趣味で歌と小説と詩を掲載させていただいてます。

流星のうた 第22話 Song of the meteor



第22話


美和はあの池を確認しに行ってから、学校にいてもバイトをしていても、どこか頭の隅であの夜の池のことを考えていた。

昼から夜に、その領域を移行させる森と、水をたたえた黒く透明な池。
漆黒に溶け合った感覚と音の世界。

美和は都会での現実の生活と、ほんの少し車で走ったところにある山中の風景が同じ世界だということにうまく馴染めないでいた。
登山部の時に見た風景とはまた感じ方が違っていた。

一つの現実を知り、それを受け入れた後では、世界はその意味を大きく変えていく。

この世界はこの間までの世界とは違う。
美和はそう感じていた。

美和は、葵の言ったことを思い出していた。

地球(葵はシキと言っていた)は生命体で、そして弱ってきている。声を失っている。

地球が命を宿した生命体だとして、もしもその命が尽きてしまったとしたら、それはどんな世界なんだろうか。

美和はまた、何かの映画の世界が頭の中に展開しそうになったので、それについて考えるのをやめた。そしてぼんやりと現実の街を見る。

人々は働き、生活し、その中で家族を持ち、年老いて死んでゆく。
生は突然やってきて、気がつくと人生が始まっている。
表面的には、花開く人生もあれば、報われない人生もあるだろう。でもその価値は、その人生を生きた本人にしかわからないのではないだろうか。
自分の両親は普通のサラリーマンと平凡な主婦だ。決して安くない学費を工面してくれている。
誰に褒められるわけでもないが、美和は立派な価値ある人生だと思う。自分も両親のように生きられればそれでいいと思っている。

鬼か。その人生に価値を見出せるのかどうかは、たぶん葵自身の問題なんだろう。

美和はその一方で、自分がなんのために生きているのか、葵に比べると恐ろしく不確かなものではないかとも感じていた。
葵には確かな目的がある。やるべき事柄があり、探すべきものがある。受け入れた事と、それと引き換えに手放した事がある。

自分は大学で看護を学んでいる。資格を身に付けて生きるためだ。どこに出しても恥ずかしくない目的なのかもしれない。少なくとも、少し前まではそう思っていた。
ただ今思うのは、それは「自分が生きるための目的」だということだ。本気で人を救うために大学で学んでいるわけではないのだ。

以前、学校でナイチンゲールのことを学んだことがある。当時病人の手伝い程度だった看護を、専門知識の必要な職業にまでその価値を見出し、現場の最前線で働いた。
病室の窓を開け放ち、病人やけが人を隔離から解放した。その功績は「クリミアの天使」と呼ばれた。
彼女のような人間こそが、本当は看護師を目指すべきなのではないのだろうか。
自分にはそこまでの覚悟はない。現実の人生をうまく切り抜けるために今を生きている。少なくとも今はそうだ。たぶんそれが現実を生きるということだと思う。

美和は自分や現実の世界が今どこに向かっているのか、わからなくなる。

自分のために知識やスキルを磨くことも、それが人のためになるのであれば言うことはない。
でもそれはどこに結びついていくのだろう?

表面的な世界は日常にいくらでも見えてくる。大多数の人々が慎ましく生き、その営みはこの地球上で目まぐるしく動いている。

タナベと車で山から下りてきた時、その現実は大きな不自然さを含んでいるように感じられた。何かにその現実を押し付けられているのかもしれない。何か自然の流れではないものがそこにはあるのかもしれない。私たちが服を着なければならないように。

何もかもが均一さをまとい、ルールを設け、常識を重んじる。それが正しいことなのかも曖昧になってきた。
社会の常識とは誰がどこで決めるのだろう。その常識には、例えばシキの命の事柄は記されているのだろうか。
星や龍に思いを馳せる人間がこの世の中にどれだけいるのだろう。

情報が分断されているのかもしれない。
ひとつながりの情報は、バラバラに分断されていて断片的に伝えられているだけかもしれない。
地球が生き物であるという情報はどこか別の場所では真実であり、それはバラバラにされて金庫にでも保管されているのかもしれない。
金庫の管理人は時々そのバラバラのピースをつなぎ合わせ、その事実を確認する。
確かに地球は生きていると。

もしも星に命があるとしたら、そこには感情のようなものはあるのだろうか。そんな情報もバラバラにされて金庫に閉じ込められているのかもしれない。
生き物ならば動物にだって感情はある。
草や木も昼間と夜の領域が違うように、その感情も自分たちには推し量れない何かがあるのかもしれない。会話ができないという物理的な判断だけで命に宿る感情を否定することはできないはずだ。

通りを行き交う人々を見ながら、美和はなにかこの現実の世界が色塗りされた世界だという気がしてきた。
あの、山から下りてきた時の違和感は、ぼんやりとした感覚で美和を包んでいた。

本当の世界はこんな色ではないはずだ。何かがこの鮮明な世界に不自然な色をつけている。


葵は出て行く前に、そんなに多くない荷物のほとんどを置いていった。
獣になればこんな荷物も要らなくなる、と言いながら小さなリュックに小さな荷物を詰めた。「人間の間だけなんだ、こんなものが要るのは」まとめられた荷物を見てそう言った。

この世界は一体何なんだろう。自分はどこに向かっているのだろう。




Episode 22


Miwa had been thinking about that pond in the corner of his head somewhere, even if I was in a school or playing a part - time job after going to check that pond.

