趣味で歌と小説と詩を掲載させていただいてます。

流星のうた 第17話 Song of the meteor 17



第17話


「アキがさ、獣を受け入れたよ」とクンネはトカにいった。

「そうかい、一千年の迷いの末にあのいたずら坊主もやっと気づいたんだね」とトカはいった。

「人生は勉強っていうけど、何かを失わないと何かは得られないものなんだね」とクンネはいった。

「いつも、きっとそうね」トカはアキがその姿と引き換えに得るものの大きさを考えていた。

「たかが姿だ。アキはきっともっと大事なものに気づくよ」

トカはそのためならいくらでも光と熱を届けるつもりだ。みんな私の家族だ。誰一人として見放さない。

私はいつでも家族みんなに光と熱と色を届ける。


クンネはトカの波動がドンと揺れたのを感じた。もうじきでっかいオーロラが出そうだ。トカの波動はシキの波動に引き寄せられ光のカーテンをなびかせる。トカの波動が飛ばせた粒子が帯となって光輝く。


シキが振動する。 地響きがする。 低く聞き取れないほどの振動。

みんな心配してくれている。葵はシキの振動を感じてそう思った。いつもそうだった。ずっと今まで忘れていた。

葵は海の見える丘の上でクンネを見上げた。月は何も言わず白く輝いていた。






窓辺に置かれた花瓶の花が、月明かりに照らされて昼間とは違う色を放っている。月明かりに照らされた柔らかい色は、色というよりも輝きのように感じる。
それぞれの色の輝きが、淡い輪郭の中に浮かんでいる。

凛太朗は窓から差し込む月明かりに照らされた花を、見るともなく見ていた。貴子が置いていった花だ。
貴子。
新しい名前が楽園の世界に書き加えられた。その名前は気がつくとそこにあった。部屋に飾られた花の記憶のメッセージとして咲いていた。

凛太朗は花に添えられたそれらのメッセージを、花を見ながら何度も読み返していた。
もう自分は使わないだろうと、夢の中に置いてきたその言葉たちが、花のメッセージとして凛太朗に語りかけていた。月明かりがそのメッセージを輝かせる。

心の中の何かが壊れ始める。膜のような何か。やっと逃げ込んだ楽園に夢の世界が侵入してくる。息が苦しくなる。
何かがそっと凛太朗を包み込む。

貴子が抱きしめてくれた時の感覚がよみがえる。暖かい圧力が凛太朗を包む。
圧力は、窓辺から侵入してくる夢の世界の美しいものだけを選別している。悪夢を追い払い優しさだけを侵入させる。選別された夢の記憶は、少しずつ凛太郎に帰っていく。凛太朗は圧力に抱かれて少しずつ自分を取り戻していく。


貴子は凛太郎がその夢と現実の間で戦っていることを感じていた。何か必死に耐えているようでもあった。
貴子はあれ以来、度々そっと凛太朗を抱きしめた。不安げな時、凛太朗はじっと膝を抱えていた。貴子はそっと抱きしめ、不安が去るまでそうしていた。それは貴子にとって一緒に乗り越える事柄だった。
凛太朗はもう自分の家族だ。少年が逃げ込んだ楽園が、そこが現実の世界ではないと気づかせてあげたい。
必要なのは言葉よりも感触や温もりなのだと思う。それで十分思いは伝わるはずだ。

思い出すべき事柄は日常のささいな愛情なのだ。それさえ思い出せたら、少年がこれから歩んでいく現実にしっかりと足を踏みだせるだろう。
温もりを思い出して欲しい。そんなことも置いてきてしまったのだ。生きるために。

貴子は凛太朗に寄り添いながら、少年が自分の力でその領域を変革していくのをじっと待った。放置していれば少年は楽園に閉じこもったまま、その輝きを失うことになるかもしれない。しかし誰かが楽園から連れ出すことはできない。
自力で世界を捉え直すしかないのだ。日常のささいな愛情は、心の奥でその芽吹きの時が来るのを待っている。思い出すべき事柄はそのこと以外にはない。


静かに寝息をたてはじめた少年を、月の光が照らしている。
貴子はカーテンを引き、そっと部屋を出た。毎日が命と向き合う日々だ。それを選んだ自分に休息はない。
しかしそのことは貴子にとって本望でもあった。何もせずにはいられない。何がそうさせるのか、わからないままに貴子は毎日子供たちに接していた。

自分には子供もいないし伴侶もいない。
何か訳があるわけではないが、一人で生きていけるということが今まで結婚を遠ざけていたのかもしれないし、親がいないということをどこかで意識しているのかもしれない。そうしている間に四十も半ばを過ぎた。貴子は自分の人生を、それでよしとしていた。自然な流れなのだと思う。

そんな自分でも何かをせずにはいられない。ここは自分の家なのだ。自分ができることをやりたいだけだ。それでも足りないかもしれないと思う。 なぜかわからない。
子供達と接していると、いくらでも力が湧いてくるのだ。

泉がこんこんと湧き出るように、子供達に向き合うほどに、いくらでもその泉は湧き水をたたえていく。 貴子は、そのことをとても嬉しく思う。 そのことを空に感謝した。

空には丸い月が浮かんでいた。引力が世界に満ちていた。





Episode 17


"Aki, I accepted beasts," Kunne went to Toka.

