趣味で歌と小説と詩を掲載させていただいてます。

流星のうた 第13話 Song of the meteor 13



第13話


葵は美和の部屋を出た。 荷物はほとんど持っていない。 獣の姿になるのだ、もう服もそんなにいらない。

葵はアパートを出る前の夜に、美和に全てを打ち明けた。 鬼であること、一千年の記憶があること、サポを探してること。

美和はほとんど質問せずに、一通りの説明が終わるまでじっと葵の話を聞いていた。
葵が自分のことを話し始めたのだ。それだけでも驚いたが、その話がかなりぶっ飛んだ内容だったので、内心「マジでやばいかもしれない」と思っていた。

「・・・で、サポを探してるんだ」と葵は一旦話を切った。

美和は話の内容が頭の中でストーリーとして組み上がってないことを確認した。 
鬼とか月の子とかシキがどうとか、言葉としては入ってきたが、その言葉と葵がどう結びついているのか、わからなかった。言葉はただ単語として浮遊していた。

「もう一回話してくれる?」美和は腕組みをしながらそう言った。 アパートの狭いキッチンのテーブルに向かい合わせで座っていた。 少し開けた窓からは、街の雑踏が聞こえてくる。


「あたしは鬼なんだ。長い間人間を殺めてきた」
葵は結界を屋上に脱ぎ捨ててきた。 押し付けられていたコンクリートから立ち上がる時、美和が震わせた膜がボロボロと剥がれ落ち、無防備な自分になっていることに気づいた。 佐吉にもおりょうにも結局打ち明けられなかった。だから美和には打ち明けたいと思った。 それはエゴかもしれない。 でも美和には聞いてほしい。

「だからもう少ししたら獣の姿になってしまうんだ」と葵は言った。
「獣?!どんな?」美和は少し興奮してきている自分に気づいた。ぶっ飛んだ話はまず楽しもう、と決めた。 葵が姿形の話を終えると「そりゃ怖いな」といった。
「もう少しってどれくらい?」
「数ヶ月」と葵はいった。「変化してきてるんだ」そう言って葵は足の裏を美和の方に向けた。

美和はまじまじと葵の足を見た。指と指の間に硬い黒い毛が生えていた。人間の毛ではなさそうだった。
「屋上から帰ってきてから変化が始まったんだ。五年くらいは余裕があると思ってたんだけど、なぜか変化が始まってしまった」

「変化が始まった? 葵は何回もその変化をしてるの?」
「うん、人間を食べないでいると獣になるんだ。でもあの時それを受け入れたんだ」

「ふむ」と美和は唸った。「深刻な問題だね」美和は、自分がもしそうだとしたらと考えると、葵と同じことをしたかもしれない、と思い至った。そんな姿で永遠に生きるなんて過酷すぎる。美和には想像の範囲を超えていた。

「いつも足首から下が変化し始めて、それが膝から下に広がってずっと上に上がってくる感じで」と葵は説明した。
「どれくらいで変わっちゃうの?」と美和は聞いた。
「たぶんこのままだと夏くらいには完全に変わるかな」と葵はいった。
「夏か・・・」美和はそう言っただけでその先が続かなかった。

二人はしばらくキッチンの蛍光灯の下でそれぞれの思いの中にふけっていた。 ちらちらと蛍光灯はその光を振るわせていた。

「探す方法としては、『星の話』をネットに乗てせてるだけなんだね、今のところ」と美和は聞いた。「それしか思いつかない」と葵はいった。「範囲は世界中だもんな、特徴もわからないし年もわからない、70億人もいるんだからな、性別はわかるの?」
「その時は男だった」と葵はいった。
「じゃあ男なの?」「わからない」と葵はいった。「途方もないな」と美和はいった。
「その話、読んだとしても気づかないってこともあるよね」美和はいつの間にかサポを探すいい手はないか真剣に考え始めている自分に気づいた。 そこで少し、心に一呼吸入れた。

「それでこれからどうするの?」と葵に聞いた。
「獣の姿になれば山の中の方が暮らしやすいんだ。たぶんもう会うこともないと思う」
葵は人間の姿のうちに誰かに打ち明けられたことに感謝した。人間と話をするのも、もうこれで最後だろう。
「ちょっとそんなふうに言うなよ」と美和はいった。
「星の話もたぶん書けなくなると思う、街にはもう出られないから」と葵はいった。
う〜む、と美和は唸った。「そうなったらお手上げだね」と言ってみた。そうならないためには葵の携帯を生かしておく必要がある。
それなら方法はある、と思った。
「たぶんそれはなんとかすれば、なんとかなると思うよ」
「そうなの?」
「まあ、なんとでもなるよ、それで、連絡方法を決めよう」と美和はいった。

携帯も、何もかもがなくなってしまっても大丈夫なように、できるだけシンプルに考えた。

一週間に一度、六甲山の二人で決めた待ち合わせ場所で会う。 そこで充電用バッテリーの受け渡しをする。

人間と鬼はチラチラと揺れる蛍光灯の下でそう約束をした。




Episode 13


Aoi left the room of Miwa. I have little baggage. Being a figure of a beast, I do not need much clothes any longer.

