趣味で歌と小説と詩を掲載させていただいてます。

流星のうた 第15話 Song of the meteor 15



第15話


葵は朝の早い時間に美和のアパートを出た。隣の建物から相楽園に抜けるルートが六甲山への近道だった。
靴はもうすぐに履けなくなるだろう、そう思って置いてきた。じきに裸足の方が走りやすくなる。靴を捨てることで自分の心にも整理がつく。
葵は窓に足をかけて隣の建物に飛んだ。

日の出前に以前見つけた赤松の枝のところまで来て、登ってくる太陽を見た。

朝日は明ける前々から世界を輝かせた。
太陽が昇る前に、世界は様々に色を宿した。
その色はそれぞれの色が宿る前の色。滲んだ青や滲んだ赤。境目のない色は柔らかいグラデーションの中に輝いている。

そして朝日が昇る。それぞれの色が鮮明になる。
あたしは鬼であり、眼下に広がる世界は人間の世界だ。

太陽の光は見える世界をはっきりと隔てていく。個々の存在をあからさまにして行く。
鬼と人間をくっきりと浮かび上がらせる。



葵は「星の話」を綴り始める。「思いを巡らすんだよ」とクンネは言った。

シキの振動を聞きなさい。 葵はそう書き始めた。






「シキの振動を聞きなさい」トカは双子が遊びに来るたびにそう言った。「シキはあんまりお喋りが得意じゃないから、その代わりシキの振動を聞いてあげるんだよ」
「聞いてる」「聞いてるっ」双子は決まってそう答えた。トカは少し心配なので双子が来るたびにそう言って聞かせたのだ。
「シキは大事なことは振動の方が伝えやすいって思ってるからね」
「知ってるもん」「知ってるもんっ」と双子は言った。

トットはそんなやり取りを見て思わずいつも笑ってしまう。トカはやれやれ、という表情をして、それでも後でにっこり笑ってしまう。
シキは二人の理解者で、双子はシキの親友だから。
言葉足らずの水の星の振動を双子は子守唄のように聞いた。 シキはいつも振動している。 それは命の振動だった。
シキと共に生きる命の振動だ。 命は響き合い、共鳴し合い、繋がっていく。
そんな命の振動がシキの振動と共鳴し、龍たちがそれを巡らせる。

双子は振動に抱かれて鳥や獣の歌を聴く。波や木々のざわめきを聞く。体に巡る血の音を聞く。 体内を巡る龍の歌を聴く。

シキを巡る水も大気も、自分を巡る水も大気も繋がって巡っている。


双子の記憶に、その音が刻まれる。













葵はその文章を保存して、携帯をポケットにしまった。

空にいる時、海にいる時、振動は水や大気を震わせて双子の心に響いた。その音は水の星に響き渡り、そこに生きる命を震わせた。
水の星が震える時、そこに生きる命も震えていた。

サポもその音を知っているはずだ。
「音」を言葉で表現するにはどうすればいいんだろう。うまく表現できればサポも気づいてくれるかもしれない。

心に響く音を言葉にできたら。


葵はその言葉を探しているうちに、ふと引力に引き落とされる。




あの時の重力が不意に葵を押しつぶしていく。


あれ以来、幾度となくその重力は葵を絶望の淵へと追いやった。


葵はあの屋上での仮死状態が度々起こることを受け入れるしかなかった。

不意に力が抜け、引力に抗えなくなる。
業火に焼かれる苦しみが全身を包む。
身体が動かなくなる。無抵抗な身体に引力が重くのしかかる。

そしてそれは、数時間の後に潮が引くようにゆっくりと遠ざかる。絶望から穏やかに解放される。
呼吸ができる時もあれば、呼吸が止まる時もあった。
呼吸が止まると意識はなくなり、仮死状態のようになっているみたいだ。

