趣味で歌と小説と詩を掲載させていただいてます。

流星のうた 第20話 Song of the meteor 20



第20話


朝の光は少し開けた窓からカーテンを揺らせながら入ってきた。カーテンの動きに合わせて、差し込む光もゆらゆらと揺れた。
夢と現実の世界は、起きている時も眠っている時も凛太朗の楽園を揺さぶっていた。
食事を運んでくる職員や点滴を打ちに来る職員が凛太朗のその楽園に食料や薬を持ち込んできた。
何も食べたくなかったし、注射なんてされたくなかった。風や鳥や花があればそれでよかった。悪夢から守ってくれる存在があればそれで十分だった。
美しいものに囲まれて、守ってくれる人の気配があればもう何もいらないと思っていた。

凛太朗は破れた膜の隙間から、青い夢に置いてきた記憶が流れ込むのを傍観していた。
貴子に守られたその記憶は、水の流れのように楽園に流れ込み、流れの先で渦を巻きやがて「たまり」を作って「記憶の池」をつくっていった。
凛太朗はそんな風景をただ傍観していた。その池は美しいものに思えた。
流れは絶え間なくそそぎ込み、そしてそれがどこかで「たまり」をつくろうと、それは自然のなり行きのように感じた。



昨日も凛太朗は黒砂糖を一欠片食べただけだった。食事は毎回、そのほとんどが手をつけられていなかった。
貴子は医師免許をまだ生かしていて、施設にも子供達専用の医務室があった。小児科医も数人交代で勤務していた。
拒食がずっと続いていることが何より心配だった。医療用の点滴も最近は全て拒絶される。貴子が手渡しで与えたビスケットや黒砂糖を凛太朗はわずかに食べるだけだった。
飲み物にも気を使っているが、わずかに口にするだけで水を飲むことが多かった。身体は来た時よりもどんどん痩せていった。

まだこの少年には自分を受け入れてもらった、というだけだった。楽園を出たわけではないし、据え直したわけでもない。自分で世界を据え直すしか楽園を出る方法はない。

貴子は自分の「保護」の按配を模索していた。自分はどこにも行ってしまわない。そのことを少年に伝えることはできたかもしれない。しかしその事が楽園に安住させかねない。
貴子は少年の食事や検診を別の職員に担当してもらったりして、少し距離を置いて様子を見ることにした。

この施設ではある程度の医療行為ならできる。拒食にも、なんとかもうしばらく対応できそうだ。しかし凛太朗の向かっていこうとしている先は、楽園と共に眠ることだった。貴子にはそれを感じ取ることができるのだ。そのことは貴子の胸を締め付けた。

心療内科の医師と相談して食欲が出るような薬を処方してもらったが、凛太朗には拒絶された。副作用もあるので無理に飲ませることもしなかった。
命を繋ぎとめるにはどうすればいいんだろう。貴子は必死に模索していた。必ずどこかに答えはあるはずだ。

自分には家族に囲まれて育った経験がないので、スタッフや当直の医師たちの意見も聞いて回ったり、何度かミーティングもしたりして子供達にもそのことを伝えた。
施設全員で凛太朗の状況をシェアするようになった。凛太朗を悪く言う子供はいなかった。皆、凛太朗の気持ちがわかるのだ。
子供達の中には親身に心配してくれる子供もいた。ちひろちゃんもその中の一人だった。

ちひろちゃんは十歳の女の子で凛太朗が来てから、何かと心配をしてくれていた子だった。
食堂に来なかったり、部屋から出てこないことをいつも心配してくれていた。
貴子はそんなちひろちゃんに随分助けられている。一緒に心配してくれる小さな同志は、花を摘んだり花瓶の水を変えてくれたり「早く元気になるといいね」と言いながらその優しい気持ちを凛太朗に向けてくれている。

友人を思うそんな気持ちを、貴子は本当に嬉しく思う。本当の財産とはそういうものだと思う。施設の子供達は自分が傷ついた分、他人の傷にも寄り添うことができるのだろう。痛みがわかるということがどれだけ大切なことなのか、貴子は実感していた。
この小さな同志は、自分の心にも寄り添ってくれている。貴子はそう感じていた。
小さな同志がいるだけで、勇気や知恵を一人の時以上に出せるのだ。
ミーティングにはちひろちゃんや他の子供達も時々加わった。施設全員が凛太朗に心を寄せるようになっていった。

「話するのがちょっと無理なら手紙を書いたらどうかな」と言い出したのもちひろちゃんだった。乳児を除いて子供達全員が手紙や絵を描いてくれた。スタッフや医師も手紙を書いた。多分読まれないだろうというのは皆がどこかで感じていたことだが、皆の何かをしてあげたいという思いは誰にも止められなかった。

