趣味で歌と小説と詩を掲載させていただいてます。

四季の輝き 第8話 Shine of the Four Seasons Episode 8




第8話


貴子は食堂の窓辺に座って雨が通り過ぎるのを眺めていた。傍らではちひろが絵を描いている。窓の外をじっと見つめては、黙々とノートに向かっている。

雨は雷を伴って一時激しく降り、風も強まったが、やがてふと、雨も風も止んだ。庭には風でちぎられた木々の枝葉が散乱していた。雷が落ちなくてよかった。停電になるといろいろと困る。
貴子はやっとおさまった嵐にほっとしていた。
「雨の絵は描けたの?」と貴子はちひろに聞いた。
「まだ描けてない、雨の絵は難しい」とちひろは言った。「色がいっぱいあってこの色鉛筆じゃ足りないの」
「それは世界中の色鉛筆を集めても足りないかもしれないわね」
「見たままを絵にしたいって思うけど、それは無理なのかな」とちひろは言った。
「そうかも知れないわね」と貴子は言った。「でもそうしたいっていう気持ちは伝わってくる、ちひろの絵はよく描けているよ、私にはそんな思いがとてもよくわかるよ」
「私は誰かに何かを伝えたいって思ってなんかいないの」とちひろは言った。
「知っているわよ。ちひろは自分のために絵を描いている。そうしたいからそうしてる」と貴子は言った。
「私は他の子と同じように学校に行った方がいいのかな?」とちひろは聞いた。
「そうしたいの?」
「全然そうしたくない」
「あなたが思うことをやればいいと思うよ。他の子に無理して合わせることはないわ」
「でも時々不安になるの。私は他の子とは違うから」
「自分を信用してあげることね。それができるのは自分だけなのよ。他人は誰も本当のあなたを知らないのよ」と貴子は言った。「それに私はあなたを子供だとは思っていないわ、何もわかっていないのはむしろ大人達の方かも知れないしね」
「貴子先生は何でそんなことを言うの?」
「私はあなたと同じただの人間なの、あなたの痛みがほんの少しわかるだけよ。年の功ってやつよ」
「私は変じゃないよね?」とちひろは聞いた。
「変ってどういうこと?」
「わからない」
「ちひろは誰かを傷つけたいと思う?」
「思わない」
「だったら変じゃないよ。ただ自分に正直でいたいんでしょ?」
ちひろは小さくうなづいた。
「あなたは今のあなたを大切にしてあげればそれでいいのよ」と貴子は言った。
「あなたには世界が輝いて見えるんでしょう? それはとても素敵なことなのよ」と貴子は言った。
「それならよかった」とちひろは言った。「私はまだ何もわからないの」
ちひろは自分が描いた雨の絵を見つめた。下手くそだと思った。「全然見た雨と違う」もっと上手く描けるようになりたい。
「また雨は降ってくるかな?」
「雨は降るよ。いつか必ずまた雨は降るの」




< >

Episode 8


Takako sat at the cafeteria window and watched the rain passing by. Chihiro draws a picture by his side. Staring gazing outside the window, I am quietly heading for the notes.

The rain fell violently with lightning and the wind got stronger, but the wind stopped, eventually rain and wind stopped. In the garden branches and leaves of the trees that were torn by the wind were scattered. I'm glad that thunder did not fall. I am in trouble when I get out of power.
Takako was relieved by the storm at last finished.
"Takako asked Chihiro," Did you draw the picture of rain? "
"I can not draw it yet, the drawing of rain is difficult," he said. "There are plenty of colors and this colored pencil is not enough"
"It might not be enough to collect colored pencils from all over the world."
"I think I'd like to paint while I see it, is not it impossible," he said.
"You may not be right," Takako said. "But the feeling of doing so gets conveyed, Chihiro's picture is well drawn, I can understand such feelings very well."
"I do not think I want to tell anyone something," he said.
"I know, Chihiro is drawing a picture for myself, so I do because I want to do so," Takako said.
"Is it better for me to go to school just like any other child?" Hijiro asked.
"Do you want to do that?"
"I do not want to do it at all."
"I think that you can do what you think, do not forcibly match other children."
"But sometimes I feel uneasy because I am different from other children."
"It is only you who can do it, you can trust yourself, no one else knows you true," Takako said. "Besides, I do not think you are a child, it is rather adults that I do not know anything."
"Why are you saying that, Mr. Takako?
"I am just the same person as you, I can understand your pain only a little. "I am not weird, do you?" He asked.
"What does it mean to change?"
"I do not know"
"Does Chihi want to hurt someone?" "I do not think"
"It's not weird, just want to be honest with yourself"
Chihiro nodded small.
Takako said, "You can do with it if you care about you now."
"You seem to see the world shine, it's a very wonderful thing," Takako said.
"That's good," he said. "I still do not know anything"
Chihiro stared at the picture of rain that he painted. I thought it was bad. "I am different from rain at all" I would like to be able to draw better.
"Is it going to rain again?"
"It will rain ... It will rain again someday."

コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
kayagreen home
kayagreenについて
greenfingers自然素材でつくる家庭菜園つきエコアパートプロジェクト
kayagreen ブログ
ふうよう huuyou
つちとヒト
links
Facebook & Twitter

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode
みんなのブログポータル JUGEM