kayagreenの経営者ですが、仕事ばっかりはしていられませんね。
実は歌うたい、文章書きでもあります。
15歳で初めてアコースティックギターを手にし、作詞、作曲、弾き語りを始める。
その後、レゲエバンド400yearsを立ち上げ神戸を拠点に活動。
同時にベーシストとしてブルース、R&B、ハードロックなどの数々のバンドを経験。
21歳の時、神戸のジーベックホールで行われたアマチュアバンドコンクールでベストベーシスト賞を受賞。
ジャズの歌唱に興味を抱き、ジャズボーカリスト大森浩子に2年間師事。
2008年に「日本語の歌が歌いたい」という理由で、 ふうよう という名でソロ活動開始、小説も執筆。
関西を拠点に活動中。

流星のうた 第7話 Song of the meteor 7



第7話

クンネは倒れたまま動かないアキを見ていた。 柔らかな光で包みながら。
鬼の魂は月の光でも癒せない。 苦しんで気づくしかないのだ。 アキには苦しみが必要だった。 

クンネはじっとアキを見ていた。




葵は命を奪ってきたことへの罪の深さを、今この身に感じていた。 この起き上がれない程の重力は、今まで殺めてきた命の重さだった。 人に戻りたいと願ったが、人に戻ったのは姿だけだったのだ。 
魂は、ずっと鬼のままだった。

白い鬼の時、獣の姿のまま、一時の幸福の中にいた。 その記憶だけはあった。 白い時代、魂は人に戻れていたと感じるのだ。

今は、黒い魂は、その一切の業を、今この身で受けることを求めているのだ。 葵には抗う術がなかった。 その苦しみは逃げ場のない業火なのだ。

重くて、焼けるように痛い。 もう意識もほとんど無くなっていた。 このまま、命の報いのために、眠りたいと思った。 業火に焼かれたまま、もう目覚めたくはなかった。




月は苦しみ蠢めく黒い鬼を照らしていた。 鬼の業火がゆらゆらと黒い影になり、鬼の身を焼いていた。 生きてるのが辛いだろうな、とクンネは思った。 
でも僕には助けてあげられない。 君の業火だ。 特別扱いできないんだ。 シキのことがあってもね。

たくさんの命を殺め、魂を傷つけ、その魂の家族まで苦しめたんだ。 耐えて気づいて生きて行くしかないね。 その苦しみを苦しみ抜いたら、サポを探すっていう約束も、本当の意味で果たすこともできるかも知れないね。

今の君はただ約束を思い出しただけなんだ。 今の君のままじゃ、サポを見つけるのは無理だろうね。 何年でも、何十年でも、そのビルの屋上に居たいだけいればいいさ。

クンネは冷静さを放つ光の中に、祈りにも似た波動を込めた。 どうかこの黒い鬼が魂の浄化を経て、蘇生の時を迎えるように。 

僕はずっと見守っているよ。 クンネはトカの癒しを自分に映して鬼を照らした。






Episode 7

Kunne was watching an aki that fell down and did not move. While wrapping in soft light.
The soul of a demon can not heal even the light of the moon. It suffers and only notices it. Aki needed suffering.

Kunne was still watching Aki.




Aoi had now felt the depth of sin to what he robbed his life. The gravity that can not get up is the weight of life that I have killed so far. I wanted to go back to people, but I only went back to the person.
The soul remained demon all the time.

At the time of the white demon, I was in temporary happiness with the appearance of the beast. There was only that memory. In the white age, I feel that the soul was returning to people.

Now, the black soul is seeking to receive all its work now with this body. Aoi had no way to resist. That suffering is a firework without an escape place.

Heavy, it hurts to burn. Almost no consciousness was lost anymore. I thought that I would like to go to bed as a way to pay for my life. I did not want to wake up while I was burned by fire.




The moon was illuminating the dark black demon who was suffering and dragging. The ogre 's fire broke down into a black shadow, burning the demon' s body. Kumne thought that it would be painful to live.
But I can not help it. It is your business fire. I can not handle it specially. Even if there is thing about Shiki.

I killed a lot of lives, hurt my soul and hurt my soul's family. You have to endure, you just have to live and realize. If you suffer from that suffering, you may be able to fulfill the appointment to find a supporter, in a true sense.

You just remembered your promise. It would be impossible to find a supporter if you left now. Even years, even decades, I only want to stay on the roof of the building.

Kunne puts a wave similar to prayer into the light that radiates calm. Please let this black ogre go through the purification of the soul and have time for resuscitation.

I always watch over you. Kunne shines the healing of Toka on himself and lighted the demon.

コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
kayagreen home
kayagreenについて
greenfingers自然素材でつくる家庭菜園つきエコアパートプロジェクト
kayagreen 店主ブログ
ふうよう huuyou
つちとヒト
links
Facebook & Twitter

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode
みんなのブログポータル JUGEM