From the daytime to the night, the forest that shifts that area and the black transparent pond that pounded water.
A world of sense and sound that blended in jet black.

Miwa was not familiar with the fact that the real life in the city and the landscape in the mountains in the place where I ran a bit with the car are the same world.
The way I felt was different from the scenery I saw at the time of the mountain climbing section.

After knowing one reality and accepting it, the world will change its meaning greatly.

This world is different from the world until now.
Miwa felt that way.

Miwa remembered what Aoi said.

The earth (Aoi was saying shiki) is an organism, and we are getting weaker. I have lost my voice.

If the life is exhausted as the earth is a living entity with life, what kind of world is it?

Miwa also ceased thinking about it as the world of something movie seemed to unfold in her mind. And I look idly and real town.

People work and live, have families in them, grow older and die.
Life suddenly came, and life began when you notice. On the surface, there will be life blossoms, some life will not be rewarded. But I wonder if the value is only understood by the person who lived that life.
My parents are ordinary salaried men and ordinary housewives. It is never cheap to me. I can not praise anyone, but I think Miwa is a worthy life. I think that I can do with it if I can live like my parents.

A demon? Whether we can find value in that life is probably Aoi's own problem.

On the other hand, Miwa felt that he was living for himself and what he was terribly uncertain as compared with Aoi.
Aoi has a certain purpose. There is something to do and there is something to search for. There is something I have accepted and sometimes let go in return.

I am studying nursing at a university. It is to live by acquiring qualifications. It may be an embarrassing purpose no matter where you put it out. At least, I thought so long ago.
I think now that it is "the purpose for living". It is not that he is learning at university to serve people seriously.

I used to learn about Nightingale at school before. I found the value of nursing, which was the extent of the help of sick people at that time, to the occupation that needed specialized knowledge, and worked at the front line of the site.
Opened the window of the hospital room, freeing the sick and injured from isolation. That achievement was called "Angel of the Crimea".
I wonder if people like her should really aim for a nurse.
I am not ready for that. I live my present life to succeed in real life. At least now it is. Perhaps it is that it is living reality.

Miwa will not know where I am and the real world is going now.

There is no way to hone his knowledge and skills for myself, if it is for others.
But where will it tie?

You can see the superficial world in your daily life. The vast majority of people live modestly, and their activities are swiftly moving on this planet.

When I came down from the mountain with Tanabe and a car, I felt that the reality contained large unnaturalness. It may be squeezed into reality to something. There may be something that is not a natural flow. Just like we have to wear clothes.

Everything is dressed in uniformity, rules are set, and common sense is respected. It has become ambiguous whether it is correct or not.
Who and where will decide common sense in society? Does that common sense say, for example, the things of the life of the shikku are written?
How many people can think of stars and dragons in this world?

Information may be divided.
The information of one piece may be fragmented and divided only by pieces.
The information that the earth is a living thing is somewhere true in another place, it may be broken up and kept in a safe.
Shelf managers occasionally join pieces of their disjointed pieces and confirm the fact.
Certainly the earth is alive.

If there are lives in the star, is there something like emotion there? Such information may also be scattered and confined in the safe.
Even animals have feelings if they are living things.
There may be something that the emotions can not be inferior to themselves, as grass and trees also differ in the day and night areas. It is impossible to deny emotions living in life only by physical judgment that conversation is impossible.

While watching the people going along the street, Miwa came to feel that this real world is color-painted world.
Um, the strangeness when I came down from the mountain was wrapping Miwa with a vague sensation.

The real world should not be such a color. Something is drawing an unnatural color in this clear world.


Before going out, Aoi left most of the cash that I had and the baggage that was not that much.
I packed a small baggage in a small backpack while saying that if you become a beast you will not need such a baggage. "It's only for human beings, I need something like this" I looked at the packages that were put together and said so.

What on earth is this world? Where is he going?

コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
kayagreen home
kayagreenについて
greenfingers自然素材でつくる家庭菜園つきエコアパートプロジェクト
kayagreen ブログ
ふうよう huuyou
つちとヒト
links
Facebook & Twitter

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode
みんなのブログポータル JUGEM