趣味で歌と小説と詩を掲載させていただいてます。

四季の輝き 第1話 流星のうた 第2章 Shine of the Four Seasons First episode Meteor Songs Chapter 2



四季の輝き 第1話 「流星のうた 第2章」



第1話


貴子は事務的な仕事を終えるとコーヒーをいれるために食堂のキッチンへ向かった。
雲が形を変えながら早いスピードで空を駆け抜けていく。
季節はまた一つ進んでいた。七月の空だ。輝く季節がやってきていた。

あれから少し不安定な精神と肉体の状態になっていた。
アキと融合して元の一つの魂になったのだ。
馴染むまで自分の中で二つの魂が混在していた。自分の中のもう一人の自分。アキという魂やその中に同居する龍等との内なる対話がひとしきり続いた。

自分の中のアキが言った。

「獣の完全体になると、物の見え方が変わる。
人間の目には実体としての映像が見えるが、獣の目はエネルギーの発光体のようなものが流れるように見える。
例えば動物を見たときに動物自体がエネルギーの発光体として見える。そしてそれが通った奇跡や意識が向かう向きやそのエネルギー体を取り巻く様々な生き物の発光や奇跡、流れそのもの、それらが一体となってエネルギーの流れとして見える。発光体には様々な色があり光の強い弱いもある。

それらの発光体を見ると、それがイノシシで子連れで川から上がってきて、尾根筋の方へ向かっているということが見える。足元の草むらや、そこに住む生き物も小さな粒の発光体として見える。
風の流れや水の流れも発光体として見える。エネルギーやエネルギーを持ったものが発光して見えるのだ。
人間のように複雑な感情を持った生き物はその色も光も様々だ。流れ方も人間独特の流れ方をしている。
人間の流れが自然の流れに影響しているのも見える。生き物の中では稀な存在だ。
自然の流れに逆流を起こしたりする。それも自然の流れの一部なのか、それが不自然なことなのか、人間のエネルギーの流れは独特だ。

確かなこともある。美和やタナベから感じる温かなエネルギーだ。
穏やかに流れてゆくそのエネルギーは人間らしいとも言える。


発光体は温度を保ちそれを感じるが、逆に冷ややかさも感じる。人間の発する感情の温度は凄まじいエネルギーを発することがある。凄まじく凍りつくこともある。
光と温度はその色と強弱で複雑なエネルギーとなって世界を満たしている」

貴子はアキと一体になってからしばらくはそうした会話をアキとしていたし、そういう見え方もしていた。
人がどこにエネルギーを向かわせているかが光として見えたし、その人のエネルギーの向かう方向に人の感情も身体も動いた。
人の感情がぶつかる時には初めにその人たちが発する光がぶつかっていた。車の事故もぶつかる前に光が衝突しているのがわかり、そのすぐ後に実体を持った車が事故を起こした。
しかしやがてアキの存在は自分の中で徐々に薄れていった。アキの声は聞こえなくなり、生き物が発するエネルギーの発光も見えなくなっていった。
今まで通り実体としての映像だけが貴子の目には映るようになった。
そして今までにない感覚が自分の中に湧き上がってきた。

自分の心の有り様が変わったのを感じた。
この感覚はなんなのだろう、子供達や職員に対しても今までとは違う感情が湧き上がってくる。
今までは子供達が喧嘩をしていたり職員の中で小さな諍いがあったとしてもそれらを客観視する余裕があった。しかし今はそれらに腹を立てている自分がいる。
彼らの感情に引きずられてしまうのだ。
「怒り」は自分の中にも確かにあったが、それは人としてニュートラルな状態での「怒り」であったり、あるいは思いやりの中から発せられる類の「怒り」であったような気がする。感情が怒りそのものに支配されることなどなかった。

そして今までにはない深い悲しみや絶望感もまた心の中に見いだすことができた。
それらは深い暗闇の中に開いた暗い底なし沼のように気づかない内に不意に気力や体力を奪っていく。
今まで以上にしっかりと自分を保っていないと他人の感情や言動に影響されて負のエネルギーに巻き込まれてしまうのだ。感じやすい部分はあったがそれ以上に感情に支配されてしまうほどに引きずられることになってしまう。

アキは今までこんな感覚のみで生きてきたのだろうか。苦しみと怒り、貪りと愚かさ。本当に鬼のように生きていたのだなと思う。
そしてそれを持ち合わせた今の自分は、やっとまともに人間らしくなったと感じる。人の感情は不安定で脆い。自分を失うと、いとも簡単に壊れてしまう。
アキという鬼が精神的に壊れなかったのは、それが不完全だったからなのかも知れない。闇の中では闇が道理なのだろう。アキは自分を生きたのだ。



貴子は食堂のキッチンでお湯を沸かしてコーヒーをいれた。それを持ってがらんとした昼間の食堂の片隅に座り、庭の草花を見つめた。姫女菀が背を伸ばしてゆらゆらと咲いていた。雑草だが抜かずにおいていたものだ。

