趣味で歌と小説と詩を掲載させていただいてます。

流星のうた 第8話 Song of the meteor 8



第8話

薄れていく意識の中で、葵はこの苦しみの種を探そうとしていた。
なぜ、あたしは人に産まれながら鬼にならなければいけなかったのだろう。



一千年もの輪廻のうちに

人の世に生まれ、欲に生き、人を苦しめた。 
人のために生きず、 己のために生きた。

全てはその報いだった。 

今世でも、己の容姿のために人を殺め、己の幸せのためにそれを続けた。 
佐吉との幸せの時でさえ、それを繋ぎ止めようとして、他人の犠牲の上にその幸せを築こうとしていた。
あたしは人に転生し、その欲に生きたのだ。 

ある時代には陰陽師であり、王妃であり、旅行者だった。 そのどの人生もが欲にまみれ、己に生き、人を苦しめた。

  転生は、その報いを果として夢の続きが始まるだけなのだ。 


鬼になって当たり前だ。 それを知った時に葵は変わりたいと思った。 もしもこの生の内にそれを変えられるのなら、心底、変わりたいと。 

クンネ・・・。




「なに」とクンネは言った。「辛そうだね」鬼を光で包みながら言った。

葵はクンネの声が聞こえて、重力の重みに抗った。 「あたし、変わりたい」と声にならない声を発した。 その声は、その大半がコンクリートに吸い込まれていった。

「アキ、君はどうしたいんだ」とクンネは言った。

「変わりたいんだ、人の痛みがわかる人間に」
「人間に戻るのは無理だと思うよ」とクンネは言った。 「君はあんまりにも人を殺めた、今の生の内に人間に戻るのは無理だよ、でも人間じゃないものになら、なれるかもしれないね」

「それは何?」
「獣だよ」とクンネは言った。

「君は、もう人間は食べないって言ったよね、本当にそれができるの? 人間を食べなくなったらそのうち獣の姿になるんだよ」

「食べない」と葵は言った。

「食べるね」とクンネは言った。

「サポを探すことを理由に、人の姿でいるために、きっとまた君なら食べるよ」

葵は何も言い返せなかった。 その通りだったのだ。
あたしは、サポが見つからなかったら、獣に戻る前にまた誰かを殺めるだろう。 
サポを探すことを自分の言い訳にして。



「そうだね・・・」と葵はやっとの声でそう言った。 涙も出なかった。 あたしは変われないのか。

「獣になるんだよ」とクンネは言った。 

「獣になる覚悟を決めるんだ、アキ、君は鬼なんだよ人間の姿にはなれないんだよ、そういうの欲って言うんだよ」
「だって鬼の姿で人探しなんてできないじゃん!」と葵は言った。
「ばっかじゃないの?!」とクンネは言った。

「君は何もわかってないんだ」
「君は何がしたいの?」とクンネが言った。

「サポを探すんだ、そしてシキのためにトットを目覚めさせる」

「嘘だね」とクンネは言った。

「君は本気でそう思ってないよ、思い出しただけなんだよ、記憶だけを、君はたいそうに待機名文を振りかざして、自分が生きたいだけなんだよ、目的が先延ばしになれば、なんだかんだ言ってまた人を食べるんだよ」

「思い出したくらいでいい気になってるんだよ」とクンネは言った。 がっかりしたという感じで。 
葵は何も言えなかった。 クンネのいう通りだ。

「君には心がないんだよ」とクンネは言った。 「ただ思い出しただけなんだ。 シキのこともトットのことも、今の君には自分が生きるためのただの言い訳だね」

「本当に変わりたいと思うんなら、獣の姿に戻ることを受け入れるんだね」

月はそう言って、もう何も言わなくなった。







Episode 8

In consciousness to fade, Aoi was trying to find the seed of this suffering.
Why, I suppose I had to be a demon while born by a person.



In a circle of a thousand years

Born in the world of man, living in greed, afflicting people.
I lived for myself, live for myself.

Everything was a reward for that.

Even now, I kill people for their own appearance and I kept it for my own happiness.
Even at the time of happiness with Sakichi, trying to connect it, I was trying to build that happiness on the sacrifice of others.
I am reincarnated in a person and lived in that desire.

In one era it was a Yin Yang teacher, a queen and a traveler. All their lives were covered with greed, they lived in their own way and tormented people.

In case Reincarnation is just a continuation of a dream that starts with the reward.


It's quite natural to become a demon. Aoi wanted to change when I learned of it. If I can change it within this life, I want to change my mind.

Kunne ? ? ?.




"What," Kunne said. "It looks hot" I said while wrapping the demon with light.

Aoi heard the voice of Kunne and resisted the weight of gravity. "I want to change," I did not hear a voice. The voices, most of which went into concrete.

"Aki, what do you want to do," Kunne said.

"I want to change, to those who can understand people's pain"
"I think it is impossible for humans," Kunne said. "You killed a person too much, it is impossible for us to return to human beings in our present life, but if we become something that is not human, we may be able to become it"

"What is that?"
"It's a beast," Kunne said.

"You said that you do not eat by humans anymore, can you really do it? If you do not eat humans you will be the appearance of a beast a while.

Aoi said "I do not eat".

"I will eat," Kunne said.

"Because you are looking for a supporter, because you are in the shape of a person, I'm sure you'll eat again."

Aoi could not say anything. That was true.
If I could not find a supporter, I would kill someone again before I return to the beast.
Make my excuse to find a supporter.



"Yeah right ..." Aoi barely said in a voice of barely. There was no tears. Can not I change?

"You become a beast," Kunne said. In case

"I decide to become a beast, Aki, you are an ogre I can not become a human figure, I say that's a desire of that"
"You can not look for a man in the form of a demon!" Aoi said.
"Is not it a danger," Kunne said.

"What do you want to do?" Kunne said.

"Look for a supporter, and let Atsuketa awaken for a shiki"

"It's a lie," Kunne said.

"You do not think so seriously, just remember, you only have to remember the waiting name sentence, you just want to live, if the purpose is postponed, Say something like that and eat others again.

"I remembered that I remembered it," Tott said. With a feeling that I was disappointed.
Aoi could not say anything. It is as Kunne said.

"You do not have a heart," Kunne said. "I just remembered that both Shiki and Tot are just excuses for you to live for you now."

"If you really want to change, accept that you return to the appearance of the beast."

The moon so told me not to say anything anymore.

コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
kayagreen home
kayagreenについて
greenfingers自然素材でつくる家庭菜園つきエコアパートプロジェクト
kayagreen ブログ
ふうよう huuyou
つちとヒト
links
Facebook & Twitter

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode
みんなのブログポータル JUGEM