趣味で歌と小説と詩を掲載させていただいてます。

四季の輝き 第7話 Shine of the Four Seasons Episode 7




第7話


凛太朗は美和が電話をしている時、誰かが自分を迎えに来るようだと感じた。
「それは嫌だ」と思った。
「自分で帰れます」と凛太朗は電話を切った美和に言った。
「傘持ってないんでしょう?」
「帰る前にまだ行きたい所があるんです」と凛太朗は言った。
「そうか、じゃあ私の傘貸してあげる」 と言って美和はビニール傘を凛太朗に渡した。「チッチに預けといてくれたらいいから」
「チッチのこと知ってるんですか?」と凛太朗は聞いた。
「まあね」と美和は言った。

凛太朗が出て行った後、タナベに電話して「迎えに来なくていい」と言った。
「なんだよ、もう向かってんのに、勝手だなあ」とタナベは文句を言った。
「私は身勝手なわけじゃないのよ、事情を受け入れてその事実を愛想なく伝えているだけなの」
「もっと愛想よく言えよ」とタナベは言ったが、電話はもうすでに切れていた。

凛太朗は鉄階段を降りると、以前母親と一緒に住んでいたアパートに向かった。
少し山手に上がったところにある古い木造アパートだ。
ゆらゆらと立ち上る街の熱気は積乱雲を引き寄せる。

海上で太陽に熱せられた海が蒸発し、雲をつくる。
高く積みあがり巨大なエネルギーを保つようになる。水の重圧と電気を帯びた大気。
雲は空間に嵐を形成する。

海から追いかけてくる風に押されて、凛太朗は坂道を登った。バス道を登りきったところで路地に入り、傾斜地にへばりつくように建てられたそのアパートにたどり着いた。
駅から随分坂道を上がってきたので人の気配はあまりなかった。バス道を時々車が通るくらいで歩いている人もいない。
雑草がコンクリートの割れ目から緑の葉をたくましく広げていた。
階段を登り部屋のドアの前に立ってみた。辺りはしんとしていた。

誰もいない

自分を保護してくれていた存在はもういないのだ。
凛太朗はもう一度その事実を確かめておきたかった。「僕は楽園を出て、現実の世界に来たんだ」それを確かめる必要があった。

世界にたった一人、取り残されたような気がした。「楽園にいた方がましだった」と凛太朗は呟いた。
「もう一度、楽園をつくる?」と潜在意識が聞いた。
「たぶんもう作れない。作り方を知らない。あれは、気が付いたらあったんだ」と顕在意識が言った。
「変わってやろうか?」と鬼が聞いた。
「そんなことができるの?」と凛太朗は言った。
「まだあたしの命は輪郭がはっきりしている。君とはまだ混ざり合ってはいないんだ」と葵は言った。
「僕はどこに行くの?」と凛太朗は言った。
「潜在意識になるんだ。あたしが表面に出て行く」
「それでいい」と凛太朗は言った。「感情が無くなるならそれでいい。嫌なものや嫌いなものから逃げられるのならそれでいい」
「表向きはね。でも凛太朗の魂が何も感じなくなることはないよ」と葵は言った。

意識が反転した

葵は凛太朗の身体を借りて意識を取り戻した。

古い木造アパートの扉。胸の奥がキュンと痛みを感じる。「凛太朗、大丈夫だ。あたしは過去を振り返らずに先へ行ける」
葵は意識を飛ばして街を探る。サポがいる。山と海と星を探る。もののけや龍がいる。クンネやトットもいる。「あたしの知っている世界だ」

サポはアキの意識が目を覚ましたのを感じた。目を閉じてこめかみを押さえた。 「どうしたの、貴子先生」とちひろは言った。
「大丈夫、ちょっと眩暈がしただけよ」と貴子は言った。「今日描いた絵を見せてくれない?」
「まだ一個しか書いてない」と言ってちひろはノートを広げた。庭に転がっている石と草と花の絵だった。
「石も光ってるの?」と貴子は聞いた。
「うん、石も光ってるの」とちひろは言った。
以前ちひろに、なぜそんなに絵が描きたいのか聞いた時に、草や木がぼんやりと光って見えるから、それが綺麗で描きたいんだ、と言った。
「ちひろちゃんには地球や月は光って見える?」
「月は光ってる。地球の影に入ったらよく分かるよ」
ちひろの描いた絵には光る草花と光る石が描かれていた。
「この石は虹色なの」とちひろは言った。

