趣味で歌と小説と詩を掲載させていただいてます。

流星のうた 第24話 Song of the meteor 24



第24話


貴子は食堂の窓辺に座り、そこから見える庭を見ていた。
ちょうどこの時期、庭では地植えされたワイルドストロベリーが赤い実をつけている。注意していないと見落としてしまうが、しゃがんで葉をめくると小さな赤い実が鈴なりになっている。
菜園ではフキが大きく葉を広げている。
草にまみれてネギも伸びている。食堂の野菜の一部はその小さな家庭菜園で収穫されたものだ。子供達も種まきや収穫を手伝ってくれる。
この小さな庭は、自分と子供達との共有の世界であり、世間と施設とを隔てる中間地帯でもある。子供達を出迎えるささやかな場所だ。
この場所があることで、出ていく時も帰ってきた時も、子供達も自分も、現実に向かう気持ちを前に向けられる気がする。命溢れるものには、そういう力があるのだと思う。


そんな庭を見ながら、貴子はあの夜のことを思い出していた。
あれは何だったのだろう。
凛太朗は眠っていて気がついていないのかも知れない。それならその方がいい。

あれは人間ではなかった。幽霊とかそんなものでもない。生き物だ。何か人間ではない別の生き物だ。
姿を見たわけではなかったが、気配には確かに生命の気配があった。そして邪悪な気配も感じた。肉食獣のような凶暴さと残虐さとでもいうのだろうか。

何かの獣が食料を探して迷い込んだのだろうか。しかし人間を狙って都会のビルの二階の窓から侵入するような肉食動物はこの世にはいない。あれはこの世に存在する生き物ではないのかも知れない。

貴子は熱いコーヒーが飲みたくなったので、食堂のキッチンでお湯を沸かすことにした。
ホーローのヤカンを火にかけ、マグカップに市販のコーヒー豆をセットした。少し時間をかけてお湯を注ぎ、マグカップを持ってまた窓辺の席に座った。

なぜ凛太朗の部屋に。

またやって来るのだろうか。

「人間ではないもの」の存在を他人にしても伝わることはまず無い。聞いてもらえないか、信じてもらえないかのどちらかだ。それは経験として承知している。
相手がいい人間であっても、それは別問題だ。そういうジャンルの事に関しては人の良さは無関係だ。

施設の職員達に相談するわけにもいかない。貴子は熱いコーヒーをひと口飲んで、気持ちを落ち着かせた。

あれは生き物だ。どんな生き物なのかはわからないが、物理的に対応すればいいのかも知れない。壁を抜けたりはできないだろう。

貴子は熱いコーヒーをもうひと口飲んで、とりあえず今はそのことについて考えるのをやめた。

庭に時折、強い風が吹き抜ける。川を降りてきた風が向きを変え、違う風の波とぶつかって強い風が庭に吹き抜けていく。
風は合流し、別れ、流れる。風の唸る音がする。見えないものも確かに存在するのだ。

貴子は自分の「感じやすさ」に時々疲れることがある。街に出た時なんかに、負のエネルギーにやられてしまうこともある。うまくブロックできるものもあれば、うまくいかないものもあった。

あの生き物から発せられる邪悪な気配は、貴子に少なくないダメージを与えていた。そのダメージは感情よりももっと深い部分にまで及んでいる気がする。そんな経験は初めてだ。あの生き物の存在自体が、深い部分に影響を与えているみたいに。

両親を失い、施設に入って間もない頃、心に大きな空白を抱え、孤独に震えていた。目が覚めても両親がいないという悲しみは、経験した者にしかきっとわからないだろう。
出かけているのではない「本当にいない」のだ。それを受け入れるまでにずいぶん長い時間がかかった。
貴子が今受けているダメージは、その時の感覚と似ている。
大きな欠落感のような感覚だ。なぜ不意にそんな感覚に落ち入るのだろうか。 あの生き物の存在が、なぜか自分にそんな空白を不意につくっていた。

ふーっとため息をついた。できるだけ冷静にならなければ。冷静さはいつも自分の見方をしてくれた。
目を閉じ、窓から入ってくる風を感じる。試練はいつも突然にやってくる。不意に世界が変わってしまう。
両親を亡くした時もそうだった。病院勤めの時に、救えなかった命もあった。自分の力のなさを痛感した。
めげずに前に進めたのは、両親との数少ない思い出があったからだ。両親はいつも自分を信じて応援してくれた。それは何ものにも代えがたく、大きな支えになった。そのことは両親に本当に感謝している。
信じてくれる存在は、生きていてくれるだけで守ってくれている。
貴子は幼いながらもしっかりとそれを受け取り、大切にした。

冷静になるのだ。多分またやってくる。凛太朗が目的だ。
でも命を奪う事が目的ではない気がする。もしそうなら少年を連れ去るか、その前に殺めているはずだ。推測する身体能力からしてもそれは可能だろう。

あの生き物は何のためにやって来るのだろうか。

貴子は庭に揺れる草花を見つめた。イネ科のイヌムギが目立って穂を伸ばしている。急成長をする春草は庭に力強さを加えている。草は穏やかなだけではない。
季節を最も感じるのは、そんな草の表情だ。地面の草の表情が最も季節を伝えてくれる。

