kayagreenの経営者ですが、仕事ばっかりはしていられませんね。
実は歌うたい、文章書きでもあります。
15歳で初めてアコースティックギターを手にし、作詞、作曲、弾き語りを始める。
その後、レゲエバンド400yearsを立ち上げ神戸を拠点に活動。
同時にベーシストとしてブルース、R&B、ハードロックなどの数々のバンドを経験。
21歳の時、神戸のジーベックホールで行われたアマチュアバンドコンクールでベストベーシスト賞を受賞。
ジャズの歌唱に興味を抱き、ジャズボーカリスト大森浩子に2年間師事。
2008年に「日本語の歌が歌いたい」という理由で、 ふうよう という名でソロ活動開始、小説も執筆。
関西を拠点に活動中。

流星のうた 第4話 Song of the meteor 4



真っ黒な空に灰色の雲がゆっくりと流れて行く。 雑居ビルの屋上から見える星は、雲に消えてもその光の波動を地上に注ぎ続ける。

凛太朗。 不思議な少年だ。 か細いその指で、何かを必死で探している。

葵はあの時、テーブルの間をひらひらと近づいてくる、蝶にように細い指をした少年に、どこか懐かしい気持ちを抱いた。 
少年もまた、全身に結界をまとい、何とも混ざり合わないでここまでたどり着いたと、葵にはすぐにわかった。 
同じ波動を持つ少年。 


葵は一度、施設まで行ってみたことがある。 
静かな住宅地で、大きな美術館の近くにあった。 門の入り口まで行って、会ってもいないのに、少年が空っぽなのを感じた。 
夢の中にほとんどを置いてきたのだ。 
その日、葵はそのまま少年には会わずに引き返した。 施設の電話番号だけ控えておいた。





葵は山には戻らずに、もう少し街にいることにした。 
この上弦の月にもう少し願いをかけるのだ。 見つけられるだろうか。

あたしの半分を。


人の記憶の中には、何かが気になったり、何かを忘れられなかったり、どうしても譲れない物事がある。 仮に命が真っ新で生まれるとしたら、そんなこだわりや癖も、ないんだと思う。 命は巡っている。 それは確かだ。


記憶だけが月に導かれて葵の意識の奥深くから溢れてくる。 
時が来たのだと感じる。


どうすればいいのだろう。 千年を生きる大木からも、傷ついた星の龍たちからも、サポの記憶は見つからなかった。 

シキは声を失っていた。 葵はシキが何も答えない理由を、記憶が溢れてからずい分探したのだ。 
トットと双子は、シキの命は救えたが、そのダメージまでも癒すことはできなかった。 

シキは声を失って、「命の歌」を歌えなくなっていた。 シキはその波動を龍に託して、その振動を星々に伝えて、そうやって皆んなとつながっている。
シキの歌はこの一千年の間、歌われていないのだ。


葵はクンネだけはすぐに見つけた。 

クンネは、まあるくぽっかりと、空に浮いていた。 
月は、葵が思い出すまでずっとそばにいてくれたのだ。 

見守りながら。 

葵が月に「クンネ」と呼びかけるまで。

クンネは葵に呼ばれて、その輝きを瞬かせた。 キラキラと光り輝いて答えてくれた。
「アキ、思い出したんだね、僕の名前を」

「サポはどこ?」「思い出したよクンネ!」

「サポはまだ思い出していないんだ」とクンネは言った。 「もっと沢山の時間がいると思う、僕も探しているんだよサポのことを」



クンネはその引力で、自分を守ってくれていた月の九頭龍、トットの子供を探していた。 
この時代に必ず生まれているはずなのだ。 でも波動も魂もあの頃とは違う双子を見つけるのは難しいことだ。 魂は巡りながらどんどん変わっていく。 