集まった手紙の束を貴子は凛太朗のベッドの枕元に置いた。傍らにはちひろちゃんも一緒にいた。
ちひろちゃんは手を伸ばして凛太朗に握手を求めた。

凛太朗は少しぼんやりとそれを眺めてから弱々しく手を握り返した。
「みんなで手紙を書いたよ、読んでね」ちひろちゃんはそう言って握り返してきた手をぎゅっと握った。
「私もお母さんを亡くしたんだよ、ここにはそういう子たちがみんな一緒に暮らしてるんだよ。凛太朗くんだけじゃないんだよ」
ちひろちゃんはそう言いながら両手で凛太朗の手をぎゅっと握った。

凛太朗はあまり表情を変えずに少し頷いた。
握られた手がぎゅっと握り返してくる感覚を感じた。暖かな親密なものだった。
そんな握手をしたことはなかった。
少女が何を言っているのかもわかった。
言葉には意味があった。
「一人じゃない、みんないる」 少女はそう言って自分の差し出した手を握り返していた。

凛太朗はなぜかわからないが自分がボロボロと涙を流していることに気づいた。 
悲しいわけでも嬉しいわけでもない。 
なのになぜか涙だけがボロボロと溢れてくるのだ。 目をつぶっても涙は溢れた。 凛太朗はもう一度小さく頷いた。

貴子は凛太朗の肩を抱いた。そしてちひろちゃんの肩に手をかけた。ちひろちゃんも少しもらい泣きしているようだった。表情を変えずに泣いている少年とそれを励ましている少女を貴子はそっと抱いた。

施設の子供達は世間に出れば辛い目に会うこともある。学校でも社会でも。今の世の中は「いじめ」が社会全体にはびこっている。そんな中で、偏見にさらされて、彼らの心は生きていく上でどれだけ傷つくかわからない。でも痛みを知った上でそれを許せる心は、何よりも強いものだと思う。世間の評価や噂などで、その人間の本質を知ることはできない。
施設の子供たちには特に、世間に出て何を言われようがブレない心を強く持っていて欲しいと思っていた。

貴子はちひろちゃんを先に部屋から出して、凛太朗が落ち着くまで肩を抱いていた。
凛太朗は目をつぶったまましばらく涙だけを流していた。肩を震わせるわけでもない。表情が険しくなるわけでもない。
ただ目をつぶったまま大量の涙を流した。
それがどういう涙なのか、嬉しいとか悲しいとか、言ってくれたらそれが救いになる。
凛太朗はただ、無言で泣いているだけだった。


少女が握った手が離れ「またね」と言って出て行くのがわかった。膜は、もうその機能を失っていた。夢の世界と現実の世界に境界線はなくなっていた。少女の握ってくれた手には、流れ込んでくる悪夢を一緒に取り払ってくれるような力強さがあった。
「一人じゃない、みんないる」そのメッセージは凛太朗にベッドから起き上がるように言っていた。靴を履きドアを開けて部屋から出て来るように言っていた。
あっちで待ってると言っていた。
その声は、何度も凛太朗の中で木霊した。涙がいくらでも溢れた。

楽園に流れ込んだ記憶の水は、渦を巻いて「たまり」をつくる。その「たまり」は池になり楽園の風景になる。
池を覗き込むと、そこには雲が浮かんでいる。水面にぽっかりと白い雲が浮かんでいる。時折吹く風にゆらゆらと揺れる。木々も水面に映っている。春の新緑をたたえた枝が水面に揺れている。新緑の新しい芽は柔らかな緑に輝いてその命を開こうとしている。
枝にはそんな新しい輝きが無数にあった。
「凛太朗くんだけじゃないからね」と少女は言った。水の中で命が開いていった。




Episode 20


The morning light came in while shaking the curtain from a slightly opened window. In accordance with the movement of the curtain, the light to be shook swayed.
The world of dreams and reality was rocking Rin'ita's paradise both when awake and sleeping.
The staff carrying the meal and the staff coming to the drip infusion bring in food and medicine to that paradise of Rintaro.
I did not want to eat anything, I did not want to be injected. It would be fine if there were winds, birds and flowers. It was enough if there was a presence to protect from a nightmare.
I was surrounded by beautiful things, I thought that if there was a sign of a guardian, nothing was needed anymore.

Rintaro stared at the memory of the blue dream flowing from the gap of the torn membrane.
That memory that was protected by Takako, like the flow of water, flowed into paradise, swirling around at the end of the stream, and eventually making "something" and making a "memory pond".
Rintaro was just staring at such a scenery. The pond seemed beautiful.
The stream pushed in constantly, and it felt as nature went as it somewhere "makes a stop".



Rintaro just ate one piece of brown sugar yesterday. Every meal, most of it was not hand-picked.
Takako still made the best use of his doctor's license, and the facility also had a dedicated medical office for children. A pediatrician also worked for several people.
I was anxiously afraid that refusal continued all the time. Recently all medical drops are rejected. Rintaro only eat slightly the biscuits and brown sugar that Takako gave by hand.
Although I am careful about drinks, I often drink water only by slightly speaking. The body gradually became thinner than when he came.

It was only to say that this boy had accepted himself. I did not leave paradise and I did not change it. There is no way to leave the paradise except to reinstall the world by yourself.

