趣味で歌と小説と詩を掲載させていただいてます。

流星のうた 第23話 Song of the meteor



第23話


ソナ(太陽の九頭龍)はトットの眠っている間、宇宙から命を見つけて龍に乗せる。命は龍に乗ってトカの家族の間を巡った。
チク二(木星)は命を乗せた龍が巡ってくるのを喜んだ。
龍はシキに近づくとその命をばらまいて生まれてくる星の周りを飛び回らせる。
命は眠っているトットの脈を通りシキの体内に宿る。

ソナの見つけた命も、トットの見つけた命も宇宙に溶けていた命だ。砂糖のように宇宙に溶けていてどこにあるのか分からないけれど、よくよく感じればそこかしこに命はある。
九頭龍はそんな命を見つけると九つある頭でそれを魂にする。

「トットは1日にどれくらいの命を見つけるの?」とソナは聞いた。
「10万かもう少しくらいかな」とトットは答えた。ずいぶん前の話だ。

ソナは1日20万くらいの命を見つける。命は宇宙を飛び地上に降りる。

「命はどれくらい飛び回るの?」とサポは聞いた。
「一瞬だね」とクンネは言った。「数秒なんだ」
「僕とアキは何百年も飛んでいるような気がする」とサポは言った。
「宇宙が楽しすぎたんだね」とクンネは言った。

「ちょうどあの時居合わせたのが、そんなのん気な君たちだから、トカも心配でたまらないんだよ」クンネはサポを見つけたらそう言ってやろうと思っている。




葵は「星の物語」を宇宙に向かって送信した。サポに届けと願いを込めて。


丸い池を見下ろせる赤松の枝は、笹の海に囲まれて谷筋から登ってくる海風に吹かれている。
夏の間、海風は山を駆け上がり空に雲をかける。

池はその雨を受け入れて、深く地中に息吹を送る。


葵は赤松の枝に腰掛けて、春の強い風に吹かれている。ざわざわと森が揺れている。

変化は想像していたよりも早く進んでいるようだ。
足首から下はすっかり獣の足になっていた。親指はその形状を変えて類人猿のように木の枝を掴めるように変化していた。
毛は膝下にまでうっすらと生えてきている。そして手の甲にも黒々とした毛が混じり始めた。爪も硬くなっている。変化は体の末端から始まる。獣の意識がその領域を少しずつ広げていく。


あの人間の気配を感じた時、葵は佐吉が亡くなった時の空白感を感じていた。
人間の一生はとても短い。佐吉の死を迎えて、覚悟はあったがその喪失感は並ではなかった。
何か自分の一部がなくなった感じだ。

なぜ、そんなものを感じるのだろう。
あの人間は凛太朗を守ろうとしていた。
気配からそれは感じられた。それはあたしも同じだ。
凛太朗にも何かを受け入れてもらいたいのだ。現実の世界で彼が受け入れなければいけないことを。

あの人間もそれを思っているはずだ。悲しいのは、お互いにそれを共有できないことだ。
あたしは鬼だ。人間が理解するはずがない。

凛太朗はひどくやつれた顔をしていた。
食欲を夢の中に置いてきたのかもしれない。
生き延びる気持ちがない人間は食欲を捨ててしまう。命は輝きを失いかけている。
死なせたくない。


空には三日月が浮かんでいた。夜の領域に大半を占められ、ほっそりとした光を世界に注いでいた。

「クンネ、死なせたくない人間がいるんだ。あたしと同じ波動を持つ人間だ。そんな人間が生きて、生きる意味を見いだせたら、そんな姿を見たいんだ」

「鬼の波動を持つ人間か」とクンネは言った。
「今は痩せて、死にかけている」と葵は言った。
「自分を入れ替えるしかないんだよ、自分の力で。そうすると世界が変わるんだよ。君がそうして変化してるみたいに」
「凛太朗は人間だ。何にも変化はしない。そして弱い。すぐに死ぬ」
「人間は強いさ。その精神は鬼なんかよりずっとね。生きようという意思を植えてあげるといいよ」とクンネは言った。

「意思を植えるってどういうこと?」
「希望のことだよ。人間の心にそれが湧き上がってくるのを手伝って一緒に穴掘りするんだよ」
「穴掘り?」
「穴掘り」とクンネは言った。
「シキに命を譲ったあの時みたいにね」そう言ってあとは何も言わなかった。