Aoi disclosed everything to Miwa on the night before leaving the apartment. Being a demon, having memories of a thousand years, looking for a supporter.

Miwa had hardly asked questions and heard the story of Aoi till the end of the explanation of the line.
Aoi began to talk about himself. Even so, I was surprised, but because that story was a pretty flying content, I thought that it might be mediocre with internal medicine.

"... I am looking for a supporter," Aoi talked about once.

Miwa confirmed that the content of the story did not set up as a story in her head.
Demons and sons of the moon and shiki came in as words, but I did not know how the word and Aoi are tied together. The words were just floating as words.

"Miwa said that while doing armpit? I sat face to face with the narrow kitchen table in the apartment. From the window which opened a little, the crowded streets of the city come to be heard.


"I am a demon, I've been killing humans for a long time."
Aoi has torn the barrier to the rooftop. When standing up from the concrete being pressed, I noticed that Miwa's trembling film fell off and fell off and it became defenseless himself. Neither Sakichi nor the girl was eventually confident. So I wanted to confess to Miwa. It may be an ego. But I want Miwa to listen.

"So it will be in the form of a beast a little more," Aoi said.
"Beast? What kind?" Miwa noticed himself being a little excited. I decided to have a fun story first. When Aoi finished talking about its form, he said "That's a bamboo monster".
"How long is it?"
"A few months," Aoi said. "Aoi has turned to the side of Miwa with his feet behind.

Miwa saw Aoi 's legs with a whiff. There was hard black hair between the fingers. It seemed not to be human hair.
"Changes began after we came back from the rooftops I thought that we could afford five years or so, but the change has begun for some reason"

"Has the change started, Aoi has changed that many times?"
"Yeah, when you do not eat humans you become a beast, but I accepted it at that time."

"Hmm" and Miawa groaned. "It is a serious matter," Miwa thought that if he thought of that, he might have done the same thing as Aoi. It is too hard to live forever in such an appearance. Miwa exceeded the range of imagination.

"It always feels like the bottom begins to change from the ankle, it spreads down from the knees and rises all the way up," Aoi explained.
"How long will it change," Miwa asked.
"Maybe perfectly in the summer as it is," Aoi said.
"In the summer ..." Miwa said that just because he said so.

They were indulging in their own thoughts under the fluorescent light of the kitchen for a while. Fluorescent and fluorescent lights were shining that light.

"As a method of searching, I'm just letting the" talk of the stars "on the net, right now," heard Miwa. "It only came up with," Aoi said. "The range is all over the world, I do not understand the features, I do not know the year, there are seven billion people, can you tell me the gender?"
"At that time it was a man," Aoi said.
"Well then a man?" "I do not know," Aoi said. Miwa said "Extraordinary".
"That story, sometimes I do not notice even if I read it," Miwa noticed himself who is starting seriously thinking whether there are good hands to find a supporter unnoticed. So I breathed a little in my heart.

"So what are you going to do now?" I asked Aoi.
"In the shape of a beast, it is easier to live in the mountains. Maybe I will not meet again."
Aoi thanked me for being told to someone in the way of human beings. It will be the last time to talk to humans.
"Do not say such a thing a little", Miwa said.
"I think that it is probably impossible to write a star's story, I can not go out to the city anymore," Aoi said.
Muwa groaned, Muma said. I tried saying "I will give up if it does." In order not to be able to do so it is necessary to make use of Aoi 's mobile.
Then I thought there was a way.
"Perhaps it will do something, I think I will manage somehow."
"Is that so?"
"Well, I will do whatever, so let's decide how to contact," Miwa said.

Mobile also thought as simple as possible, as it seems all right even if everything is gone.

I meet at a meeting place decided by two people at Rokko Mountain once a week. I hand over the battery for charging.

Humans and demons promised so under flickering fluorescent lights with glitter.

コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
kayagreen home
kayagreenについて
greenfingers自然素材でつくる家庭菜園つきエコアパートプロジェクト
kayagreen ブログ
ふうよう huuyou
つちとヒト
links
Facebook & Twitter

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode
みんなのブログポータル JUGEM