Takako was searching for the distribution of his "protection". I will not go anywhere. I may have been able to tell that to the boy. But that could cause the house to settle in paradise.
Takako decided to take a boys' meal and checkup by another staff member and decided to see the situation a little distance.

This facility can do some medical practice. It seems that I can somehow deal with it for some time. But Rintaro 's going to be heading was to sleep with paradise. Takako can feel it. That tightened Takako's chest.

I consulted with a doctor in psychosomatic medicine, prescribed medicine that appetite appeared, but Rintaro rejected it. I also did not force you to drink because there are side effects.
I wonder what I should do to keep my life connected. Takako was searching desperately. There must be an answer somewhere.

I have no experience of growing up surrounded by my family, so I listened to the opinions of the staff and doctors on duty, and told the children that I had several meetings.
All of the facilities began to share the situation of Rintaro. There was no child to say Rintaro badly. Everyone understands Rintaro's feelings.
Some of the children were worried parentally. Chihiro was one of them.

Chihiro was a child who was worried about something since Rin Taro came when she was a teen - year old girl.
I always worried about not coming to the cafeteria or coming out of the room.
Takako is helped much by such Chihiro. Small comrades who worry about me together are pushing the gentle feelings to Rintaro while picking flowers, changing the water of the vase or saying "I hope to get well soon".

Takako is truly delighted with such feelings of thinking of a friend. I think it is such real wealth. The children of the facility will be able to get close to other people's injuries as much as they are hurt. Takako realized how important it is to know the pain.
This little comrade keeps close to my heart. Takako was feeling that way.
Just with a small comrade, you can put out courage and wisdom more than a single time.
Chihiro and other children sometimes joined the meeting. All of the facilities began to focus on Rintaro.

Chihiro was also the one who said, "If you write a letter if you can not talk a bit, what is wrong?" Except for infants, all the children drew letters and pictures. Staff and doctors also wrote a letter. Perhaps it would not be read that everyone was feeling somewhere, but no one could stop stopping the thought that everyone would do something.

Takako placed a bunch of collected letters at the bedside pillow of Rintaro. Besides, Chihiro was with me.
Chihiro stretched out his hand and asked Rintaro for a handshake.

Rintaro looked at it a little idly and grabbed his hand with a weak hand.
"Everyone wrote a letter, read it," Chihiro tightly grasped his hand holding it back.
"I also lost my mother, and these children all live together here, not just Rintaro-kun."
Chihiro talked about that and grasped hands of Rintaro with both hands.

Rintaro nodded a little bit without changing his facial expression.
I felt the feeling that the held hand grasps tightly. It was warm and intimate.
I never shook hands like that.
I also understood what the girl is saying.
Words had meaning.
"Not alone, everyone," the girl said so and was holding hands held out by himself.

Rintaro did not know why but he realized that he was running down tears.
It is not sad or happy.
But for some reason tears are overflowing. Even if I close my eyes my tears have overflowed. Rintaro nodded small again.

Takako embraced the shoulder of Rintaro. And I put my hand on Chihiro 's shoulder. Chihiro seemed to be crying a bit. Takako gently held a boy crying without changing his expression and a girl encouraging it.

Children of the facility may see painful eyes if they go out to the world. Even at school and in society. In today's world "bullying" is infecting society as a whole. Under such circumstances, being exposed to prejudice, their minds do not know how much they will hurt as they live. I think that the heart that can forgive it after knowing the pain is stronger than anything else.

Takako put Chihiro out of the room first and hugged her shoulders until Rintaro settled down.
Rintaro was shedding tears for a while while closing his eyes. I do not shiver my shoulders. It does not mean that the facial expressions become steep.
Just a blank eye shed a lot of tears.
If you tell me what kind of tear it is, happy or sad, that will save you.
Rintaro just cried silently.


The hand held by the girl departed, "I see you again" I found out to go out. The membrane has already lost its function. The boundary line has disappeared in the world of dreams and the real world. In the hand that the little girl grasped, there was the strength that removes the flowing nightmare together.
"Not alone, everyone" The message said Rintaro to get up from the bed. He told me to wear shoes and open the door to come out of the room.
He said that he was waiting there.
The voice spirited in Rintaro many times. Every tear flowed over.

The water of the memory which flowed into paradise, "swirling" is made by rolling a whirlpool. That "reservation" becomes a pond and becomes a scenery of paradise.
Looking into the pond, clouds are floating there. A white and white cloud is floating on the surface of the water. Occasionally the wind blowing flickers. Trees are also reflected on the surface of the water. The branch that praised the fresh green of spring is shaking on the surface of the water. The fresh green bud will shine softly and open its life.
There were countless such new shines in branches.
"It's not just Rintaro-kun," the little girl said. A life opened in the water.

コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
kayagreen home
kayagreenについて
greenfingers自然素材でつくる家庭菜園つきエコアパートプロジェクト
kayagreen ブログ
ふうよう huuyou
つちとヒト
links
Facebook & Twitter

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode
みんなのブログポータル JUGEM