趣味で歌と小説と詩を掲載させていただいてます。

流星のうた 第10話 Song of the meteor 10



第10話


貴子は少年の体をそっと起こしてベッドに座らせた。 後ろから支えるように抱き、しばらくじっと目を閉じていた。
少年は何も言わず、貴子に抱かれていた。

貴子は、この少年の悲しみに寄り添いたいと願いながら、じっと少年の心を探した。

施設に来る子供達に精神をじっと傾けると、彼らは皆、大きな虚無感を抱えていた。 なくなってしまった部分を、どうやっても埋めることができない非力さに、絶望している子供もいた。 でも絶望は希望と背中合わせなのだ。 希望があるから絶望する。 希望を求めているのだ。 だから救いがある。

しかしこの少年は、絶望すらしていないように感じる。 何にも行き当たらない。
貴子は胸が締め付けられる思いがする。 
精神科の投薬でどうこうなる問題ではない。自分は医者だが、心は医学では癒せないと思っている。 本当に傷ついた心は誰かの心でないと癒せないのだ。 自分が育ててもらった恩を、貴子は少しでも子供達に返したいと思っていた。

自分の受けた恩は、命そのもののように思う。 施設の育ての親たちは少しづつ、その命を分けてくれたのだ。 貴子は子供の頃からずっとそんな風に感じていた。
このもらった命を、自分は子供達に返す役割があるんだと感じていた。 自分の医学では救えるものが限られる。 

貴子はじっと、少年の心を探した。




凛太朗は貴子に抱かれながら、その熱を感じていた。 

職員は部屋に入ってきてベッドに座り、凛太朗の体をそっと抱きかかえた。 少し開けた窓からは風と共に春の透明な陽気が差し込んでいた。
静かに、ゆっくりと春風は光と共に吹き込んだ。

凛太朗はその温もりを、始めは違和感を覚えながら感じていた。 

熱が体にまとわりついてくる感覚。 不快だと感じた。 そう感じただけで、抗おうとはしなかった。 
抗わずとも、やがて不快感は消えてしまう。 職員はやがて行ってしまう。

凛太朗の感情の池に水はなかった。 何かが投げ込まれても、それはぽとりと池の底に落下するだけだった。 感情の波紋を立てることもなく。

それでも熱は、不快感を保ちながらじっと凛太朗に寄り添った。 何かの意思を持っているかのように。 何も言わず、ただその存在を示していた。

時が、音もなく二人を運んだ。 何も言葉は交わされなかった。


なぜこんなに不快なんだろう、自分は今、色鮮やかな現実の世界で、無感覚を手に入れたんだ。 放っておいて欲しいんだ。 何とも混ざり合いたくないんだ。 


貴子は、少年の心が少し揺れたような気がした。 感情のひとひらがゆらりと揺れたのだ。その揺らぎは貴子を安堵させた。 


この少年の心を見つけた。


少年の体はわずかにこわばった緊張を表した。 徐々に緊張は高まり、波紋が水面いっぱいに広がっていくのが感じられた。 そしてやがて、波紋は緩やかに消え、真っ新な水面が現れた。
少し風が吹いただけで壊れそうな水面だった。 何も浮かんでいない、何も映っていない純粋な水だけだった。 感情の水面は、混じり合うことを拒絶していた。

混じり合うことを拒絶している。 それはメッセージとして確実にそこに示されていた。
あまりにも水面が純粋なのだ。 何もない。 と貴子は思った。



広がる波紋の淵に、わずかに別の波紋が交差している。 この熱から発せられる波紋だった。 わずかに感じられるその小さな波紋は、凛太朗にこの人は行ってしまわない、と語っていた。 熱が柔らかみを帯びていく。 不快さが薄らいでいく。 そしてそれは無感覚な温もりに変わる。
行ってしまわない人の温もり、母親の温もり。

無感覚な温もりは、やがてわずかな波紋を水面に広げる。 夢の中に置いてきたもの。 記憶。


「ありがとう」貴子は凛太朗を抱いたまま、やっと見つけた心に言った。 その声は白く塗られた部屋の壁に響いて消えた。 

花を飾ろう、と貴子は決めた。 窓から見える桜は散ってしまったし、この部屋にいつも花を絶やさないでおこう。 

貴子は花が人の心を癒すことを実感していた。 花は、いつも何の見返りも求めず、その献身的な命を人に与えてくれる。 柔らかな春の日差しのように。

貴子はもう一度「ありがとう」と少年に言った。

凛太朗はその声を現実の色のように鮮やかに聞いた。




Episode 10


Takako gently raised the boy 's body and let him sit on the bed. I hugged to sustain it from behind and kept my eyes closed for a while.
The boy said nothing and was held by Takako.

