり、バサバサと風もないのにカーテンが揺れたりするんです。それは僕のご先祖さまだったり、守護霊的なものだったりします。それは全然怖いとは思いません。別のものの場合もあります、嫌な感じがする時は悪いものだと感じます。感覚でそれがわかるんです。何かメッセージを伝えたいんだろうな、と言うことはわかるんですが、何を伝えたいのかを受け取ることが僕にはできません。その程度です」
「私の魂や意識がどうなっているのかわかる?」
後藤はしばらく貴子を見つめた。
「わかりません。僕はただ感じやすいだけで誰かをそういう風に見ることはできません」
「もともと感じやすい体質だったの?」
「僕は子供の頃、よくいじめられてたんです。それで、防衛本能というか、自分に危害を加える気が相手にあるかどうかを探れるようになったんです。それでいじめられる前にそれを察知してスッと逃げるんです」
「わかるの? それが」
「わかってましたね。大人になってからはその感覚の延長線上に今の感覚があるんじゃないかと思っています。自分で勝手に分析しているだけですけど」
「きっかけがあってそうなったって事ね」
「そうですね、血筋とか家系とかではないです。必要に迫られてって感じだと思います」
「ハリネズミみたいなものね」
「どういう意味ですか?」
「必要に迫られてある部分が進化するの」
「そういう意味ならそうかもしれません。あの時は命の危険も感じていましたから。心が死んでしまいそうだったんです」
「ごめんなさいね、辛い事を聞いて」
「いいんです」と後藤は言った。「ここで働かせてもらうようになって、子供達と関わっていると、辛い思いをしているのは自分だけじゃないと実感するんです。それぞれに皆んな何かと戦っているんだなって」
「ここの子供達は特にそうね、まだ心が柔らかいうちから過酷な現実と向き合わなければいけないから」
「それで貴子さんはなぜ急にこんな話をするんですか?」
「私はなんていうか、いきなり別の魂が自分の中に入ったっていうか、そんな感じがするの。それが過去に二つに分かれたもう一人の自分の魂なの」
「何かすごく複雑な感じですね。僕の感覚とは少し違う気がしますね」
「そうなんでしょうね、少し違うわね。
これは何なんだろう? そういう事実だけをポンと突きつけられたような感じなの」
「今も感じるんですか?」
「とても強くね」と貴子は言った。「ありがとう、少し気が楽になった。話ができるだけでも助かる」
「いえ、僕でよければいつでも。役に立てるかどうかわかりませんが」と後藤は言った。

貴子は自分の感じている事柄を他人に話したのはこれが初めてだった。全てを解ってもらえなくてもいい、それは多分不可能だ。感覚だけでも共感してもらえた事で、気持ちの中に少しのゆとりが生まれた。

「ありがとう」と貴子はもう一度後藤に言った。
「どういたしまして」と後藤は言った。


「凛太朗、あなたの魂もまだ半分なのかも知れないわね」貴子は静かに寝息を立てている凛太朗に言った。今は降って湧いたようなこの事実を受け入れるしかない、と貴子は思った。今を懸命に生きるしかないことはわかっている。できることはそれしかないのだ。自分を確かなものにするために。
アキの意識は今は眠っている。でもそれは縁に触れて目覚めようとするだろう。


青空が戻ってきた。8月下旬の空だ。夏はもう直ぐ終わろうとしていた。次の季節がやってくる。
時が止まることはない。いつでも淡々と「今」を刻んでいる。その「今」は少し前の「今」とは違う。




< >




Aoi exposed the soaked body to the sun. The human body is inconvenient, I feel bad without having to change clothes.
Change clothes and leave that facility. It is a place I do not need anymore.
Aoi ran down the mountain slope, flew over the roof of the building, and traversed the city. It is faster to run in the river, but it was fun to be able to fly for the first time in a long time. While flying through the streets with the trees of the parks, shrines and botanical gardens and street trees as footholds, they jumped into the garden of the facility.

Takako was looking at it from the window. Came back. And I'm going to go out.
I hurried to the entrance and stopped Rintaro.

In front of the entrance shoe box, the two face each other.
I gently compassed Ritaro as he was staying, and with his hands on his shoulders, he asked, "Are you Akin?"
"Yes," Aki responded with his face down.
"You should not appear on the table," Takako said.
"Why? Rintaro also wants this," Aki raised his face and said.

It is the eyes of Aki. It looks very much like Rintaro's eyes.
"Rintaro's soul needs to revive on its own, let's do it together," Takako said. It was the same as saying to myself. "In the depths of Rintaro sleep one more time."
Rintaro kept staring at Takako and did not move for a while. The pupils of the eyes are open. And for a while, I did not say a loud voice.

The two consciousnies continued the dialogue.
"You want to become insensible, do you want to escape from reality?"
"Yes, I do not want to feel anything, I wish it forever."
"You will be hurt all the time if you are in the table.You are weak.I am going to change."
"I'll give you my soul, you can live like me instead of me."

