趣味で歌と小説と詩を掲載させていただいてます。

四季の輝き 第4話 Shine of the Four Seasons Episode 4



第4話


真知子は店で出すアイスコーヒーを自分用に作って飲んでいた。平日の午後の一番暑い時間だった。
それにしても暑すぎる。店に来てくれるお客さんたちも、このところの異常な暑さを話題にすることが多い。
「温暖化だな。異常気象だね」「来年も再来年もずっと続きそうだな」などと口にした。

ちょうどお客さんも途絶えたし、アイスコーヒーが飲みたくなって作った。
店で出すコーヒーは知り合いの豆屋から仕入れた豆を使っている。
その豆屋は店主自ら現地に行き、農場やその土を見て、コーヒー豆を取り巻くその気候や村の風景までもを見て、そして現地での味を確認し、自らのコーヒーに求める感覚に合うものだけを仕入れてきていた。
サカウエというその男が言うには「コーヒーに何を求めるのか、味の香りやコク、苦味や酸味、それを含めた雰囲気なんかが人によって違うから、コーヒーだけは自分の感覚に頼るしかないって思ってます。何が売れるかわからないし、どんな味が一般受けするのかもわからない。求めるものが人によって違うんです」と言っていた。

サカウエ自身もコーヒー好きで今までどこのコーヒー店の味でも何か満足できずに、やがて定年を機に小さな会社を起こし、コーヒー豆の輸入と販売をやるようになった。
充分働いてきたし、ありがたいことに退職金も出た、と言っていた。ネット販売で世界中に売っている。仕入れ旅行代と事務員のお給料と、家賃と家族の生活費はなんとかまかなえた。
「今の所、お得意様を少しずつ増やしているところなんです」と言っていた。

真知子は喫茶店を再開業するにあたってコーヒー豆のことをいろいろと調べていたら偶然に、このサカウエという男のことを知った。
何か「淡々とした確かさ」みたいなものがこの男からは伝わってきた。
豆を仕入れに行って風景や村の雰囲気までこだわるところも面白いと思った。
「美しい景色や明るい村というのは、世界でも少なくなってきてるんです。近代化が本当に山の奥地まで来ているんです。特にアジアはひどいもんです」とサカウエは言っていた。
牧歌的な風景は、世界的にもはや消え去ろうとしているのかもしれない。豊かなところには人口が集中する。都市を作り大規模農業もやる。農薬も大量に使われる。確かなことはわからないが、低地で使われた農薬も地下に浸透した後、毛細管現象の様なもので高地に逆流している可能性もあるのではないかと思っている。
一応そういった食の安全には気を使っている。想像し始めるとキリがないが、世界の地下水が何かの加減で繋がっているとしたら、チェルノブイリや福島の原発事故も他人事ではない様な気もする。人の出した毒はその国にとどまらず世界を巡るのかもしれない。

サカウエという男もそういう感覚を持っているのかもしれない。でも、味や雰囲気が真知子にはとてもぴったり来たのだ。
コーヒーに求める感覚が似てる。
そんな訳でそのサカウエの店から豆を買っている。

その豆は、一口飲むとガラリと休憩モードに持っていかれる。気分を入れ替える様な甘く香ばしい香りが広がり、少しコクと苦味が勝っていて、後でほんのりと酸味が広がる。香りは飲み干した後も鼻の奥に残っていて、しばらくするとふっと消える。パンにもよく合う。
真知子は特にコーヒーに詳しい訳ではないが、今まで飲んだどのコーヒーよりもしっくり来た。
焙煎された物を使っているが、入れ方や挽き方によってもかなり味が変わるのでそういう意味では繊細でもある。
喫茶店はコーヒーで決まる、と真知子は勝手に思っている。店構えが少々レトロだろうがわかる人にはわかると思っている。お洒落なカフェが流行る中、あえて昭和の雰囲気を貫き通すのは、母親がそれを曲げなかったからだ。
母親が他界し、自分が店を切り盛りするようになってもそこだけは曲げたくなかった。
「世間に合わせてちゃ個人経営の意味がないでしょ」と母親はよく言っていた。
「それにお洒落なカフェに来る客なんてろくにコーヒーの味もわかってないよ」母親は少々頑固なところはあるが、要はそれを良しとするかどうかなのだと思う。
真知子はそれを良しとしたし、そういうところも好きだった。個人経営なんだから好きなこだわりがあったって良いと思う。