葵はその状態で、自ずと深く内に入っていく。鬼の理に触れ、業に触れ、苦しみの種に触れる。

自分がどういう存在なのかを、深く知ることになる。愛のなき場所で生き、人を嫌い、人に焦がれる。その姿が鬼なのだと知る。それは前世から面々と受け継がれた自分の魂が手に入れた様相なのだ。
魂が変わらなければ人間の姿にはなれない。

葵は自分の姿の訳を知る。今世からの鬼ではなく、過去世からの鬼なのだと。泥の中に生きて来たのだと。
そして気づいていく、身近な風や光に生かされているのだと。孤独ではないということ。
業火に焼かれる度に、さらに死ぬ度に、この世で生きながら転生を繰り返すように、その身を焼かれながら、生かされていることを知る。


無防備な魂に注がれる光は、生まれてくる度にいつも柔らかに身を包んでくれていた。
気づいても、気づかなくても。月はその光をいつも届けてくれていた。
夜に迷わないように。太陽はいつもそこにあると気づけるように。

葵はかつて自分に道を説いた人間たちを思い出していた。彼らの迷いのない言葉に射抜かれた魂を思い出していた。鬼の道理など、一睨みで御された。

鬼は、人間の魂の偉大さに気づくのに一千年の時が費やされたことに気づいた。




山に入って何度目かの夜、半分に欠けた月が雲間に見え隠れしていた。 「受け入れたんだね」とクンネが言った。
雲の間からクンネは葵に話しかけた。


葵は仮死状態から息を吹き返したところのようだった。

「クンネ・・・」葵は山の山腹の岩の上で息を吹き返した。
西宮市にほど近い六甲山の中でも険しい山肌が連なる場所だ。

木々は岩肌に根を伸ばし、岩は木々を抱えて山脈を支えていた。

「きれいな場所だね」とクンネは言った。

「ここはずっと昔からきれいな場所なんだよ、景色はどんどん変わっちゃうけど、ここは岩が守る場所だからね。人間も手出しできない岩が沢山あるところさ」

クンネはキラキラと岩肌を照らした。



「クンネ、あたし受け入れた」と葵は言った。

「知ってる。人間に助けられた」

「美和に」と葵は言った。

「人間ってすごいだろ」とクンネは言った。葵は黙ってうなづいた。




「大丈夫か?」と美和が言った。

大丈夫だ。 「ありがとう」 葵は一千年ぶりに心からそう言えた。






Episode 15


Aoi left Miwa 's apartment in the early hours of the morning. Route from neighboring building to Sagakuen was a shortcut to Rokko Mountain.
I have thought that shoes will not be available soon. As soon as barefoot becomes easier to run. By throwing off shoes you can also organize your heart.
Aoi flew over the window and flew to the next building.

I came up to the branches of red pine which I found before sunrise and saw the climbing sun.

The morning sun made the world shine from before the day we opened.
Before the sun went up, the world bore various colors.
The color is the color before each color is inhabited. Bleeding blue or bleeding red. The color without boundaries is shining in a soft gradation.

And the rising sun rises. Each color becomes clear.
I am a demon, the world spreading under my eyes is the human world.

The light of the sun clearly separates the visible world. Going abreast of individual existence.
Cast up the demons and humans clearly.



Aoi begins to spell "the story of the star". "Go through your thoughts," Kunne said.

Listen to the vibration of the shiki. Aoi started writing so.






"Listen to the vibration of the shiki" Toka said so whenever the twins come to play. "Shiki is not good at talking, so I will listen to the vibration of the shiki instead"
"I'm listening" "listening" The twins answered in a fixed way. Toka is a little worried so I said so whenever the twin comes.
"Shiki thinks that vibration is easier to convey than important things"
The twins said, "I know you" "I know you".

Tot always smiles unintentionally looking at such interaction. Toka is looking at me, I still smile a little later.
Shiki is an understanding person of two people, because twins are best friends of Shiki.
I heard the vibration of the star of the water short of words as twin as a lullaby. Siki is always vibrating. It was vibration of life.
It is the vibration of the life that lives with the shiki. Lives resonate, resonate, and connect.
The vibration of such a life resonates with the vibration of the shinkle, and the dragons can make it around.