葵はアパートの屋根に駆け上がり、そこから隣のビルの壁を伝い屋上に駆け上がった。人間の子供の身体なので少し苦労した。「獣の足なら壁をつかめるのに」
屋上に上がると海を見た。龍をうじゃうじゃと宿した積乱雲が巨大な塊になって街に近づいて来ていた。あちこちに放電している。巨大なエネルギーの塊だ。
土砂降りの雨が島を包んでいる。雨が島に染み入るのが見える。数多の龍が島に染み入る。龍神を祀る場所に気を運ぶ。
雨雲はやがてここにもやって来て、数多の龍が山に染み入るだろう。
それを感じるために、葵は山に向かうことにした。「凛太朗、あたしはすぐに決断する。自分がどこに行きたいか知ってる」
「そうだね」と凛太朗は言った。「僕とは真逆だ」

雨はそれから程なく降り始めた。街では滑るように流れる雨も、山ではそのほとんどが土に染み入る。龍が山の中を泳いでいく。六甲山は「宮」に取り囲まれた山だ。人間がそう名付けて祠を祀った。一の宮から八の宮、そして西宮。エネルギーが集まる場所。

葵は池の淵の赤松に登り、嵐に身を任せた。落雷があちこちで起こり木が裂けたり、鉄塔から煙が上がったりした。電流は空気中から突然発生し、爆音を轟かせて稲光りを形成し落雷する。雨を伝ってそこら中に拡散する。山全体が電気を帯びている。
葵は嵐の中で自らもその電流の中に合流する。

ひとしきり雨を降らせた後、やがて雨雲はゆっくりと遠ざかっていく。琵琶湖の方へ移動していく。
「自然界の充電装置みたいだ」と葵は思った。


貴子はちひろに「雨が降ってくるよ」と言った。
「もう光の粒が降っているの、貴子先生にも見えるはずよ」とちひろは言った。
「大人になると、いろんなものが見えなくなるのよ」と貴子は言った。
「大人ってかわいそう」とちひろは言った。
「そうね」と貴子は言った。
「凛太朗くんは大丈夫かな?」とちひろは言った。
「凛太朗は大丈夫よ、何も心配無い。あなたも心配せずに絵の続きを描いていて良いのよ」と貴子は言った。
「私、雨を描きたいの」とちひろが言った。「雨もキラキラと光ってるの」
「そうね、とても素敵ね」と貴子は言った。




< >

Episode 7


Ritaro felt that someone would come to meet me when Miwa was calling.
I thought "I do not want it."
"You can return home yourself," Rintaro said to Miwa who hung up.
"You do not have an umbrella?"
"There is a place I want to go yet before I go home," Rintaro said.
"Ok, then I will lend you my umbrella" Miwa handed out a vinyl umbrella to Rintaro. "I hope you can deposit it in Chitchi"
"Did you know about Titchi?" Rintaro asked.
"Well," Miwa said.

After Rintaro went out, I called Tanabe and said "I do not have to come pick me up."
"What is it, you are already on your way," Tanabe complained.
"I am not selfish, I am accepting circumstances and communicating that fact unfamiliarly"
"Please say more frankly," Tanabe said, but the phone has already expired.

Rintaro got off the iron staircase and headed to the apartment where he lived with his mother before.
It is an old wooden apartment which I got up to a little Yamate.
The merciless merciless sunshine is heating the city.
The heat of the city rising up and slowly attracts cumulonimbus.

The ocean heated by the sun evaporates and creates clouds.
It gets high and it keeps enormous energy. The heavy pressure of water and the atmosphere with electricity.
Clouds form storms in space.

Pushed by the wind chasing from the ocean, Rintaro climbed the slope. I entered the alley where I got to the top of the bus road and reached the apartment built to cling to the sloping ground.
There were not many signs of people since I got up a lot from the station. Nobody is walking on the bus road as often as a car passes.
Weeds spread the green leaves from the cracks of the concrete.
I climbed the stairs and stood in front of the room door. The area was busy.

There is no one

There are no longer existence who protected myself.
Rintaro wanted to confirm the fact again. "I went out of paradise and came to the real world" It was necessary to confirm that.