そういう喫茶店には年配の男性がよく通う。真知子の店も年配の男性客が多かった。
大抵が近所のおじさん達だった。たまに近所の大学生や若い子たちも来たし、コーヒー目当ての客も来るようになってきた。32の時に店を切り盛りし始め、5年目に入ったところだった。よく潰れずに持ったもんだなと思う。母親の時代からの馴染みもあるが、皆今では高齢化しているし、中には他界される人もいる。 何もかもを一から始めるつもりで覚悟を決めていた。コーヒーのこだわりも母親と自分とは違う。そこは相容れなかったところだ。
母親は「覚醒」を求めたが、自分は「癒し」を求めている、とずっと感じていた。
コーヒーに何を求めるか。それはその人がその人生に何を求めるか、に似ているような気もする。

真知子はアイスコーヒーを飲みながら、そんなことをぼんやりと考えていた。

店の扉が開くときにカウベルが鳴るようにしている。コロコロコロという牧歌的な音と共に美和たちが入ってきた。

「私ミックスジュース」と美和が言った。「オレ、バナナジュースとライス」とタナベが言った。「よっぽどお腹へってんだね」と真知子が言った。
「僕はオレンジジュースにします」とチッチが言った。
「コーラよりずっといいね」と真知子は言った。

「ところでさ、スタジオに貼ってあったチラシ見たって連絡あったんだけど、19歳の大学生でパンクはあまり知らないけどロックとかは好きって感じだった」と美和が言った。
「どんな感じのロック?」
「古いロックだったね。クラシックなやつ。ハンブルパイとかクラプトンとか」 「パンクにこだわる必要もないんではないでしょうか」とチッチが言った。
美和とタナベはその後のチッチの言葉を待った。チッチはそれだけ言うのがやっと、みたいな感じだったが、「何で?」と美和が聞いたので「音の可能性が広がると思うんです」と言った。
美和とタナベはしばらく考えてから「それもそうだね」と顔を見合わせて言った。
「じゃあその子に今度会ってみる?」と美和は聞いた。
「いいねぇ」とタナベとチッチは言った。
「その子の名前はユウっていうんだ」と美和が言った。

タナベは運ばれて来たバナナジュースをオカズにして白いご飯をかきこんだ。

「よっぽどお腹へってんだね」と美和とチッチが言った。





< >
Episode 4


Makiko made ice coffee served at the store for himself and was drinking. It was the hottest time of the weekday afternoon.
Even so, it is too hot. Customers who come to the store often talk about abnormal heat in this place.
"It's global warming, it's extraordinary weather," he said, "Next year will be likely to continue for the rest of the coming year."

Just as the customer ceased, I wanted to drink ice coffee and made it.
Coffee to be served at the store uses beans purchased from a bean shop of acquaintance.
The shop owner himself goes to the site himself, watching the farm and its soil, seeing the climate surrounding the coffee beans and the scenery of the village, and confirming the taste at the site, to the sense that they ask for their coffee I was only buying what they were fitting.
The man named Sakae says, "What you want for coffee, the smell and taste of taste, bitter taste and sourness, and the atmosphere including it are different from person to person, so only coffee has to rely on your own senses I do not know what I can sell and I do not know what kind of taste it will accept in general, what you want is different for each person. "

Sakae himself likes coffee, so he can not be satisfied with the taste of any coffee shop up to now, soon after he retired from a retirement age as a retirement age, he began importing and selling coffee beans.
He said that he worked well and, thankfully, he retired. I sell it all over the world by net sales. Purchase travel fee, clerk's salary, rent and family living expenses managed somehow.

"For now, I'm increas- ingly increasing the number of customers."