シキに命を譲った時、あたしはサポと一緒にシキの希望の泉を探した。
そこは綺麗な「たまり」みたいになっていてサポと一緒に掘ると龍が踊るようにたくさん生まれてきた。そしてそれはシキを包み、癒しの気を巡らせた。

リンの希望の泉とは何なんだろう。葵は神経をめぐらせ思いを馳せた。




Episode 23


Sona (Nine-headed dragon of the sun) finds life from the universe and puts it on the dragon while Tot's sleep. Life rode on a dragon and went among the members of Toka.
Chikui (Jupiter) was pleased that the dragon carrying the life came round.
As the dragon approaches Shiki, it spreads its life and fly around the star born.
Life dwells through the pulse of Tot asleep in the body of Shiki.

The life found by Sona and the life found by Tot are the lives melting in the universe. I do not know where I am melting in the universe like sugar, but if I feel it well, there is life there forever.
Kyuu dragon finds such a life and finds it as a soul with nine heads.

"How long will Tott find a life on the day?" Asked Zona.
"About 100,000 or so," Tott replied. A long time ago.

Soa finds about 200,000 lives a day. Life jumps to space above the universe.

"How long does life fly around?" He asked.
"It's a moment," Kunne said. 'A few seconds'
"I feel like I and Aki are flying for hundreds of years," Sapo said.
"The universe was too fun," Kunne said.

"It was just such an unnecessary time since you are such a bad guy, I can not help worrying about Toka." Kunne wants to say so if he finds a supporter.




Aoi sent "the story of the star" toward the universe. With delivery and wishes in the supporter.


The branches of the red pine which overlook the round pond are blown by the sea breeze climbing from the valley muscle surrounded by the bamboo sea.
During the summer sea breeze runs up the mountain and clouds the sky.

The pond accepts the rain and breathes deeply into the ground.


Aoi is sitting on the branch of the red pine, blowing in a strong wind of spring. The trembling forest is shaking.

It seems that the change is progressing faster than I imagined.
The foot from the ankle was totally the leg of the beast. The thumb was changing in shape to change its shape so that it could grab branches of trees like an ape.
Hair grows fairly beneath the knee. And black hair was beginning to mix on the back of the hand. Nails are also hard. Changes start from the end of the body. The consciousness of the beast gradually spreads that area.


When I felt the sign of that man, Aoi felt a sense of blankness when Sakichi passed away.
Human life is very short. With the death of Sakichi, though there was prepared, the sense of loss was not unchanged.
It is a feeling that something of myself has gone.

Why do you feel such a thing?
That man was trying to protect Rintaro.
It was felt from the signs. I am the same.
I would like Rintaro to accept something. What he has to accept in the real world.

That man should also think of it. Sad is that we can not share it with each other.
I am a demon. Humans can not understand.

Rintaro had a badly hurt face.
You may have put your appetite in your dream.
Humans who do not feel like surviving throw away their appetite. Life is losing its radiance.
I do not want to die.


A crescent moon floated in the sky. It occupied most of the night area and was poured into the world with slimy light.

"Kunne, there is a human who does not want me to die, I am a human with the same wave motion as I. If I can live such a human, find the meaning to live, I want to see such a figure"

"Is it a human with wave of demons?" Kunne said.
"Now I am thin, I am dying," Aoi said.
"There is nothing but to replace myself, with your own power ... Then the world will change, like you are changing it"
"Rintaro is a human being, it does not change anything and weak, it will die soon."
"Humans are strong, their spirit is much better than demons and you should plant the intention to live," Kunne said.

"What does it mean to plant intention?"
"It's about hope, we help dig it up in the human heart and dig a hole together."
"Digging a hole?"
"Digging a hole" and Kunne said.
"That's like at the time she handed over her life to Shiki" So that's it, I did not say anything.

When I handed over my life to Shiki, I looked for a spring of hope for Shikis with a supporter.
It was like a beautiful "stagnant" and when boring along with the supporters a lot of dragons were born to dance. And it wrapped the shiny and made me feel healed.

I wonder what is the fountain of hope of Lin. Aoi thought about nerves.

コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
kayagreen home
kayagreenについて
greenfingers自然素材でつくる家庭菜園つきエコアパートプロジェクト
kayagreen ブログ
ふうよう huuyou
つちとヒト
links
Facebook & Twitter

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode
みんなのブログポータル JUGEM