趣味で歌と小説と詩を掲載させていただいてます。

流星のうた 第9話 Song of the meteor 9



第9話


「君はただ思い出しただけなんだよ」とクンネは言った。

葵は混濁していく意識の中で、その言葉を反芻していた。 
あたしは、自分の心がどこかにあることを佐吉との出会いで知った。 知っていた。 人間に追われ、焼き殺されたあたしにも、心があることを知っていた。

鬼になって一千年、葵は自分の魂が安らいだことが一度もない、と気付いた。

あの、記憶が溢れ出した一瞬、神々と話した一瞬だけが、孤独を忘れ、暖かいものがあふれ、生の息吹が巡るのを感じた。 心を許し、魂を解放できた。 産まれて初めての安堵の時だった。 初めての理解者が龍神や神々だった。 彼らはあたしを受け入れ、その意味を語ってくれた。 あたしが生きる意味は確かにあったんだと、気づかせてくれた。



「思い出しただけなんだよ」とクンネは言った。 


「あたしにもちゃんと心はある・・」と葵は言った。 人間に戻りたいんだ・・・。 人間のように生きたいんだ・・・。 涙があふれた。 泣いたのはどれだけ前だったろう数百年分の感情が一気に溢れ、コンクリートに額を押し付けた。 悔しくて、悲しくて、息ができなくなった。

陰陽の陰、あたしの魂。 片割れが見つかれば、あたしは救われるのだろうか。 
人間に戻れるのだろうか。

「獣の姿に戻ることを受け入れるんだね」とクンネは言った。 

受け入れたくない。 人間に戻りたい・・・。 

「君は何がしたいの?」とクンネは言った。 「あたしは人を愛したいんだ」と葵は言ってみた。 佐吉の時みたいに。 
でもそれが愛だったのかはわからない。 
あの時代でさえも、修羅の鬼そのものだった。 人の容姿を得るために人を殺めた。 愛が何なのかわからなかった。 
わからなくなってしまった。 一千年も前から。 記憶の彼方に・・・。




葵はぼんやりと目を開けた。 どれくらい時間が経ったのだろう。 意識を失っていた感じだ。 月は山の陰に隠れて、空には澱んだ星が見えた。 灰色の雲がゆっくりと流れていた。

ポケットで携帯が振動していた。 その機械的な振動は、葵をゆっくりと現実に引き戻した。









美和は電話に全然出ない葵に腹を立てていた。明日家賃を払わなくてはいけないし、光熱費も立て替えてあるから、そのことも伝えたいのに。
「全然出ない! ねえ!」と美和はタナベに言った。「知らねーよ」とタナベは言った。「2〜3日帰らんくらいいつものことだろ」と言いながらギターの弦のチューニングをいじっている。
「じゃあ、あんた葵の分の家賃立て替えてよ」美和は枕に携帯を投げてタナベに突っかかった。
「なんで俺が立て替えなあかんねん」タナベは早く退散した方が良さそうだと感じた。
「そう言えば葵、バンドも抜けるって言ってたよな」とタナベは話題を変えてみた。 
「・・・そう言ってたね、この部屋も出て行くって」
「あいつ一体何なんだ?」とタナベは言った。話題が変わりそうで少しホッとしていた。

「さあ、葵としか知らない」


葵とは、年末の寒い冬の日に神戸の街で会った。黒の革ジャンを探していて、どこで手に入るかを尋ねられた。元町の商店街の信号を待っていた時だった。

その時の葵は、すごく無愛想でニコリとも笑わなかった。第一印象はただただストレートでシンプルな奴だと思った。言葉にも表情にもそれは現れていた。
美和は一目で葵が気に入った。 家がないというので自分のアパートに折半でということでシェアすることになり、バンドに引き入れたのだ。

こんなに無感情で歌うやつは初めてだ。 
葵の歌声を聞いた美和はそう思った。
葵は声を音響装置に増幅させてそれを楽しんでいるだけだった。 パンクロック向き。自分たちの音によく合った。 
反体制的な自分たちの音を、葵の声はさらに共鳴させながら増幅させていった。
 
その行為は破壊的だった。 
シンプルでストレートな破壊行為だ。
世界に響かせるためにハウリングの限界までボリュームを上げながら、世界全体を震わせるように破壊の音を世界に共鳴させた。

葵の歌は、破壊行為そのものだった。











葵は、今どこで何をしているんだろう。

  美和はもう一度ベルを鳴らした。






Episode 9


"You just remembered," Kunne said.