"I do not want it," Aki said without expression.

"Rintaro, you must not give off your life to someone," Takako told Rintaro who sleeps deeply holding the shoulder. "Even if it's painful I will live with you, I will help it, Let's live together"
Silence continues for a while.

"Why?" Aki said.
"That soul is not yours," Takako said. "Sleep"

Aki's consciousness was silenced again.

"Your soul fused with me, if you want consciousness, do it inside of me," Takako said. "Come back inside me"

After a while, Takako felt consciousness of Aki coming back from both arms holding Rintaro 's shoulder. I felt that it would soak into the area that occupied half of me.
Rintaro lost consciousness and was about to collapse on the spot, and Takako sat slowly to sit on the corridor.
A male official came and said "Are you OK?"
"Trep it," Takako said. "Let's go to bed in the medical office, I think I will soon notice it"
The staff wrapped Rintaro with a bath towel and carried him to the medical office with embracing.
"What's the matter?"
"I am out of my mind, it's hard to explain, but it's not sick or seizure, so it's okay" "It's soaking wet and maybe there is a fever"
"Well, let's change it."
The official wore Rinitaro a new dry pajamas.

"Hey, Goto kun," Takako called out to the male official.

"I hear a bit strange things, Goto, I did not tell you whether I could see the spirit before, did you?" Takako asked.
Although I could have kept it for a while, I did not want to feel too serious for the time when I did not communicate that time did not seem to have come.
Goto asked, "Is it a spirit?"
"What happened suddenly?"
"Before I heard that you were talking about that room at the destination at the destination,"
"Oh, there are things I did when I was talking about everyone else, I feel the spirit occasionally - not seriously," Goto said.
Takako asked, "Would you like to talk such stories to someone?"
"I was talking about when I was wondering, but since when did I realize that it is not natural that no one will be funny even if we talk about that, and as much as I say it is useless I will only do such a story when it seems to be very transmitted, at that time happened to be a strange story for everyone, "Goto said.

Takako listened to it and thought about talking.

Takako said, "Have you ever heard that the soul is divided into two?
"Is not there such a thing?"
"It's hard to explain - what do you feel like?"
"It's kind of a sign of something ... I hear rap tones, the curtains shake without barships and winds, which is my ancestors and guardian spiritual things I do not think it is totally scary.It may be another thing, I feel that it is bad when I feel bad, I can understand it with a sense.I would like to tell you something I understand what you say but I can not accept you what I want to tell. "
"Do you know what is going on with my soul and consciousness?"
Goto stared at Takako for a while.
"I do not know, I just can feel it, I can not see someone like that."
"Have you always felt comfortable?"
"When I was a child, I was bullied enough, so I came to be able to explore whether the opponent has the feeling of harming myself as a defense instinct, so I will be aware of it before being bullied Then I will run away with it. "
"Do you understand?" That's
"Since I became an adult I think that there is a feeling now on the extension of that sense.Is analyzing on my own without permission"
"I got a chance to do that"
"Well, I am not like blood lines or family lines, I think that it is feeling necessary,"
"Hey things like things"
"What do you mean?"
"The part of necessity is evolving"
"That might be the case, because at that time I also felt the danger of life, my heart was about to die"
"I am sorry, listen to the painful things"
"Good," Goto said. "I realize that it is not only myself who are having a hard time thinking about being involved with children as they work here and they are fighting something with each other." < br> "Especially for children in this place, we have to face the harsh reality from a soft heart yet."
"So why does Takako want to talk like this suddenly?"
"I do not care what suddenly another soul has entered myself, it's like that is another soul that was divided into two in the past"
"Something really complicated, I feel a bit different from my feeling"
"It seems, is not it a little different.
What is this? I feel like I was stuck with just that fact. "
"Do you still feel it?"
"It is very strong," Takako said. "Thank you, I became a little relieved. Even if I can talk, I can save it."
"No, I do not know if I can help if I do not mind," said Goto.

This was the first time Takako talked about what he was feeling to others. You do not have to understand everything, it is probably impossible. By being able to sympathize with just a sense, a little room was born in the mind.

Takako told Goto again "Thank you".
"You are welcome," said Goto.


"Rintaro, your soul may still be half, is not it?" Takako told Rintaro quietly breathing. Takako thought that there is no choice but to accept this fact like it got down now. I know that there is no choice but to live hard now. That's all there is to it. To make yourself sure.
Aki's consciousness is now asleep. But it will touch the edge and awaken.


The blue sky is back. It is the sky in late August. The summer was about to end soon. The next season will come.
Time never stops. I always carve "Now" with a blessing. That "now" is different from "a while ago" a while ago.

コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
kayagreen home
kayagreenについて
greenfingers自然素材でつくる家庭菜園つきエコアパートプロジェクト
kayagreen ブログ
ふうよう huuyou
つちとヒト
links
Facebook & Twitter

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode
みんなのブログポータル JUGEM