趣味で歌と小説と詩を掲載させていただいてます。

流星のうた 第14話 Song of the meteor 14



第14話


現実の世界で新たに書き加えられる少年の記憶は、窓の外の景色と花瓶の花。
花の記憶。
魂の池に浮かぶのは、汚れのない癒しの記憶。そこにいる限り、自分は守られている。
少年は、その新しい現実の記憶に安堵していた。綺麗なものだけがそこにはある。

少年は現実をそんなもので書き加えながらその中に安住した。
美しい世界には風や鳥の音しか響かなかった。そこは、少年が作り上げた楽園だった。

貴子はそんな少年の世界に寄り添った。
花を置くとき話しかける言葉が、ささやかに少年の心を揺らせているようなのだ。
少年は、夢の中にそのほとんどを置いて現実を生きようとしている。それが少年が逃げ込んだ場所なのだ。その場所にそっと花を置き、言葉を向ける。ささやかに何かが揺れる。言葉にならないその何かを、じっと聞き取ろうとしてみる。

貴子は自分が向ける言葉が、少年が置いてきた感情の付属物なのかもしれないと思う。たわいもない日常会話や挨拶だ。
でも花と共にそれを向けた時、わずかに揺れる感情が喜びを含んでいることを感じる。その喜びの感情は、貴子の心にもささやかに広がっていく。

違う世界にいたとしても、感情の波紋を手繰れば、そこにつながり合う心はある。それは貴子にとっては確信みたいなものだった。世界はつながっている。信じるしかないのだ。
思いは必ず届くと。

凛太朗は花の記憶の中に揺れる言葉の記憶の断片を見つける。

母親がもらう花束には、たくさんの祝辞や感謝の言霊が詰まっていた。

プロの歌手として歌っていた頃の母親がもらった花だ。

自分を愛せなくなってからの母親がもらったのは慰めの花たちだ。病院に飾られていた花たちだ。

花は言葉の断片を運び、想いをその場所に咲かせる。

貴子が運ぶ花から凛太朗はその想いが揺れるのを感じた。














靴がもう直ぐ履けなくなるだろうから、といって葵は裸足のまま出て行った。窓から隣の建物に飛び移った。なんとなく見ていたが、後でそれが現実だったのか、わからなくなってきた。

美和は、葵の話は少しオーバーだが、自分に関係なくもないとも思った。

そして葵のように身一つで生きられるのは少し羨ましいとも思った。人間の生活は物が多すぎる。本来は、動物のように何も持たなかったのだろう。
毛に包まれた身体も悪くないんだろうなと思う。
考えてみれば服を着るなんて不自然なことかもしれない。野生ではありえない。 人間は野生ではないんだな、と美和は思う。

美和は朝のキッチンで熱いコーヒーを入れた。
さてどうしたものか、この件に関して自分がどうこうできる訳ではないが、世界中から記憶のない人間を一人探し出すのは不可能に思える。確率からいっても限りなくゼロに近い。
見つけたとして、その後どうするのかということもわからないようだ。
どうする気なんだろう。 コーヒーを飲みながら、美和はトットの目覚めについて思いを巡らせた。

月の龍か。そういうのが目を覚ますとどうなるんだろう。今のところSF映画みたいな想像しか思い浮かばない。
そしてもう一口、熱いコーヒーを飲んでから鬼について想像してみた。大昔の架空の生き物だと思っていたものだ。想像していたのとはだいぶ違うが、リアルさはあった。変化するんだな、獣に。

自分一人で抱えきれそうにもないな。
美和はタナベに電話をして「電話で説明できそうにない」と言った。




Episode 14


The memory of a boy newly added in the real world is the flower of a vase with scenery outside the window.
Flower memories.
It floats in the pond of the soul, a memory of soothing healing. As long as I am there, I am protected.
The boy was relieved in the memory of the new reality. Only beautiful things are there.

The boy settled in the reality while writing it with such a thing.
In the beautiful world, only the sound of the wind and the birds echoed. It was a paradise that the boys made up.

Takako cuddled up with such a boy world.
It seems that the words spoken when placing flowers are modestly shaking the boy's heart.
The boy is trying to live the reality with most of it in his dreams. That is the place the boy ran away. Put the flowers softly at that place and turn the word. Something shakes modestly. I will try to listen to something that is not words.

Takako thinks that the word he / she turns may be an attachment to the feelings that the boy has placed. It is a cute everyday conversation and a greeting.
But when turning it with flowers, I feel that slightly shaking emotions include joy. The emotions of that joy will also spread mildly to Takako's heart.

Even if you are in a different world, there is a heart that connects to it if you handle the ripple of emotions. It was like Takako's conviction. The world is connected. There is no choice but to believe.
The mind surely arrives.

Rintaro finds pieces of memories of words that shake in the memory of flowers.
There were many speech of congratulation and gratitude packed in the bouquet that the mother gets. It is a flower a mother gave me when I was singing as a professional singer. It is comforting flowers that my mother got from being unable to love herself. They are flowers decorated in the hospital.
Flowers carry fragments of words and let their thoughts bloom at their place.
Rinutaro from Takako's flower felt his thoughts shake.








Aoi went out barefoot as it would not be possible to wear shoes anymore. I jumped from the window to the next building. Somehow I was watching, but later I became less sure if it was a reality.

Miwa thought that Aoi 's story is a bit overrunning, but he does not care about himself.

And I thought that I could envy himself a little like living with himself like Aoi. There are too many things in human life. Originally, it probably did not have anything like an animal.
I think that the body wrapped in hair is not bad either.
It may be unnatural to wear clothes if you think about it. It can not be wild. Miwa thinks that humans are not wild.

Miwa put hot coffee in the morning kitchen.
Well what's wrong, I can not do anything about this, but it seems impossible to find a man with no memory from all over the world. Even from the probability it is close to zero.
As I found it, it seems I do not know what to do after that.
What am I going to do? While drinking coffee, Miwa thought about Tot's awakening.
A moon dragon? I wonder what will happen if that wakes up. As far as my imagination like SF movies comes to mind.
And another bite, I drank hot coffee and imagined demons. I thought that it was a fictitious creature of ancient times. It was quite different from what I had imagined, but it was real. It's changing, to the beast.

I can hardly hold it by myself.
Miwa called up Tanabe and said, "I can not explain by telephone."

コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
kayagreen home
kayagreenについて
greenfingers自然素材でつくる家庭菜園つきエコアパートプロジェクト
kayagreen ブログ
ふうよう huuyou
つちとヒト
links
Facebook & Twitter

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode
みんなのブログポータル JUGEM