Aoi chewed her word in the consciousness of becoming cloudy.
I met with Sakichi to know that my heart was somewhere. Already knew. I was pursued by humans, I was burned and knew that I had a heart.

One thousand years after becoming a demon, Aoi realized that he was never a soul solemn.

Um, a moment when memory came out, only one moment when I told the gods, I forgot the solitude, I felt warm things overflowing, the breath of life was going around. I forgave my mind and I was able to release my soul. It was the first time of relief when I was born. The first understanders were Ryujin and gods. They accepted me and talked about its meaning. It made me realize that I definitely had a meaning to live.



"I just remembered," Kunne said.


"I also have a proper heart ..." Aoi said. I want to return to humans .... I want to live like a human being .... Tears overflowed. I was crying how long ago, hundreds of years of emotions overflowed and pushed my forehead on concrete. I regretted it, I was sad, I could not breathe.

The shade of yin and yang, my soul. If I found a half, would I be saved?
I wonder if I can return to humans.

"Accept that you return to the appearance of the beast," Kunne said.

I do not want to accept it. I want to return to humans ....

"What do you want to do?" Kunne said. "I want to love people," Aoi said. Like Sakichi 's time.
But I do not know if it was love.
Even in that era, it was a demon of Shura itself. I killed a person to get a person's appearance. I did not know what love is.
I did not understand. A thousand years ago. Beyond memory ...




Aoi opened his eyes vaguely. How long did it pass? It is a feeling I lost consciousness. The moon hid behind the mountain and in the sky saw the stellar star. Gray clouds were flowing slowly.

The phone was vibrating in the pocket. The mechanical vibration slowly brought Aoi back to reality.









Miwa was angry with Aoi who does not appear on the phone at all. I have to pay the rent tomorrow and I am reworking utility expenses, so I would like to tell that as well.
"No coming out !, hey!" Miwa said to Tanabe. "Do not you know," Tanabe said. Talking about the tuning of the strings of the guitar while saying "It is usual thing about two or three days back."
"Well then, change your rent for Aoi's amount" Miwa threw a cell phone in a pillow and caught him by Tanabe.
"Why is I changing?" Tanabe felt that it would be better if he went away earlier.
"Talking about that, Aoi, I said that the band will go out," Tanabe changed the topic.
"... I was saying that, this room will also go out"
"What is he doing?" Tanabe said. The topic seemed to change and I was a little relieved.

"Now, I only know Aoi."


I met Aoi in the city of Kobe on the cold winter day of the year. I was looking for a black leather jacket and asked where I could get it. It was when I was waiting for the signal of Motomachi shopping street.

Aoi at that time was very unfriendly and did not smile with Nicolle. I thought that the first impression was just straight and simple. It appeared in both words and expressions.
Miwa liked Aoi at first sight. Because I had no house, I decided to share it with my apartment so that I could share it with my apartment, and I brought it to the band.

It is my first time to sing like this with no feelings.
Miwa who heard Aoi's singing voice thought so.
Aoi only amplified his voice into an acoustic device and enjoyed it. For punk rock. It fits well with their sounds.
Aoi 's voice was amplified while further resonating, as opposed to their own sounds.

The act was devastating.
It is simple and straightforward vandalism.
While raising the volume to the limit of Howling in order to echo in the world, it resonated the sound of destruction to the world so as to shake the whole world.

Aoi 's song was a vandalism itself.











Aoi, I wonder, where are you doing now?

In case Miwa rang the bell once more.





コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
kayagreen home
kayagreenについて
greenfingers自然素材でつくる家庭菜園つきエコアパートプロジェクト
kayagreen ブログ
ふうよう huuyou
つちとヒト
links
Facebook & Twitter

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode
みんなのブログポータル JUGEM