"Well, after that one thousand years of hesitation, that mischievous budda finally noticed," Toka said.

"Life is studying, but if you do not lose something you can not get something," Kunne said.

"Always, surely" Toka thought about the size of what Aki gets in exchange for that figure.

"It is in the form of a figure, Aki is surely aware of more important things."

Toka intends to deliver light and heat anyway for that. Everyone is my family. I will not let go of anyone.

I always give light, heat and color to my family.


Kunne felt the wave of the Toka swayed with Don. It is almost time for awesome aurora to come. The wave of the Toka is pulled by the waves of the shiki and it frowns the light curtain. The particle that the wave of the Toka flew is a band and it shines.


The shiver vibrates. I will make a sound. Vibration that can not be heard low.

Everyone is worried. Aoi felt the vibration of the shinkle and thought so. It always was. I have forgotten until now.

Aoi looked up at Kunune on the hill where the sea could be seen. The moon shone white without saying anything.






The flower vase set on the window side illuminates the moonlight, and it has a different color from the daytime. The moonlight's soft color feels like shine rather than color.
The glow of each color is floating in the faint outline.

Rintaro saw the flowers illuminated by the moonlight that was plugged in through the window, without looking. Takako put it in the flower.
Takako
A new name was added to the world of paradise. I found out the name as I noticed it. It was blooming as a message of the memory of the flowers decorated in the room.

Rintaro read these messages attached to the flower over and over while watching the flowers.
I would not use myself anymore, and the words that I put in my dreams spoke to Rin Taro as a message of flowers. The moonlight shines that message.

Something in my mind begins to break. Something like a membrane. A world of dreams invades into the paradise where she finally ran away. My breath gets painful.
Something gently wraps Rintaro.

The feeling when Takako hugged me rises. Warm pressure wraps Rintaro.
Pressure is sorting out only beautiful things in the dream world invading from the window side. Remove the nightmare and let only the kindness invade. Memory of the sorted dream, I will return to Rintaro little by little. Rintaro is getting pressure to regain herself little by little.


Takako felt that Rintaro was fighting between that dream and reality. It seemed like I endured something desperately.
Since that time, Takako occasionally embraced Rintaro softly. When uneasy, Rintaro held his knees gently. Takako gently hugged and was doing until anxiety had gone. That was a thing to get over for Takako.
Rintaro is already my family. I want to let the paradise where the boy escaped realize that it is not a real world.
I think that what I need is a feeling and warmth than words. That 's enough thought to be transmitted.

The things to remember are the little affection of daily life. If you even recall it, you will steadily step on the reality the boy will walk from now.
I want you to remember warmth. It has left such a thing. To live.

Takako stood closely with Rintaro, waiting for the boy to reform the area with his own power. If left unattended, the boy may be losing its radiance with her being shut up in paradise. But someone can not be pulled out of paradise.
You only have to recreate the world on your own. Everyday little affection is waiting for the time of its budding to come in the back of the heart. There is nothing to remember except that.


The moonlight is illuminating the boy who began to breathe quietly.
Takako pulled the curtain and gently quit the room. Everyday is a day to face life. I did not rest for myself who chose it.
But that was also a request for Takako. I can not stop doing nothing. Takako was in touch with the children everyday without knowing what to make it so.

I have no children and no companions.
There is not any translation, but being able to live alone may have kept him married so far, and may be conscious of somewhere that there is no parent. In the meantime, it passed mid-way. Takako was doing fine with his life. I think that it is a natural flow.

Even I can not stop myself from doing something. This is my house. I just want to do what I can. I think that it may not be enough. I do not know why.
When I am in contact with my children, the power comes up any number of times.

As the fountain springs up, the fountain springs spring as much as it can face the children. Takako is very pleased about that. I thanked the sky for that.

A round moon floated in the sky. Gravity was full of the world.

コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
kayagreen home
kayagreenについて
greenfingers自然素材でつくる家庭菜園つきエコアパートプロジェクト
kayagreen ブログ
ふうよう huuyou
つちとヒト
links
Facebook & Twitter

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode
みんなのブログポータル JUGEM