だからアキに名前を呼ばれた時は、飛び上がるほど嬉しかった。 
やっと見つけた双子の女の子は、人間と鬼が混ざったような魂だった。 魂に鬼が入り込んでいた。 

クンネはアキがどんな魂になっていても、それがアキだと気がついた。
でも名前を呼ばれるまではクンネにもわからない。  

クンネは、たとえアキが鬼になっていても、その導きの波動を絶やすまい、と誓った。
たとえ鬼だとしても、それがアキだから。


月はその波動で鬼の生き様をつぶさに見た。 葵はクンネの想いを感じた。

クンネは少し悲しげに、「ずいぶん長い間、さ迷っていたようだね」と言った。
 
「トカに恥ずかしい生き方をした」と葵は言った。 

葵は冬の山奥で、トカに癒された日々のことを思い出していた。 

トカは、獣のような魂にも分け隔てなく癒しを送るのだ。

「もう人間は食べない」と葵はクンネに言った。 

「うん、その方がいい。人間は動物たちとは少し違うからね」とクンネは言った。 

クンネは、その白い瞬きを葵に降り注ぎながら、葵に語りかけた。 

「シキが輝きを失おうとしていた時、トットとサポとアキ、君たち三柱の龍がその命をシキに譲った。 その時は、トットには空を飛べる子供が君たち双子しかいなかったんだ」

「その時は?」と葵は聞き返した。「その時は」とクンネは言った。

「トットには子供がたくさんいるけど、その時はたまたま、君たち双子だけが飛べたんだ」

「たまたま?」と葵は聞いた。「たまたま」とクンネが答えた。

「トットが生んだ命は、しばらく君たちみたいに飛び回った後、シキの波動とつながって皆んな人間に生まれ変わるんだ」

「皆んな?」

「皆んな」とクンネが言った。

「だからあの時はたまたま、君たちしかいなかった」とクンネが言った。


「えっと、つまり、人間は皆んなトットの子供なの?」

「そうだよ、月の波動の龍脈を通って人間は生まれるんだ。 人間のお母さんの産道に龍脈がつくられて、そして生まれてくるのが月の波動を持った龍の子たち、人間なんだ。 だから君たち双子も人間の姿なんだよ」

葵の思いはぐるぐると巡った。 鬼の記憶。 人間を食い、人間に殺され、人間を愛し、人間と決別した記憶。 人間に戻りたくてもがいた日々。 人間。 皆んなトットの子供たち。 きょうだい・・・。

葵は愕然とした。
「まじかクンネ!」
「マジだよ、皆んな兄弟、仲良くやりなよ! って言いたいね」とクンネが言った。

「アキ、君のその迷いも間違いも、ここにたどり着くための魂の肥やしなんだよ。約束のためのね。 勉強し直しってことだね」クンネは軽い口調でそう言った。

「それで、トットは死んでるの?」
「眠ってる。 魂の眠り。 九頭龍の死は睡眠なんだ。」
「人間は? 生まれてきてるよ」と葵は聞いた。
「龍は眠っていても脈を通すんだよ」とクンネが言った。

クンネは、もうすぐブルームーンと呼ばれる満月になろうとしていた。 夜空に浮かぶもう一つの太陽。
クンネは、もう少し喋っていいかい、と言って、また静かに話し始めた。

「シキがまた弱ってきてるんだ。 トットの魂が眠っていて、シキが声を失っているから」「そうみたいだね」と葵は言った。

「それで、あたしはサポを見つけて、トットを蘇らす」
「そうさ、眠りから覚ざめさせる、と言った方がいいかな」とクンネは言った。 「それで、どうやって?」

「知らない」とクンネは言った。
「知らない?」
「知らない、自分たちで見つけるんだよ。やり方も」

えっ、何もわからないじゃん!

「思いつくことをやるしかないよ、思いの脈は波動になって星を巡るんだ、サポが気づくまで思いを巡らすんだ」とクンネは言った。 

クンネはそう言うとその輝きを瞬かせた。 
トカの輝きを受けて、クンネはその光の先で葵を照らした。 「トカの光をいつも君に送るよ、僕の光と一緒に」 そう言うとクンネは元の静かな月に戻っていった。
クンネ! と呼んでみたが、月はもう何も答えなかった。



A gray cloud slowly flows in the black sky. A star visible from the rooftop of a cliff building continues to pour the wave of that light on the ground even if it disappears in the cloud.

Rintaro. It is a strange boy. I am desperately searching for something with his fingers.

At that time, Aoi embraced a feeling of nostalgia for a boy who fluttered between the tables, a boy with a thin finger like a butterfly. Aoi quickly understood that the boy also wore a barrier in the whole body and did not mix up with anything so far.
A boy with the same wave motion.


Aoi has once visited the facility. It was a quiet residential area near the big museum. I went to the entrance of the gate and I did not meet, I felt the boy empty. He left most of his dreams. On that day, Aoi returned home without meeting the boy. I just memorized the telephone number of the facility.





Aoi decided to stay in the city a little more without returning to the mountain. I wish a little more to this first quarter moon. Can you find it?

Half of me.


There are things that people can not forget, something is anxious, something can not be forgotten in memory of people. If life is to be born in a completely new way, I do not think there are such commitments and habits. Life is over. That's for sure.


Only memory is led by the moon and overflows from deep inside Aoi's consciousness. I feel the time has arrived.


I wonder what I should do. From the large tree living in a thousand years, the memory of the supporter was not found from the damaged star dragons.