Takako looked for the boy 's heart in peace while wishing to snuggle up in the sorrow of this boy.

Tilting the spirit into the children coming to the facility, they all had a big emptiness. Some children were desperate for the ineffectiveness which can not be filled anyway, the part which has disappeared. But despair is back to back with hope. Because there is hope, despair. It is seeking hope. So there is salvation.

But this boy feels not even desperate. I can not find anything.
Takako has a thought that his chest is tightened.
There is no problem with psychiatric medication. I am a doctor, but I think that the mind can not be healed in medical science. A really hurt heart can not be healed unless someone else's mind. Takako wanted to give her a little gratitude to her children.

I think that the grace I received is life itself. The parents who raised the facility shared their lives little by little. Takako had been feeling that way since childhood.
I felt that I had a role to return this life to the children. Something that can be saved is limited in my medicine.

Takako stared carefully for the boy 's heart.




Rintaro felt its fever while being held by Takako.

The staff came into the room, sat on the bed, gently holding the body of Rintaro. From the window which opened a little a transparent transparent cheer of spring was inserted with the wind.
Quietly, the spring breeze slowly blew in with the light.

Rintaro felt its warmth, while feeling a sense of incongruity at the beginning.

The feeling that heat gathers in the body. I felt it was uncomfortable. I just felt it, I did not try to resist it.
Even if it does not resist, discomfort eventually disappears. The staff will go soon.

Rintaro's emotional pond did not have water. Even if something was thrown in, it just dropped to the bottom of the pond. Without rippling emotions.

Still, the fever kept close to Rintaro while keeping discomfort. As if having any intention. I did not say anything, just to show its existence.

Time has carried two people without sound. No words were exchanged.


I wonder why it is so uncomfortable, now I got insensible in a colorful reality world. I want you to leave it alone. I do not want to mix anything.


Takako felt that the boy's heart shook a little. A person of emotions rocked swayingly. The fluctuation made Takako feel relieved.


I found the heart of this boy.


The boy's body represented a slightly stiff tension. The tension gradually grew, I felt the ripple spreading over the surface of the water. And then eventually the ripples slowly disappeared and a new water surface appeared.
It was a water surface that seemed to be broken just a little wind blew. There was nothing floating, there was only pure water not showing anything. The surface of emotions was refusing to mix.

I refuse to mix. It was definitely shown there as a message.
The surface of the water is too pure. nothing. Takako thought.



Slightly different ripples intersect at the edge of the spreading ripples. It was a ripple emanating from this heat. That little ripple that is felt slightly told Rintaro that he would not go. The heat gets soft. The discomfort will fade away. And it turns into insensitive warmth.
Warmth of a person who does not go, mother's warmth.

The insensible warmth eventually spreads a slight ripple on the surface of the water. Things I put in my dream. Memory.


"Thank you" Takako held the Rintaro, finally said to the heart he found. The voice echoed and disappeared on the wall of the room painted white.

Takako decided to decorate the flowers. The cherry blossoms that can be seen from the window have scattered, and let's keep flowers out of this room all the time.

Takako realized that the flowers heal people's hearts. Flowers do not always ask for anything in return and give their dedicated life to people. Like soft spring spring sun.

Takako told the boy again "Thank you" again.

Rintaro vividly heard the voice like a real color.

コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
kayagreen home
kayagreenについて
greenfingers自然素材でつくる家庭菜園つきエコアパートプロジェクト
kayagreen ブログ
ふうよう huuyou
つちとヒト
links
Facebook & Twitter

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode
みんなのブログポータル JUGEM