The twins are embraced by the vibration and listen to the songs of birds and beasts. Listen to the ruffles of the waves and trees. Listen to the sound of blood over the body. Listen to the song of the dragon going around the body.

The water and atmosphere around the shiki, the water and the atmosphere surrounding us are connected and it is traveling around.


The twin's memories are engraved with the sound.













Aoi kept the sentences and put the cell phone in my pocket.

When in the sky, while in the sea, the vibration shuddered the water and the atmosphere and felt in the twins' hearts. That sound resonated with the star of water and shook the life that lives there.
When the water star trembled, the life to live there was trembling.

Suppo ought to know the sound.
How can I express "sound" with words? Supporters may notice it if they can express well.

If I can make words that resonate in my heart.


While searching for that word, Aoi is suddenly withdrawn from gravity.




The gravity at that time unexpectedly crushes Aoi.


Since then, its gravity repeatedly forced Aoi to the edge of despair.


Aoi had no choice but to accept that the state of death in that rooftime happens frequently.

Unexpectedly the force will come out, it will not resist the gravity.
The suffering burnt in the fire spreads the whole body.
My body does not move. The gravitational pull on the body without resistance.

And it slowly moves away as a tide draws after hours. It is gently released from despair.
There were times when I could breathe, and there were times when my breathing stopped.
When breathing stops, consciousness disappears and it seems to be like a suspended state.

In that state, Aoi naturally enters inside deeply. Touching discipline of the demons, touching the work, touching the seeds of suffering.

I will know more about what I am. I live in a place without love, I dislike people, I get soaked. I know that figure is a demon. It is the aspect that my soul inherited from the previous life gained.
If the soul does not change, it can not be a human figure.

Aoi knows the translation of her figure. It is not a demon from this world but a demon from the past world. He came living in the mud.
And it seems to be aware of it, it is made use of familiar wind and light. To say that it is not lonely.
Every time it is burned down by fire, knowing that it is living as it is burned, as it is living in this world, repeating reincarnation every time she dies.


Light poured into an unprotected soul always wrapped herself softly every time he was born.
Even if you notice it, you do not notice. The moon always delivered that light.
Do not get lost at night. Let us realize that the sun is always there.

Aoi remembered the people who preached the way to myself. I remembered the soul that was shot by their lost words. Demon's doctrine, etc. was performed with a glare.

Oni realized that a thousand years was spent to notice the greatness of the human soul.




A few nights when I entered the mountain, a moon lacking in half was seen and hiding in the clouds. "I accepted it," Kunne said.
Kunne spoke to Aoi from among the clouds.


Aoi seemed to be breathing back from a state of death.

"Kunne ..." Aoi breathed a breath on the rocks on the mountainside of the mountain.
It is a place where rugged mountains are continued even though it is close to Nishinomiya.

The trees spread their roots on the rocks, the rocks supported the mountains with the trees.

"It's a beautiful place," Kunne said.

"It's been a beautiful place since long ago, the scenery will change more and more, because here is the place where the rock protects, there are plenty of rocks that humans can not hand out"

Kunne illuminated the sparkling and rocky skin.



"Kunne, I accepted you," Aoi said.

"I know, it was helped by humans"

Aoi said "to Miwa".

"People are amazing," Kunne said. Aoi silently nodded.




Miwa said "Are you OK?"

Should be fine. "Thank you" Aoi said so sincerely for the first time in a thousand years.

コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
kayagreen home
kayagreenについて
greenfingers自然素材でつくる家庭菜園つきエコアパートプロジェクト
kayagreen ブログ
ふうよう huuyou
つちとヒト
links
Facebook & Twitter

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode
みんなのブログポータル JUGEM