kayagreenの経営者ですが、仕事ばっかりはしていられませんね。
実は歌うたい、文章書きでもあります。
15歳で初めてアコースティックギターを手にし、作詞、作曲、弾き語りを始める。
その後、レゲエバンド400yearsを立ち上げ神戸を拠点に活動。
同時にベーシストとしてブルース、R&B、ハードロックなどの数々のバンドを経験。
21歳の時、神戸のジーベックホールで行われたアマチュアバンドコンクールでベストベーシスト賞を受賞。
ジャズの歌唱に興味を抱き、ジャズボーカリスト大森浩子に2年間師事。
2008年に「日本語の歌が歌いたい」という理由で、 ふうよう という名でソロ活動開始、小説も執筆。
関西を拠点に活動中。

流星のうた 第5話 Song of the meteor 5



貴子は子供たちを学校へ送り出した後、廊下の窓を全部開けて回った。 こんな日は窓を開けるに限る。 天気もいいし、風も強くない。 引きこもりの少年に、外の空気を吸わせるのだ。

早春の風は、幾分熱気も含んでいた。 
テレビでは3月の気温が観測至上最高を記録した、と言っていた。 温暖化やヒートアイランドが原因でしょう、とキャスターは続けた。

また暑い夏がやってくるのか。 貴子は小さくため息をついた。 夏の暑さも苦手だが、毎年暑さが厳しくなって、空調のための施設の電気代もバカにならない。 ただでさえ苦しい経営なのに、また電気代も値上げすると言っているし、何を削って電気代を絞り出すか。 頭の中でいろいろと作戦を練ってみる。

貴子は同じ市内で小児科医をしていたが、神戸の地震の時、あまりの子供たちの惨状に心を痛めた。 自分にできることを模索した。 そして子供の心を少しでも癒したいと思ったのだ。

貴子は医師をやめて貯金をおろし、仲間たち数人とNPOをたちあげて、子供のための養護施設をつくった。 
同僚の医師や看護婦たちからも協力を仰ぎ、何とか行政から認可と助成金を得て開設にこじつけた。 義援金や募金集めもした。 かなりの体力と時間を使ったが、静かな環境にこじんまりとした「子供の家」を手に入れることができた。

現在、乳児から18歳までの30名が施設で暮している。 施設の定員数の限界だった。 
開設から12年間、子供達が減ることはなかった。 いつの時代も、子供達は何かの理由で親と離れて施設にやってきた。

思いに突き動かされて選んだ道だったが、生半可な仕事ではなかった。 経営的にも苦しかったが、何より心に傷を負った子供達が、どれだけの悲しみを抱えているか、想像もできないことが辛かった。

自分も施設で育ったので、わかるつもりではいたし、小児科医という経験もあったが、子供たち一人一人は全員が違う傷を負っていた。 そして親という、子供達にとっては「世界そのもの」の存在を失ってしまっているのだ。 そして、その悲しみは、今まさに目の前に「いつも」あるのだ。


30人の子供達が30人分の悲しみを抱えている。 貴子はその悲しみと日々、向き合わなくてはならない。 そしてその日々に休日はなかった。



貴子は廊下の窓を開けてしまうと食堂に行ってそこの窓も全部開け放した。 職員がそれを手伝ってくれた。

柔らかな風が窓から吹き込んできた。 季節の早々とした移り変わりがその空気の中に感じ取れた。


貴子にとっては、施設で育ったことは負い目ではなかった。 いじめにもあったが、人の噂や評価が、その本質ではないことを感じていた。
施設で育ったことは恥じることではないと、自分を育ててくれた大人たちを見ていて学んだのだ。 

しかし、施設を開設したいと動き始めた頃、自分の思いが良いのか悪いのか、正しいことなのかどうか、ずいぶん迷った時期がある。 
施設で育ったという経験が、自分を動かしていることは確かだったが、それだけのことで子供達を受け入れる資格が自分にあるかどうか、という思い。 施設の先生たちの温かい心を、自分は受け取れたが、受け取れない友人たちも少なからず見てきた。