Shiki was losing her voice. Aoi searched for reasons why Shiki did not answer, since memory was overflowing.
Totto and the twins rescued the life of the shiki, but he could not heal that damage as well.

Shiki lost her voice and could not sing a "song of life". Shiki entrusts the wave to the dragon, tells the vibrations to the stars, and it is connected to everyone in that way.
Shiki's song has not been sung for the past 1000 years.


Aoi found Kunne soon.

Kunne was floating in the sky, quietly. The moon was always there until Aoi remembered. While watching.

Until Aoi calls the moon "Kunne".

Knune called Aoi, and it shimmered its glow. It shines brilliantly and answered. "Aki, I remembered, my name is"

"Where is the supporter?" "I remembered everything !!"

"I have not heard of Sapo yet," Kunne said. "I think I have more time, I'm also looking for a thing about supporters



Kunne was looking for a child of Totto, the nine-headed dragon of the moon that protected himself with his gravity. It must have been born in this era. But wave and soul are hard to find twins different from those at that time. The soul changes rapidly as it goes around.

So when I called my name Aki, I was happy enough to jump up. The twin girls finally found it was a soul like a mixture of humans and demons. A demon was entering the soul.

Kunne realized that Aki is what kind of soul, it is Aki.
But Kunne does not know until he calls his name.

Kunne pledged that even if Aki is demon, he will not stop the wave of his guidance.
Kunne wanted to believe in Aki. Even if it is a demon, that is Aki.


Aoi felt the feeling of Kunne. In the moon the magnitude of the demon 's way of life was totally watched. Kunne saddened a bit and said, "It seems that he has been lost for quite a while."
In case "I live a shameful life in Toka," Aoi said.

Aoi remembered the days he healed by the Toka in the western mountain depths. Toka sends healing separately to the beast-like soul.

"A human being will not eat any more," Aoi said to Kunne. "Yeah, that's better, because humans are a little different from animals," Kunne said.

Kumne spoke to Aoi, descending its white blink into Aoi.

"When Shiki was trying to lose its sparkle, Tott, Sapo and Aki, you three dragons of the three pillars gave up their lives shiki, at that time Tot had only twin children who could fly the sky"

Aoi answered, "At that time?" "At that time" said Kunne.

"Although Tot has many children, at that time happened to you, only you twins could fly.
Aoi asked "Do you happen to be here? "Tamamama" answered Kunne.

"Tot's life is flying like you guys for a while and then connected to the waves of the shiki and it will be born again to everyone."

"Everyone?"
Kunne said "Everyone".

"So at that time happened to be only you guys," Kunne said.

"Well, that is, are humans all children of Tot?"

"Oh yeah, human beings are born through the dragon veins of the moon wave, dragonflies are made in the birth canal of human mothers, and the babies born are the dragons whose waves of the moon are human beings So you guys are also human figures.

Aoi 's thought came round. Memory of demons. Memory that eats human beings, is killed by human beings, loves human beings, and sorts off from human beings. Days I wanted to get back to humans. A human being. Children of all Tot. Sibling ....

"Eh ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~!"
"Majika Kunne!"
"Seriously, everyone's brothers, I do not want to get along!" Kunne said.

"Aki, your lost and mistake are fertilization of the soul to get here, for promises, to reparry," Kunne said in a light tone.

"So Tott is dead?"
"I'm asleep, a sleep of the soul. The death of the nine head dragons is sleeping."
"A human being is born," Aoi heard.
"The dragon passes the pulse even though she is asleep," Kunne said.

Kunne was about to become a full moon called Blue Moon soon. Another sun floating in the night sky.
Kunne said that he could speak a little more, and started talking quietly again.

"Shiki is getting weaker again, because Tut's soul is sleeping and Shiki is losing her voice" "It looks like it," Aoi said.

"So, I find a supporter and revive Tott"
"Well, it would be better to say that let's awaken from sleep," Kunne said. "So, how?"

"I do not know," Kunne said.
"Do not you know?"
"I do not know, I find it myself.
Oh, I do not understand anything!

"There is no other choice but to do things that come up, the pulse of my heart goes wave and goes around the stars, I am thinking until supper notices," Kunne said.

Kunne shook that glow to say so.
Following the brightness of the Toka, Kunne shone on Aoi at the end of that light. "I'll send you the light of Toka all the time, with my light." That said so that Kunne went back to the original quiet moon.
Kunne I called it, but the moon did not answer anything anymore.




コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
kayagreen home
kayagreenについて
greenfingers自然素材でつくる家庭菜園つきエコアパートプロジェクト
kayagreen 店主ブログ
ふうよう huuyou
つちとヒト
links
Facebook & Twitter

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode
みんなのブログポータル JUGEM