あの生き物は意思を持っている。人間のように。
命を奪う事が目的ではないのだとしたら、傷つけることが目的ではないとしたら、あの邪悪さは何なんだろう。

話は通じるのだろうか。意思を持っているのだとすれば、考えがあるのだとすれば、会話ができなくても犬や猫と対するようにこちらの意思も伝わるかもしれない。

意思を伝える。そして目的を探る。

次に遭遇した時に貴子はこのことを試してみる事にした。通じあうことを信じて。




< >
Episode 24


Takako sat on the window of the dining room and was looking at the garden that could be seen there.
Just during this period, the wild strawberry planted in the garden is wearing red fruits. I miss it if I do not care, but when I turn the leaves with a crouch, the small red fruits are belling.
In the vegetable garden, the lake has big leaves.
It is covered with grass and leeks are growing. A part of the cafeteria's vegetables was harvested at the small home garden. Children also help with seeding and harvesting.
This small garden is a shared world between myself and children, and it is also an intermediate zone separating the public from facilities. It is a small place to meet the children.
With this place, when you go out and return, both children and myself will be able to point the feelings toward reality forward. I think that there is such power in what is full of life.


While watching such a garden, Takako remembered that night.
What was that?
Rintaro may be asleep and may be unaware of it. If that is the case better.

That was not a human being. It is not such a ghost or such. It is a living thing. It is another creature that is not something human.
Although I did not see her appearance, there was a sign of life in my sight. And I also felt evil signs. Is it also called ferocity and cruelty like carnivorous animals?

I wonder if some beast has strayed from looking for food. But there are no carnivores in this world that will invade humans from the window of the second floor of an urban building. That may not be a creature existing in this world.

Takako wanted to drink hot coffee, so I decided to boil water in the kitchen in the dining room.
I put on a firepot of an enamel and set a commercially available coffee bean in a mug. Pouring hot water over a period of time, having a mug and sitting at the window side again.

Why in Rintaro's room.

I wonder if it will come again.

Even if you make others existence of "things that are not human beings", it is unlikely to be transmitted. I do not hear you, I do not believe you. I am aware of it as experience.
Even if the other person is a good person, that is another matter. The goodness of a person is irrelevant for such genres.

I can not consult with the staff of the facility. Takako drank a hot coffee and calming her feelings.

That is a living thing. I do not know what kind of living thing is, but it may be good to correspond physically. I will not be able to escape the wall.

Takako drank another piece of hot coffee, I decided to stop thinking about it now.

Occasionally a strong wind blows through the garden. The wind that came down the river changes direction and bumps against the wave of a different wind and a strong wind blows through the garden.
The wind joins, farewells, flows. There is a roaring sound of the wind. There are certain things that can not be seen.

Takako sometimes get tired of his "feelability". Somewhat when you go out into town, sometimes you get stung by negative energy. Some could be successfully blocked, others did not work.

The wicked signs emanating from that creature were giving Takako less damage. I feel that the damage extends far beyond feelings. Such experience is the first time. The existence of that creature itself seems to have influenced the deep part.

When I lost my parents and entered the facility, I was trembling with loneliness, holding a big blank in my heart. Even if I wake up, the sorrow that my parents do not exist will surely only be understood by those who have experienced.
It is not "not really going out" which is not really. It took me a long time to accept it.
The damage Takako is now receiving is similar to the sensation at that time.
It feels like a big missing feeling. Why do I suddenly feel such a feeling? The existence of that creatures made me such a blank space unexpectedly for some reason.

I frantically sighed. I have to get as cool as possible. Coolness always took my own perspective.
Close your eyes and feel the wind coming through the window. Trials always come suddenly. The world unexpectedly changes.
Even when my parents died. There were lives that I could not save at hospital work. I felt a sense of my strength.
I forgot to advance because I had few memories with my parents. My parents always believed in me and supported him. It was hard to replace anything and it became a big support. I really appreciate that for my parents.
The existence which believes is guarded only by being alive.
Takako received it securely, although he was young.

It will be calm. Probably come again. Rintaro is the purpose.
But I feel that it is not the purpose to take away my life. If so, you should take away the boy or kill it before that. Even with the physical ability you guessed it would be possible.

What is the creatures coming for?

Takako looked at the flowering trees in the garden. The grain of the grass family stands out and stands out. Spring grass growing fast adds strength to the garden. Grass is not just calm.
It is such a grass expression that feels the most in the season. The grass expression on the ground gives us the most seasons.

That creatures has a will. Like humans.
If it is not the purpose to take away the life, if it is not the purpose to hurt, what is that evilness?

I wonder if the story can be understood. If there is a will, if there is an idea, even if it is impossible to talk, this intention may also be transmitted as if it is against a dog or a cat.

Tell the intention. Then explore the purpose.

Takako decided to try this at the next encounter. Believe that you can communicate.

コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
kayagreen home
kayagreenについて
greenfingers自然素材でつくる家庭菜園つきエコアパートプロジェクト
kayagreen ブログ
ふうよう huuyou
つちとヒト
links
Facebook & Twitter

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode
みんなのブログポータル JUGEM