趣味で歌と小説と詩を掲載させていただいてます。

流星のうた 第27話 Song of the meteor 27



第27話


貴子はベッドから飛び起きると裸足のまま凛太朗の部屋へ走った。

ドアを開けると黒い獣が二本足で立ち、凛太朗を覗き込んでいた。獣は気配に気づき、ゆっくりとこっちに振り返った。


葵は人間がドアを開けて部屋に入ってくると大きく安堵した。

サポだった。   



貴子は振り返った生き物に攻撃の意思がないことを認めた。その目は獣の目ではあったが、凛太朗に対しても、自分に対しても害のない色をしていた。恐れも怯えもない。怒りも苛立ちもない。人間の表情に近いものがあった。


「サポ」と獣は言った。

その声は人間のような声だった。女の声だ。
「何?」貴子は呟いた。獣が何かいったような気がした。
「サポ」もう一度獣は言った。
貴子は獣のような生き物が自分に向かって「サポ」と呼びかけていることがわかった。自分に話しかけているのだ。

「サポってなに? あなたはなに?」貴子は邪悪さが消えてしまっている生き物に、その呼びかけの意味を聞いた。

「君の名前だよ」と葵は静かに言った。
「あたしの半分。魂の片割れ。あたしのもう一つの名前」
「あたしの半分」貴子はそう生き物に言われて、自分のいきなり出来た空白の意味を理解した。この欠落感は、自分が半分だからだ。何かを癒したい。何かを救いたい。抑えきれない衝動は、獣のその一言でその訳をだんだんと思い出してくる。

貴子はどんどんと欠落感が増していくのを感じた。思い出せば思い出すほど、その空白は領域を広げた。

「僕が魂を宿した時、僕は欠落感でいっぱいだった」と貴子は言った。「アキ、君が居て僕はその空白を埋めていた」
「サポ、あたしは君なんだ。そして君はあたしなんだ」と葵は言った。

僕の名前だ。サポ。陰陽の双子。トットとの再会の約束。


「リンを救いに来た。死なせたくない」と葵は言った。
「アキ、その姿は・・・」貴子は獣の姿をしたアキが生きてきた一千年を思った。
「でも思い出したし、サポも見つけた」葵はサポの気持ちを察してそう言った。

貴子はアキの姿を見て、さぞ過酷な生を生きてきたのだと思った。

「融合しよう」と貴子は言った。「もう一度一人になる」

「そんなことすればサポに邪悪が混じる。あたしは凛太朗に命を譲り、そのまま消える」と葵はいった。
「それはトットの想いとは違うと思う」と貴子は言った。「うん、きっと違う。トットは生きて再会しようと言った。約束したじゃないか、アキ」

「あたしは邪悪さをまとって多くの過ちを犯した。多くの命を傷つけた。そのことを償いたい」と葵は言った。

「償いたいと思うなら生きよう。僕と融合して僕の中で生きるんだ。君に凛太朗を癒せる力があるなら、それをやってから僕の中で生きるんだ」と貴子は言った。

葵は全身から涙がほとばしるのを感じた。鬼の灰汁が涙となってぼたぼたと床に落ちた。
「戻れるんだろうか、元の人間に」と葵は言った。
「僕も泉の龍を呼ぶことができるんだろ? アキの泉は僕が掘りあてる。命を失わずに」と貴子は言った。「僕たちならできる。元の人間の魂になって一緒に生きよう」

貴子は葵に歩み寄り、その肩をしっかりと抱きしめた。
「僕が癒したいのはアキ、君なんだ」貴子は獣になったアキを抱いてその泉を探した。
佐吉への想い。おりょうの料理。美和の言葉。山の「たまり」。龍の入り口。
貴子は山の「たまり」に漂っている龍の波動を衣にして、葵を包んだ。そしてその端で自分も包んだ。アキと自分の魂を包むように。

葵は「龍の衣」に包まれたまま、凛太朗の泉を見つけた。母親の子守唄。眠りと共に歌われる歌。「My funny Barenntainn」
そしてまだある、池に開く新芽の命、ちひろとの握手。貴子の飾った花。向けた言葉。

綺麗な想い。透明な泉。

葵は凛太朗の泉から龍を掘り起こした。

命の歌は歌われ、葵はその命を凛太朗に譲った。

薄れていく葵の魂は「龍の衣」に包まれて貴子の魂と融合し、一つに溶け合った。

貴子は少年が救われたことを見届けて獣を自分の中に取り込んだ。獣の姿は消え、部屋には少年と自分だけが残された。

「アキ、やっと一つになれた。私もやっと人間になれた。私もずっと片端だった。満たされない癒しの想い。ずっとアキを探していた。ずっとアキに会いたかった。アキを癒したい。その想いがやっと叶えられた」貴子は床に座り込んだ。全身から力が抜けた。
月の光が窓から入っている。ベッドに眠る凛太朗を照らしている。

「元に戻ったんだね」とクンネが言った。月が語りかけていた。
「クンネ、思い出した。アキは一緒にいる。トットを目覚めさせる」と貴子は言った。
「トットはもう目が覚めてるみたいだよ」とクンネは言った。「希望の泉が掘り返されたんだ、君たち二人の力で」

クンネはキラキラと輝きながら世界を照らした。




< >
Episode 27


Takako jumped out of bed and ran to Rintaro 's room with barefoot.