Machiko came across a lot of coffee beans to reopen the coffee shop, and happened to find out about this man named Sakae.
This guy came from something "something relentlessly certain".
I thought that places that adhere to the landscape and the atmosphere of the village going to buying beans are also interesting.
"Beautiful sceneries and bright villages are getting less in the world, and modernization has really come to the back of the mountain, especially Asia, which is terrible," Sakae said.
The idyllic landscape may be disappearing any longer worldwide. The population concentrates in rich places. I will also make a city and do large-scale agriculture. Pesticides are also used in large quantities. Although I do not know the certain thing, I think that there is a possibility that pesticides used at lowlands also penetrate underground and then flow back to the highlands with something like capillary phenomenon.
I am careful about the safety of such foods. If you start to imagine, there is no dirt, but if the groundwater in the world is connected by something, it seems that nuclear accident at Chernobyl and Fukushima are not other people's affairs. People's poison may go around the world beyond that country.

A man named Sakae may also have such a feeling. But the taste and atmosphere came very well for Makiko.
The sensations I seek for coffee are similar.
That's why I am buying beans from that Sakae store.

The beans are brought to the rest mode with lily when drinking a bite. Sweet and fragrant fragrance like sweet mood spreads, little bitter and bitterness prevail, slightly more acid taste later. The scent remains in the back of the nose even after drinking it, and it disappears after a while. It goes well with bread.
Mashiko is not particularly familiar with coffee, but came more than any coffee you've drunk.
I use roasted things, but the taste changes considerably depending on how to put it and how to grind, so it is also delicate in that sense.
Mashiko thinks that the coffee shop is decided by coffee. I think that it is understandable to those who understand the store arrangement is a bit retro. While a stylish cafe is in fashion, dare to penetrate the atmosphere of Showa because mother did not bend it.
Even though my mother passed away and I began shopping a store, I did not want to bend it.
Mother said that "There is no meaning of personal management after adapting to the public."
"Also, the customers who come to a fancy cafe do not quite know the taste of coffee." Mothers are a bit stubborn, but I think that if you return good and bad sides back to back. In short, I think whether it is whether it is good or not.
Makicho made it good and I liked that kind of place as well. I think that it is good that there is favorite preference as it is individual management.

An elderly man often goes to such a coffee shop. Mashiko's shop also had many elderly male customers.
Mostly they were neighborhood old guys. Sometimes my neighbors college students and young children also came and guests for coffee came to come. When I was 32 I began to shop up and I was in the fifth year. I think I used to hold it without being crushed well. Although there is familiarity from the time of mother, everyone is now aging, and some people are bound to death. I was prepared to prepare everything starting from scratch. Commitment to coffee is different from mother and myself. That place was incompatible.
My mother asked for "awakening", but I felt that I am seeking "healing" all the time.
What to seek for coffee. It feels like resembling what that person wants in his life.

Mashiko was idly thinking about such a thing while drinking iced coffee.

I try to make the cowbell ring when the door of the store opens. Miwa came in along with an idyllic sound called Korokorokoro.

"Mixed juice" said Miwa. "Ole, banana juice and rice," Tanabe said. "I'm pretty hungry," Makiko said.
"I will do orange juice," Titch said.
"It's much better than Coke," Makiko said.

"By the way, I was informed that I saw a flyer stuck on the studio, but I was a 19-year-old college student and I do not know much about punk, but I felt like rock or something," Miwa said.
"What kind of rock is it?
"It was an old rock, classic guy. Humble pie or clapton" "Is not it necessary not to stick to punk," said Chitchi.
Miwa and Tanabe waited for the words of the subsequent Titchi. It was like touching it so much, but as for Mr. Miwa, "Why?" He said, "I think that the possibility of sound will spread."
Miwa and Tanabe thought for a while and said, "I see that too," said the face.
"Well then would you like to meet that girl?" Miwa asked.
"Good thing," Tanabe and Titchi said.
"That child's name is Yuu," Miwa said.

Tanabe made a banana juice that had been brought in and cooked white rice.

"I'm pretty hungry," Miwa and Chitch said.

コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
kayagreen home
kayagreenについて
greenfingers自然素材でつくる家庭菜園つきエコアパートプロジェクト
kayagreen ブログ
ふうよう huuyou
つちとヒト
links
Facebook & Twitter

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode
みんなのブログポータル JUGEM