先生たちの苦労も並大抵ではないことも知っていた。 一時であれ、一人の子供の人生と向き合うのだ。 それは仕事、という概念を超えている。 

不安を抱えつつも、自分の思いにブレーキをかけることもできなかった。

その苦労の先の喜びも見てきたからだ。 自分自身が幸福であったし、抱える悲しみもまた、施設という共同生活の中で、癒された部分も多い。 子供ながらに、悲しみは大きかったが、前を向きたい気持ちの方が強かったのだ。






「今日はどうしても何か食べてもらうからね」と心の中でつぶやいた。
これ以上拒食が続くと入院させざるを経ない。 少年の輝きは消えつつあるのだ。

貴子にはそれがわかった。 私のところに来たのだ。 死なせるわけにはいかない。




Takako sent the children to school and then opened all the windows in the hallway. Such a day is limited to opening a window. The weather is fine and the wind is not strong. The boy whose withdrawal is made to suck the outside air.

Early spring's wind was somewhat hot.
On TV it said that the temperature in March recorded the highest observed observation. The warming and the heat island cause, Caster continued.

Will the hot summer come again? Takako got a small sigh. Although I am not good at hot weather in summer, the heat becomes strict every year, and the electricity fee of the facility for air conditioning is not stupid. Even though I am a bit challenging, I also say that we will raise electricity bills again, what do we cut out and squeeze out electricity bills? I try to devise various strategies in my head.

Takako was a pediatrician in the same city, but in the event of the Kobe earthquake, I was saddened by the devastation of so many children. I explored what I can do. And I thought that I wanted to heal even a little child's heart.

Takako stopped the doctor and gave up saving money, raised several friends and NPOs, and created a nursing home for children.
From colleagues' doctors and nurses, I got cooperation, I managed to get approval and grant from the administration and managed to open up. We also donated money and raised funds. I used a lot of physical strength and time, but I got a "child's house" that was quiet in a quiet environment.

Currently, 30 people from infants to 18 years old live at the institution. It was the limit of the capacity of facilities.
Children were never reduced for 12 years from the establishment. For all ages, children came to the facility away from their parents for some reason.

It was a road chosen after being moved by my thoughts, but it was not a work that was half-baked. It was hard for me to manage, but it was hard for me to imagine how much sorrow I had with children who were injured in my heart.

I also grew up in the facility, so I did not mean to understand, I had the experience of a pediatrician, but each and every one of the children had a different scar. And for parents, parents have lost the existence of "the world itself". And that grief is now "always" in front of you.


30 children have sadness for 30 people. Takako must face each other with his sorrow. And on that day there were no holidays.



Takako opened the window in the hallway and went to the dining room and opened all its windows. The staff helped with it.

Soft wind blew through the window. Early change of season was felt in the air.


For Takako, being brought up in the facility was not a bad thing. There was also in bullying, but I felt that rumors and evaluations of people are not essential.
It was not ashamed to be brought up in the facility, he saw the adults who raised myself and learned.

However, when I started moving to want to open a facility, there is a time when I am quite lost whether my thoughts are good or bad or correct.
It was certain that the experience of growing up in the facility moved me, but I thought whether I had the qualification to accept children by that much. I have been able to receive the warm hearts of the faculty teachers, but I have seen a lot of friends who can not receive it.

I also knew that the hardships of the teachers were not even ordinary. Whether it is temporary, it faces the life of one child. It is beyond the concept of work.

While holding anxiety, I could not brake my own thoughts.

I have also seen the pleasure of the hardship. I was happy myself, and the sadness I had was also healed in the communal life of the facility. While I was a child, my sorrow was great, but my desire to face me was stronger.






"I will definitely eat something today" I muttered in my mind.
If more refusal continues, we will have to stay in the hospital. The boy 's glow is disappearing.

Takako knew that. He came to me. I can not let you die.

コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
kayagreen home
kayagreenについて
greenfingers自然素材でつくる家庭菜園つきエコアパートプロジェクト
kayagreen 店主ブログ
ふうよう huuyou
つちとヒト
links
Facebook & Twitter

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode
みんなのブログポータル JUGEM