When I opened the door, a black beast stood with two legs, looking into Rintaro. The beast noticed signs and looked back at this slowly.


Aoi greatly relieved when man opened the door and entered the room.

It was a supporter.



Takako acknowledged that there was no intention of attack on the creatures that turned back. The eyes were the eyes of the beast, but they had a color that was not harmful to Rintaro and to himself. There is no fear nor frightening. There is no anger or irritation. There was something close to the human expression.


"Supo" said the beast.

That voice was a human-like voice. It is a woman's voice.
"What?" Takako muttered. I thought that the beast said something.
"Sapo" Once again the beast said.
Takako found out that a creature-like creature calls himself "supporters". It is talking to myself.

"What is suppo? What are you?" Takako heard the meaning of the call to the creature whose wickedness had vanished.

"It's your name" Aoi quietly said.
"Half of me, one piece of soul, Another name of me"
"Half of me" Takako so told the living thing, I understood the meaning of my sudden blank space. This feeling of missing is because I am half. I want to heal something. I want to save something. The impulse that can not be suppressed reminds me of that translation gradually with that single word of the beast.

Takako felt that the feeling of missing increased steadily. The more I remember, the more the space widened the area.

"When I bothered my soul, I was full of missing pieces," Takako said. "Aki, you were here and I was filling that blank"
"Sapo, I am you, you are me," Aoi said.

It is my name. Supporter. Yin and yang twins. Promises to restart with Tot.


"I came to save Lin, I do not want to let him die," Aoi said.
"Aki, that figure is ..." Takako thought of a thousand years when Aki who showed the appearance of a beast had survived.
"But I remembered and I found a supporter," Aoi said after observing the feelings of supporters.

Takako saw the appearance of Aki and thought that he was living a harsh life.

"Let's fuse," Takako said. "Become one again"

"In that way, evil is mixed in the supporters, and I give way to Rintaro and it will disappear as it is," Aoi said.
"I think it is different from Tot's feelings," Takako said. "Yeah, it's not exactly, Tott lived to say I wanted to meet again ... I promised you, Aki"

"I made a lot of mistakes in wickedness, I hurt many lives, I want to make up for it," Aoi said.

"Let's live if you want to make up for it.It fuses with me and lives in me.If you have the power to heal Rintaro, after you do it, you live in me," Takako said It was.

Aoi felt tears flew away from the whole body. Demon 's lye broke as tears and fell down to the floor.
Aoi said, "Will it be able to go back to the original human?"
"I can also call the fountain dragon, I will dig a fountain of Aki, do not lose my life," Takako said. "We can do, let's become the original human soul and live together"

Takako walked in to Aoi and hugged his shoulder tightly.
"I want to heal is Aki, you." Takako looked for the spring holding the Aki who became a beast.
My feelings toward Sakichi. Dishes of rice. Words of Miwa. "Stagnation" of the mountain. The entrance of the dragon.
Takako wrapped the Aoi with the waves of the dragon drifting in the mountain's "Temari" clothes. And at that end I also wrapped myself. Just like wrapping your soul with Aki.

Aoi kept wrapped in "Ryu no Ra" and found a fountain of Rintaro. Mother 's lullaby. A song that is sung with sleep. "My funny Barenntainn"
And there is still, the life of the sprout that opens in the pond, shaking hands with Chihiro. Takako 's decorated flowers. Words that I directed.

Beautiful thoughts. Transparent fountain.

Aoi dug a dragon from Rintaro 's fountain.

The song of life was sung, and Aoi yielded that life to Rintaro.

The fading Aoi 's soul fused with Takako' s soul wrapped in "Ryu no Ra" and blended into one.

Takako saw that the boy was saved and took the beast into himself. The appearance of the beast disappeared and only the boy and himself were left in the room.

"Aki, at last finally I became a man, I finally became a human.I was always one end.The feeling of healing that I could not fill.I was always looking for Aki.I want to see Ak for a long time.I want to heal Aki. That feeling finally fulfilled. "Takako sat down on the floor. The force came out of the whole body.
The moonlight is coming from the window. It is lighting Rinotaro sleeping in bed.

"You came back," Kunne said. The moon was talking.
"I remembered Kunne, Aki is with me, I will wake up Tot," Takako said.
"Tot seems to be awake now," Kunne said. "The fountain of hope was excavated, with the power of you two people"

Kunne shined the world shining brightly.

コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
kayagreen home
kayagreenについて
greenfingers自然素材でつくる家庭菜園つきエコアパートプロジェクト
kayagreen ブログ
ふうよう huuyou
つちとヒト
links
Facebook & Twitter

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode
みんなのブログポータル JUGEM