Only one person in the world seemed to be left behind. Rintaro muttered, "It was better for you to stay in paradise."
I asked, "Do you want to make a paradise again?" And subconscious.
"Perhaps I can not make it anymore ... I do not know how to make it, that was when I noticed," said consciousness consciousness.
Demon asked, "Would you like to change?"
"Is it possible to do such things," Rintaro said.
"My life is still outlined, I have not mixed with you yet," Aoi said.
"Where are you going?" Rintaro said.
"I will become subconscious, I will go out on the surface"
"That's fine" Rintaro said. "It is OK if emotions disappear, it is OK if you can escape from disgusting or disliking things."
"Okay, but Rintaro's soul never feels anything," Aoi said.

Consciousness was reversed

Aoi reclaimed consciousness by borrowing Rintaro 's body.

The door of an old wooden apartment. I feel pain with cum in the back of my chest. "Rintaro, it's fine, I can go ahead without looking back on the past"
Aoi skips consciousness and explores the city. I have a supporter. Explore the mountains, the sea and the stars. There is a monkey and a dragon. There are also Kumne and Totto. "It is the world I know"

Sapo felt Aki's consciousness awoke. I close my eyes and hold down my temple. "What's wrong, Mr. Takako," Tomihiro said.
"Okay, just a little dizzy," Takako said. "Can you show me the picture I drew today?"
Chihiro spread the notes saying "I have written only one." It was a painting of stones, grasses and flowers rolling in the garden.
Takako asked, "Are the stones shining as well?"
"Yeah, the stones are also shining," Hiromi said.
When I asked Chihiro why he wanted to draw such a picture so much, grass and trees looked vaguely shining, he said that he wanted to draw it beautifully.
"Does the earth and moon shine for Chihiro?"
"The moon is shining, I can understand well when I enter the shadow of the earth."
Chihiro 's paintings painted a glowing flower and a glowing stone.
"This stone is a rainbow color," Hiromu said.

Aoi rushed up to the roof of the apartment, and then ran up to the rooftop along the wall of the next building. Because it is the body of a human child, I had a bit of hardship. "Would you hold the wall if the feet of the beast"
I went up to the rooftop and saw the ocean. The cumulonimbus which inhabited the dragon was becoming a gigantic mass and approaching the town. It is discharging here and there. It is a mass of enormous energy.
The pouring rain encapsulates the island. I can see the rain will soak into the island. A lot of dragons infiltrate the island. I am distracted to places that worship the Ryujin.
Rain clouds will come over here soon, and many dragons will soak into the mountains.
In order to feel it, Aoi decided to head to the mountain. "Rintaro, I decide quickly, I know where I want to go"
"That's right," Rintaro said. "It's the opposite of me"

The rain then began to fall off soon. In the town, rain that slides so that it penetrates into the soil in most of the mountains. I swim in Yongga mountain. Rokko Mountain is a mountain surrounded by "Miya". Human named it and worshiped the shrine. From Ninomiya to the eighth temple, and Nishinomiya. A place where energy gathers.

Aoi climbed the red pine in the pool of the pond and entrusted himself to the storm. Thunderstorms occurred here and there and the trees were torn, and smoke rose from the tower. The electric current suddenly comes out from the air, it creates an explosive sound and forms a lightning strike. It spreads through the rain. The whole mountain is charged with electricity.
Aoi joins in the current himself in the storm.

Rain clouds will slowly move away after raining a lot of time. I will move towards Lake Biwa.
"It looks like a charging device in the natural world," Aoi thought.


Takako said to Chihiro "It will rain."
"It is already grain of light, it can be seen by Mr. Takako," he said.
"When you become an adult, things will not be visible," Takako said.
"Poor adults", Hiromi said.
"Well," Takako said.
"Rintaro-kun is OK," said Tohihiro.
"Rintaro is fine, there is nothing to worry about, you can draw the continuation of the picture without worrying about you," Takako said.
"I want to draw rain," Hirohi said. "The rain glows brightly"
"Well, it is very nice," Takako said.

コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
kayagreen home
kayagreenについて
greenfingers自然素材でつくる家庭菜園つきエコアパートプロジェクト
kayagreen ブログ
ふうよう huuyou
つちとヒト
links
Facebook & Twitter

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode
みんなのブログポータル JUGEM