夏がやってきていた。夏には夏の花が咲く。空にはまだ小さいが入道雲が積み上がっていた。梅雨が明けると本格的な夏が待っている。
日常が目の前にある以上、歩みを止めるわけにはいかない。自分には守るべき子供達がいるのだ。

貴子はコーヒーを飲みながら自分の中にいる鬼につぶやいた、これからだ、ここから新たに始めるんだ。
輝くべき季節がやってきたのだ。




< >
Shine of the Four Seasons episode 1 " Song of the meteor “ Chapter 2"



First episode


Takako headed for the kitchen in the dining room to put in coffee when finishing office work.
Clouds change shape and run through the sky with a high speed.
The season was one step ahead. It is the sky of July. The shining season is coming.

It was a little unstable spirit and body condition from that.
It fused with Aki and became one of the original souls.
There were two souls in my body until familiar. Another myself in myself. An internal dialogue continued with the soul called Aki and the dragon who lives in it.

Aki in me said.

"When you become a complete body of a beast, how you see things changes.
The human eye can see the image as a substance, but the eyes of the beast seem to flow like a luminous body of energy.
For example, when looking at animals the animals themselves appear as luminescers of energy. And the direction that miracles and consciousness that it passed, the lighting and miracles of various living things surrounding that energy body, the flow itself, they look together as a flow of energy. There are various colors of light emitters, and there are strong weak lights.

Looking at these light emitters, I can see that it is a child with a wild boar going up from the river and heading toward the ridge line. Foot weeds and living things living there are also visible as small grain light emitters.
The flow of the wind and the flow of water also appear as luminous bodies. Those with energy and energy will appear to emit light.
Creatures with complicated feelings like humans have different colors and lights. The way of flow also has a way of flow peculiar to humans.
You can see that human flow influences natural flow. It is a rare existence among living things.
Or cause a backflow in the natural flow. Is it part of the flow of nature, or is it unnatural, the flow of human energy is unique.

There are certain things. It is a warm energy that you feel from Miwa and Tanabe.
It can also be said that the energy that flows calmly is human.


The light emitter keeps the temperature and feels it, but it also feels cold. Temperatures of human emotions can emit tremendous energy. Sometimes it froze terribly.
Light and temperature are their colors, weaknesses and complicated energies to fill the world.

Takako had such a conversation for a while for a while since he was united with Aki, and he was doing such a way of seeing.
I saw where people are directing energy, and the emotions and the body of people moved in the direction of that person's energy.
When the human emotions collided, the lights emitted by those people were in the beginning. I knew that the light collided before the car accident also hit, and immediately after that the car with the substance caused an accident.
But then the existence of Aki gradually faded within me. The voice of Aki can not be heard, and the emission of energy emitted by living things also disappears.
Takako's eyes only showed the image as the entity as before.
And a feeling that has never existed springed up in me.

I felt my own mindset changed.
What is this feeling, different feelings will rise up for children and staff as well.
Until now, even if the children were fighting or there was a little bit of staff among the staff, I could afford to objectively look at them. But now I have myself angry.
They are dragged by their emotions.
There was certainly "anger" among themselves, but it seems that it was "anger" in the neutral state as a person, or "kind of anger" originated from consideration . There was no domination of emotions by anger itself.

And it was also able to find in my heart a deep sadness and hopelessness that has never been before.
They unexpectedly take power and physical power while not noticing like a dark bottomless marsh which opened in deep darkness.
If you do not keep yourself firmly than ever, you will get caught up in negative energy by being affected by the emotions and behavior of others. Although there was a part that was easy to feel, it would be dragged to such extent that it would be dominated by emotion more than that.

I wonder if Aki lived solely with this feeling. Suffering and anger, greediness and stupidity. I think that he was really living like a demon.
And I feel that I am at once finally become a human being as I am now having it. Human emotions are unstable and brittle. When you lose yourself, it breaks easily easily.
It may be because the demon called Aki was not mentally broken because it was incomplete. Darkness is reasonable in the dark. Aki lived herself.



Takako boiled the hot water in the kitchen of the dining room and put coffee. Sitting in the corner of the daytime canteen with it and staring at the flower in the garden. Princess woman stretched out and was in full bloom. It was a weed but it kept leaving.

Summer has come. Summer flowers bloom in summer. There was still a small but trapped cloud stacked up in the sky. A real summer is waiting for the rainy season.
Since everyday life is in front of us, we can not stop walking. I have children to protect.

Takako murmured the demon in myself while drinking coffee, from now on, I will start a new one from here.
The season to shine has arrived.

コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
kayagreen home
kayagreenについて
greenfingers自然素材でつくる家庭菜園つきエコアパートプロジェクト
kayagreen ブログ
ふうよう huuyou
つちとヒト
links
Facebook & Twitter

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode
みんなのブログポータル JUGEM